第二回アニラオ水中写真フェスティバル終了

今年もクロヌキオンリーさんでした

曇りがちのアニラオです。水温27度〜28度。朝食後に団体様を送り出して少しのんびり気味。

アニラオの午前の海

ガードハウスがにわかに床屋さんに変身。

フィリピンの床屋さん

ダイビングは午前上がりで、午後は思い思いに過ごして、フォトコン参加者の皆さんは夜の授賞式とクロージングを待ちます。

ちなみに、私のエントリーはこちら(コンデジ部門)。

マクロ部門の白ニモちゃん。白

クマノミとイソギンチャク

甲殻類ポートレート部門のコールマンさん。赤

コールマンシュリンプ

ウミウシポートレート部門のミノウミウシさん。緑

ミノウミウシ

水中生態部門のミジンベニハゼさん。黄

ミジンベニハゼ

と、総合賞の組写真にしたときに各写真のカラーがはっきり目立つようにしてみました。

授賞式会場は開会式と同じく、アイヤナールリゾート。

アイヤナール客室

開会式よりテーブルの数が増えています。

会場

記念写真パチリ。

アイヤナール

今年も出てきました。パーカッション部隊。90分以上叩きっぱなし。すごい体力です。

パーカッション

夕食ビュッフェは、生バンドの演奏付き。

生バンド

今年もやって来ました。ファイヤーダンサー。

ファイヤーダンサー

動画でもどうぞ。

食事中、ファイナリストの写真がプロジェクターに映しだされるのですが、去年と同様、ほとんどクロヌキ。

クロヌキカンナ

で、結果もクロヌキの勝利でした。これは一眼クラスの優勝者の。

オープンクラス一位

フェイスブックでのページはこちら。

https://www.facebook.com/jerome.kim.52/media_set?set=a.974997649195561.1073741856.100000560055289&type=1

去年同様クロヌキ全盛で、日本の水中写真の10年〜15年前のが今のアニラオ界隈の(日本以外の世界各国から審査員がきているので、そういう意味では日本以外の世界の)流行りなのかもしれません。

日本の水中写真のように、明るい水中映像はまだまだ海外では認知されていません。手製の宙玉(「そらだま」と読む)と、一眼デジでズームをかけながらシャッターを押したような効果をコンデジで出すのに成功した手法で挑戦したヴィラマグダレナのゲストさんのも選ばれなくて残念。

そういえば、私の白ニモちゃん、コンデジマクロ部門で2位でした。どっかのリゾートの無料宿泊券いただきました。去年のように、自分の用意した自分のリゾートの無料券は流石に当たらず。

選考基準は来年も同じ傾向が続くでしょうけれど、食べ放題、飲み放題、Tシャツ他のおみやげ付きなのは同じでしょうから、来年もみんなでお祭りに参加しましょ〜。がんばろー、チームジャパーン。

にほんブログ村 写真ブログ 水中写真へ
にほんブログ村
ブログランキング参加中。
よろしかったらクリックお願いします。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">