タアル火山レベル3へ下がる

旧正月中のアニラオです。とはいってもヴィラマグダレナのゲストさんは全員日本人。中国の方は新型コロナウィルス肺炎で大変そうですね。フィリピン随一の観光地ボラカイ島では、中国からの旅行者の受け入れを停止したそうです。

アニラオの午前の海

ハウスリーフではオープンウォーターダイバートレーニング。上達早かったです。

マニラオープンウォーターダイバートレーニング

5年前に引っ越してきたとき、ハウスリーフにクマノミ界のアイドル、カクレクマノミはいなかったのですが、最近増えて、3箇所に在住。クマノミとしては小型の方なので、喧嘩に弱そうですが、どうやっているのか勢力拡大中。

アニラオカクレクマノミ

アニラオにタアル火山の灰は降ってきませんが、一応心配なので、地元テレビ局のライブ映像をダイニングエリアのテレビに映して見ていたりします。

200126tv

水蒸気状のもくもくは出ていますが、今日レベル4から3に引き下げられました。強制避難エリアも半径14キロから7キロに縮小。避難民の皆さんも避難所ぐらし2週間。このままおさまってもらいたいです。

200126sunset

一週間を締めくくる夕日。沈む位置がソンブレロ島に近づいてきました。


タアル火山避難民に支援決定

のんびりの日曜日のアニラオです。水温25度。

アニラオの午前の海

朝から愛嬌振りまくりの隣のマユミリゾートの茶色ラブのバウアー。お花をどうぞって。

2001919dog

極小コンシボリガイさん。写真提供ナメダンゴさん。ありがとうございました。

アニラオコンシボリガイ

毎週末の定例ミーティング。2020年の各スタッフの目標を発表したのですが、そのなかでマービンが、「英語のスキルを伸ばしたい」と。

200119meeting

具体的にどうするのかを詰めたところ、英語デーを設けることに。毎週土曜日はマービン英語しか喋りません。タガログ語しゃべるごとに罰金5ペソだと他のスタッフが勝手に決めていました。本人がんばりますので、土曜日は英語で話しかけてあげてください(っていつもそうしてますか)。

ミーティングの中で、タアル火山の避難民についての言及が。アニラオある自治体のマビニにも数百家族が避難してきていて(避難所になるような安全な場所にアニラオは位置していることの証拠でもありますが)、避難民到着帳後にリゾートオーナー協会で一旦支援はしてるものの、同胞であるスタッフの中にも関心の高いのがいて、なにか支援できないかということに。スタッフ全体で分けるチップの中から5,000ペソを支援に回すといいます。

比較的少数が避難してきているアニラオエリアでは、リゾートからの支援も行き届いているらしいことがわかったので、タアルから見てアニラオの手前、バワンにある避難所を支援するのが良いのではということに。

数千人が避難してきているらしいので、まずは視察を出すことに。善は急げで、会議後にすぐ出発。キャンセル続きでゲストさんも少ないので、フットワークがむしろ軽くなりました。

曇り気味でしたが、一週間をしめくくる夕日。

海と夕日

ナイトダイビングが終わる頃に視察部隊が帰ってきて、結果報告とミーティング。ナイトダイブ上がりのガイドのロナルドも参加。

200119nightmeeting

バワンで視察してきた避難所は4つ。1)Bauan Tech、2)Manghinao School、3)Casa Oriello Manghinao、4)San Roque Elem School。

1)Bauan Techは最も避難民が多く、2,368世帯8,432人。小さなリゾートが支援するには多すぎる人数ですが、支援物資もものすごく集まってきていて、衣類などは中古を中心にかなり余ってしまっている状況。

2)Manghinao Schoolには142世帯、551人。国道に面していて、支援物資は潤沢。欲しいといえば、日々消費する米がほしい。

3)Casa Oriello Manghinaoには95世帯、289人(うち7歳までの子ども100人)。プライベートのヴィレッジ内にあり、ヴィレッジ内の裕福な家庭からの支援などを受けている。緊急で必要なものはなく、米や食事など日々の食料ができればほしい。

4)San Roque Elem School。対向車とのすれ違いの困難な細い道を進んが奥まった場所で物資があまり届いていない。大型のトラックは侵入不可。施設内部に77世帯、312人(うち1歳未満9人1歳〜7歳98人)。施設外滞在で、炊き出しなどを受けているのが88世帯338人(うち1歳未満7人1歳~7歳73人)。

4)が支援が薄く、今後も大規模支援が期待できないということで今回マグダレナがする支援場所に決定。フィリピンなのにといっては失礼ですが、どの避難所も避難者名簿をきちんと作っているのは意外でした。

現場のニーズとしてあげられたのが、カップヌードル、乳児用ミルク、子ども用ミロ、子ども用風邪薬、インスタントコーヒー、子ども用衣類、ストレスを感じている子ども用おもちゃ、タオルでした。

明日ボランティアの健康診断が入るということだったので、薬は除外し、ミルク、ミロ、子ども用服、下着(子ども用、大人用)を新品で。タオルはダイブショップで使っていたものを補給物資とすることに。

明日朝マニラの問屋街ディビソリアで仕入れる段取りとタイムスケジュールを決めて、今日は早く休みます。こういう段取る能力もスタッフの中で伸ばしてもらいたい項目の一つです。


20メートル台のフトモイハナダイ

晴れた土曜日のアニラオです。12日に噴火したタアル火山のことが日本ではひどく大きく取り上げられ、かつ続報も報じられない状態なので、未だに空港封鎖、電気も水もないようなイメージでとられているようで、今週来週キャンセル続出です。

アニラオの午前の海

が、アニラオは通常通りの営業です。火山灰で海底環境が変わったのではという危惧もいただいていますが、海底には1ミリも積もっていません。噂が風化するまでしばらくは我慢ですねぇ。

たいして派手ではないのですが、日本では見られないというので、ハナダイ好きの一部に人気の、フトモイハナダイさん。通常は50メートル以深に生息ですが、体に悪いので40メートルよりわずかに浅い場所で見られる場所を発見してたまにご案内していましたが。

なんと20メートル台で発見。怪我の功名というか。

メスはこれ。背中の白点が目印。

アニラオフトモイハナダイメス

メスより数の少ないのが常のオスも複数見られました。写真提供、ナメダンゴさん。ありがとうございました。

アニラオフトモイハナダイオス

買い出しの精度を上げるために担当スタッフでミーティング。今回の改善策でどの程度変わるか見ものです。大事なのは、ミーティングをして問題点と解決策をスタッフに考えてもらう経験をしてもらうこと。ってことは、評価してもらう経験も必要ね。

200117marketingmeeting


タアル火山噴火

日曜日のアニラオです。年末年始の繁忙期も明日月曜日の成人の日で一区切りです。日本や海外で年末を過ごされたマニラの日本人ダイバーさんもこの週末が初潜りだったりします。

アニラオの午前の海

本来夜行性なフリソデエビさん。お腹をすかせたチビちゃんが餌のヒトデを見つけたらしく、石の上をウロウロしているところを激写。写真提供のりピーさま。ありがとうございます。

アニラオフリソデエビ

アニラオで秋から冬の定番ウミウシのアレナイさん。しかしこの子は極小でした。写真提供、ろなちゃん。

200112aleni

昼過ぎに、アニラオから30キロくらいの場所にあるタアル火山噴火の報。マグダレナは西側を向いているので、噴煙が立ち上るさまは見えませんでしたが、山の向こうから円盤状の雲は見えました。

200112ash

エーリアンの乗っている乗り物みたいだねーとのどかなスタッフ。

200112taal

噴火の様はこのようで、マグダレナから見えたのは、この上の円状に広がっていく端の部分だった模様です。風向きを見ると北向きの風で、アニラオには火山灰の降灰はなしですが、明日フライトのゲストさんもいらっしゃいますので、注視が必要です。


PENSONIC

穏やかな海のアニラオです。水温26度。

アニラオの午前の海

本日2020年最初の満月。水中写真も月モチーフ。写真提供アンダーウォーターフォトグラフィーさん。ありがとうございました。

200110tsuki

トースターの交換が必要ということで、奥さんお気に入りのPanasonicブランドのものを購入。

200110panasonic

その帰りに目にしたのが、PENSONIC。フィリピンによくあるパチもんかと思いましたが、マレーシアではそこそこ名前の知れた企業なのだそう。

200110pensonic

舐めたらアカン!ブランド道まっしぐらのPENSONIC

マレーシアの有名企業「Pensonic」の秘密

でも、マグダレナで買うのはPanasonicです。少し高くても、丈夫で長持ち。

今日もいい一日でした。

海と夕日