ロックダウンのドタバタ前哨戦

8月6日よりマニラ首都圏からの越境が禁止されることを受けての休業前の、最後の営業週末。天気は回復してきたものの、リゾート前には波が残っていたので、車でシークレットベイまで移動してボートに乗ります。

210731truck

こういうケースではチャーターしたジープニー移動がこれまでの常でしたが、マグダレナトラック出動。ダイビング送迎への本格的な投入は初めてですね。ジープニーチャーター頭割り分をゲストの皆さんにご負担いただかなくなった点は、良いことだと思います。

昼前に、アニラオのあるバタンガス州を含むリージョンIVaの観光省事務所からメールがあり、30日から有効で、マニラ首都圏からのゲストの受け入れはしてはならないの通知。アニラオの各リゾートはすでに土曜日着のゲストを受けれいていたあとなので、「どうすればいいの?」のプチ混乱でした。一通り連絡網で右往左往したあと、コメントが途切れたので、各リゾート、見なかったことにしたのではないでしょうかね。29日以前にチェックインしているゲストは、その予約日程が終わるまでは滞在して良いとのこと。

村人の中では、「ワクチンを打っていない人は外出を禁ずる」のデマも出回っています。なにしろ急な発表ばかりなので、現場が反応するまで、しばらくドタバタは続きそうです。

210731dema

朝食のオレンジフレンチトースト、美味しかったです。

210731breakfast

シークレットベイスタートなので、ココナッツポイントなどこれまでご無沙汰だった場所へ潜りに。イエロードティバック、久しぶりです。オレンジなのがオスで、黒色がメスなのだそう。

210731yellowdottyback

ツノカサーゴ。どうしても村山元首相を思い出す眉毛です。

210731tsunokasago

これもめったに見ない、パイナポーウミウシ。写真提供、居酒屋川崎さん、ありがとうございました。

210731pinapple

水中カメラ2日目のKaYoさん。クマノミが意地悪そうに撮影できました。

210731kumanomi

ハレーション防止の、ストロボ発光禁止撮影も習得。

210731akamongara

午後5時からは、オリンピック男子サッカーの準々決勝、日本vsニュージーランド戦。UBoxをダイニングのテレビに装着して、視聴応援できました。

210731tv

前後半と延長戦、PK戦も入れて120分の熱戦で勝利。目指せ、釜石以来の、銅メダル! ダイビングもアフターダイブも満喫のいち日でした。


見返しましょう

日曜営業日。昨日より風が強めですので、リクエストのソンブレロには行かずに、キルビスやカバンコーブ、ダリラウトなど、風よけのあるポイントで。水温30度。

アニラオの午前の海

スタッフのシェラの家でとれたアボカドをもらったので、めったにないネイティブアボカドサンドが朝食に。小ぶりですが濃厚な味は、農場のアボカドにはないものでした。

210718bf

すぐに引っ込みがちなニシキアナゴも、今日は少し流れのあるなか、流れてくるプランクトンを食べたがって前のめりだったので、肌のシワがわかる距離まで寄れました。

アニラオのニシキアナゴ

昨日はコンデジユーザーと、今日は一眼レフユーザーとご一緒させていただきました。それぞれに興味を持って好きな水中世界を切り取ってこようと努力されています。

撮影された写真は、短い時間でも良いので、パソコンやタブレットなどで見返して、反省する時間をもつと、次回以降の上達につながるのでオススメです。撮りきりの画角だけではなくて、トリミングもしながら、しっくり来る構図を探るのも楽しいし、ためになります。

「競う樹状の美しさ」

「競う樹状の美しさ」

「キルビスの炎柱」

「キルビスの炎柱」

「完食するまでノンストップ」

「完食するまでノンストップ」

「我が子よ健やかに」(我ながら、タイトルベタですね)

「我が子よ健やかに」(我ながら、タイトルベタですね)

「パン食い競走」

「パン食い競走」

「丘を越えて行こうよ」(自薦本日の金賞)

「丘を越えて行こうよ」(自薦本日の金賞)

撮影してきた生き物が何だったのかを調べるのもまた一つの楽しみです。あまり頻繁に見ることのないヒラムシの、かつアニラオでは珍しいタイプの色のもの(写真提供KaYoさま、ありがとうございました)。

210718hiramushi

ヒラムシ自体に出会うのが初めての方もいて、ウミウシの図鑑にのっていないことがわかっていただけたのも一つの学びのある一日でした。

フィンの蹴り方、中性浮力のとり方、生き物との接し方、水中世界の記録法…ダイビングにはたくさんの新しい知識や発見があります。

次回営業日は7月24日25日の土日です。皆様のご予約、お待ちしております。


ヴィーナスが生まれるやつ

7月も半ばを迎えた、営業週末のアニラオ。水温30度。中国に近い南シナ海に熱帯低気圧ができたせいで、少し西風が強いですが、ボートがつけられないほどではないです。

アニラオの午前の海

関西出身ダイバーさんからのリクエストにお答えして、朝食はサワラの西京焼き。タコさんウィンナーが郷愁を誘います。

210717bf

いつもダイニング奥に置かれていて、いまいち皆さんの目に止まらなかった、食事メニュー、もう少し目立つ場所に引っ越ししました。

210717nemue

先週サイドマウントの御一行がいらしたのに触発されて、久しぶりにサイドマウント装備で挑むも、右のタンクを固定するバンジーゴムのカラビナが一つ欠落していて、右タンクがつけられない事態がエントリー後発覚。

コンデジをBCDにぶら下げるためのフック(元々がサイドマウントでバンジーが切れて困ったとき用に購入していたのが、困ることがないのでカメラ用に転用していたもの)を使いました。

やっぱり使っていないと器材はだめだなーと思って、修理のことも考えながら潜っていると、別のサイドマウントダイバーが落としたらしきカラビナが落ちていて、ラッキー。以前に比べると、明らかにサイドマウントダイバーが増えているように感じる最近のアニラオです。

210717metal

拾ったカラビナで無事元通り。

210717side

水温高くなっていますが、まだまだ元気なクサイロモウミウシ。愛がなかったので、粘りのない写真になりました。何でもよく撮れるTG6ですが、いい写真にするにはある程度の固執が必要です。

210717-18

ひまわり畑のブチウミウシさん。

210717-21

キイロイボウミウシさんとか。

210717-19

バブルスに久しぶりに行きまして、先日プチ噴火したタアル火山に連動した変化はあるかと思いましたが、特に目立った違いはなく。密着して熱いのは、これまで通り。

泡の吹き出しも、いつもどおりのように見られました。

ツインロックスのオオシャコガイ。初めての人に説明するときには、「ヴィーナスが生まれるやつです」というとわかっていただけます。

210717-1

しかし、ボッティチェッリの描いたシャコガイ、かなりの大きさですね。ヴィーナスが人間サイズだと仮定すると、幅1.6メートルはありそうで、久しぶりに見て大きくなったという感想を持ったツインロックスのこのシャコガイでも、まだまだ及ばないサイズです。人間がそれほど海を搾取していなかった800年前は、こんなサイズの貝がごくごく普通に見られたのかもしれませんね。

よく見ると白い斑紋が出ていて、水温が高いせいで共生してもらっている褐虫藻が抜けているのかもしれませんね。温かい季節の海はダイバーにとっては潜りやすい環境なのですが、褐虫藻と共生しながら光合成をしているサンゴやシャコガイなどにとっては、栄養失調になりやすい、厳しい季節であります。無事生き延びてほしいですね。

210717-22

ランチはカニ飯。今回もご好評をいただきました。茶碗蒸しも美味しかった模様。

210717lunch

タイプミスでわさび餅となってしまった、わらび餅。クリームに包まれた黒蜜がまた美味し。昔は夏になるとリアカーで「わーらびーもちー」と売りに来ていたという話を聞きましたが、私のいたエリアでは、人口が少なかったせいか、経験がないです。

210717warabi

水中にカメラを持って入るダイバーさんも増えてきて、本日の禅問答的お名前は、GProブラックのホワイト。客観的にみて白い体に、黒のフォースが渦巻いているのかもしれません。

210717gopro

明日も良い一日でありますように。

次回営業日は、7月24日25日の土日です。みなさんのご予約、お待ちしております。


潜水日和の日曜日

アニラオ営業日の日曜日。2日連続で、虹を目の前にしてのラジオ体操でした。

210711rainbow

天気も上々。透視度良好。水温30度。昨日今日と、雨季にしては最高のコンディションだったと思います。

210711sea

ソンブレロで見かけた、多分フィンに乗っているところを見せたかったけれど、そのまま浮いていってしまった不思議ちゃん。

突然向かってきて、らしくない格好で写った、シモフリタナバタウオさん。

210711shimofuri

ボートが出たあとのハウスリーフでは、オープンウォーターダイバートレーニング。

マニラオープンウォーターダイバートレーニング

無事18メートルまで到達。

210711

ついでに、輪っかもくぐってもらいました。

修理したばかりのコンプレッサーの別のピストンから空気漏れ。また修理せねば。。。

210711compresor

本日のランチは、ハヤシライス。デザートのくず餅が奥さんいわく、かなりの良い出来だったようなのですが、食べそびれてしまいました。。。

210711lunch

次回営業日は、7月17日18日の土日です。皆様のご予約、お待ちしております。

マニラに帰る途中で、サンタロサの七五三。お好みも美味しいですが、チャーハンもなかなかグーでした。

210711chahan


幻のロッキーマウンテンオイスター

7月2回めの営業日週末。朝のラジオ体操時には、虹が。雨季の朝は正面に虹の発生率が高いので、虹を確認するついでに、目覚めの体操もどうぞ。

アニラオの虹

平日すこしあったウネリもとれて、良い海況。新月の大潮なので、午後は流れがかなり強く出ましたが、透明度も良好で、かなりの良いコンディションです。水温30度。

210710sea

トレーニング後の初ファンダイブ。器材の組み立て、覚えてますよー。

210710kizaicheck

水の中での中性浮力も、なかなかグッドでした。

210710fun

コロナロックダウン前に買っていた、TG6の初陣。ベテランのTG4(右)と一緒に。オリンパスのハウジングにもれなくついてくる、赤のレンズカバーは邪魔なので一度も水につけることもなく除去してあります。

210710TGs

ゲストの皆さんのTG6の写真をみていて、前から思っていたのですが、6の方が赤味がこころなしか強く出るようです。6撮影のキイロウミウシ。

210710kiiro6

4撮影のキイロウミウシ。水中マクロモーロでの背景のボケ味は4の方が強いような。

210710kiiro4

6はシャープでクールなイメージ。

210710nichirin6

4は少し温かみあり。まぁ、デジタルなんで、後で色は変えられますけどね。

210710nichirin4

JPEGで記録したときのファイルの大きさは、TG4の方が大きいです。画質がそれほど違わないのであれば、小さい保存ファイル容量のほうがうれしいですね。

コロナ禍ならではの水中ゴミの、フェイスマスク。これをひろったカバンコーブは数ヶ月前に漂着したマスクなどのゴミが海外メディアに取り上げられてプチ炎上したポイントです。その後ゴミ拾いできれいになりましたが、それでも見つかりますね。もしかしたらボートから落ちたものかも。

210710mask

透視度良好で人気のソンブレロですが、つけたブイが片っ端から紛失するので、現状再びボートを停泊するのにアンカーを投げています。

あたったサンゴは破損の憂き目に。

210710oreru

ものによっては、折れたあと再び癒着合流してそのまま生育を続けるものもありますが、アンカーを投げずにすむのなら、それに越したことはないのは間違いありません。

210710yuchaku

せっかくアンカー禍を生き延びたサンゴも、シロレイシガイダマシに食べられつつあったので、この食害貝、除去しておきました。

ソンブレロのトゲチョウチョウウオ(左)とスダレチョウチョウウオ(右)。

210710sudare

前職のダイブショップにいたときにマニラ郊外在住のご隠居ダイバーさんが、アニラオでは珍しいスダレを見つけて興奮していたのを思い出します。亡くなった私の父と同じ歳でしたので、今年78歳。きっと今でもフィリピンで幸せな余生を送っていることだと思います。

今週初めて試してみた、自然素材を使ったハエよけ。これまでは、ろうそくを灯して熱で避けていたのですが、消毒用アルコールのおいてあるテーブルの上に火元は良くないということで。

210710haeyoke

ダイニングスタッフの観察によると、ハエは減ったように見えるとのことですが、ゼロにはならないです。「クローブにハエ、ピンポイントでとまっていたよ」というゲストさんの証言もありで、結局どちらなのでしょう。クローブを刺したオレンジの見た目がコロナっぽく見えるのは、コロナに意識を占領されているからです。

奥さん監修というか、ほぼ奥さんが作っているリゾートの食事。朝食は片手サラダサンドでした。福山雅治の歌う「幸せのサラダ」(キューピーのCMで使われている曲)、端末に移すのを忘れていて、朝食時にダイニングで流すことができず。次回忘れないようにせねば。

210710breakfast

ランチはガパオ。自家製ピクルスでお口さっぱり。

210710lunch

夕食は、初登場のダージーパイ(大鶏排)。カレー風味でなかなか美味しくできました。

210710dinner

日没後の焼けは、皆さんに喜んでいただける、なかなか見事なものでした。

210710sunset

6月8日にS&Rで売っているのに気づいて、なかなか実現しなかった、牛の睾丸を使った、北部アメリカの珍味、ロッキーマウンテンオイスターを作ってみることに。

さばき方で参考にさせていただいたのは、こちらのYouTubeチャンネル。動画では豚の睾丸を使っていますが、牛のでもほとんど構造は一緒でした。中央の白い部分をそぎ取るのがミソ。

肉屋さんの使う包丁は本当のよく切れるようで、動画のようにあっさりと下処理を済ませたかったのが、切れない包丁で時間のかかること。グロかったのと、手がドベドベだったので下処理時の写真はなしです。掃除の終わったキッチンを更に汚してしまい、キッチンスタッフと奥さん、すみません。。

作ってみましたが。

210710oyster

ころもの仕上がりがいまいちで、ゲストの皆さんに出せる品質にならず、スタッフへ。味は、柔らかいレバーっぽい味に、ほのかな苦味があります。この苦味はときに思い出されるもので、そういう意味では、また食べたくなる食べ物なのかもしれません。

アニラオでロッキーマウンテンオイスター

次やるなら、ちゃんと研いだ自分の包丁で、切ったあとの肉の水気をキッチンペーパーで拭き取って、ころもは片栗粉多めでやってみようと思います。

ちなみに、スタッフ内では、バタンガス出身者は男女ともに食べられず(そもそもマービンなどは好き嫌いが多い)、ビサヤ出身のガードマンとコンプレッサーマンの胃に収まりました。ダプルは食べたのかな?

次回営業日は、7月17日18日の土日です。まだご宿泊余裕がございます。皆様のご予約、お待ちしております。


リクエストはハゼ

7月最初の営業週末のアニラオ。少し曇り気味に小雨もぱらつきましたが、風波なしの、高透明度で海はかなり良いコンディション水温30度。

アニラオの午前の海

リゾート正面左に見える、去年の11月の台風で座礁した船の近くを通って今日のダイビングポイントへ。スーパーロロだったんですね。油抜いて、誰か沈めて漁礁にしてくれないかなぁ。

210703roro

昔使っていた一眼レフでの水中撮影の楽しさを再発見中のSt.さん。今日はハゼを集中的に練習したいということで、ハゼの多めのポイントへ、一緒に潜ってきました。

もっとシャープに撮りたかったですが、引っ込めない程度に遠慮した距離で撮影したオドリハゼさん。ブドウテッポウエビ(ダンシングゴビーシュリンプ)と共生することで有名なのですが、本日のお相手は、別のその辺によくいるテッポウエビでした。

アニラオオドリハゼ

カニハゼさん、久しぶり。結構大きな個体でしたね。

アニラオカニハゼ

ベニハゼ系の中では、お気に入り上位のストライプヘッドドワーフゴビーさん。

アニラオストライプヘッドドワーフゴビー

透明感のあるボディーに見入ってしまう、ハタタテサンカクハゼさん。

ハタタテサンカクハゼ

ヒレの全開率の高い、フィラメンテッドサンドゴビーさん。近似種のオバケインコハゼのほうが個体数はより少ないです。

フィラメンテッドサンドゴビー

気をつけ!のヤマブキハゼさん。

ヤマブキハゼ正面顔

大分写真感をとりもどしてこられたSt.さん。ニコンのRAWファイルを編集できるアプリもダウンロードされて、画像編集も始められました。水中写真に興味のある方、お声がけください。一緒に上達しましょう。

ハウスリーフでは、オープンウォーターダイバートレーニングでした。流れも波もなくて、練習にもベストなコンディションでした。

マニラダイビングトレーニング

雨だけがついたケチだったので、明日は晴れてくれるといいですね。


新チャレンジ二日目で妥協

恥を忍んで昨日朝から始めた、「ウォームアップなし鳩と少年チャレンジ」。天空の城ラピュタで、パズーが吹くあの曲、パズーと同じく、チューニングドに続いて、立派に吹けるようになりたいの毎朝一発チャレンジの二日目。

210627trumpet

ロングトーンやリップスラーなどの、ウォームアップをきちんとやっても高いラの出ないことが多い、この中級者用の曲を準備無しで吹けるように、いつかなりたいのですが、2日目にして気づきました。いまは無理だ。。。。ということで、妥協案として、ド、ソ、チューニングド、ミ、高いソ(これはや指が同じで唇の硬さでコントロール)のロングトーンをして、一回だけ吹くことに。

6時30分ごろ、ラジオ体操が始まる直前に、首を絞められた鶏の声のような音が聞こえたら、それは、私のせいです。

今日のラジオ体操。普通に参加のゲストさんの向こうで、独自に高負荷腕立て中のイケメンマッチョさん。もうすぐ日本に帰らえるそうですが、新任地でのご活躍、お祈りしています。

210627radiotaiso

朝食はわかめご飯など和風に。小芋の味噌煮は、寿司津村のサトウマネージャーにお聞きしたものです。さすがプロのレシピ、素材の味の生きた美味しいできになりました。

210627bf

ランチは麻婆豆腐他。

210627lunch

日曜日もオープンウォーターダイバートレーニング。

マニラダイビングトレーニング

無事18メートル到達で、修了。

マニラオープンウォーターダイバートレーニング

次回営業日は7月3日4日の土日です。宿泊枠はあと僅かです。日帰りも絶賛募集中です。皆様のご来店をお待ちしております。


コンデジにライトってどう?

6月最後の営業週末の土曜日。昨晩満月で、早朝の月の道が神々しかったです。夕日の太陽ロードもよいのですが、めったに見られない満月ロード、携帯の待ち受け画面にしてあります。

アニラオのムーンセット

次の満月ロードが見込めそうな(晴れないとだめですが)、満月の月の入りは、7月24日(土)の朝です。晴れそうだったら、金曜日前泊いかがでしょうか?

午前中満潮で、天気も最高。ウネリもほぼなし。雨季としては最高のコンディションでした。水温30度。

アニラオの午前の海

出発前の器材組み立て。コロナで久しぶりに来られた方もいらっしゃって、思い出しつつです。

210626kizai

ご夫婦のオープンウォーターダイバートレーニング。海に出て初日ですが、結構上手なのでは? 手がバタついていないです。

マニラオープンウォーターダイバートレーニング

最近コンパクトデジタルカメラを使われだしたゲストさんが、「写真をとるのにライトもあったほうがよいとアドバイスを受けたのだけれどどうだろう?」と疑問に思われていたので、ライトを使った撮影を試しに一緒に潜ってきました。

内臓の小さいストロボを炊くのに、ライトも併用で撮影。近い被写体については、ほんの少しだけ赤味が再現されることがわかりました。距離が遠ければほぼ意味無し。ブルースポッテッドリーフスティングレイ。

210626ei

被写体への寄り方やアングルも、私の撮影姿から素早く読み取るゲストさんでした。上達が早そうです。

十字架付近のニシキヤッコさん。

アニラオニシキヤッコ

ゴミが写ってしまったムスジコショウダイさん。

アニラオムスジコショウダイ

ストロボを使わないでライトだけで撮影した、ソウシハギのペア。左手でライトを遠くに持っているので、影が右側についていますね。

フィリピンソウシハギ

結論。
・ライトがあると赤味がほんの少し、ヒストグラムで確認できる程度に追加再現される(後で編集で追いつける範囲ですが)。
・ライトだけの撮影も、少し難しいけれど、アリ。
・光量の強いライトは、魚に嫌がられる。

という結果を受けて、ゲストさんは、「しばらくはライトはいらないかな」。でした。ポストエディテイングについては、今後一緒にいじれればと思っています。自分はサブスクリプションでAdobe製品を使っていますが、無料でよい写真いじりアプリは何がありますかね。

撮影以外にも、ナイトダイブや日中穴の中を覗いたりに使えるので、小さめで安いライトは持っていて損はないです。

カメ運の薄かったDaichanさん。いつもはお休みがちな午後のダイビングへの参加で、無事にご対面。

マニラウミガメ

あまりに元気のないカメなので、私もガイドも、どこか具合が悪いのではないかと心配になるほど。体をみまわしても傷はなく、その後ちゃんと水面まで息継ぎにあがっていったところをみると、ただぼーっとしていた時間帯だったようです。まだまだ大きくなる子なので、これからも元気でいてほしいです。ちなみに、9割方タイマイのアニラオでは珍しいアオウミガメでした。

鼻水の出ているマービンは、今週はお休みしてもらいました(コロナ抗原検査は陰性)。ので、バーベキューはバビーとジュンジュンが担当。

210626bbq

イカはアオリイカが美味しいですよね。マグロのカマもしっとり焼けました。

210626yakiagari

雨季は水平線近くに雲が厚くかかることが多いのですが、今日は薄くのみで、絶好のサンセットビュー日和。続々と桟橋に集合。大人の青春シーンのようです。

海と夕日

薄い雲は、日没後によく焼けるので、日が落ちたあともしばらくは空の色の変化を楽しんでください。

210626sunset2

次回営業週末は、7月3日4日の土日です。ご予約、お待ちしております。


アニラオシャマンベ

日曜営業日のアニラオです。朝のラジオ体操第一。ちょっと汗ばんで、体が覚めますね。

210620taisou

昨日の夕方強かった風。今朝はおさまっていますが、季節の西風はありますので、ボートの乗り降りには注意しましょう。

210620sea

痛風疑惑の私に、痛風に詳しいゲストさんから常備薬をいただきました。発作時ではなくて、予防に良いものだそうです。

210620kusuri

昨日ほど痛くはないのですが、歩く速度が遅くなるので、ロキソニン、今日も飲んでおきました。5〜6時間で効力はなくなるそうですが、結局夜まで痛みはほぼ押さえられていたので、痛さの原因は弱くなっているように思います。

朝食の片手サンドとアイスコーヒー。良さ目なトマトが手に入ったのです。

210620bf

イソギンチャクモエビの上に漂う、ヒメオオメアミ。フルサイズの一眼でどうやったら大きくとれるんです?
210620himeoomeami

ちょび髭模様の、カンムリニセスズメさん。

210620kanmurinisesuzume

初見、2匹が重なっているのかと思った、形崩れの、たぶんタヌキウミウシさん。

210620tanuki

ボートが出たあとのハウスリーフでは、レスキューダイバートレーニング。心臓マッサージは、ふりだけです。心臓の動いている人に本気でやってはいけません。

210620rescue

ランチは初挑戦の、カニ飯。長万部なみのなかなかのできであったと、自画自賛。

210620kanimeshi

各リゾートが稼働している稼ぎ時の日曜日だというのに、町中の電気を停めて電線工事をするマビニ町の不手際。いつものことですが、どうにかしてもらいたいです。絶対平日にやるべき。発電機で発電していましたが、2個あるうちの新しい1個のほうが再び不調に。中国製は安いけれど故障も多いということですね。

210620generator

アニラオヴィラマグダレナ、次回の営業日は、6月26日27日の土日です。宿泊若干の空きございます。日帰りもまだまだ受け入れ可能。みなさんのご予約、お待ちしております。


ドラッグってマジック

昨日のダイビング中に左の足首にあった違和感、バタ足だと痛みがあるので、ずっとカエルキックだったのを、夜に揉んだりストレッチしていたら、その後かなり痛くなってしまい、痛みで眠りが浅くなるという経験を久しぶりにすることに。

午前2時頃起き出して、日本からいらしたゲストに頂いた湿布(冷蔵庫に入れてあったとはいっても、絶対に期限切れ)を張ってみたり、痛み止めといえばこれだろうという、これも頂いたロキソニンの在り処を確認してみたり。

210619roxonin

午前5時の起床時間には、立派にぴょこぴょこ歩きになっていたので、空腹時の服用は控えるべきとのことでしたが、本当に久しぶりに痛み止めを飲むことに。痛み止めの中でもロキソニンを飲むのは人生初かも。

痛み、本当になくなるんですね(感じなくなるだけなんでしょうが)。びっくりです。医学薬学の先輩方、本当にありがとうございました。

おかげで、朝のラジオ体操も。

210619taiso

カメラダイバーとご一緒ダイビングも無事できました。

アニラオの午前の海

今日の水中写真には、タイトルをつけてみました。

ライオンキング気取り

ライオンキング気取り

精一杯の勢い

精一杯の勢い

ゲレンデヘッドスライディング

ゲレンデヘッドスライディング

ガン飛ばしもソーシャルディスタンス

ガン飛ばしもソーシャルディスタンス

坂の下の痴漢行為

坂の下の痴漢行為

滑り込みセーフ

滑り込みセーフ

見た人が物語を感じられる作品が、良い作品の一つの条件だと思うのですが、観覧者任せにしないで、撮影者が一定の方向づけを行うのも、アリかなと思います。コンデジでもイチデジでも、水中写真上達したい方、どうぞお声がけください。一緒にうまくなりましょう。

昨日壊れた、カメラハウジングのモード変更ダイヤル、Oリングでは距離が足らずに、ゴムを切り出すなりして修理する必要があることがわかりました。平日に器用なガードマンになおしてもらうことにします。

ところで、なんで足がいたくなったんでしょう?40代で足が痛いっていったら、痛風が疑われますが、やっぱりそうなのでしょうかね。最後に受けた健康診断の血液検査では尿酸値は正常で喜んでいたのですが。長引くようなら、お医者にいかねば。

210619suset

午前はよいのですが、午後は風が強くて波も高めでした。曇り気味の夕刻でしたが、その雲がよく焼けて、またよろし。