幅奥行き高さ

アニラオ準備日。朝はミーティングで始まりますが、ガードマンの飼い犬のダプル、参加したがりです。テーブルに空き椅子がなかったので、少し離れた椅子から参加。

220121dapple

19日にサンパギータルームの前の日よけの修理箇所の寸法を図ってもらう時に話題になったのが、幅と長さ。
日本語、英語、タガログ語でそれぞれ、
幅=Width=Lapad
長さ=Length=Haba
です。長さがハバって、混乱しますね。

で、議論していて気づいたのですが、長方形の場合、長い方を長さ(ハバ)といい、短い方を幅(ラパッド)というというとうことです。例えば図のように、縦長の屋根材が複数個並んで全体として長方形となっている場合で、全体の横の長さを知りたいといったとき、一つ一つの建材では幅(ラパッド)と呼ばれていた部位が、集まって屋根全体を指すときには、長さ(ハバ)になってしまうのだという説明です。

220121habanagasa

正面から屋根に向かって、幅になっている部分が、ハバ(長さ)になってしまって、ややこしい。ちなみに、こういう指摘をしてくれるのは、一番細かいロナルド氏。細かいところに気がつくから、マクロ眼もよいのかも。

ということで、構造物については、以下の呼び名を使うことにしました。

幅=Width
奥行き=Depth
高さ=Height

それぞれに該当するタガログ語が何になるのか、日曜日のミーティングで聞いてみます。

子守の確保できなかった、キッチンスタッフのシェリーは、1歳とちょっとの末っ子と一緒に出勤。業務用iPadがすっかり子どもの気晴らし道具に。

220121takuji

先週うどんこ病が見つかった、ハイビスカス。さらにハダニと、カイガラムシにも襲われることに。酢に加えて、殺虫剤にも登場願わねばなりますまい。

220121gaichu

夕日に染まるブーゲンビリア。満開です。

220121buganvila


PREP洗脳する

今日のアニラオは、男子スタッフに来てもらって、先週末見つけたダイニング横のシロアリの侵入を許した天井内部の様子を見てもらうことに。

220119shiroari

それなりにやられていたので、ベニヤや梁など木材は取り払って、シロアリ駆除薬を注入。殲滅はできないにしても、少しの時間稼ぎにはなるでしょう。どうせまたシロアリが入ってくるだろうから、どの材料で再構築するかは、要検討です。

220119roof

サンパギータルームの前の雨除けの一部が裂けて風ではためいていた部分も撤去。明日肉数十キロと一斗缶の食用油も買う予定なので、アニラオからトラックで来てもらって、屋根材も購入して持たせようかと、運転免許のあるスタッフ数人に誰が来れるかきいたところ、以下のような返答が。

220119message

曰く(カッコ内は私の心のツッコミです)。
こんにちは。
あっ、いまバタンガスのタナウアンにいるんです。(あ、そう、で、明日はどうなの?)
だって、お母さんがラグナのビクトリアに用事があっていくところなんです。(あ、そ。)
ソーリーポ。(つまり、明日は運転できないってことに対して謝っている理解でよいかな?)
緊急事態なんです。(誰か死ぬの?それならそれで大変だよね。サポートいるのかな)

フィリピンにいる人ならほぼ毎日遭遇する、ごく普通のやり取りだと思いますが、はっきりしなくて、何度も聞き返さなければならないことが本当に多いのです。高等教育をうけたスタッフでないからという言い訳ですませたくないので、できるようになるかは不明ですが、物事に簡潔に答える習慣をつけてもらえるように、働きかけたいと強く思った、いつもの光景でした。

220119consul1nen

で、使うのは、この前読んだKindle Unlimitedの『コンサル一年目が学ぶこと』の中で紹介されていた、PREP。
1)Point=結論
2)Reason=理由
3)Example=例
4)Point=もう一度結論
で答えましょうというもの。毎回的はずれな例をつけられるのも苦痛なので、最低でも1)と2)がいつもストレートに答えられるようになってもらいたいです。たいてい2)しか言わないものですから。

ドラマはほとんど見ないとこれまでも言ってきたと思いますが、ここに来てドラマ3本が視聴リストに入ってきました。しかし、全部日曜日が放送日。

鎌倉殿の13人
真犯人フラグ 真相編
DCU

の3本です。

「真犯人フラグ」は奥さんが熱心に見ていたのが真相編に入ったところで一緒に第一回を観たので、ついでにこのまま観ようかと。マニラ開始時間が午後9時30分で、アニラオから帰ってきて視聴できる時間なので、日曜日のルーティーンになりそうです。

大河ドラマで、三谷幸喜脚本の「鎌倉殿の13人」。放送時間がフィリピン時間7時で、間に合わないので、EVPADの録画で観ることに。前回の三谷脚本の大河ドラマで評判の良かった「真田丸」を一切見れなかったので、今回は観ようかと。なんだかんだ、三谷幸喜、好きなんです。

で、ダイビングが重要な要素となるものでは久しぶりのドラマの「DCU」。ダイビング屋さんの端くれとして、見ておかねばなるまいっ、ということで、これもEVPADの録画モードで本日第一回を観ました。

220119dcu

「湖底の水深120メートルがあんなに視界が良いとは思えない」とか「ドロつまみ上げ流して、インスピレーションを得て探しものが見つかるなんて魔法レベル」とか、無粋なツッコミは抜きにして、エンターテイメントとして期待できそうです。

主演の阿部寛さん、5分以上息止めしていて、浴槽から一気に顔を上げるあのシーン、2012年の主演映画『テルマエ・ロマエ』のパロディーに感じてしまったのは私だけでしょうかね。

220119termae

そのテルマエ連想からか、以前ルスタンでみつけたグアンチャーレを使った、ローマ本式のカルボナーラが無性に食べたくなって、フィリピン米が食べたい奥さんのリクエストは聞かなかったことにして買い物へ。

売り場が移動していましたが、12月7日に見たのと変わらぬ姿(誰も買わんのかいっ)で、そこにいました。100グラム259ペソ(約600円)。もう一つの手に入りにくい食材のペコリーノチーズもありました。

220119gancale

100グラム499ペソですっごい高いとおもったら、トリュフ入りでした。TRUFFLEなんて高級食材、自分の人生にほとんど関係ないところにあったので、目で追っていても意味が脳内に残らないのです。

220119truffpecorino

ちゃんとローマのペコリーノもあったので、そちらを購入100グラム181ペソ。

220119pecorino

ローマにも行ったことがないし、日本国内でもペコリーノチーズとグアンチャーレを使ったカルボナーラは食べたことがないので、本物にどこまで近づいたのかわかりませんが、美味しかったです。参考にしたのは、ローマでカルボナーラNo.1というRoscioliのものだというこちらのレシピ

パスタ、玉子、グアンチャーレとペコリーノで、一人あたり213.96ペソ(498円)。日本でいったら、一応ワンコイン?ですが、いわゆる倹約メニューには程遠かったですね。コロナ禍で贅沢でした。

220119calbonara

私たち夫婦にはイケたのですが、ペコリーノチーズは羊の乳のチーズ。それなりにクセがあります。お子さんとかには出せなそうだなぁ。

奥さんが食べたかった、Atoy’s Pork Chopもデリバリーでオーダー。Facebookで問い合わせて返事なく、Grabで駄目だったので、直接電話してバイク便で買ってきてもらいました。

220119atoy

ポークチョップと目玉焼き、フライドライスで、125ペソ。スタッフがマニラに来たときに食べてもらうものの選択肢の一つとしてのお試しでした。ついてくる醤油、バナナケチャップ、酢の3つのうち、日本人的にはバナナケチャップ以外の2つをつけながらがよいでしょう。Tapa Kingが好きな人は、あれくらいの味だというと想像できると思います。まぁ、普通なお味。

220119cealing

炭水化物とりすぎなので、運動ですこし消費しようといつもの屋上へ行くと、フロアびしょ濡れ。天井内部のパイプの老朽化による水漏れだそう。流石に脚立から落ちないとは思いますが、力を込めて天井材を剥がそうとする時、こちらのお尻がむず痒くなります。前のめりに落ちたら、その先は35階の空中。


フンガトンガ・フンガハアパイ

日曜営業日のアニラオ。朝起きてのSNS第一報が、トンガで起きた海底火山による津波の懸念。日本のダイビングや釣り関係者は、津波警報が解除されるまで営業できないとどこも足並みを揃えていました。

噴火した、フンガトンガ・フンガハアパイ火山って、怪物くんのフランケンみたいでガンスね。長くて何となく覚える外国の地名、スリジャヤワルダナプラコッテに次いで、脳内に残りそうです。

フィリピン火山地震研究所(PHIVOLCS: Philippines Institute of Volcanology and Seismology)のサイトで確認すると、11日のアリューシャン列島震源の地震による津波については記述がありましたが、今回のトンガのものについてはなし。

220116tsunami

日本の太平洋側で潮位の上昇が観測されたくらいなので、距離がもっと近いフィリピンの太平洋側でも何かが起こっていてもおかしくはないのですが、誰も警告を発していないのどかさでした。アニラオはとくに西側を向いているので、更に何もなし。もちろん被害もありませんでした。ご心配してくださった皆さん、ありがとうございます。

朝ひと悶着あった津波情報収集後の朝食は、和食寄りのメニューでした。雑魚に大葉のおにぎりって、大葉が入手困難なフィリピンではかなり貴重です。

220116bf

穏やかな海へ出港するボート。

220116sea

ボートが出た後のハウスリーフでは、珍しくフィリピン人のカップルさんが体験ダイビング。到着も出発も日本人スケジュールの2時間あとというのんびりさが、いかにもです。

220116intro

どうして日系の弊社を選んだのかと聞くと、以前マグダレナがロケで使われたローカル局のダイビング番組のThe Diveを観たからだというお答え。

いつの間にか、日本語字幕版ができていたので、貼っておきますね。設定アイコンから字幕>日本語を選ぶと表示されます。英語の部分はまぁ良いですが、タガログ部分の翻訳は怪しいものですが。

お昼は牛丼に味噌汁と、口にあうか心配でしたが、ちゃんと堪能されていました。

220116lunch

昨日ナイトロックスをつめているときに不調になった第一コンプレッサー。すぐにテクニシャンに連絡がついて本日来てもらえて、第三ピストンのパーツ交換でなおったのはよかったですが、支払いが憂鬱です。。。。ちゃんと払いますよ。ちゃんと。

220116compressor

風邪状の症状を呈する病気(多分コロナオミクロン)が流行りすぎていて、町の薬局で風邪薬が買えないとスタッフがいっていたので、備蓄していた風邪薬をミーティングで配布しました。週が開けてマニラに戻ったらまた買っておかないと。

次回営業予定日は1月22日23日の土日です。ご利用、お待ちしております。


カダンカダンカダン♪

オミクロン株爆発中で、出控えの空気の色濃い週末のアニラオ。逆境を乗り越えてお越しいただいた皆さん、ありがとうございます。

アニラオの午前の海

水温26度。透視度良好。少し風は強めです。

ボートが出た後のハウスリーフでは、アドバンスドオープンウォーターダイバートレーニング。まずは陸上でコンパスとにらめっこ。

220115aowt

グマメラルームの前のハイビスカスの葉にうどんこ病発見。カビの一種なので、涼しい時期にあらわれる病気といわれて納得の、連日の涼しさです。

220115udonkobyo

うどんこ病という植物の病気があるのを知ったのは、子どもの頃流れていたフマキラーの「カダン」のCMによってでした。今更ながらカダンって、商品名だったんですね。お花を大切に〜♫

今もバージョンアップして売られているのだそうです。アニラオでは手にはいりませんので、酢を20倍に希釈して散布してみました。短い時間の経過観察に過ぎませんが、効いているように思います。

220115susanpu

ランチはカレーライス。

220115lunch

夕日を見ながらの足マッサージは気持ちがいいですね。

220115massage

日中は風が強くても、朝夕は凪。この日没シーンの後、アドバンスドオープンウォーターダイバーのナイトダイブへ。

220115sunset

日中は縮まっている、夜行性のイソギンチャク。透き通って美しいですが、触れるとかなり痛いので、要注意です。

220115isogin

頭隠して尻隠さずの申し子といえば、アカモンガラ。しっぽに落書きしてしまいたいです。

220115akamongara

夜のタイマイ。ストロボ光らすより、ライトで撮影したほうがナイトダイブっぽくなって好きです。

220115kame

次回営業日は1月22日23日の土日です。ソーシャルディスタンスは十分とれるアクティビティがダイビングですので、会社で外出が禁止されていなくて、自然の癒やしをお求めの皆さんのご利用を、スタッフ一同お待ちしております。


1月誕生会

アニラオ準備日。日中でもかなり風が涼しいです。気温25度。

10月15日から飾り付けてあった、クリスマス飾りを片付けました。フィリピン式には、9月1日以降飾り付けてよく、片付けは、3 kings dayの1月6日。その基準からすると、出し遅れの、片付け忘れということになりますが、深いことは気にしなくて結構です。

220114treekatazuke

高くなったタリサイの木のトリミング。2階まで葉が届くと、ハキリアリが家屋に侵入してきたりと不都合があるのです。出る杭は叩かれるならぬ、出るタリサイは切り取られるアニラオ。

220114cuttree

ツリーを設置した10月15日には、この木の親が切り倒された日でもありました。クリスマスツリーとタリサイ、何かの知られざる因果があるのかも知れませんね。

西日避けに、IKEAで試しに買ってみたスクリーンをつけてみました。耐久性と遮光性がよければ追加でつけるかもです。程よく透けて、景色が見えるところがお気に入り。

220114shade

防犯カメラのケーブル近辺にシロアリ発生。シロアリとの戦いに終戦日はこなそうです。いたちごっこを続けるしかありません。

220114anai

年末に出そうとしてバクハツしたコロッケの原因究明と、適度な油量での揚げ方を奥さんがコックと詰めた試作コロッケ。次回は爆発せんことを願います。

220114colokke

洗濯掃除のマイエン、ダイニングのジェラルディン、おじいさんドライバーのフロリド(あと私も)と1月の誕生日が複数人いたので、ささやかな食事会を開きました。値上がりで口に入りにくくなっている豚肉料理の売れ行きの良いこと。

220114bbq

エビの大好きなマービンは、風邪っぽいので家で待機。携帯のテレビ電話で映像だけスタッフに送られていました。

夕日に映えるレッドホース。

220114sunset

孫みたいな女子に囲まれてご満悦の老ドライバー。71歳でまだ現役とは、フィリピンの平均としてはかなり頑張っている方です。ケーキのろうそくを吹き消す時の「まだまだ長生きー」の願い、成就するといいですね。奥さんのお父さんの時代からの勤続約40年の功労者、生きているうちに日本旅行を経験させてあげたいものです。

220114shirt

10月生まれのシェラが以前あげたオリジナルTシャツを持ってきていてちゃっかり記念撮影に紛れ込むのは、彼女の愛されたいキャラがよく現れていて、微笑ましいです。

毎朝音を立ててコーヒーをすすっているフロリド翁には、このラテアート風デザイン。

220114floridot

スタッフの中では、一番の大ウケの、洗濯担当マイエンの自分洗濯女王デザイン。

220114mayent

ときおり見せるドスの効いた態度を表現したいジェラルディンには、姐さん風和装デザインでした。

220114geraldinet

着きれないほどTシャツをすでに持っている私の分は、もちろん作成せず。

先日ふと疑問に思った、フィリピン地方選挙での選挙公約のなさ加減についてスタッフにきいてみると、非選挙の平時からどの候補者の陣営に属するのかは世帯ごとに根回しの陣取り合戦がされていて、その結果が直前の現金支給などで微動してきまるのだそうです。

220114seijidangi

どこの国でも選挙はキレイなものではないのは暗黙の了解だとしても、おおっぴらに買収が横行する現状を子どもたちの世代にどう解釈させていくのかは悩ましいところだそう。「正直に生きて、できれば選挙に深く関わらない」が権力を志向せず平和に生きたい庶民の処世術のようでした。


亡霊って存在する

今年もやってきました、営業許可証の更新。去年はコロナで混乱していて、締切が2月末までに伸ばされていましたが、今年は1月末日までだとのこと。6月まで伸びるという説も聞きましたが、早めに終わらせるに越したことはありません。

リゾートに書類をとりに朝立ち寄ると、ガードマンから朝食を食べていけとの優しいオファー。留守番スタッフ用に用意していたものだけでは足りないので、追加で料理もしてくれました。

220111bf

ティラピアの素揚げ。スタッフにならって、手で食べたのですが、高温の油で揚げたてほやほやで指先やけどしそうでした。塩がしっかりきいていて、美味し。

営業許可の更新には、観光省(DOT)の認可証が必要なのですが、お役所仕事遅いドミノ真っ只中で、去年の10月から申請していて、いまだに発行されず。DOTとのやり取り(必要書類はすべて受け取ってはいるものの、現場査察の目処がたちません)のメールを添付して説明するなど、手間がかかります。

で、去年も難航した、消防署。50万ペソ以上もする消火装置を厨房につけなければいけないという難癖で、去年なんとか回避したものが亡霊のように復活。去年話をつけた署長が交代したのが原因ですが、今年話しつけても、また来年同じことが起こることが予想されると、気分が滅入ります。

マビニのリゾートオーナー協会の会長氏に相談してみたところ、フィリピン人である彼のところにも難癖がついていて、曰く、「ニッパヤシの屋根材は燃えると危険だから、トタンに張り替える必要がある」だそう。計算したところ、2棟で55万ペソ。外国人でも、同国人相手でも、袖の下欲しさのゲスな役人文化はなかなかにはなくなりませんね。そもそも、いわゆるフィリピンっぽいニッパの屋根のリゾートは多いです。隣のマユミリゾートだってそう。腐っていてもしょうがないので、なんとかします。

今年春には統一選挙があります。先のオーナー協会長も、現職町長の対抗馬側のチームで立候補するようで、応援をお願いされました。応援されてふと気づいたのですが、フィリピンの選挙で公約とかマニフェストとかが論点になっていることはないような気がします。金やコネでお願いして多くの票を得たほうが勝つという、シンプル極まりないしくみのようです。

220111election

「どちらがなっても変わらない」とも思いますが、現行市長が碌でもないので、せめて他の碌でないかも知れない人にとりあえずは変わってみてもらいたいものです。

昨日リリースのニュースで、フィリピンで現行流行っているコロナの株がオミクロン優勢になったとありました。

220111omicron

フィリピン新規陽性者3万人程度でここ数日推移していますが、PCR検査のキャパシティ的に3万以上出ないのではという説も。風邪状になる症状に感染している人は本当にあちこち聞きますので、注意は今後とも続けていないとですね。


カエルアンコウ艦隊

1月2日日曜日のアニラオです。コロナ前だったら、成人の日ぐらいまでぶっ通しで日本からのゲストさんで賑わっていたのですが、今日日曜日で、とりあえず週末を絡めた年末年始の営業最終日です。フィリピンでは、日系企業でも割とフィリピンカレンダー通りで、明日3日(月)から始業がもっぱら多いです。

アニラオの午前の海

昨日はお休みしていた、自身のファンダイブへのアテンド。ファンダイブ潜り初めです。行き先は、アニラオを代表する島のソンブレロポイント。しかも、そこから、ベアトリス1まで流します。じっくりマクロ写真ではしないルートですが、エア・水深・泳力管理では、良きポイント。私もなにげに久しぶりのルートです。

ソンブレロの南寄りエントリーポイントから、ベアトリス1のエキジットまで、400メートル弱。結構泳ぎます。

エキジットのベアトリスについてからの、オオモンカエルアンコウ3匹飛行。泳いでいる様も珍しいですが、3匹揃っては、なかなかお目にかかれないシーンです。発見者としては、ブーブー鳴らして、ガン呼びでした。

多分、色違いの子が女の子で、フェロモンに呼ばれてか、灰色の男子2匹が追っかけの様相。粘りきればもしや産卵シーンも有りかと思いますが、長距離泳いだ後半、エアも心もとないグループの安全重視で、リーフトップへ。

流れるベアトリスの予想を裏切らない、リーフトップは程よいそよ潮。

カレントフック持っているのに使っていないDukeさんに、初めて使用してもらいました。

ちゃんとした死んだサンゴの穴にしっかり突っ込んでから、BCに少し空気を入れて、ピンと張るのが作法です。

緩んでいたら、体育会系ダイバーに外されてしまって、「あれあれー」と飛んでいってしまったのは、古き良き時代の記憶。

初めてのカレントフック利用でも、タンクバルブで他のダイバーに休まれてしまう可能性は、常にあり。

普段あまり行かないポイントシリーズということで、ミニログにも。ショートウォールの下にはカニハゼさん。

220102kanihaze

ベニハゼ、イソハゼ系の宝庫です。

220102shirohaze

巨大なイッポンテグリも登場。

220102ipponteguri

エントリーとエキジットポイントの違った1本目とは違い、停泊したボートにもどって来れるポイントだったので、持っていったダイヤモンドリーフを、安全停止をとるあたりに設置。

220102diamond

安全停止中に中性浮力と、バックワーズキックの練習ができるようにです。後ろ向きに泳ぐのは、結構な本数を潜られているダイバーさんでも、意識して練習しないとできるようにならないので、是非挑戦してみてください。被写体と詰めすぎたときに回れ右しなくても後ろに戻れるのは、水中写真やビデオ撮影時にとても便利です。

昨日から設置の書き初めコーナー。みなさん続々参加されています。単身赴任でマニラで頑張るお父さんたち、春先の家族との合流が待ち遠しいのです。

220102kaitemasu

1月いっぱいは書き初め可能ですので、次回いらっしゃったときにご参加いただけますと、幸いです。1月の営業予定日は、8日9日、15日16日、22日23日、29日30日です。皆様のご利用、お待ちしております。

220102kakizome


本年もどうぞよろしくお願いいたします

2022年の朝を迎えたアニラオです。本年もどうぞよろしくお願いいたします。日本のみなさんとも、今年こそはお会いしたいです。

昨晩0時過ぎまで頑張ったスタッフ、いつもどおりの5時始業。褒めすぎると図に乗るので、控えめの感謝で。

220101radio

奥さんが昆布と鰹節の出汁で用意してくれた、朝食のお雑煮。盛り付けも、サンプル通りに女の子スタッフが器用さを発揮。

220101ozouni

年末年始は曇りがちか小雨が降ることが多々ありますが、元日ダイブは晴天の下出発。水温26〜27度。

220101sea

新年初日なので、アニラオの生き物を代表して、ウミウシの出初式。はっ。今年一年、海の中でみなさんの来訪をお待ちしております。

220101umiushidezome

ボートが出た後のハウスリーフでは、2022年の認定ダイバー1号。オープンウォーターダイバーおめでとうございます。

220101owt

1月上旬限定の書き初めコーナー設置しました。初(ぞ)めもなにも、筆を持つのは1年に一度だけかもしれませんが、季節感のメリハリの少ないフィリイピンでの日本人DNAを呼び覚ます新年の抱負を考える時間確保のために、どうぞ、ご利用ください。

220101kakizome

字が汚いことで有名な私にしては、自分の手が書いたとは思えない出来の本年の抱負「きじんへんじん」。喜びを感じ、喜びを与え、平等に人と接し、平安を生む人でありたいものです。小学生の頃に母に蹴り飛ばされながら筆を構えた記憶が懐かしく蘇ります。大人になってから愛読した河合克敏先生の書道漫画『とめはねっ! 鈴里高校書道部』での書道イロハも思い出しながら。

きっかけがないとログインしないFortnite(アカウントはanilaomagdalena)の元旦のビクロイ。多分ログインは3週間ぶりか。

220101victory

正々堂々でなくても、漁夫の利でも、生き残れる一年を過ごしていきたいですね。


ありがとう2021年

2021年最後の日。今日も元気に潜るアニラオです。水温26〜27度。

アニラオの午前の海

今年後半は、マニラダイバーさんのフォト熱が高くなってきたシーズンでした。岩陰にフォトジェニックなベニハゼ系もぜひ狙っていただきたいです。

211231haze

大人の階段のーぼるー、藍染ふうのハナヒゲウツボさん。写真提供15年ものの一眼愛機使いのKazuさん。ありがとうございました。

211231hanahige

ボートが出た後のハウスリーフでは、オープンウォーターダイバートレーニング。

211231owt

太陽熱風呂から出られないの図。そろそろ薄いので良いのでフードが欲しい季節です。

211231furo

大晦日のランチは、エリンギハヤシライスでした。

211231lunch

良さげな夕焼けでのいち日の締め。来年も色々あるでしょうが、凹まず楽しく過ごしていけたらと思います。コロナで行動不自由な中、アニラオヴィラマグダレナをご利用くださった皆さん、ありがとうございました。

211231sunset

夜10時から年越しそば。

211231soba

と、年越しバーベキュー。本当にフィリピン式だと、日付が変わった深夜から食すのですが、明日も潜りますので、そばの後のタイミングでいただきました。

211231bbq

スタッフも合流。コロナだったり、フィリピン行政のいじめだったり、暗くなりがちな毎日ですが、こういう屈託の無さは、このスタッフと一緒に働いていてありがたいことです。至らないところも多々ありますが、来年もよろしくお願いいたします。

211231staff

年越しの爆竹。コロナで収入減なので、例年の3分の1程度の規模ですが、花火で厄払い。去年が完全クローズだったことを考えると、復活に向かって一歩前進です。


ハートフルイヤー

2021年も残すところあと2日となったアニラオ。朝は少し曇り気味でしたが、ボート出港後よく晴れました。水温は27度。

アニラオの午前の海

期せずしてハートっぽいスヌート。サンゴの凹みを見て狙って撮れるようになったら、もう最高なのですが、道のりは通しです。

211230snoot

来年もハートフルな一年になるといいですね。明日は講習があるので、今日でファンダイブは潜り納めになりそうです。

冷えた体には肉!のハンバーグランチ。

211230lunch

今日から開始のフットマッサージ。夕日を見ながらだと更にリラックス度アップかも。

211230sunsetfootmassage

ミカエルさんに差し入れいただいた、スモークサーモン。なにげにシェリーは柵を切るのが初めて。身を崩さないようにワンストロークで切るのだと教えて見せて、鋭意習得中。

211230smoksalmon