Retraのスヌート

穏やかな海のアニラオです。水温29度。

アニラオの午前の海

しばらく下火だったカメラ熱が少しだけ持ち上がり、まだ一度も試していないRetraのスヌートシステムをカメラに装着。正式名称は、Light Shaping Device(LSD)という、トリップできそうな名前です。

190514snoot

1年半くらい前から海外のマクロダイバーの間でブームになっていた、スロバキアのメーカーが作っている集光レンズ付き、スヌートのサイズをスロットで変えることのできるという代物。つけると結構重いです。

水の中に持っていくと、逆に軽くて、アームのフロートがかえってじゃまになるくらい。次はセットアップを変えないと。

RetraのLSD

ターゲットライトを付けていると、スヌートがどこに当たるのか事前にわかるのだけれど、アームに付いているとこれがなかなか当たらない。

RetraのLSD

さらに絞るとこう。だけど、当てるのは大変。

RetraのLSD

次回はスヌート手持ちで撮影してみます。

夕日に雲がかかるのは雨季の特徴です。

190514suset


金属探知機

よく晴れたアニラオです。水温26後半から27度。

アニラオの午前の海

ボートが出たあとのハウスリーフではオープンウォーターダイバートレーニング。

マニラオープンウォーターダイバートレーニング

人気のトゲトゲウミウシの仲間。体中トゲトゲしているってどんな感じだろう。

190331togetoge

最近見かけるようになった、チャイナGoProもどきにつけるリングライト。光輪というか、焼きごてというか、なんと言おうか迷っていたら、「金属探知機だよね」の意見に同意。使ったことないですが、ライト点灯時はレンズ前のフィルターはとったほうがいいでしょうね。きっと。

190331yakigote

3月最終日が暮れていきます。毎日特に時間が早く過ぎている感じはないのですが、1年の4分の1がおわったことに。

190331sunset


3月末の浮遊系

マニラのドライビングスクールに立ち寄りました。大沢一次日本へ帰国中の休暇を使って男子スタッフ二人に車の運転を覚えてもらおうと思って。車ぶつけたことのあるマービンは家族の許可が出なかったので、また次回。

190329driving

夜は集魚灯をつかった浮遊系ナイト。

細長いエビとおもったら、カニダマシのゾエアらしい。

190329lighttrap

コシオリエビですかね。

190329lighttrap-2

レントゲン検査のいらなそうな稚魚。

190329lighttrap-3

この立ち具合の大頭は、ジョーフィッシュの稚魚かな。

190329lighttrap-4

カマース。

190329lighttrap-5

また出た、緑の点のレプト。

190329lighttrap-6

イーカ。

190329lighttrap-7

エーソ。

190329lighttrap-8

テッポウエービ。

190329lighttrap-9

サルパ。

190329lighttrap-10

ヒラーメ。

190329lighttrap-12

触覚も長いけど、目も飛び出てる。

190329lighttrap-13

アオヤガーラ。

190329lighttrap-14

ヘルメットかぶっているみたい。

190329lighttrap-15

シャコの幼生。写真提供、jun291.comさん。ありがとうございました。

190329lighttrap-16


研修結果発表

よく晴れた月曜日のアニラオです。水温26〜27度。

アニラオの午前の海

裏の畑の作業日でした。雑草を抜いて、この前買ってきた肥料もまいてみましたが、本質的に土壌改善が必要。どうしたものか。

190325farm

痩せた土地でも頑張って実をつけているカラマンシー。もう少しで収穫開始できそうです。

190325calamanc

スタッフのうちで、まだ潜ったことのない二人をつれて、体験ダイビング。一緒に潜るマービン28本、ハービーは8本の経験本数になりました。

190325intro

堂々たるいで立ちの体験ダイバー二人。

190325damegumi

ところが、怖くてもぐれなかったとです。

マニラ体験ダイビング

なんとか沈んでいる写真は撮影。

「レギュレーターを噛んで」という指示に従えなかったのは、ふたりとも歯抜けだからだという、他のスタッフの言。機会を見て再チャレンジしてもらいます。

カメラマンマービンの心を捉えた、ハウスリーフの生き物は。

ウミウシと。

初心者撮影ウミウシ

そしてウミウシと。

初心者水中写真

「あのー、あれあれ、トッコー(でかいヤモリね)みたいなやつ」と言われていた、セミホウボウ。

セミホウボウ

サクラコシオリエビ。

サクラコシオリエビ

教室の端に巣を作っているアカハチハゼのペアなど。

初心者水中写真

水中写真って難しいって、しみじみ言っていました。

料理教室に通っていた二人の料理の腕前を披露する会を開催。美味しそうにできてます。

190325dishes

他のスタッフの評価やいかに。体験ダイビングに手こずって、食事の開始時間が3時すぎ。ランチを取らずに待っていたスタッフは堰を切ったようにどんどん食べていました。曰く「美味しい」。

190325party

デザートも。味も甘すぎなくてグッドでした。ケーキ屋まで買いに行かなくてすむようになればいいなぁ。

190325cake

今週もいい一週間でありますように。

海と夕日


乾物用棚ステンレス化

今日もいい天気のアニラオです。水温26度。

アニラオの午前の海

タテジマウミウシの仲間。つぶらな瞳があったんですね。写真提供アンダーウォーターフォトグラフィーさん。ありがとうございました。

1902311tatejimaumiushi

先日届いた棚を設置すべく、古い木製の棚をキッチンから撤去。アイサとジェラルディンの家にもらわれていきました。

190311tana

バタンガスのウィルコンにいって、棚の後ろに入れるプラスチック材購入と。

190311wilcon

ついでに海際の側溝の蓋購入。

190311sokko

「見える」乾物棚完成。これで「なにこれ?」みたいな在庫はなくなるはず。

190311stailesslack