レンタルLSDでキマリましょう

日曜日のアニラオ。水温26度。新月大潮で透視度良好です。

アニラオの午前の海

朝食のたまご焼き。キッチンスタッフがすでに私より上手にできるように。全文量小さじ表記のレシピなので、36杯とか小さじで量るのではなくて、5cc掛け算して180ccを計量カップで量って入れられるように次はなりましょう。

210314tamagoyaki

昨日に引き続き、水中写真サポートレベルアップデー。本日装備は、ずっと眠らされれいた、Retra社のLSDとコンデジの組み合わせ。

210313lsd

一度ミラーレスにつけてやってみたのですが、腕が三本ないとストロボを当てられないので、片手にコンデジ、片手にLSDなら撮れるだろうという目論見です。

ちなみに不穏な名前のLSD、薬ではなくて、LightShapingDeviceの略です。ストロボにつけて、スヌート化するアタッチメント。でも、開発者、略称LSDと聞いて「んっ!?♡」ってなるのは狙っていたのでは。メーカーのリンクはこちら

ターゲットライトをつけると、事前にストロボの当たる範囲がわかるので、好きな構図とライティングになったところでシャッターを切ります。OlympusのTG4とでも、ほぼTTLの自動調光はききました。

そのへんのトラギスも、いつもと違った雰囲気に。

Retra LSDとトラギス

イボウミウシだって。

Retra LSDとイボウミウシ

キリンミノ。

Retra LSDとミノカサゴ

好奇心の強い子でしたら、泳いでいる魚にも当てられます。

Retra LSDとモチノウオ

ウミウシマクロモードと。

Retra LSDとウミウシ

顕微鏡モード。

Retra LSDとウミウシ顕微鏡モード

キルビスのクダゴンベさん。

Retra LSDとクダゴンベ

バタンガスコンペイトウウミウシ。

Retra LSDとバタンガスコンペイトウウミウシ

例の黄色いナマコだって。

Retra LSDとキイロナマコ

アニラオといえば、イチゴボヤ。ハゼなんかのっていたら最高でした。

Retra LSDとイチゴボヤ

思いの外三つの楕円がよかったウツボ。

Retra LSDとウツボ

今回の一番それっぽいショット。

Retra LSDとギンポ

コンデジカメラ初心者を卒業して、ちょっと違った作風に挑戦したい方におすすめです。ストロボとセットでレンタル1日500ペソ。

今回は、Retraのストロボにつけましたが、同じくターゲットライトがストロボ中央についている、Sea&SeaのYS-110のアタッチメントもあるので、次回、それでも撮影テストをして大丈夫なら、1日最大2個レンタル可能になります。

コンデジで慣れたらミラーレス・1デジでも手持ちで撮影できるかもしれませんが、SMCなど、マクロでピントのシビアな前玉を付ける構成の場合は、人に照らしてもらうのがやはり楽だと思います。そのあたりは、また将来的に実験してみたいと思います。

ランチに牛すじカレー再登場。

210314lunch

デザートはバナナケーキでした。

210314cake

明日、マビニの消防署のお偉いさんが査察にくるというので、アニラオに居残りの午後は、ラッパの新曲練習開始。

210424amazing

色々なことを想起させる名曲ですね。アメージング・グレイス。


フォトダイバーサポート強化

3月最初の営業日を迎えたアニラオ。水温26度前半。天気が良くて植物プランクトンが喜んでいて、透視度は少し悪目です。

アニラオの午前の海

強化中の朝食。いつもどおりな感じのフィリピンっぽい朝食の中で輝くのは、アーモンドのはいったかぼちゃサラダ。一手間が美味しいです。

210306bf

昨日組んだマイメインカメラに、充電したバッテリーを入れて動作確認すると、右のストロボが光らないことが発覚。Retraのストロボで代用するように組み替えるも、SNSでコメントをいただき、放電し尽くしたストロボは電源を入れっぱなしにしておくとチャージすることがあるというアドバイスに従ったところ、無事右ストロボ復活。アドバイス、ありがとうございました。

210306strobe

Retraのストロボは結局取り外して、LSDをつけてコンデジスヌート貸し出し用に後日再登場してもらおうと思います。

1年以上ぶりのマニュアルカメラを使った本日の課題は、距離に応じた絞りの把握、と重量のあるカメラを持ったときの中性浮力の調節でした。

シャッタースピード1/00。レンズ焦点距離最短でf10くらい。少し距離のある撮りごろの距離でf7.1。

奥さんが随分前に発見したカテドラルのハナビラクマノミの「まろ」。自然界のことなのですでに天寿を全うしているかとおもいきや、いました。しかも、大きさほぼ変わらずの、2番手以下。1番手になってメス化して卵を生むようになるのは、まだまだ先か、このまま最後までトップを取れずなのか。

アニラオのマロハナビラクマノミ

ミナミハコフグさん。

アニラオのミナミハコフグ

しばらく過ぎて、名前がずっと出てこなかった、ホシベニサンゴガニ。数が少ないわけではなくて、いるエリアにあまり行かないのと、ほじくる手間を自分でかけてこなかったのがご無沙汰の原因。

アニラオのホシベニサンゴガニ

マニラ在住で水中写真に興味を持ち出した方にとっての初期の課題である、
1)普通撮り(黒抜きとか青抜きでなく)するときのカメラの基本設定
2)ストロボなど外付けの器材がきちんと作動/同調する
3)意図した構図で撮る
4)トリミングなど基本的なデジタル処理技術
にお付き合いできる勘を取り戻した半日でした。

まだまだ先は長い水中写真道ですが、1)2)止まりの方には、ぜひ3)4)を意識して水中写真を楽しんでいただきたいと思います。

強化中のランチは、おから団子うどんと、多分マグダレナ初出の巾着寿司。デザートは自家製芋けんぴ。スタッフの作れる料理の比率が少ない、奥さんに負担の高い、だけど美味しい構成でした。早くキッチンスタッフがこういう料理が作れるようになるとよいのですが。

210306lunch

良さげな夕焼けのあとは、浮遊系のナイトダイブへ。ここでの水中写真サポートのねらいは、コンデジを使った浮遊系ナイトダイビング撮影時の、ベターなセッティングを探る、でした。

海と夕焼

最新の(とはいっても発売から1年以上たっている)TG6は、日本で足止め状態なので、コンデジ愛機のTG4を使用。今回は、ISO400(100と200で試したら、露出不足でダメ)、絞り優先モード、ストロボ強制発光、採光は中央スポット、ZOOMは少しテレ側、でした。

今晩はイソギンチャクの多い夜で、泳がない彼らは格好の被写体。クラゲとイソギンチャク、おなじ刺胞動物門の動物なので、よく似てますね。

イカも、静止時はかなり撮りやすい。

アニラオ浮遊系ナイトダイブ

透明なものもまぁまぁいけます。

アニラオ浮遊系ナイトダイブ

小さなエビは少しブレですが、まぁ及第レベル?

アニラオ浮遊系ナイトダイブ

オトヒメエビも。

アニラオ浮遊系ナイトダイブ

透明で動くものは難易度が高いです。ホソカクレウオの仲間とか。

アニラオ浮遊系ナイトダイブ

ウツボのレプトケファルス幼生は、反射した眼が流れました。

アニラオ浮遊系ナイトダイブ

内蔵ストロボでのコンデジ撮影でISO400固定と採光の中央スポットは正解。絞りは絞った設定で撮影しましたが、開け気味でも撮るべきでした。TGには物理的な絞りがついてないとも聞いているけれど、シャッタースピードが絞りを開けたほうが稼げるのかも。次回の課題にします。

マニラダイバーで水中写真にお悩みの皆さん、一緒に上達するスタンスでアドバイスしますので、お気軽にお声がけくださいませ。


知識のネットワーク

ガイドのロナルドが昨日初めて見たといって、手持ちの図鑑で名前を見つけることのできなかったこのウミウシ、ツノウミウシだそうです。写真提供Takuさん。ありがとうございます。日本の触覚と鰓がきゅっとまとまっていて、シュウマイみたいですね。

210228nudi

照会の相談をしたのは、Facebookの「44の海の談話室」。質問して10分後にはウミウシの正体が判明しました。

グループを作った八丈島レグルスダイビングの加藤さん、ウミウシ同定していただいた小田原ダイビングスクールの黒須さん、ありがとうございます。またアニラオでお迎えできる日を楽しみに、それまで耐え忍びます。

地元の海アニラオで長い年月潜っていたとしても、たまに現れる初出の生き物。書物である図鑑で追いつかない情報は、今やインターネットが非常に役に立ちます。「世界のウミウシ」のような専門サイトもそうですが、上記「44の海の談話室」のようなオンラインでメンバーがつながっているSNSは、まさに生き字引のネットワークですね。

これだけ便利なSNSですが、図鑑はそれで大切で、やはり人に聞く前に自分で調べる習慣のベースになる資料です。マグダレナには大抵の図鑑は揃えてありますが、まだ入手していなくて欲しいのが、

『新版日本のハゼ』¥4,400 表紙がモエギハゼからアケボノハゼに変わりました。

『素敵なセブのなかまたち』¥3,850+送料 泥ハゼリロアン、アクアバディーズ鈴木さんの本。

です。日本からの往来が途絶えていて、買っても手元に届かないので、入手はもう少し先になる予定(図鑑買えるだけしっかり稼がないと)。

日曜日に潜りにいらしていただいた、居酒屋川崎さんに久しぶりにお邪魔しました。

210301kawasaki

安定のホッとする味ですね。楽しいトークもいつもどおり。ダイバー率の高いのもいつもどおりでした。気兼ねなく飲み食いができて、ダイビングができる時代が早く来てほしいものです。

210301ryouri


潜って楽しい3連休開始

中国正月、春節3連休が始まったアニラオです。ボートたくさんに見えますが、一船に乗れる人数が制限されているので、通常より多く必要になっているのです。

アニラオの午前の海

ボートが出た後のリゾート前の浜では、砂遊びと水遊び。この連休は4歳児以下が4人いるので、保育園度合いが少し増しています。

210212boys

居酒屋川崎さん、600本記念ダイブでした。おめでとうございます。

210212600dives

クロカブトウミウシや。

アニラオのクロカブトウミウシ

バブルコーラルシュリンプ。

アニラオのバブルコーラルシュリンプ

ツノザヤウミウシさん。写真提供【es】さん。ありがとうございます。

アニラオのツノザヤウミウシ

マグダレナのアイドル?2歳児、Yoくん、新兵器で浮きながら初めて海の中を眺めました。

210212umi

で、人生初の海の中の絵。偉大な一歩に立ち会えて感無量です。

210212uminoe

昨日奥さんがスタッフにもらった誕生祝いのバラと風船、花瓶にいけるとなおきれいに。

210213hana

日中忙しくして午後部屋に戻ってみると、テーブルが星まみれ。どうやらこの星入りの風船、程よいところで破裂して中の星が飛び散る仕組みになっていたようです。嬉しいドッキリですが、この星薄くて張り付きやすくて掃除が大変そう。

210213hoshi

CMASのコースディレクターのジェス・ラピッド氏と久しぶりに会ってきました。還暦も近づいてきたせいか、好々爺度アップ。

210212jess

夕日と双子ちゃん。

210212sunset

ほぼ一年ぶり、コロナ禍になってからは初めての浮遊系ナイトダイブ出しました。初参戦で、TG4で奮闘した結果、【es】さん何枚かいいのが撮れていました。

泳いでいる状態だと撮影が非常に困難な、海の宝石サファリナも、サルパの中に入った状態だとかなり撮りやすいです。あとは、光る角度を見つけることができれば。

アニラオのサルパサファリナ

ホソカクレウオの稚魚。身体は透けるは、顔は反射しやすいは、光の当て方が難しいです。

アニラオのホソカクレウオ

ギボシムシ。漢字で書くと擬宝珠虫。

アニラオのギボシムシ

オレンジのぼんぼりのついたヒラメの稚魚。

アニラオのヒラメ

タコは比較的撮影しやすいです。

イカは威嚇ポーズにはいったときが撮影チャンス。

ナイトダイブで冷えた身体に、もつ煮が染みました。奥様ダイバーズにとっては、もつの仕入先が気になったようですが、こちらのもつはS&Rで買いました。

210212dinner


ヴィラマドレーヌになった日

2021年3度めの営業週末です。昨日まで曇り気味だったのが、晴れて絶好のダイビングコンディションに。水温は今年は高めで26〜27度。

210123sea

子どもさんが全部で9人来られるというので、奮発して村のアイスクリームおじさんから、アイスクリームを仕入れました。

210123ice

アボカドのアイスにしたくて、アニラオにはアボカドが売っていないというので、カルティマールで仕入れたアボカドを持っていって作ってもらおうとしたら、熟れ具合が足らんからダメだといわれ(一手間ですぐに熟すのにそれをしてくれないおっさん)、結果マンゴーアイスに。甘くて、美味しければ、それでいいのだ。

ボートが出た後のハウスリーフでは、オープンウォーターダイバートレーニング、体験ダイビング、ダイブマスタートレーニング。

210123owt

体験ダイビングの一人、小学5年生の女の子には、約束通り、ハウスリーフのニモとご対面してもらいました。

ヴィラマグダレナハウスリーフのカクレクマノミ

多分マグダレナ史上初、ランチに出てきた、夏野菜のジュレ。ジュレのベースはアサリの出汁です。なんだかとってもオサレでトレビアーン。本日のみは、ヴィラマグダレナ改め、おフランスなヴィラマドレーヌになった気分です。

ヴィラマグダレナの夏野菜のジュレ

マニラ在住のダイバーさんにお楽しみいただけるように、コロナ禍中は食事に力を入れているので、来週からは、お品書きも添えてわかりやすいようにしたほうが良いよねと奥さんと話していました。

明日もいい天気でありますように。

海と夕やけ

本日のアニラオ図鑑リニューアル写真は、メリベ・コールマニこと、イトクズメリべ。写真提供、Underwaterphotographyさん。ありがとうございます。

イトクズメリべ:フィリピンのロンブロン島特産の感のあるこの子、アニラオでは激レアで発見されたら騒ぎになりますが、わかりやすい写真に撮るのがこれまた大変。

イトクズメリべ:フィリピンのロンブロン島特産の感のあるこの子、アニラオでは激レアで発見されたら騒ぎになりますが、わかりやすい写真に撮るのがこれまた大変。

お気に入りの水中写真で作るアニラオ図鑑:初めて見て感動した、思いの外綺麗に撮れた、思い出のあの人と潜ったときに見たなぁ、我がライティングを見よ!、きっと誰にも見向きもされないだろうから私が図鑑に載せてやる、など、皆さんの思いの宿った水中写真でホームページのアニラオ図鑑をリニューアルします。

図鑑のようにヒレ全開横向きではっきり写っているものでももちろん良いのですが、優先は皆さん一人ひとりの思い入れです。

·写真(縦でも横でも。長辺640ピクセル)
·生き物の名前(わからなければこちらで調べます)
·思い(書かなくても可。写真から感じ取ります)
·ニックネーム(写真にコピーライトで入れます) をメールでお送りください

奮ってのご参加、お待ちしております。皆さんの思いに触れさせて、元気にさせてください。