お酒が飲めるようになってから

早朝にアニラオを出てマニラに買い出し。

街灯の支柱だけオーダーしに馴染みの照明屋にいったり。

190228light

風邪ひきのアイサの手伝いでグロッサリーを買ったり。

190228marketing

ランドマークで見つけたピンクのタンクトップ。似合いそうなゲストさんがいらっしゃるので衝動買い。サイズはXL。

190228gift

奥さんお気に入りのAntipodeumで遅ランチ。ベトナム風牛肉サラダ(380ペソ)はポン酢の味がしました。

190228salad

5種類あるパニーニのなかから、ラムとビーフのモロッコ風ミートボール入りパニーニ(320ペソ)。ものすごい破壊力を生み出しそうです。

190228panini

分量の多いメニューが多いので、一人よりは二人以上でいってシェアしたほうがいいです。

ワインにあいそうなメニューが多いのですが、お酒販売のライセンスが出るまであとすこしだそう。お酒飲めるようになってから他のメニューを試しにまた行こうということになりました。

午後はそのままダイブショップめぐり。このルートは、スクーバワールドからパシフィカダイブまで。一万歩こえた一日でした。

190228walk


ハウスリーフのピグミーシーホース

いい天気のアニラオです。2月はおしなべて海況よろし。東風が強い日があるので、半島を回ったシークレットベイ側がだめなことがありますが、西側は概ね良いです。水温25度。

アニラオの午前の海

ボートが出たあとのハウスリーフではオープンウォーターダイバートレーニング。今日はフィリピンはエドサ革命記念日で祝日でした。

マニラオープンウォーターダイバートレーニング

水中スクーター乗りの組長さんが、ハウスリーフの深いところでツバメウオの群れと、バラクーダの50匹を越える群れを見たというので、見に行ってみました。水中スクーターで往復した遠い距離を一人で泳ぐので、安全のためにダブルタンクと減圧タンクのテクニカル装備を使用。

50%ナイトロックス

水深36メートル付近で沖向きのダウンカレントだったので、日和って逃げ帰ることに。安全第一です。ハウスリーフバラクーダの探検はまた次回。

帰りの27メートル付近のウチワにピグミーシーホース発見。ハウスリーフで見つけたことに意味はありますが、他のポイントで14メートルで見られる種類なので、わざわざこれだけ見にハウスリーフの深場にいくことはないですけどね。

アニラオピグミーシーホース

ニモもいました。

ヴィラマグダレナハウスリーフのカクレクマノミ

道中あった二匹のウミガメのうち、年配の方の後ろ足。フジツボがかなりついてます。

マニラウミガメ

今日も人気の太陽熱温水風呂。

190225bath

大学生の時から何度かいらしているゲストさん。いまは立派な社会人。チップをいただきました。スタッフにかわってお礼申し上げます。ご立派になられて、ジイはうれしいですぞ。

190225tip


ボロとホウセキ

三連休の中日で賑わうアニラオです。な、の、に、広域計画停電。調達するはずだった追加のタンクも停電で詰められず、急遽の手配変更と、抑えていたボートが急遽来なくなったりで、写真右下手配担当のマービンの顔の険しいこと。

アニラオの朝

最後のボートが出たのが遅めになってしまいましたが、なんとか全ボート無事に出発。水温25度。

かねてからいると言われて何度か探しにいったけれど会えなかった赤のホウセキカサゴと茶色のボロカサゴ。今日は出会えました。

アニラオのホウセキカサゴ

ポイントとしては、名前のない場所です。写真提供、ノリコさん。ありがとうございます。

190224boro

二日連続でナイトダイビングへ。夕暮れ時には準備完了。

190224sunset

昨日も出たこの子。

190224lighttrap1

普通の稚魚。

190224lighttrap2

ハダカガイの仲間。

190224lighttrap3

はじめて見ました。エルマーとりゅうみたいなやつ。背中の二枚の羽を羽ばたかして移動。

190224lighttrap4

メダカちゃん。

190224lightttarp5

腕の長いタコはゲストさんが発見! 逃げられないためにはときに大胆さも必要です。

190224lighttrap6

ケラマハナダイかなぁ。

190224lighttrap7

胸ビレびょーん。

190224lighttrap8

この黄色の胸ビレの子もお初でした。

190224lighttrap9

今日は光学一眼ユーザーがいなくて、コンデジとミラーレスで写真撮影は苦戦しましたけど、出物は満足。またやりましょう。


土曜の夜の浮遊系

いい天気のアニラオです。フィリピン連休で混雑。水温25度。

アニラオの午前の海

ボートが出たあとのハウスリーフでは、オープンウォーターダイバートレーニングとダイブマスタートレーニング。

マニラオープンウォーターダイバートレーニング

ダイブマスター必須ではないですが、できたらかっこいい、ダイブマスター背負い。補助があればできますもん。

ダイブマスター背負い

15分立ち泳ぎですが、塩水だと余裕でしたかな。ダイブマスター道半ば、がんばりましょう。

マニラダイブマスタートレーニング

ナイトダイブのリクエストがあるので、準備しながらの夕日鑑賞。

190223sunset

今日の浮遊系ナイトはこんな感じ。

ゲジゲジゴカイと。

190223lighttrap

エソ。

190223lighttrap1

動き早かったです。ウルトラマン配色のカニのメガロパ。

190223lighttrap2

葉巻型UFO風。

190223lighttrap3

光り物。

190223lighttrap4

クラゲ。

190223lighttrap5

前へ倣えエビ。

190223lighttrap6

細カクレウオの仲間。これだけ軍旗が長いのははじめて見ました。ふつう切れちゃってます。

190223lighttrap7

ほぼ幼魚。きっと浮遊期最後の晩だったのでしょう。着底しても達者で暮らせ。

190223lighttrap8

今日は色のついた魚の多い晩でした。

190223lighttrap9

飛び回るシャコ。

190223lighttrap10

黄色の点が素敵。

190223lighttrap11

浮遊系初挑戦のお二人でしたが、楽しんでいただけたようで良かったです。被写体に近寄りすぎてフォーカスが合わなくなったときの、バックワーズキックは、やはりできたほうがいいですね。日中からフィンワークのスキルも磨いておくと良さそうです。

夜が更けて、さらにアニラオレアシーン。女子大生に囲まれるオジサマ。ウミウシのことならまかせなさーい。

190223josidai