会長のウルトラCなるか

先の週末から問題が顕在化した、GCQ(一般的なコミュニティ隔離措置)下のバタンガス州マビニ(アニラオエリアの半島部の自治体)におけるリゾートの、国の基準では営業不可、マビニ町の裁量で許可のねじれグレー問題について、マビニのリゾートオーナー協会の会長のジェイク氏(saltitude dive & beach resortのオーナー)がDOT(観光省)のカラバルソン地域担当者と会合を開くとかで、朝からカランバへ。

午前10時30分ごろ、「閉める根拠なし」の短い連絡がリゾートオーナー協会の連絡網で回ってきましたが、後で説明するという根拠の詳細と、DOTからの正式通知はその日のうちに得られませんでした。

国の原則を曲げて営業許可の口約束を取り付けるなんて、外国人にはまず無理なことをやってのける会長、頼りになります。お爺さんは町長だったとかいう、マビニの名家出身者。あちこちひねくり回して、見事な着地を決めてくれるでしょうか。しかし、今の体操何度の最高峰、Cを大きくこえてIですって。ウルトラIとか、しっくり来ない。やっぱり自分はウルトラC世代です。

8月23日の午前現在で、正式な書面による発表は依然されていませんが、関心は、営業差し止め命令を口頭でしてきた国家警察と連絡を受けたマビニの警察への対応に移っているようです。

先日の30分チキンがぱさついた件でリベンジ。前回は身が赤いのが怖くて日を強めてしまいましたが、今回はごく弱火を貫いて、ひっくり返して火を止める前でこれ。

200922tori

前回よりはしっとり仕上がりました。が、まぁ胸肉ですからね。胸肉以上にはならなかったです。付け合せのエリンギ美味しい。

20092230funtori

奥さんが、これ飲みたいと見つけてきたレシピでレモンサワーを作りたいのですが、さすがにスピリタス(アルコール度数96度の酒)が見つからず。消毒用エチルで作るのも味気ないので、度数半分のウォッカで代用。2〜3日レモンを漬けるのだと。

200922lemonsminov

アニラオの夕日。太陽がソンブレロ島に近づいてきました。

海と夕日

8月からスタートの、アニラオ生物図鑑リニューアル企画。

本日は、小さい方の個体の白ペンキがくっついちゃったハマクマノミペア。写真提供toto8_007さん。ありがとうございます。

ハマクマノミ:おでこに注目。ペアで揃ってバリエーションは珍しいかも !!!!!

ハマクマノミ:おでこに注目。ペアで揃ってバリエーションは珍しいかも !!!!!

お気に入りの水中写真で作るアニラオ図鑑:初めて見て感動した、思いの外綺麗に撮れた、思い出のあの人と潜ったときに見たなぁ、我がライティングを見よ!、きっと誰にも見向きもされないだろうから私が図鑑に載せてやる、など、皆さんの思いの宿った水中写真でホームページのアニラオ図鑑をリニューアルします。

図鑑のようにヒレ全開横向きではっきり写っているものでももちろん良いのですが、優先は皆さん一人ひとりの思い入れです。

·写真(縦でも横でも。長辺640ピクセル)
·生き物の名前(わからなければこちらで調べます)
·思い(書かなくても可。写真から感じ取ります)
·ニックネーム(写真にコピーライトで入れます) をメールでお送りください

奮ってのご参加、お待ちしております。皆さんの思いに触れさせて、元気にさせてください。


お上に知られて大慌て

昨日の19日土曜日10時50分頃、町の観光課からショートメールによって、GCQ下でのリゾート営業は認められていないので、本日13時までに直ちにゲストにお帰りいただきリゾート閉めるように連絡が出回りました。

200920text

マビニのリゾートオーナー協会のグループチャットですぐに共有され、営業をしていたリゾートは対応というか、自己正当化に大慌て。

ショートメールの経緯は、コロナ警察のチーフからマビニの警察に連絡、それを受けて観光課がリゾートにショートメールで通達というもので、書類による正式なものではないというところで、一旦騒ぎは落ち着きました。週明けに正式な通達が出るなら、それを待ちです(オーナー協会の方では、国レベルではGCQ下のリゾート営業を認めていないが、地域で特例を認めさせるような言質が正式にとれないか、違反者への罰則も含めて整理して交渉するみたいなことを言っていますが)。

現在アニラオで営業しているリゾートは、MGCQ(修正を加えられた一般的なコミュニティ隔離措置)下でのみ営業を認めるということでDOT(国の観光局)の許可をえて、さらに町の許可をえたもの。陽性者の増えてきたバタンガス州の検疫レベルがGCQ(一般的なコミュニティ隔離措置)に再度引き上げられたとき、国レベルの観光原則では営業不可なところを、マビニ町役場の裁量で営業が黙認されていたものでした。

苦しい経営の各リゾートも、国の決めた原則に忠実な道を選ぶのではなく、目先の利益を選んでいました。ただ、国の基準では不可、町の裁量では可というねじれグレーな状態であることは頭の働くオーナーほど理解していたようで、リゾートオーナー協会のグループチャットでは、他の地域や国から目をつけられるとまずいので、アニラオでのダイビング、ましてやそれが盛況な様子などのSNSでの投稿は控えるようにの注意喚起がされていました。いくら町がよいといっていても、突かれるところから見たら黒な状況ということです。

現在マビニ(アニラオの半島部の自治体)町で見つかった陽性者は23人。マビニの総人口46,211人の0.049%に過ぎないのですが、陽性者が25人になったら、町を封鎖すると町長がいっているという謎な噂も。近々の陽性者数でなくて、トータルの陽性者をロックダウン開始の判断基準にしてしまったら、解除のタイミングを何を指標にして決めるのかというツッコミ満載の噂。真相はどうですかね。

200920covid

何れにせよ、地方ルールの小手先の変更に振り回されるのではなく、国全体が安心して移動、営業できるような状態ならないと、大切なお客様をお預かりですることはできない、というマグダレナのスタンスは変わりません。というわけで、営業再開までは、もうしばらくお待ち下さい。

何もしないはずの日曜日は、冷蔵の中身の引っ越しと、古い冷蔵庫の掃除と梱包に結構な時間を取られました。小競り合いの耐えない二人の共同作業。

200920ref

それでも、つまみはほしいということで、家を抜け出しレガスピサンデーマーケットでチッチャロンブラックラック他購入。昼飯抜きの早晩酌のお供になりました。フィリピンのお客さんにとっても、「お、ブラックラック置いてあるじゃない」と見つけて嬉しいアイテムなようです。

200920blaclak

8月からスタートの、アニラオ生物図鑑リニューアル企画。

本日は、ホシゾラオルトマンワラエビ。写真提供ドロンジョおゆきさん。ありがとうございます。

ホシゾラオルトマンワラエビ:最初に見つけたときは人に言えない水深ででしたが、この子は体に優しい位置。ホシゾラなしのオルトマンワラエビはアニラオでは見たことがないです。

ホシゾラオルトマンワラエビ:最初に見つけたときは人に言えない水深ででしたが、この子は体に優しい位置。ホシゾラなしのオルトマンワラエビはアニラオでは見たことがないです。

お気に入りの水中写真で作るアニラオ図鑑:初めて見て感動した、思いの外綺麗に撮れた、思い出のあの人と潜ったときに見たなぁ、我がライティングを見よ!、きっと誰にも見向きもされないだろうから私が図鑑に載せてやる、など、皆さんの思いの宿った水中写真でホームページのアニラオ図鑑をリニューアルします。

図鑑のようにヒレ全開横向きではっきり写っているものでももちろん良いのですが、優先は皆さん一人ひとりの思い入れです。

·写真(縦でも横でも。長辺640ピクセル)
·生き物の名前(わからなければこちらで調べます)
·思い(書かなくても可。写真から感じ取ります)
·ニックネーム(写真にコピーライトで入れます) をメールでお送りください

奮ってのご参加、お待ちしております。皆さんの思いに触れさせて、元気にさせてください。


何すっぺか

コロナ禍で行くのを躊躇していた病院。ロミーの治療の関係で何度か来院して現場を見てみて、気をつければ大丈夫かもしれないと思い、先延ばしになっていた家族の定期健康診断のために朝から採血へ。一応念のため施設には入らずに、駐車場でガードマンに不審がられながら採血してもらいました。

せっかくでかけてもったいないので、その後カルティマール市場へ。マスクとフェイスシールドは必須ですが、外出許可証の提示はもう求められていません。人数制限もしていないよう。混雑時には密になりますね。

200919cartimar

寿司つむらの社長さんとはほぼ必ず市場で会うのですが、今日は珍しくサトウマネージャーにも。お店でもそうですが、市場でも食材うんちく語っていただきました。

200919manager

新しい品種が入ってくるフルーツ売り場は見ていて楽しいです。「ミレニアム」という札のついたメロン、新参者です。マンゴーと同じ1キロ200ペソ。マンゴーキロ200ペソは高いですが、これでも、270ペソなどのランドマークなどからすると割安。フィリピンに来たらマンゴーがタダみたいな料金で食べられるという時代は過去のものになりそうです。

200919frites

1キロ1,000ペソという高価格帯にもかかわらず、中国人が箱買いしていく、巨峰のようなぶどうも新しく棚に並んだ商品です。このくらいの大きな房3つはいった1箱で1,400ペソ。ほぼ種無しで、かなり美味しいです。入院のお見舞いにふさわしいようなランク。

200919grape

おでんハウスさんで、昼食。ウェイトレスさんには、チャーシューメンよりチャーシューラーメンとラー入りで言ったほうが通じます。

200919ramen

コロナ禍で閉店した日本食レストランで勤めていたという多分フィリピン人の奥さんをもらっている日本人男性が手作りのキムチのサンプルを、お店に置いてもらえないかと持ってきていました。

おでんハウスさんも、日本人にニーズの高い豚バラなどお肉の販売をはじめたり、ハーブソルトを開発したり、店内座席を減らさなければならない制限下で色々工夫されています。

クレイジーソルトみたいな感じ。揚げ物との相性が良さそう。

クレイジーソルトみたいな感じ。揚げ物との相性が良さそう。


常連さんには裏ステッカーを貼ってくれたりします。

常連さんには裏ステッカーを貼ってくれたりします。

我が家も、マニラで何か作って売るかねと話していたところで、大手企業勤めでない現地日本人は何らかの食い扶持を考えなければいけないロックダウン6ヶ月のフィリピンです。

本日、緊急事態宣言を2021年の9月まであと1年延長することに決まったそうですが、地方政府への財源を確保する用途に絞ってもらって、規制の方は緩和を続けてほしいものです。

隣のマユミリゾートは昨晩三密の大パーティだったよう。ゲストも満室以上で受け入れたようで(ホントはだめです)、あぶれた人のためにマグダレナの部屋を貸してほしいと言われましたが、お断りしました。ニューノーマルって、無理そうですね。

8月からスタートの、アニラオ生物図鑑リニューアル企画。

本日は、ミナミハナイカ。写真提供458kikuko1さん。ありがとうございます。

ミナミハナイカ:ミナミつけるのが面倒なので、ハナイカと呼ばれる定め。

ミナミハナイカ:ミナミつけるのが面倒なので、ハナイカと呼ばれる定め。

お気に入りの水中写真で作るアニラオ図鑑:初めて見て感動した、思いの外綺麗に撮れた、思い出のあの人と潜ったときに見たなぁ、我がライティングを見よ!、きっと誰にも見向きもされないだろうから私が図鑑に載せてやる、など、皆さんの思いの宿った水中写真でホームページのアニラオ図鑑をリニューアルします。

図鑑のようにヒレ全開横向きではっきり写っているものでももちろん良いのですが、優先は皆さん一人ひとりの思い入れです。

·写真(縦でも横でも。長辺640ピクセル)
·生き物の名前(わからなければこちらで調べます)
·思い(書かなくても可。写真から感じ取ります)
·ニックネーム(写真にコピーライトで入れます) をメールでお送りください

奮ってのご参加、お待ちしております。皆さんの思いに触れさせて、元気にさせてください。


フィリピンにもエアリズムマスク上陸

日本で発売時に行列のできた、UNIQLOのエアリズムマスク、本日9月18日、フィリピンで発売開始です。

グロリエッタ5店では、並ばずに買えました。マスク購入客専用の並ぶ用のレーンも準備されていましたが、そこも使われる気配なし。話題のマスク、日本人だったら1セットくらいはほしいかなと思うのですが、それくらい駐在員の皆さんマカティ界隈で減っているのでしょうか。

200918urica

暑くて不評だったという初期バージョンでなく、改良された方の通気性の良くなったバージョンが売られています。パッケージも英語。3枚入って税込み590ペソ(約1,300円。ちなみに、フィリピン消費税12%です。)

200918airism

日本で販売の色は白と灰色らしいですが、フィリピンでは白と黒から選択。奥さんは白、私は黒にしました。これで取り違えようがありません。しかし、マスクしていると誰だか本当にわかりにくいですよね。もっとメガネで自分を主張するとかしたほうが良いでしょうか。これでLサイズです。Mでもいけたかもしれませんが、しっかりカバーのLで良かったと自分では思っています。

200918souchaku

金曜日にマカティはデリバリーしてくれるという、日本人酪農夫婦の農場で生産されている、Kefseft(ケフセフト)さんのノンホモジナイズド牛乳(80ペソ/480ml)とヨーグルト(50ペソ/130ml)、日本ニラ(70ペソ/100g)とヤングコーン(40ペソ/80g)(オクラもオーダーすべきだったらしいのですが、落としちゃって奥さん不機嫌)が届きました。到着時に現金払い。

200918gyunyudelivery

Kefseftさんの牛乳は何度か買って飲んだことはあったのですが、デリバリーは初めて。ヨーグルトは普段Dalawang Milkmenのギリシャ風ヨーグルトを食べているのですが、Kefseftさんのもデリバリーがあるのなら選択しやすいです。

200918gyunyu

Kefseftの奥さんの方は、青年海外協力隊でフィリピンにいらしたときに、前職のパシフィコアズールでオープンウォーターダイバーのトレーニングをされて懐かしい方。なんとあれから12年も経つんですね。フィリピンで夫婦で商売する仲間(あちらのほうが随分若いですが)としても、応援したいKefseftさんでした。Facebookのページはこちら。ブログはこちら

先日購入の冷蔵庫、届きました。搬送直後は電源を入れられないので、明日まで家の片隅で安静にしておきます。日立の「このー木なんの木」もう少し音の精度を上げないと人様に聞いてもらえるレベルにならないです。最近ミから上のミまで調子が良いのですが、下のドとレが音割れするようになってしまい。息を出す量が多すぎるんですかね。悩みます。

200918hitachi

チューニングのドと上のミが調子いいので、ラッパのマークの正露丸ファンファーレは割とマカティの夕空に響き渡っています。タンギングの練習に笑点のテーマがいいのも分かりました。

8月からスタートの、アニラオ生物図鑑リニューアル企画。

本日は、二匹のハナヒゲウツボ。写真提供fu-minさん。ありがとうございます。

ハナヒゲウツボ:黄色で一穴3匹いたら、キングギドラ。死ぬまでに一度見られるかな。

ハナヒゲウツボ:黄色で一穴3匹いたら、キングギドラ。死ぬまでに一度見られるかな。

お気に入りの水中写真で作るアニラオ図鑑:初めて見て感動した、思いの外綺麗に撮れた、思い出のあの人と潜ったときに見たなぁ、我がライティングを見よ!、きっと誰にも見向きもされないだろうから私が図鑑に載せてやる、など、皆さんの思いの宿った水中写真でホームページのアニラオ図鑑をリニューアルします。

図鑑のようにヒレ全開横向きではっきり写っているものでももちろん良いのですが、優先は皆さん一人ひとりの思い入れです。

·写真(縦でも横でも。長辺640ピクセル)
·生き物の名前(わからなければこちらで調べます)
·思い(書かなくても可。写真から感じ取ります)
·ニックネーム(写真にコピーライトで入れます) をメールでお送りください

奮ってのご参加、お待ちしております。皆さんの思いに触れさせて、元気にさせてください。


少年の日の記憶リセット

先日のインストラクターロミー納棺の日のブログで、一区切り、あとは遺族で節目の記念をしていくと書きましたが。忘れていたことがありました。

病院の支払いがまだ残っていた件。

トータルの病院代金約22万ペソ。保険(Philhealth)で3万ペソほど出たので、実際の家族負担は19万ペソ+交通費と付添人の出費などでした。生きてくれていれば安い出費だと思えたのですが。少しだけ残額があったので、建て替えてきました。

200917pdh

長女とその夫が手続きをするためにマニラに出てきていて、船乗りの夫は次の出港を延期して、失意の妻を支えていました。彼女の方に優しく置かれた手が印象的でした。ロミーの死は悲しいですが、家族は支え合って乗り越えていけるんだなと思えるシーンでした。

そういえば、深夜に病院から引き取ったためか、死亡証明書(Death certification)も本日発行。死病証明なしでお墓に入れるもんなんですね。

今日の担当一品は、奥さんのリクエストで絹さやの卵とじ。

200917kinusaya

絹さやの筋取りは、子どもの頃に何度か母の手伝いでやったことがあったのの記憶で、太い筋のある方の片側だけとったのですが、それがだめでした。両サイド取るのね。特にフィリピンで売っている絹さやは筋が硬いので、両サイドとるのはマストだそう。

200917kinusayashori

いつぞやアニラオの年始のお雑煮の準備のときにも指摘したと奥さんに言われましたが、すっかり失念、少年の日の記憶が行動決定に優先されていました。というわけで、絹さやの筋取りについての昔の記憶は、ここで消去します。って、また忘れるかな。書いたからには覚えておかねば。

8月からスタートの、アニラオ生物図鑑リニューアル企画。

本日は、最近ご無沙汰のサークルドドラゴネット。フィリピンで見られるのはアニラオでだけだったはず。発見時はピクチャードラゴネットがいる!とぬか喜びしました。写真提供おG3@HINOさん。ありがとうございます。

サークルドドラゴネット:サークルドドラゴネット この直後に産卵。ちょっと興奮しました。

サークルドドラゴネット:サークルドドラゴネット この直後に産卵。ちょっと興奮しました。

お気に入りの水中写真で作るアニラオ図鑑:初めて見て感動した、思いの外綺麗に撮れた、思い出のあの人と潜ったときに見たなぁ、我がライティングを見よ!、きっと誰にも見向きもされないだろうから私が図鑑に載せてやる、など、皆さんの思いの宿った水中写真でホームページのアニラオ図鑑をリニューアルします。

図鑑のようにヒレ全開横向きではっきり写っているものでももちろん良いのですが、優先は皆さん一人ひとりの思い入れです。

·写真(縦でも横でも。長辺640ピクセル)
·生き物の名前(わからなければこちらで調べます)
·思い(書かなくても可。写真から感じ取ります)
·ニックネーム(写真にコピーライトで入れます) をメールでお送りください

奮ってのご参加、お待ちしております。皆さんの思いに触れさせて、元気にさせてください。