棒なし一輪セグウェイ

LED電球や電池など、リゾートに必要な消耗品を仕入れにマカティのWilconへ。タイルからなにから、マグダレナ立ち上げ時からお世話になっている大手建材屋です。フィリピン全土に63店舗の大手です。建物も立派だし、スタッフも制服を着ていて、きちんとしている感じです。

201218wilconbrownout

が、停電。ここはアニラオか? 停電しても特にスタッフが慌てないのは、やはりフィリピン。売り物のエマージェンシーライトで、足元を照らしてくれたりしました。

フェイスシールドも、以前仕入れたものは額に当たるスポンジが暑いので、眼鏡のつるタイプのものに。スタッフにメガネっ子はいないので、これでいけます。値段は落ち着いて、一つ25ペソ。フェイスシールド枯渇していたときなどカルティマールの入り口で150ペソしてました。

201218lights

日本でも流行りの電動キックボードは、マニラでも中国人を中心に人気なのですが、今日は初見の乗り物が。

201218ichirin

電動一輪車。マジか。ものすごい不安定に見えて、背筋が伸びた良い姿勢で滑るように移動。新しいものは割と好きな私ですが、これはいらないかなぁ。マグダレナの坂道を登るのにあったらいいというゲストさんのコメントもありましたが、乗りこなすには最低小一時間練習が必要だとか。坂道の下りは絶対怖いですよね。

電動スクーターも日本だと運転免許が必要で、かつサイドミラーをつけなければならないそうなので、この電動一輪車が公道解禁となった暁には、サイドミラーは手鏡でどうぞ。あ、ヘルメットに装着するのもありですね。

本日の一品担当は、絹さやとエビの炒めもの。えんどう豆の若いさやが絹さやで、フィリピンでの呼び名はスィチャロ。

201218ebi

スィチャロも掲載している、私ことモータクモー著『フィリピンの野菜』。Kindle電子書籍で絶賛販売中です。寄付だと思ってポチしていただけますと、幸いです。奥さんに、「あんたはモー、まったくモー」と言われなくなるぐらい成長したらペンネーム変えますが、ずっと使い続ける可能性のほうが高そうです。

フィリピンの野菜

『フィリピンの野菜』500円


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">