タアル火山避難民第一回支援報告

物資調達部隊は午前5時にアニラオ発でマニラの問屋街ディビソリアへ。衣類は当所が絶対安いので。

海はいい海況。午前はゲストさんスノーケリングを楽しまれていました。

アニラオの午前の海

支援先のサンロケ小学校(San Roque Elem School)で合流すべく、配布組もアニラオを昼過ぎに出発。

200120goryu

サンロケ小学校、調査隊の報告通り、街道からかなり奥まった場所にあります。施設内部に77世帯、312人(うち1歳未満9人1歳~7歳98人)。施設外滞在で、炊き出しなどを受けているのが88世帯338人(うち1歳未満7人1歳~7歳73人)。フィリピンの小学校、昔に比べて綺麗で立派になりました。

200120map
200120school

今回用意したアイテムは、施設内避難者をおもな対象にした、粉ミルク200回分、ミロ500杯分、子ども服190枚、子ども下着240枚、大人下着420枚、インスタントコーヒーミルク入り360杯分。中古タオル135枚。

避難所担当者とまずは打ち合わせ。警察官も警備についていますが、なんとビサヤ地方パナイ島のイロイロから派遣されてきていました。曰く「火山の島に住んでる方がわるいのでは」。この避難所の人々は火山島の住民ではなくて、その周辺14キロの退去地域から出てきた人たちでした。

200120tantou

ビデオケセットでアナウンスがあって。

200120videoke

配布開始。今回は、避難所で使われているシステムを使わせてもらい、各世帯の代表者がIDと引き換えに家族に必要なアイテムを受け取る方法をとりました。IDと引き換えないと、家族の違うメンバーが延々と並んでいつまでたっても列がなくならない状況になるためだそう。確かに納得。

200120haifu

避難者名簿も貸してもらえました(日本だったら個人情報云々でできなそう)。終わったあとちゃんと返しました。

200120list

新品の下着は喜んでもらえました。確かに下着はお古より新品がいいですよね。にしても、派手。

200120panty

子どもが多いのはフィリピンの常。

200120childmom

配布されたミロ。お湯に溶かずにそのまま食す子ども。全体的に腹ペコだったようです。ミロが必要と言われて買ってきましたが、お湯は当然自由に手に入るものと思っていましたが、そうでもなかったのかも。

200120miro

夕方のニュースではやっぱりタアル火山の噴火と避難者の暮らし。でも現状以上の情報は出てこないものです。

200120tv

村のボランティアの炊き出しコーナー。

200120nabe

体育館の段上の支援物資。街道から離れているとはいっても、全く届いていないわけでもなく、かつ中古品を中心に余っているのか、後で配布する気なのか、外部の人間にはわかりかねる状況。手前の白い復路はゴミ。避難生活が続くとゴミも溜まっていきますよね。

200120busshi

小学校のある村の村長さんが挨拶に来て、彼らも大変だけれど、小学校も授業ができない状態で、受け入れている自分たちも被害者であると。

おもちゃがないと昨日の報告でいわれましたが、ちらほら見受けられました。この子はネリケシ。奥さんやマグダレナスタッフに聞いても、フィリピン人は遊びの天才なので、玩具なんてなくても遊べますと、おもちゃに関しては支援の必要はないのではないかという意見。

200120toy

物資と引き換えのID。ちゃんとパウチされていて、重要性を避難民も理解していて。

200120id

微力でしたが、第一回支援終了。

200120staff

その後のスタッフ間の反省会の結果は以下の通り。

・ありがとうも言わない避難民がいる。

・もっとほしい、あるだけほしいという避難民がいる。

・余っているというか、配布されていない物資がかなりある。

・1〜7歳の子どもに支援をしぼったが、8〜10歳の子どももまだ小さい。→次回子ども支援は年齢を10歳までのばして勘定する。

・新しい服、下着は感謝された。

・乳児用にミルクを用意したが、年寄りでミルクを欲しがる人が多かった。→あくまで乳児優先。

・避難場所によって配布システムがあるはず(今回でいうと避難者名簿と家族ごとのID)。次回同じ場所にするにしても、新しい場所にするにしても、システムの把握と、できれば名簿の入手を事前にして、配布方法担当などの準備をするべき。

・配布時の用語を事前に統一すべき(人数なのか、支援物資数なのかなど)。

・腹をすかせている人が多かった。次回の最有力支援は、出張炊き出し。とにかくお腹いっぱい食べてもらう。

スタッフのうち一人はビサヤ地方出身で、2013年の超巨大台風ヨランダで被災した人々の避難所で支援活動をした経験があったためか、いつもはダイニングでぼんやり気味なのが張り切って先陣をきっていました。参加したすべてのスタッフ、お疲れさまでした。


ホーカーチャン

レンタル器材の修理パーツを回に、パシフィカダイブへ行脚。

200116wet

と、コンテナで大量の荷物が搬入中でしたが、その脇でウェットスーツとフードベストのセール中。3ミリウェットスーツ5,000ペソはSプロのとしてはお値打ちです。フードベスト1,000ペソはXSとXXSのみ在庫でした。

前々から気になっていた、シンガポール発祥の、ホーカーチャン(Hawker Chan)に行ってみました。物価の高いシンガポールにあって市民の胃袋を支える、屋台がホーカー。そのなかでミシェラン一つ星を獲得した店のマニラ店だそうです。三番目の店舗だそうな、グロリエッタ3店へ。

200116hawker

看板メニューのSoya Sauce Chickenは128ペソ。安いです。

200116garlikchicken

で、美味しい。他のメニューも試したみたい店でした。


PENSONIC

穏やかな海のアニラオです。水温26度。

アニラオの午前の海

本日2020年最初の満月。水中写真も月モチーフ。写真提供アンダーウォーターフォトグラフィーさん。ありがとうございました。

200110tsuki

トースターの交換が必要ということで、奥さんお気に入りのPanasonicブランドのものを購入。

200110panasonic

その帰りに目にしたのが、PENSONIC。フィリピンによくあるパチもんかと思いましたが、マレーシアではそこそこ名前の知れた企業なのだそう。

200110pensonic

舐めたらアカン!ブランド道まっしぐらのPENSONIC

マレーシアの有名企業「Pensonic」の秘密

でも、マグダレナで買うのはPanasonicです。少し高くても、丈夫で長持ち。

今日もいい一日でした。

海と夕日


オフィシャルレシート印刷申請に要二日【備忘録】

フィリピンの役所周りは時間のムダが多くて大嫌いなのですが、5年に一度のオフィシャルレシート(OR)ブックレットの印刷のためにバタンガスの税務署(BIR)へ。たかが領収書の印刷申請に2日も要したので、次回のための備忘録として記録しておきます。

200107bir

必要な書類は以下の通り。

1)申請用紙(1906)
2)前の領収書の最後のブックレットの最終ページのコピー(現物の方が望ましい)
3)自分のIDのコピー(パスポートとAEPを用意したが、パスポートのほうが好ましいよう)
4)ORの印刷が必要だというSecretary’s Certificationをnortarizeしたもの
5)必要ならば罰金(申請用紙0605)

正しい手順は以下の通り。

あ)BIRバタンガスの通りを挟んで反対側の、OR印刷の認可を受けた印刷屋へ行き、申請用紙1906をもらい2枚に記入する。

い)BIR受付で、ATP(Authority to print)のために来た旨を伝え、クーポンをもらう(このときは6番窓口)。

う)モニタに自分の番号が表示されたら、窓口へ(番号が表示されないことが多いので、役人が暇そうにしていたら直接窓口に持っていく)。

え)3人の役人のサインを経てATPがリリース。

お)ATPをもって役所向いの印刷屋へ。引換券をもらい、2~3週間たったら印刷ができたか自分で問い合わせて確認し、領収書をうけとる。

以上の正しい手順に到達するのに2日を要しました。

まず最初の問題は、渡された申請用紙違い。

受付窓口で、領収書の印刷が必要な旨を伝えてクーポンをもらい、番号が表示されるのをしばらく待っていると、他の人達はすべて何らかの申請用紙を手に持っているのに気づく。受付に戻って、領収書の印刷に必要な申請用紙がほしいとつたえると、準備していなかったようで、一度奥までとりにいいって、束で持ってきたものの中から3枚を渡される。

たいてい役所にはボールペンが用意されていないので、自分で持っていったボールペンでこれだと思われる項目に記入し(日本のように記入サンプルはなし)、自分の番号がカウンター6番に表示されるのを待つも、いっこうに表示されず。おっちゃんの担当官はすでにカウンターに着席して、立ったり座ったりして落ち着かないのだが、呼ばれない。

そのうち、クーポンを持たない別のおばさんが割り込んで座って何か話しだしたので、呼ばれなくてもとりあえずいってみようと、暇そうにしていた隣の7番のカウンターのおじさんに声をかけたところで、どうやら申請書が違っていたことが発覚。建物を出て向いの印刷所に行くように指示される。印刷屋の名前の書いたメモも渡してくれるのですが、字がなぐり書きすぎて読めません(泣)。

通行人にメモを見せながら、印刷所の場所を特定して、入店。コピー屋も兼ねているので、店内大混雑も、取り仕切っているおばさんはすぐにこちらに気づいてくれて、要件は?ときいてきてくれる。他にも税金関係で書類のことがよくわからないおばさんに手早くアドバイスしたり、できる女です。

正式な書類(1906)をもらい、ごった返しの店内のカウンターで記入。25冊が更新時のミニマムオーダーなので、印刷代金1,500ペソを出して領収書をもらい、新しい領収書のレイアウトサンプルと一緒に1906をもってBIR窓口へ行くように指示される。

次に発覚したのは、必要だとされた書類の間違い。前回最初にORをプリントしたときは、アニラオのあるマビニのBIRオフィスの担当官がプリントして持ってきてくれたもので、今回もそれができるのかを事前に聞きに行っていました。代替わりしていた担当官吏から今回は自分でやるようにとの説明。自分が理事の一人であることを伝えると、そうであれば必要とされる書類も少なくてすむので代理人をに依頼するより早くてよいとのこと。指示された書類は以下の通り。

A)会社の登記SECのコピー(結果的に不必要)

B)ORブックレット最終ページ(正)

C)ID(正)

足りなかったのが、上記4のSecretary’s Certification。

アニラオから片道1時間かかるのに、このせいで一度戻ることに。アニラオに戻る前にマニラ在住のコーポレートセクレタリーに連絡をして書類を作ってもらい、署名の上メールでPDFファイル添付で送ってもらい、アニラオでプリントして、再びバタンガスへ。移動時間だけでここまでで3時間。秘書のIDと一緒にBIR前の公証人オフィスへ。

と、偉そうにしている弁護士兼公証人が、自筆のサインのオリジナルの書類でないとノータライズ(公証)できないと。スキャンして印刷した署名入りの書類でもマカティでは問題なくできているとゴネるも、駄目なものは駄目と追い返されて、本日2度めのバタンガス滞在時間は約10分。また1時間かけてアニラオに戻ることに。このストレスは、ナイトダイビングで海に溶かして捨てます。

日付が変わって2日目。秘書のサインの入った、印刷ではない書類を持ってBIR前の公証人役場へ。裏から指でなぞってボールペンで書いたものかどうかを確認してすぐに公証ハンコがもらえましたが、そのサイン、秘書の指示で私がなぞって書いて用意したものですけど。

ようやくこれで終わると思ってBIRの窓口へ。ここで発覚が、領収書の切り替え期日の60日前までに次の領収書を印刷しないと罰金1,000ペソだということ(ちなみに本期限を過ぎてしまうと罰金10,000ペソ)。

というわけで、罰金を支払うための申請用紙を受付窓口でもらい、3枚に記入後、4番カウンターへ。番号取って待つのが面倒なので、割り込ませてもらいましたが、特に文句は言われず。

そのあと、2階のスーパーバイザーにサインを貰い、BIRの支払いのできる銀行(今日はランドバンク)まで約1キロ、車で移動。

約25人待ちの番号をもらい、待つこと40分。若いガードマンがいいやつで、BIRの支払い用紙をくれたり、記入サプルはどこかと訊くと教えてくれたり、椅子を勧めてくれたり、たすかりました。有象無象の中でパソコン広げて仕事をしているわけにもいかないので、この待ち時間はものすごくもったいないです。

これで必要なものは全て揃ったので、正午前にBIRにもどって、これまた番号は取らずに直接6番窓口へ。書類をわたすと、「昼ごはん食べて戻ってきなさい」とのこと。「ランチブレイクがあるのか」ときくと、特に昼休みはないのだとのこと。次の予定が詰まっているから、早くほしいと急かすと、奥に引っ込んで口をモゴモゴさせている女性をつれてきて、2人の間の書類の行ったり来たがはじまり、最後にもう一人サインが必要だということで、しばし待たされ、ようやく領収書を印刷してもいいよの書類が受け取れました。

次はまた5年後。今度はしくじらずにできるはず。


タアル火山攻略

先日社員旅行でタアル火山に行ってきたので、注意点や知っておくとオトクな情報だけをまとめておきたいと思います。

タアル火山はマニラの南、バタンガス州にあります。日本人が多く住んでいるマカティエリアから車で1時間30分ほどのタリサイへ。チャーターしたボートでいくタアル湖のほぼ中央に浮かぶ火山島がタアル火山です。社員旅行のスタッフが出発したアニラオからは、1時間45分ほど。

スクリーンショット 2020-01-01 18.01.18

誰が言ったかわかりませんが、世界最小の火山だそうですが、現在はレベル1程度の活動状況で、入山に規制はかかっていません。

かかる費用は以下の通りです。
1)ボートチャーター(7人乗り) 2,000ペソ→1,500ペソ
 備考:Preciouse boat stationだと、麦わら帽子、使い捨てマスク、ココナッツジュース付き
2)タアル火山入山料 100ペソ(子どもは50ペソ)
3)ボートターミナルフィー 50ペソ
4)徒歩の場合のガイド(徒歩1グループあたり 500ペソ

もしくはガイド付き馬 500ペソ、大人一人対して子ども一人追加する場合は、250ペソ。

というわけで、大人一人の場合の参加費は2,650ペソ(ボートが値切れれば、2,150ペソ)です。

まずはタリサイ(Talisay)を目指して、自家用車で移動。マニラから来ても、アニラオから来ても、高速道路の出口はTanauanエキジットを使います。

Tanauan側から車を走らせ、カルデラの縁であるタガイタイへ上がっていくT字路を越たすぐ右の、Preciouse Boat Stationで下車。3軒見て回りましたが、ここが一番条件が良かったです。デブッチョのオーナー夫妻がと知りきっています。女性の方のあだ名は「ビューティフル(自分で言っていました)」レンレン。憎めない性格です。

191226preciouse

下見に行ったときの条件が、ボート複数利用予定だったせいか、2つのボートレンタルで2,000ペソの正規料金ではなく、1,500ペソまで値引きが可能という条件を提示されました。ただ、2,000ペソは観光協会で決まっている正規料金なので、実際に1,500ペソでチャーターしても、地元民に質問されたときは2,000ペソと答えてくださいと釘を刺されました。

Preciouse boat station利用の場合、ボート、エントランス、ターミナルフィー、馬代などの必要な費用は帰ってきたあとにStationでまとめて精算となります。その旨、タアル火山の説明と一緒にされます。馬代金かとおもって、馬子に500ペソ支払うと、チップとして受け取られてしまうのだそう。チップはチップで100ペソ〜用意しておきましょう。

道を渡って、駐車場の裏手はすぐに船着き場。同じ大きさのボートが並んでいます。操船者は一人ですが、私の乗ったボートに乗り合わせた社員夫はアニラオでボートマンが仕事なので、竿をとって勝手にサポート。別に怒られないのがフィリピン流。

191226boat
191226assistboat

湖面は穏やかですが、結構水を被ります。濡れて困るものはビニールに入れるなど、気をつけたほうがいいです。床板を勝手に引っ剥がして息子と妻の波除けにするお父さんの格好良さよ。

191226namiyoke

ボート乗り場を降りて、なんとなく右の方へ流れていくと、入山口が。といっても、山感はなく、平坦な集落の一角といった感じです。いろいろ料金が書かれていますが、支払いは帰ってきたあとなのでスルー。

191226entrance

馬に乗るのを希望する人は、ここで何頭必要なのか申請。乗る人間の体の大きさ、大人と子どもも二人乗りなどの条件を考えながら、あうサイズの馬を割り当ててもらえます。

火山島山頂のカルデラ湖までは約3キロの道のり。徒歩で約1時間。馬だと約30分かかります。

私達は、馬組が15人(大人10、子ども5)、徒歩組が10人で参加。

徒歩組には島民のガイドが一人つくので、道中英語かタガログ語でおしゃべりしながら歩きます。

191226aruki

馬組は楽しそう。ガイドに訊くと、馬を一頭新規に購入しようと思うと、1万6千ペソ程度だそうで、農耕に使える水牛が3万ペソ〜なのと比べるとかなりの割安感。しかも、島内に馬はどんどん増えていて、1週間に一度程度しか順番が回ってこないのだそう。で、嘘かホントかわかりませんが、私達が支払う500ペソのうち、100ペソだけが馬に支払われるのだそう。それが本当だとしたら、エサ代もでないですよねぇ。

191226uma

山道は基本右側通行。馬の道と人の道は重なるところが多いので、後ろから馬が迫っているときは人が左側に避けます。馬の糞が多数落ちているので、踏みつけないように注意しましょう。砂埃もかなり浴びます。マスクを貸し出してくるのもうなずけます。とくに、馬の後ろの蹴り足による砂埃はかなりのもの。

191226umatohitoroad

徒歩で山道を小一時間はそれなりに苦行なので、キリストの苦難に関連付けて、1〜13のステーションが設定されています。

191226station

8合目付近で、山頂に向かって右に地震のデータを対岸の観測所に送る施設があります。本当に機能しているのだろうか。

191226antena

その近くにはガスの噴出口が。馬に乗っていると通らないので、ここばかりは徒歩のほうが優位なところです。

191226funsyutu

山頂。カルデラ湖のなかの火山島にさらにカルデラ湖。湖なかで2箇所温泉が湧いている箇所があるのだそう。水深も深くて90メートル。レクレーショナルダイブの装備では底まで潜れないすね。

191226sancho

島のあちこちには、写真を撮りますよカメラを構えている住民がいます。船着き場の説明では、1枚500ペソ請求されるので、相手にしないようにと言われていましたが、山頂付近の写真撮りは1枚100ペソでした。100ペソ程度ならべつに暴利でもないので、貧しい住民の生活の足しになると思えば買ってあげてもいいかなと思える値段です。

下りは上りより早くて40分程度。船着き場を出て戻ってくるまでの全行程で約3時間です。最後にあまり冷えていないココナッツジュースを頂いて終了。

191226buco

普段馬に乗ることはないでしょうから、徒歩より馬がおすすめのタアル火山トレッキングでした。