カルティマールとディビソリア

アニラオフォトコン絶賛開催中ですが、私はマニラへ日帰りトリップ。

カルティマール市場で食材の買い出しをして。

マニラパサイカルティマール市場

ディビソリアでクリスマスギフト用のTシャツゲット。消費と贈答の多いクリスマスシーズンは物資が枯渇しますし、注文して出来上がるのも普段の倍の時間がかかるので、今回のタイミングはギリギリでした。来週だったら、多分クリスマス前に受け取れなかったかも。

181129shirts

それにしても、店内の床に機械をおいて記念マグカップを量産しているあたり、フィリピンらしいです。

具合が悪そうな仲間を気遣うカルティマールのワンコ。

マニラパサイカルティマール市場

アニラオフォトコンで生態部門は毎回被写体に困るのですが、ロナルドの苦労がにじみ出る、ボツ写真はこちら。

アニラオスズメダイと卵


バウアーと子犬

パーティ明けのアニラオです。朝のラジオ体操から始まるのはいつもどおり。水温27度。

アニラオの午前の海

隣のマユミリゾートのチョコラブのバウワー母さん。初めて子犬を連れてマグダレナへ朝食のおねだりに来ました。子どもは黒。あと2匹いるようなのですが、今日はこの子だけを連れてきました。

181125baua

それにしても、昨日の豚の丸焼きと同じポーズ。自分がブタのようだと自覚してかしないでか。

夜はマニラへ。日本から到着するゲストさんで、どうしてもレバ刺しが食べたいとマニラでの前泊を希望された方と一緒に焼肉屋のレバ刺し。

マニラレバ刺し

次回はリフォームの終わった川崎レストランさんでレバ刺しパーティしたいものです。


×ラーメン次郎◯ラーメン二郎

福利厚生の一貫で、ガイドをつれて、マニラの再圧チャンバー屋へ。普段頑張ってくれているガイドの窒素がより抜ければいいなぁと。

181116chamber

ケソンシティの本店には2年前にいって同じようにガイドの窒素抜きをしたのですが、マカティに近いショーブリバードにも支店ができたようなので、今回はそちらを利用しました。

前回との違いは、チャンバー内に看護師さんがついてきてくれること。酸素マスクをつけるまで、キュートな看護師さんとしばしご歓談の時がもてます。チタンのメガネはつけて入れないということなので、どんな顔の看護師さんだったのか記憶できなかったのが残念でした。

チャンバー屋のすぐ前に、ラーメン次郎。もしやあの有名な?と思いましたが、価格帯はローカルを対象にしたものなので、これは違うなぁと。あとで調べたら、ジロリアンが集うのは、ラーメン二郎(最初の屋号はラーメン次郎で、看板屋の間違いで二郎になって定着なのだと)。

181116jiro

もちろん、「ヤサイマシマシニンニクカラメスコシ」などの呪文は存在しません。

181116jiroramen

市販の濃縮スープを伸ばして作ったような普通のとんこつラーメン。ガイドのロナルドたちは美味しいと食べていましたが、福岡出身のくみちょさんには酷なラーメンでした。残すほど不味くはなかった模様ですけど。

帰りはマニラのダウンタウンを久しぶりに通過ですが、この電線のカオスな束。

181116densen

電気のメーター勝手にいじってしまうので、とんでもない高いところに多数ついているのも昔のママ。

181116mater


ママ~ううううぅ~

風邪で2日ほどダウンしてまして、少し良くなったのでそろそろマカティでは切り替えになってしまう、ボヘミアン・ラプソディーを観に映画館に滑り込んできました。

マニラでボヘミアン・ラプソディー

昔クイーンのアルバム全部持ってたなぁ。

アマゾンプライムで観ればいいやと思っていましたが、やっぱり映画館の音響が良かったです。40代後半から50代には胸に来るものがかならずあるはず。

映画の最後を飾った、ライブエイドのライブ映像、しばらくダイニングのモニタでも流すようにしてありますので、ご堪能ください。


もう逃さないマンゴージャム

隣の土地に生えている木が大きくなって、インターネットの電波の入りが悪くなっていたので、メインのアンテナを移してもらうことに。たかが一本の木でも侮れませんね。これでスピード復活。

181108anthena

旧棟のペンキの塗り直しにあわせて、まだいけそうだけれど4年たった新棟も塗ることに。思ったほど匂いません。

アニラオヴィラマグダレナ塗り直し

半年以上入荷しない、お土産に人気の手作りマンゴージャム。生産元を突き止めて行くしかないと思っていたのを、今日時間がとれたので決行することに。最初にいった場所はハズレ。

マニラの住宅地には、12星座の名前のついた通りが結構あって、乙女座通りと魚座通りの交差点にあるらしいその場所が、結構あちこちにあります。最初にいった場所もナビアプリで出てきたのですが、フェイクで、ビレッジのガードマンいわく、たまに探しに来る見当違いのお客さん(ウチラだ)がいるとのこと。

で、やっと見つけた。改装中で、マンゴージャム屋の欠片も見せないこの佇まい。車を降りてジャムの匂いを頼りに探していた自分が恥ずかしい。甘い匂いもしませんでした。

主な仕入先だったマカティのランドマークにも今でも出荷しているし、ランドマークに在庫はあるはずなのに、棚に出してもらえていないのだそう。とりあえず120個買いました。

ドイツ人の夫とフィリピン人の奥さんでやっていたピクルス、ジャム屋ですが、旦那さんは3年前になくなって、奥さんがいまは切り盛りしていますが、もともと調理は奥さん担当だったので、味は変わらず。2019年1月から値上げだそうですが、作り続けるようなので、入荷の目処がたってよかったです。