押出し要因

昨日15日からマニラ首都圏の防疫措置が少し緩和された最初の週末。アニラオの活気はそれほど大きくは改善されていません。週末のみにダイビングの仕事が限定されているのは相変わらずです。

アニラオにできた最初の大型リゾートのイーグルポイントは、その大きさを維持する集客が見込めないので、現在に至るまで1年以上閉店中。イーグルポイントで働く親戚を持つ弊社スタッフも複数いるのですが、日雇いもしくは、家庭内待機で日々を過ごしているそうです。いつ再開する、息災か?などの会社からの連絡は一切なしだとか。昔の日本の標語、スモールイズビューティフルではないですが、大きいところほど、なかなか大変です。

もともとアニラオエリアには一定数の出稼ぎ人口がいて、その多くはイタリアへいっている現状がありましたが、リゾートが平時で運用されていたときは働き口にはそれほど困らないという心理が働いてか、「家族と離れてわざわざ出稼ぎに行く動機がない」という意識の住民の方が圧倒的に多かったようです。

それがこの1年以上に渡るコロナ不景気で、海外出稼ぎを考えるアニラオ住民が増えてきているようです。その行きたい先は、台湾だったり、オマーンだったり。もちろん、実現するにはコロナがある程度収まるとか、本人がワクチンをうけられるとか、パスポートなどの書類が揃えられる、いない間の子どもの面倒をみる家族の確保ができるなど、実現に向けてのハードルはたくさんあるのですが、内向きだったアニラオの住人の一部の意識が「外」に向いている事実があるという現状は、彼らの生活の苦しさを表しているのだと思います。

海外出稼ぎは、思っていてもすぐできることではないので、身近にできる小商売を始めるスタッフも多かったのですが、そのラインに新しい試みを発見。中国を中心に大流行の、ライブ通信販売のライブコマースをしている、バビーの奥さんのアイサ。

210516aiza

専用プラットフォームではなくて、Facebookのライブ機能をつかってやっていました。おしゃべりなアイサらしい選択ですね。

出稼ぎにせよ、小商売にせよ、フットワークが軽いのはいつも女性。私を含め、男性ももっと頑張らないとですね。

奥さんの、台湾まぜそば試作。子どもが食べるには辛いので、辛さはお好みで調節できるような工夫が必要なことがわかりました。

210516mazesoba

奥さんに、髪を切ってもらいました(何自撮りしてんじゃボケ、言われました^^;)。前回の散髪後写真と同じではないかというご指摘もいただきましたが、同じ仕上げをできるスキルになったということにしておいてください。

210516haircut

海況は良い状態が続いています。

210516sunset

次回営業日は5月22日23日、29日30日(この日程は残室僅か)です。全室の利用ができない制限がまだありますので、ご予約はお早めにどうぞご検討ください。6月のご予約もお待ちしております。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">