電話で連絡生活保護

日本活動日。

申請してから2週間以内に結果を出さないといけないとされている生活保護。11月11日がその申請後2週間後に当たる日でしたが、その日に連絡はなく、今日お父さんの入院している病院のある自治体の生活支援課から電話があって、18日に支給されるということが伝えられました。

受給にあたっての心構えや注意点など、細かい説明はなかったので、初受給のその日にいろいろ聞こうと思います。先方もその説明をするつもりみたいで、時間を確保するようにいわれて、予約。短い電話での伝達で、実感がわかないですが、お父さんの転院手続き、一歩前進です。

電子メールで諸々の説明も込めて通達してくれれば良いと思うのですが、そもそも生活保護を申請するような人はメールも止められているか使えないという前提なのかもしれませんね。

母の知り合いだという、精神障害の方の社会復帰支援のNPO颸埜扉(しのひ)のリサイクルショップに商品搬入。しかし母、「し」のひと、しにアクセントをおいていました(関東人の「市の日」と同じイントネーション)が、意味を考えると、しのひと平たく発音するのが良いように思うので、後で聞いてみます。

めったにマクドは食べないのですが、たまの日本なので、試しに。奥さんは9月の月見バーガーが食べたかったようですけど、流石に今は売っていませんでしたね。日本人の心を思い出せるかと思い、侍マックを注文。ビッグマック600円の上を行く790円メニューです。侍の魂190円とみた。

221115mac

ポテトの仕上がりとか、フィリピンのマックより美味しいです。これでしばらくマック飯はいらない程度に堪能しました。

今日のデザート作りの課題は、余ったゼリーの使い回し。3人前必要なのにレシピの分量通り4人前作ってしまった、最初のミルクプリンを溶かして、次のカフェオレゼリーと合わせる計画。

221115suweets

溶かすのには電子レンジを(500Wで2分)使ったのですが、それで加熱しすぎてしまったせいか、次のカフェオレゼリー凝固の強度が足らなかったです。

ゼリーづくりの学び。1)余らせないで作る。2)再利用で溶かすときには温度に注意。

221115sunset

アニラオの方は、太陽冬至に向かって左へ移動中。温かいフィリピンが懐かしく思うほどに、日々涼しいというか、冷たいというか。今日の曇天と小雨は体にこたえました。


10人引っ越し部隊

マニラ活動日。マグダレナのスタッフに手伝ってもらい今日からお父さんのマニラ部屋の片付け開始。

これまでの日本帰国時にバリクバヤンボックスで船便で荷物をおくる度に奥さんが貯めていたダンボール、ここで放出。気安くダンボールが手に入らないフィリピン、長く生活している人の智慧はこういうところで活きてきます。数えてみたら、7個くらいありました。

221107box

老人1人暮らしには余る充実した工具類。さすが何でもなおす人です。

221107tools

エアコン2台も自前のものだったので、取り外し。

221107aircon

男子4、女子3、老人1に手伝ってもらいますが、始めてみると終りが見えないカオスに。

221107boys

お父さんがパラワン島のマンゴーの木で作ったテーブルで食事の男子。マービン嫁に電話で呼び出されて喧嘩。いろいろ文句を言われているうちが華ってことにしておきましょう。

221107meshi

もう使わないものは、スタッフにお裾分けしています。T定規と定規類手製の製図台はロナルドにもらわれていきました。3人いる息子の一人は建築方向に進むかな?

仕事の設計はCADを使うにしても、基本の線引きや手を動かすことによる空間イメージ能力の発達に役立ってくれればいいな。

221107ronaodtools

コンドミの入り口。お父さんがいたころ、自費で負担してもいいから階段に手すりをつけてくれと掛け合って拒否されたのですが、今度は頼んでもいないのに設置されていました。目に入るたびにエピソードを思い出しそうです。

221107tesuri

とりあえずマグダレナトラック一台分は今日アニラオに運べました。スタッフ全員泊まってもらって、明日続きを。

そのアニラオの方は、2022年のダイヤモンドソンブレロ。

221107sunset

NGOで努めているときに開始して卒業した国際社会開発専攻の修士課程用の奨学金、ひっそりと完済。20歳ごろの学生時代に、学友が、「うちの父、育英会の奨学金月額最低金額でだらだら返しているから、最近完済した」といっていたくらいの年齢になったということですね。

221107shougakukin

学位そのものは今のところ仕事には役立っていないかもしれませんが、あの時代に知り合った、師と仰ぐ人の「得た知識は人の幸せのために使うべき」という言葉は、ずっと心に残っています。


年内お休みいただきます

アニラオ営業日の早朝、食事担当の奥さんと一緒に3時50分起床。11月2日に帰国したあともいろいろぐるぐる考えていましたが、年内お休みを頂いて、奥さんと一緒に日本で一人入院中のお父さんの今後に向き合うことに決めました。

今日と明日のあとは、1月10日以降の営業となります。11月〜年末年始でアニラオでのダイビングを楽しみにされていた方々には申し訳ありません。お父さんの設計施工の施設で、奥さんと二人で作り上げてきた、家族由来のマグダレナであることを考えると、その土台は大切にすることがマグダレナという生き物にとっての正解だと思った次第です。

さて、気を取り直して朝日を迎えて。寒かった日本から暑いフィリピンに戻ってきて暑さにやられてしまうかと心配しましたが、清々しく感じる朝でした。いつものようにラジオ体操で開始。

221105taisou

マグダレナの定番朝食、帰ってきたと感じるひととき。

221105bf

今日は17人の認定ダイバーさんと、5人の体験ダイバーさんが来られたのですが、そのうちなんと4人が、9月24日に発売されたばかりのアップルウォッチウルトラ持参。

221105applewatch

同日発売されると噂されていた、ダイコンAPPは未だにリリースされていませんが、期待度に胸を踊らせているマニラダイバーは多数、たしかに存在します。

Fitbitを買収してPixel Watchを出したGoogleからも、近年同じようなものがでるものと期待しつつ(しかも、そちらのほうが安そう)、この先のスマートダイコン戦国時代の覇者が誰になるのかを見守りたいと思います。

先週先々週の悪海況を経てのベストコンディション。水温28度。

221105sea

ご家族での体験ダイブ、2組いらっしゃいました。家族仲良く潜れるって幸せですね。ウミガメにも出会えて、ラッキー。

221105intro

昼食は麦とろにするというので、ナガイモ三本のすりおろし担当。奥さんを含めキッチンスタッフ全員手が痒くなってしまうのですが、なぜか私にはナガイモに耐性が強いみたいで、ほとんど痒みは感じません。鈍感力が強みになる数少ないケースですね。ドロドロにしてやりました。

221105yamaimo

和食の欠点の一つは、華やかさにかけることがあることなのですが、味最高でした。いつもにも増しての奥さんの料理の完成度でした。靭帯の伸びた膝が完全ではないのですが、一日立ち仕事で料理をつくってくれて感謝です。

221105mugitoro

ボートが出たあとのハウスリーフでは、アドバンスドオープンウォーターダイバートレーニングも。少し経験が少ない上での参加でしたが、なんとか修了。

221105adowt

明後日辺りダイヤモンドソンブレロのアニラオの日没。

221105sunset

アドバンスドオープンウォーターダイバートレーニングのナイトダイブが、2022年最後のナイトダイブになりました。

221105nightdive

アニラオで一日お仕事させていただきましたが、いやー、フィリピン、ダイビングいいですねー。明後日以降お休みするのが辛いですが、とにかく明日一日もがんばります。


しばしお別れ

日曜営業日のアニラオです。水温30度。今年はサンゴが白化して死ぬほどの高温にはならなかったですが、水温の下がりが遅いですね。

アニラオの午前の海

朝はサンマご飯。

221009sannmagohan

いつぶりかに見ましたね。高度高めのミミックオクトパス。

221009mimic

いいところに卵生みましたな、ハゼさん。

221009haze

新境地っぽい、サビウツボさん。写真提供、Underwaterphotographyさん。ありがとうございます。来月またよろしくおねがいします。

オープンウォーターダイバートレーニングは、無事水深18メートルに到達。

オープンウォーターダイバートレーニング

ランチのチキンスパイスカレー、バジルが効いていて美味しいです。

221009curry

シメのスタッフミーティング。次に全員と顔をあわせるのは11月に入ってから。日常すぎる毎日を過ごしてきましたが、一旦途切れると想像すると、少し寂しいですね。非日常の日本へは木曜日渡航予定です。

221009staffmeeting

そろそろ秋のアニラオ。夕日のよい季節の始まりです。

221009sunset

火曜日までゲストがいらっしゃいますので、平日営業で続行。夜は、炭火焼きサンマ定食でした。日本人で良かったと思える、ホカホカ幸せ。


真薯と清蒸

週末土曜営業日のアニラオ。日本からのゲストさんも参加で朝のラジオ体操。

221008taisou

不思議なことに1本目と2本目の時間でソンブレロの透明度が激変で、ゲストさんの評価が別れました。エリアによっては濁り気味。天気は上々。水温30度。

アニラオの午前の海

他のショップのボートも入ったヘアリーポイント、今日はどちらも見つけられませんでした。その代わりに、ツノカサゴさん複数。久し振りに登場の、Underwaterphotographyさんの写真でした。

221008tsunokasago

マニラダイバーさんのお一人も、本日コンデジデビュー。

221008cameragirl

カメラ目線のペアチョウチョウウオとか。

221008chouchou

クマノミ三連星とか。なかなかな良作です。奥深い水中写真の世界へ、ようこそ。

221008kumanomiz

ボートが出たあとのハウスリーフでは、アドバンスドオープンウォーターダイバートレーニング。アシスト無しでタンクを背負う練習。

221008tanks

今日は少なめ、オープンウォーターダイバートレーニングお一人様。

アニラオオープンウォーターダイバートレーニング

ランチはつゆだく牛丼でした。

221008gyudon

米をミルで砕いてほしいという奥さんのリクエストに答えるべく、Vitamix出動。そんなのいらないと、事務所に左遷されている彼にも出番があって、少し嬉しいです。夜のメニューには、Salmon Shinjouと書いてありましたが、それに使うのかな?

221008mill

と、4カップ分を粉砕してみたのですが、「細かすぎる」ということで、テイク2。フィリピン米1粒を3から4等分したくらいの大きさが好みだったようです。

Vitamixのミルのスピード7で、5秒位が適正でることが判明。

で、夕食がこちら。サーモン清蒸(チンジョン)でした。ShinjoとChinjon、間違えやすいですね。砕いた米は、トリの磯辺揚げの衣に使用されていましたとさ。

221008salmon

良さげな夕日のあとは。

221008sunset

アドバンスドオープンウォーターダイバートレーニングのナイトダイブ。巷ではアドバンスのナイトはオプションの一つに成り下がっていますが、ほぼいつでもナイトダイブ可能なヴィラマグダレナでは、元祖アドバンストレーニングの様式にのっとって、ナイトダイブをやってもらっています。

221008night

脱初心者でももぐれる範囲を広げるのアドバンスの認定証を持っているのに、ナイトダイブしたことないでは、まずいと思うからです。

夕食後、コロナ禍で初となる、浮遊系ナイトダイブ。久し振りでした。マニラダイバーさんもお一人参加で新体験を堪能。

221008bonfire

個人的には、クラゲに乗っていないジェリーフィッシュライダーがカメラの前で止まってくれていて、アツかったです。

日本一時帰国前の最後の週末営業日、明日日曜日も張り切って行きましょう。


サンマ燃ゆ

週末土曜営業日のアニラオ。朝は気持ちよく、ラジオ体操第一で。

221001taisou

定番化した、ホウレン草サンド。スタッフも使いながらワンオペキッチンの奥さん。平日料理担当していた私は少人数相手なので、ベストタイミングを図りやすいのですが、人数が20人などおおくなると、着席したときにベストコンディションで提供するのは、大変だと思います。

221001bf

体調の悪いお父さんのことがあったので、今週末の買い出しと食事の準備、10人の講習の補佐を同時にこなす初めての難ミッションになるかと思っていたのですが、奥さんがキッチンを担当してくれて、本当に助かりました。

貝の卵塊の上に鎮座したあくびのヘアリーフロッグフィッシュ。

221001hairyfrog

ツノカサゴさん。写真提供、まるす改め、ジャムおじさん。ありがとうございました。

221001tsunokasago

ボートが出たあとのハウスリーフでは、アドバンスドオープンウォーターダイバートレーニング。午前中は流れが強くて、翻弄されまくり。

221001aowt

午後には収まって、より初心者のオープンウォーターダイバートレーニングもつつがなく。

ランチはスパイスカレー。

221001spicycurry

デザートは、平日料理を担当したアイサが自主的に準備していった、チョコレートムース。バナナを添えたら、バナナに襲いかかるスライム属みたいな構図に。中学生のころ嗜んだテーブルトークロールプレイングゲームに、確かブラックプディングってスライムがいたと思うのですが、多分実在したらこんな感じ?

221001blackpddinges

夕日を見ながらのフットマッサージ。至福に違いなしです。

221001sunset

アドンバンスのナイトダイブスタート。暗くなった後での、光るプランクトン艶舞には心動かされた模様。

221001nightdive

夜は、輸入サンマに塩をあてて、炭火焼き。

221001snma

火力調整が難しいし、焼き場アシストのフィリピン人スタッフにとっては、未知のサンマ。フィリピンでは獲れないものですからね。内臓の苦味を美味しく感じられるのは、日本人であってよかったものです。いや、美味しかったです。


ホムラハゼ再び

アニラオ平日営業中。今朝はたまごサンドにしました。マスタードが入るレシピなのが私的には新しいです。

220922tamagosand

奥さんにはキッチン出禁にされている、Vitamixを使って、かぼちゃスープ。

220922kabocha

そもそもブレンダーを使う料理をこれまでしてこなかったので、どれくらいVitamixがすごいのかが比較できないです。一つ言えることは、マックスで回すと泡立ってしまうということ。音もすごくてビビるので、たいてい8止まり。

8年経って、ポイント名が薄くなってきた心のアニラオマップにちょい書き足し。

220922map

海水浴ができるくらいに海況回復。ボート出発のあと、マニラからの日帰りご家族が楽しまれていました。水温30度。

220922sea

マグダレナで咲いている花盛り合わせ。女子スタッフが女子力を発揮しています。芳しくて心和みます。

220922hana

夕食の仕込みも済んだのと、明日日本へ帰国されるお二人のラストデーなので、午後ダイブボートにお邪魔しました。

巨大な釈迦頭みたいなサンゴ。大きな塊状のサンゴはハマサンゴが主流のアニラオで、こんな形のもあるんですね。ここにだけ、いくつか株がありました。

220922coral

触覚二次鰓ツンツンのオトヒメウミウシのチビさん。

220922umiushi

久し振りの、マガタマエビ。マガタマエビといえば前へ倣えのハサミ脚がトレードマークなのですが、このこにはそれがないです。どうしちゃったのかな。

220922magatamaebi

「できるかな」のゴン太くんリスペクト。

220922gonta

柔らかいミゾレウミウシ。

220922mizoreumiushi

顔がメレンゲっぽいコロールアネモネシュリンプ。

220922corol

で、最終ダイブの後半に出物が。4月に証拠写真も残さず逃げられた、ホムラハゼ再び。ゲストさんも写真撮れていましたが、保険で2回シャッターを押した私のカメラにも写っていました。写真に収められたのは、なんと8年ぶりでした。

220922homura

驚きだったのは、これまで目撃された2ポイントとは違う場所で出たということ。これだったら、ハウスリーフでも狙えるのではないかと。心躍らせるのは、実際に見つけてからにしましょう。

廃棄するレギュレーターのホースから金物を取り除くマービン。金物屋に売って得た利益は、スタッフで分配します。

220922horse

久し振りに一瞬夕日。このあとまた雲に隠れましたが。アニラオ通しでいるのに、すっかりラッパは鳴りを潜めています。食事のメニュー考えて準備するのでいっぱいいっぱいなのかも。もっと大きな容量が自分にほしいです。

220922sunset

夜は、回鍋肉とエビマヨと玉子スープで中華風。冷蔵庫にいろいろな調味料を奥さんが揃えていたので、いきなり思いついてもできてしまうのは、ありがたいことです。

220922hoikoro


ドライカッター

アニラオ準備日。フィリピン北東の海上にある台風12号の影響が少し心配ですが、猛烈だった11号よりは弱いようで、今の所影響ありません。進路と強さ的には、今週土日も大丈夫そう。

220909sea

カレーの仕込みをするというので、玉ねぎ2.2キロのみじん切りを仰せつかりました。いっとき来ていたキッチンアシスタントは、先週の雨から欠勤。結局奥さんのワンオペです。

220909tamanegi

みじん切りもできるというVitamixに早速活躍してもらおうと思うも、轟音を聞きつけた奥さんに、「包丁で切らんでどうするの」とお叱りを受ける。確かに、フードプロセッサーより包丁、電子レンジは癌になるといわれて育った昭和の私たちですので、奥さんの言い分もごもっともですが、奥さんの負担軽減の実験としての導入Vitamixですので、全体の分量の30%はこれでやってみました。

220909vitamix

包丁で切るより繊維が潰れているように見えるので、炒めたときに水分が多く出るのかも。とりあえず、味がどの程度変るのか、結果がたのしみです。デフォルトでドライカット(回転している歯の上に食材を落としてカットする手法)はスピード5ですが、粗みじんだったら、4か3でもよいかも。

ある程度の分量を入れたら、かき出さないと、あとから入れた分がピューレになってしまうので、欲張りは厳禁です。

220909cabbage

今のフィリピンで玉ねぎといえば、赤たまねぎ一択。白玉ねぎ枯渇は続いています。紫キャベツ4玉のみじん切りもしたので、指先すっかりアントシアニン。

曇りがちなために、絵画みたいな夕焼けになりました。

220909sunset

今週はいつもよりゲストさん少なめですが、油断せず、良い週末にできますように。


みーちゃんリターンズ

三連営業日中日のアニラオです。土日祝日だけでも営業できるってことは、幸せなことです。日帰りでお越しいただいた皆さん、ありがとうございました。

朝の始まりはラジオ体操から。飛べてますよ。

220828taisou

ピタパンサンド。スタッフが盛り付けると、また試作品とは違った面持ちになりますね。子どもさんがいらしたので、タコさんウィンナー添え。

2208828pitapan

コロナ禍で一時日本に避難されていたみーちゃん。4歳児になって再びマニラ在住開始後の初アニラオへ。避難前はまだハイハイベイビーでしたが、すっかり姉さんになって帰ってきてくれて、おじさん嬉しいです。今日は人生初のバンカーボート乗船記念日。

アニラオの午前の海

ボートが出たあとのハウスリーフでは、オープンウォーターダイバートレーニングと、スクーバレビューと、体験ダイビング。午前中は潮位が高くてエントリーしやすいです。

220828introdive

ウミガメも登場で、ラッキーでしたね。

220828owt

パパ式バナナボートを満喫する少年。家族内最年少ですが、最もエネルギッシュで、パパ息切れ気味。家族の良い夏休みになったみたいです。

220828papabanana

新しいヘッドレストを発見した、ダプルくん。

220828dapple

今日の夕日。

明日は連休最終日かつ、8月の営業最終日。最後まで気を抜かず、良い一日になりますように。


カツは厚いがよろし

土日月の三連休営業日のアニラオ初日。まずは、和食のサワラの西京漬けでスタート。初回に塩味が濃かった桜えびご飯は今回は少しマイルドな出来に。

220827sawara

ボートが出たあとのハウスリーフではアドバンスドオープンウォーターダイバートレーニング。

アニラオアドバンストレーニング

リフレッシュコースを願い出てきた、フィリピン人ダイバーさん。なんと、ジュンジュンのお父さんのロミー認定でした。しかも認定年度は、ジュンジュンが1歳のときの、19995年。27年前のテンポラリーカードをまだ持っているのもすごいですが、本カードが届いていなかったのもすごいです。

220827tempcard

申請用紙を郵送していた時代(つい最近までそうでした)、郵便事情の悪いフィリピンでは申請用紙やカードが途中でなくなってしまうことがよくあったのですが、その一つのようです。

せっかく久し振りにダイビングを思い出されたし、今後一緒に潜る日本人の仲間ダイバーもいらっしゃるようですので、近いうちにアドバンスのトレーニングを受けられるとか。今度はオンライン登録とEカードなので、途中で記録がどこかにいってしまうことはないと思います。

オープンウォーターダイバーコースも。

220827owt

ランチは温泉卵につけながら食べるヒレカツ。手前味噌ですが、かなり美味しかったです。準備しているとき、随分厚切りだなぁと奥さんの手腕を見て思ったのですが、カツは厚いがうまい。

220827hirekatsu

家族一緒にで夏休みの終わりを過ごす組に、ナイスな夕焼けが現れました。

220827sunset

一日の最後はナイトダイブでシメ。明日も良い日でありますように。

220827nightdive