PREP洗脳する

今日のアニラオは、男子スタッフに来てもらって、先週末見つけたダイニング横のシロアリの侵入を許した天井内部の様子を見てもらうことに。

220119shiroari

それなりにやられていたので、ベニヤや梁など木材は取り払って、シロアリ駆除薬を注入。殲滅はできないにしても、少しの時間稼ぎにはなるでしょう。どうせまたシロアリが入ってくるだろうから、どの材料で再構築するかは、要検討です。

220119roof

サンパギータルームの前の雨除けの一部が裂けて風ではためいていた部分も撤去。明日肉数十キロと一斗缶の食用油も買う予定なので、アニラオからトラックで来てもらって、屋根材も購入して持たせようかと、運転免許のあるスタッフ数人に誰が来れるかきいたところ、以下のような返答が。

220119message

曰く(カッコ内は私の心のツッコミです)。
こんにちは。
あっ、いまバタンガスのタナウアンにいるんです。(あ、そう、で、明日はどうなの?)
だって、お母さんがラグナのビクトリアに用事があっていくところなんです。(あ、そ。)
ソーリーポ。(つまり、明日は運転できないってことに対して謝っている理解でよいかな?)
緊急事態なんです。(誰か死ぬの?それならそれで大変だよね。サポートいるのかな)

フィリピンにいる人ならほぼ毎日遭遇する、ごく普通のやり取りだと思いますが、はっきりしなくて、何度も聞き返さなければならないことが本当に多いのです。高等教育をうけたスタッフでないからという言い訳ですませたくないので、できるようになるかは不明ですが、物事に簡潔に答える習慣をつけてもらえるように、働きかけたいと強く思った、いつもの光景でした。

220119consul1nen

で、使うのは、この前読んだKindle Unlimitedの『コンサル一年目が学ぶこと』の中で紹介されていた、PREP。
1)Point=結論
2)Reason=理由
3)Example=例
4)Point=もう一度結論
で答えましょうというもの。毎回的はずれな例をつけられるのも苦痛なので、最低でも1)と2)がいつもストレートに答えられるようになってもらいたいです。たいてい2)しか言わないものですから。

ドラマはほとんど見ないとこれまでも言ってきたと思いますが、ここに来てドラマ3本が視聴リストに入ってきました。しかし、全部日曜日が放送日。

鎌倉殿の13人
真犯人フラグ 真相編
DCU

の3本です。

「真犯人フラグ」は奥さんが熱心に見ていたのが真相編に入ったところで一緒に第一回を観たので、ついでにこのまま観ようかと。マニラ開始時間が午後9時30分で、アニラオから帰ってきて視聴できる時間なので、日曜日のルーティーンになりそうです。

大河ドラマで、三谷幸喜脚本の「鎌倉殿の13人」。放送時間がフィリピン時間7時で、間に合わないので、EVPADの録画で観ることに。前回の三谷脚本の大河ドラマで評判の良かった「真田丸」を一切見れなかったので、今回は観ようかと。なんだかんだ、三谷幸喜、好きなんです。

で、ダイビングが重要な要素となるものでは久しぶりのドラマの「DCU」。ダイビング屋さんの端くれとして、見ておかねばなるまいっ、ということで、これもEVPADの録画モードで本日第一回を観ました。

220119dcu

「湖底の水深120メートルがあんなに視界が良いとは思えない」とか「ドロつまみ上げ流して、インスピレーションを得て探しものが見つかるなんて魔法レベル」とか、無粋なツッコミは抜きにして、エンターテイメントとして期待できそうです。

主演の阿部寛さん、5分以上息止めしていて、浴槽から一気に顔を上げるあのシーン、2012年の主演映画『テルマエ・ロマエ』のパロディーに感じてしまったのは私だけでしょうかね。

220119termae

そのテルマエ連想からか、以前ルスタンでみつけたグアンチャーレを使った、ローマ本式のカルボナーラが無性に食べたくなって、フィリピン米が食べたい奥さんのリクエストは聞かなかったことにして買い物へ。

売り場が移動していましたが、12月7日に見たのと変わらぬ姿(誰も買わんのかいっ)で、そこにいました。100グラム259ペソ(約600円)。もう一つの手に入りにくい食材のペコリーノチーズもありました。

220119gancale

100グラム499ペソですっごい高いとおもったら、トリュフ入りでした。TRUFFLEなんて高級食材、自分の人生にほとんど関係ないところにあったので、目で追っていても意味が脳内に残らないのです。

220119truffpecorino

ちゃんとローマのペコリーノもあったので、そちらを購入100グラム181ペソ。

220119pecorino

ローマにも行ったことがないし、日本国内でもペコリーノチーズとグアンチャーレを使ったカルボナーラは食べたことがないので、本物にどこまで近づいたのかわかりませんが、美味しかったです。参考にしたのは、ローマでカルボナーラNo.1というRoscioliのものだというこちらのレシピ

パスタ、玉子、グアンチャーレとペコリーノで、一人あたり213.96ペソ(498円)。日本でいったら、一応ワンコイン?ですが、いわゆる倹約メニューには程遠かったですね。コロナ禍で贅沢でした。

220119calbonara

私たち夫婦にはイケたのですが、ペコリーノチーズは羊の乳のチーズ。それなりにクセがあります。お子さんとかには出せなそうだなぁ。

奥さんが食べたかった、Atoy’s Pork Chopもデリバリーでオーダー。Facebookで問い合わせて返事なく、Grabで駄目だったので、直接電話してバイク便で買ってきてもらいました。

220119atoy

ポークチョップと目玉焼き、フライドライスで、125ペソ。スタッフがマニラに来たときに食べてもらうものの選択肢の一つとしてのお試しでした。ついてくる醤油、バナナケチャップ、酢の3つのうち、日本人的にはバナナケチャップ以外の2つをつけながらがよいでしょう。Tapa Kingが好きな人は、あれくらいの味だというと想像できると思います。まぁ、普通なお味。

220119cealing

炭水化物とりすぎなので、運動ですこし消費しようといつもの屋上へ行くと、フロアびしょ濡れ。天井内部のパイプの老朽化による水漏れだそう。流石に脚立から落ちないとは思いますが、力を込めて天井材を剥がそうとする時、こちらのお尻がむず痒くなります。前のめりに落ちたら、その先は35階の空中。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">