マニラの引っ越しで日通利用

よくやってくれました

今日は現場監督お父さんの引っ越しの日。

これまで住んでいたコンドミニウムは日本語のテレビ放送がケーブルテレビの番組枠の中からなくなってしまって久しかったのと、飼っていた犬はアニラオに引っ越したので、日本語の放送のあるコンドミに引っ越すようにいい物件を探していました。

いろいろさがして、結局決まったのが、マニラの私たちの家と同じコンドミの別階のユニット。スープの冷めない距離です。

アニラオのスタッフに手伝ってもらって、トラックを手配して引っ越しとはじめは計画していたのですが、ゲストが切れることはなかなかないし、そういう時はスタッフにも休暇をとらせたいということで、なかなかタイミングが合わず。結局引越し屋さんを頼むことにしました。

マカティ間の引っ越しなので、マカティに事務所のある引越し業者を幾つかリストアップ。

Classic Movers & Forwarders Inc.
電話:81759470

Saint Mark Movers And Services Corporation
電話:025248358

Classic Movers & Forwarders, Inc.
電話:028130936

しかしこのリストは結局使うことなく、日本通運さんにお願いすることに。

日通、英語だとNippon Expressというらしい。
Nippon Express Philippines Corporation Ocean Cargo Division(MANILA)
Phone: 63(2)403-1106/837-3415
FAX: 63(2)837-4217

日本人の担当者も現場に来てくれて、テキパキやってくれました。

マニラの日通

普通フィリピン人はおしゃべりしながら仕事をするのですが、日通さんのフィリピン人スタッフはモクモクと。現場の担当の日本人スタッフさんに「凄いですねー、なかなかこうはならないです」というと、こうなるまでに10年、訴えられたことも数度あるとか。

集中した仕事具合は手伝いに来ていた珍念さんとマルケスにも見せて見習うように一応いってみました。

マカティ市内を歩くお上りさん二人。

マカティ市内を歩くお上りさん二人。

一人暮らしの割には荷物の多いお父さん。午前で梱包をして運び出し。

昼は定番、引越し蕎麦。

マニラの引越しそば

午後運び入れてもらいました。

マニラの日通

とりあえず荷物は運び込みましたが、水回りの修理とか、もうしばらく時間がかかりそうです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">