アニラオ サークルドドラゴネットでした

先日見つけた、丸紋のテグリ、サークルドドラゴネットでした。

英名「circled dragonet」,学名は文献上Synchiropus circularis(日本の研究者の見解を考慮すればNeosynchiropus属になる)の雌だそうです。雄も見てみたいぞ。

「マリアナ諸島で最初に発見、記載された後は、グレートバリアリーフからの記録があります。写真データベースにはシパダンの他、日本の座間味や柏島でも撮影記録があり、今回のフィリピンと合わせると、西部太平洋に広く分布しているものと思われます。」

教えてくださったのは、神奈川県立生命の星・地球博物館瀬能宏さん。お忙しい中ありがとうございました。

日本では座間味で発見されたので、ザマミテグリと一部で呼ばれているようですが、ネットで検索しても1999年、2005年、2007年くらいにしか写真が撮られていないようです。色合いも、日本のものは赤っぽいですね。

ニシキテグリよりシャイで、ほとんどサンゴの外に出てこないので、撮影はマニュアルフォーカスがお勧めです。繁殖の時期を突き止めれば、オスメスペアの撮影もできますね。今後の課題です。


4 thoughts on “アニラオ サークルドドラゴネットでした

  1. >ランママさん
    時間を狙っていけば見られると思います。撮影は根気がいりますよー。

  2. >moguritaoshi さん
    アニラオでは、ニシキテグリよりずっと個体数が少ないですが、多分3月でも見られると思います。
    お楽しみに。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">