アーリーバード。。。

早起きものの多いアニラオです。すると、ベタ凪のハウスリーフ沖をイルカの群れが。早起きは三文の得(The early bird catches the worm.)。

アニラオのイルカ

どちからというと、朝飛んでいる鳥が捕まえているのは、ミミズなどのWormよりは、羽虫のFlyのような気もします。越冬で北から渡ってきているツバメたちも朝はたくさん飛んでいますよ。

そんなアーリーバードの一匹が、ダイニングのガラスに激突。鳩を小さくした、いわゆるムクドリサイズ。山鳩みたいな色合いです。

アニラオの野鳥

通常は脳震盪がおさまるまで15分ほどじっとしていると治ってまた元気に飛んでいくのですが、
180304hatodeath

この子は打ちどころが悪かったようで、お亡くなりになってしまいました。合掌。しばらく蘇生を試みましたが、だめでして、速攻マービンの胃袋へ(←ほんと行動早かった)。いつも5時30分から掃き掃除の早起きマービン、一羽の得。

アニラオワイドクラブは、ネッタイミノカサゴと。

アニラオワイド写真

ハナミノカサゴ。

アニラオワイド写真

夕日は今はルバング島の右に沈みます。

海と夕日
にほんブログ村 写真ブログ 水中写真へ
にほんブログ村
ブログランキング参加中。
よろしかったらクリックお願いいたします。


ナンヨウショウビン

朝食前の海辺に待ち伏せる、少年の心を持った二人。海に向かって左側に縄張りを持つカワセミの仲間の撮影を競っています。

180107birtd

最近のように朝潮が引いている潮回りのときよく現れる青い鳥。朝でなくても、潮が引いて露出した海底にしばしば出没します。朝の時間帯のほうが順光なので、写真は撮りやすいです。

アニラオのナンヨウショウビン

詳しい人に聞くと、カワセミの親戚のナンヨウショウビンだそうです。名前が判明してありがとうございます。写真提供、アンダーウォーターフォトグラフィーさん。ありがとうございます。張り合っていた虫のオジサンこと、ワレカラさんは飛んでいる姿をゲットしたと勝ち名乗りをあげていました。

トリ用の陸撮カメラをしまって、水中カメラに切り替えてダイビングへGO。

アニラオの午前の海

尖っているモノつながりの、トガリモエビさん。

アニラオのトガリモエビ
アニラオの夕日

2018年始まったばかりですが、今年度の夕日大賞(別に毎年選んでないですけど)をとりそうなこの作品。むぅー。


キングフィッシャー

シルバーウィーク中日。今日帰る方と、今日来られる方の多い日で、日中は少人数でのんびりでした。水温30度。

アニラオの午前の海

なんかコガネムシ。

160921bugs

ハウスリーフではフィリピン在住6年のおじさまの体験ダイビング。

マニラ体験ダイビング

日除け工事3日目。

16921const

ダイニングで仕事をしていると、ゴツンという音が。カワセミの仲間がガラスにぶつかって脳震盪を起こしていました。英語だとキングフィッシャーです。

わけわからない状態なので、野生なのに手乗り。

160921kingfisher

30分ほどで復活して飛び立っていきましたとさ。

隣のマユミリゾートの犬。

160921inutank
にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村
ブログランキング参加中。
よろしかったらクリックお願いいたします。


それでもやりたい、ダイブマスタートレーニング

ボート出発時には小雨のアニラオ。のち1時間ほどしたら晴れました。水温29〜30度。

アニラオの午前の海

ナカソネカニダマシさん。カニダマシ類はハサミの上辺が動いて、カニ類はハサミの下辺が動くんだそうで。

ナカソネカニダマシ

ボートが出た後のハウスリーフ。ダイブマスタートレーニングのスタミナ評価、800メートルスノーケルスイムです。

160716800mswim

必死に泳いで2点ゲットの代償。生き返るのに1時間かかりました。

160716taoreru

ダイニングエリアにカワセミの仲間が迷い込み。

カワセミの仲間

なかなか赤い夕日でした。

フィリピンの夕日

日本からおみやげで頂いた、流行っているという塚田農場のミソ。日本てなんでもあって便利ですね。ごちそうさまでした。

フィリピン塚田農場

にほんブログ村 写真ブログ 水中写真へ
にほんブログ村
ブログランキング参加中。
よろしかったらクリックお願いいたします。

ゲストさんの個人企画でアポリーフクルーズがあります。2016年12月23日マニラヨットクラブ出発、12月28日夕刻終了。詳細はこちらまでお問い合わせください。dive.bahura.vm@gmail.com


ミナミハナイカの威嚇

威嚇時はノシイカになります

午前晴れたアニラオです。日本からのゲストさんの多くが今日最終日。水温25度。

アニラオの午前の海

最近各地で出没中のミナミハナイカさん。

ミナミハナイカ

色がネオンのように変わる、キレイ子ちゃんですが、他のハナイカを威嚇するときは、体をぐっと潰して平たくなります。普通動物は威嚇時には口を大きく空ける、毛を逆立てるなど、相手より大きくみせるのが普通ですが、ミナミハナイカの場合は体をとがらせるみたい。

ミナミハナイカ威嚇

前方に触腕を左右に振りながら、「刺すぞこら〜」みたいな感じで相手のハナイカに突進してました。画像提供、マクロ大好きさん。ありがとうございました。

ゲストさんたちがダイビングへ出発後、夜の結婚パーティの飾り付け。

という横のハウスリーフでは、オープンウォーターダイバーのトレーニングも。

オープンウォータートレーニング

ヴィラマグダレナのガードマンは、木登りなどいろいろな特技があるのですが、野鳥の手づかみも特技の一つ。前回のサギに続き、パーティの準備中に迷いこんできたこの子も捕獲。

ガードマン野鳥を捕獲

というか、弱っていたみたい。久々にフィリピンの鳥図鑑を参照してみると、Common Emerald-Dove (Chalcophaps indica)のオスだそうです。ハトの仲間ですね。

common emerald dove

夕方になってバンドの機材搬入。早速マイクを奪い合うスタッフ。

バンドが来た

シェフはお玉とフライ返しでドラマーに変身。

シェフはドラマー

今回の豚の丸焼き(レチョン・バボイ)、セブで注文してマニラの空港引取の空飛ぶレチョンでした。

バンド、なかなかパワフルでした。またきてほしいクオリティ。

バンド サンタモニカ

フィリピンのパーティ定番、ディスコタイムでは、新郎新婦も踊る〜。

新郎新婦ダンス

最後はネコの旦那さんがバンドのギターを奪い、新郎のお友だちと「トゥルーラブ」をプレゼント。

ギターを引くコバピッ

ブーケトス2回やったのですが、2回ともゲット。

末永くお幸せに!

アニラオの新郎新婦
にほんブログ村 写真ブログ 水中写真へ
にほんブログ村
ブログランキング参加中。
よろしかったらクリックお願いします。