フィリピンに戻ったら食べたいシニガン

マニラへ移動日。足の悪いお父さんの便宜のために、朝急がなくてよい午後の成田発便をあえて予約していたのですが、3人で来て2人で帰る不本意さ。

221102bus

滞日序盤で転んで痛めた奥さんの膝はまだ治っていなくて、アニラオのキッチンでまた立ち仕事で悪化しないように、できるキッチン仕事はお手伝いしたいなと思う、成田までのバス待ち。

バスの予約サイトも、3年ぶりに出てくる検索結果が違ったりして、コロナで停滞していると思いきや、変化は常に続いているんだなと思いました。今回は、ウィラートラベルで手配。気づくのが早くてもう数時間早く手配していたら400円引きで買えたのが残念なのと、24時間より早ければ早割りが効くという嬉しい販売方法をしているサイトを見つけたのは吉。

日本最後の食事は、成田空港第2ターミナルの麺処つるはん。穴子天丼。タレが甘めでしたが、これはこれであり。追加料金で実現する、北海道の新そばをサイドに頼んだ奥さんの選択は正しかったです。

221102tempra

若い頃はマクドナルドで当然のごとく済ませていましたが、そういう選択肢がほぼ無くなる年齢になりましたね。

フィリピンのマクドはまずくて、ジョリビーのほうがまだまし(というか、フライドチキンはジョリビーのほうが圧倒的勝利)の最近の経験からくる躊躇もあるので、美味しいはずの日本のマクドナルドも滞在中試してみるべきでしたが、ほかの更に美味しいものにその座は奪われました。

出国審査より先の免税店エリアは、休職中のブースがまだ目立ちます。歩く人もまばら。航空業界の苦境はまだ続いているようです。冬には第8波がくるかもと、まだカウントしてモニタリングしている日本では、海外旅行行こうという雰囲気が薄いのでしょう。フィリピン社会では、少なくとも今現在、コロナだから〇〇しない、というのはほぼなくなっているように見受けられます。

221102narita

機内の映画は、映画館で見たいと思っていて機会を逸した、トップガンマーベリック。純粋に娯楽として楽しめましたよ。ドッグファイトのシーンで、乗っている機体が気流の乱れで揺れるシンクロがあったのも臨場感が増して○。

221102topgun

2本目まで観るとたいてい最後まで見切らないものなのですが、SF小説の金字塔の映像化「デューン砂の惑星」も気になっていたので、選択。古い小説なので、話の筋はありがちに思いましたが、映像は美しかったです。映画ならでは。

夕景の美しい丁度いい時間のマニラランディング前。

221102sunsetmakati

同時刻、アニラオの留守番スタッフからは、ダイヤモンドソンブレロがそろそろ近い夕日の写真。

221102sunset

フィリピン入国時に登録が必要な、One Health Passが改変されて、今は、eARRIVAL CARDというものに変わっています。登録ウェブサイトのアドレスはOne Health Passのときと同じ、https://www.onehealthpass.com.ph

221102earrivalsite

どこを押したら良いのかわかりにくいお役所仕事Webですが、右の(REGISTER)バナーをクリックして登録を開始します。

登録できたら、スクリーンショットでよいので、携帯電話で表示できるように保存しておきましょう。

221102earrival

なぜかコーストガード(海上保安庁)が担当するeArrival Card。私達が利用した便はほぼ満席でしたが、全員に近い旅客がちゃんと事前登録していたようで、QRを読み込んでもらってスムーズに通過していました。

221102keneki

マニラの家着。明日の朝パスポートの切替に大使館に行きたいので、申請陽写真を撮りにグリーンベルトへ。日本から履いてきた靴と、日本意識レベルで歩いていると、フィリピン人の平均的な徒歩スピードの2.5倍ほどで動けている様子。今日見つけた日本の良いところ、歩くのが早い。目的地までまっしぐら。対フィリピン比で、自動ヘイストがかかった社会でした。

221102walk

海外から日本についたら、ラーメンや寿司が食べたいとなりますが、日本からフィリピンに帰ってきたときに食べたいものは、シニガンでした。酸っぱいスープとパラパラ米は日本ではなかなないものです。もっちり米で疲れたフィリピン人の胃腸には、やっぱりこれ。

221102sinigan

いろいろあった日本一時帰国、これで一応終了です。11月5日6日の週末、マグダレナの営業再会いたします。

ただ、お父さんを一人で日本の病院に残しているのと、来週以降手術や転院も予定されているので、奥さんと私、一人か二人どちらになるかはわかりませんが、もう一度日本に戻る予定です。奥さんの心情を考慮しながら、明日以降に決めていきたいと思います。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">