唾液抗原検査

アニラオのリゾートを利用するにあたって、町の条件から外された抗原検査陰性書類、各リゾートの裁量に委ねられる状態になった最初の週末。アニラオヴィラマグダレナも、暫定的に抗原検査は必須ではないとしていました。

今週ご来店いただいた11名の大人のお客様で、抗原検査結果を自主的に持参された方は11人中8名様。約72%でした。マニラでの市内感染が増えている状況を鑑み、受け入れる弊社スタッフに安心してもらいたいという優しいお気遣いに感謝です。

土日でご予約いただいていた一家族のお客様は、さらに念を入れて、マニラ市内で最近利用可能になった唾液でのPCR検査(結果が出るまでに要1日、価格2,000ペソ)を受けられてからご来店されようとしていましたが、まさかのご家族の一人に陽性結果でご予約延期。無症状のままウィルスが消えてくれればよいのですが。。。マニラでの感染拡大、日本人のコミュニティにもヒタヒタと近づいてきているようです。

抗原検査の方も、咽頭拭いではなく唾液で検体をとる方式がBauanのChedrick Laboで利用可能になったという知らせを受けて、お客様の一人が突撃レポを敢行してくださいました。

210313chedrick

これまでとの違いで注意すべきところは、
・唾液(Saliva)とはっきり言わないと、いつもの通りの咽頭拭い方式になる(今回は、唾液キットがドライブスルーブースになく、ラボの奥までキットを取りに行く時間的ロスが発生)。
・検体採取後結果が出るまでの待ち時間が25分と、咽頭拭い(10分程度)より長くかかる。
・価格は1,000ペソと咽頭拭いと同じ値段。
でした。

210313daekiyouki

唾液は、ジョリビーのグレービーソースがはいっていそうな容器にペッ。ルポしていただいた、S様、ありがとうございました。

ミンダナオとパラワンの間にある低気圧の影響で、曇ったり、晴れたり、小雨が降ったりの一日でした。新月大潮で、透視度良好。

210313sea

一眼カメラユーザーに合わせてのミラーレス使用と並行して、コンデジユーザーとのカメラ談義力アップのために、いつも内蔵ストロボで撮影していたTG4に外付けストロボを装着してみました。知ってはいましたが、外付けつけたほうが明るく写ります。

210313camera

ひょっこりなヤドカリ。

アニラオのヤドカリ

ヒレのグラデーションも、内蔵ストロボだけよりははっきり出てハオ。

アニラオのハゼ

アイシャドウの青もくっきり。

アニラオのドティバック

Olympus純正のストロボではないのですが、砂地のハゼも白飛びすることなく同調してくれました。

アニラオのオキナワハゼ

無性に突進してくるオキナワハゼでした。

ショートポーチドピグミーパイプホースも。

ショートポーチドピグミーパイプホース

アサヒガニさんの赤もバッチリ再現。

アニラオのアサヒガニ

知っている人は知っている、この不自然さ。指盛大に挟まれました。

顕微鏡モードでは、ISO100固定でもすこしシャープさにかけるので、本体側かストロボ側でマイナス補正をかけるなど、ベストな設定を見つけたいです。

魚眼アタッチメントは、アームのない状態だと雪が降ることが多いので、ノーストロボのほうがよいみたい。ダイバーを撮るにはよいですが、ハナダイなど、赤い魚の群れを撮るには、やっぱりストロボが欲しいところ。

コンデジに慣れ親しんだ半日でした。

カメラダイバーも、そうでないダイバーも、中級者習得必須のフロッグキック。できるようになって損はないので、こちらも練習していきましょう。

210313fireexit

来週、消防署が査察に来るので、言われていた蛍光式のFireExitの掲示板貼り。でも、小さなダイビング宿、出たら出口がどちらかなんて、すぐに分かりますよね? 現場にそぐわないものでもいろいろ装備させて、不備があったら罰金をぶんどりたい消防署の小遣い稼ぎに仕方がなく付き合っています。


悪知恵はとっとと忘れて

いつもなら火曜日はマニラ活動日なのですが、今日は早起きをして弁護士事務所のスタッフと一緒にアニラオへ。目的は、営業許可の更新です。

本来営業許可の更新は1月中に締切があるものなのですが、コロナ禍で経営が苦しいのに、全スタッフの薬物検査や抗原検査が必要など、会社側に酷な条件が次々と町役場から追加されて、リゾートオーナー協会で、収入の見込める3〜4月まで締め切りを伸ばせないか町と交渉するので、協会メンバーは1月中の締切で更新しないようにという内示に従っていたのでした。

結局、色々ついていたイジメ的諸条件の撤廃はなく、2月末まで締切が伸びただけでした。

以前は自分で更新していたのですが、ただ必要書類を出せばすむ日本のお役所とちがって、袖の下欲しさのネチネチとした質疑応答が嫌なので、ここ最近は、そういうお役所に慣れた顧問弁護士事務所のスタッフに前に出てやってもらっています。

普段はマニラで働いているそのスタッフ曰く、「この町役場はとにかくおかしい」のだそう。外国人である私が吠えても、どうしようもないので、緩衝材の彼に今年もうまくやってもらいました。

消防署の許可の方も、前年許可が出ていれば、機材が壊れない限りは翌年も許可が出るのが普通だと思いますが、毎年何かしらのとってうつけたような義務項目をつけてきます。今年はなんと、厨房にHood supression systemを入れろだそう。

210216hoodsupression

業務用厨房機器を使っていて、かつホテルなど外から隔離された厨房にはあってしかるべきだと思いますが、家庭用コンロ数台で調理してるマグダレナの厨房(消火器はちゃんとあります)にはオーバースペック。マグダレナより規模の小さな他のリゾートも同じように設置しろと言われています。で、消防署の薦める業者で取り付けると、コミッションが入る仕組み。消防署員には放っておいても給料がはいるのに、コロナで苦しいリゾートをイジメてさらに搾り取ろうとすることに良心の呵責を感じないのって、ただただ悲しいです。

ちなみに、設置したリゾートに聞いてみたら、30万ペソだったそう。マグダレナのスタンダードルーム107泊分相当を、最大50%稼働の土日だけ営業からひねり出すのは、考えただけで頭がいたいですが、何もリアクションしないと罰金だそうなので、一応消防署オススメの業者に明日キッチンを見てもらい見積もりはとってみます。

100万ペソ以上する、排水浄化装置がないと営業許可を出しませんという話のあった2019年も、結局その装置の導入なしでもみな生きていますので、早く役人の頭から、こういう悪知恵は忘れ去られてほしいです。

マビニの町にはローカル向けの食堂しかないので、久しぶりに一食30〜40ペソ程度の食事(汚い店で、しょぼい食事なので、奥さんが嫌いなやつ)を食べる一日でしたが、昼食時になんと支払い忘れて店を出てきてしまい、50メートルほど歩いてから未払いに気づきました。店のお姉さんが道に上半身を乗り出してこちらを見ているその表情、写真に撮りたいものでしたが、さすがにそれはせず。3人分で105ペソ、踏み倒さずに済んでよかったです。

210216kuinige

オフ日のロナルドは、ガイド仲間のボート(自分のボートはまだ更新手続きが終わっていなくて使えず)で、島側に渡り、イソマグロをゲットしていました。半島側の食べられる魚、そろそろ獲れなくなってきたんでしょうかと、ちょっと心配です。

210216ronald


スタッフ提案コルケージ導入のお願い

アニラオ活動日。末っ子の乳離のできないアイサ以外のスタッフが久しぶりに揃いました。

210129meeting

日本も寒いようですが、連動してフィリピンも涼しく、窓開けっ放しが多いスタッフの家では明け方冷えて、本人か家族の誰かが風邪を引くのは、コロナ禍じゃなくてもこの時期の風物詩。先々週にアニラオで出た陽性家族クラスターも、最初の一人はマニラ近郊の医療機関で感染してきたようなので、ちょっと病気だからと医者になおさらかかれないこのご時世、家族と自分が健康でいられることの幸運(手指消毒などの努力は怠らないにしても)は噛み締めていたいものです。

全体ミーティングのあとのダイニングスタッフミーティング。そこで出てきた提案が、「酒類持込料頂いてはどうでしょう」。

210129diningmeeting

レストランへの酒類持ち込み料金コーケージ(綴は英語のCorkageなので、コルケージのほうが日本語英語ぽく聞こえます)はフィリピンのレストランで広く採用されているものですが、マグダレナではこれまで不採用でした。

全スタッフ中終業時間が最も遅くなるダイニングスタッフの、時間外労働賃金分の工面を彼女たちなりに考えてくれた結果のようです。

隣のマユミリゾートを含む、有名どころのアニラオダイビングリゾートの持ち込み料金、スタッフの調査によると以下のとおりです。

210208corkage

コロナ禍後にも残すか未決ですが、現状で試験的にコルケージ導入させていただきたいと思います。ご持参の酒類ダイニングエリアでの飲用1本につき、300ペソの酒類持ち込み料の導入に、ご理解とご協力よろしくお願いいたします(2021年3月より適用)。

もともとCorkageは、ワインの店内持ち込みについてコルク開栓料として発生したもののようなので、このワインはカリカリだからとか、樹脂の栓でコルクじゃないとか、焼酎はワインじゃないとか、あまり難しい理屈を考えないようにお願いいたします(*^_^*)。

ペットボトルに移して飲んでいたらわかるまいと、セブのマラパスクアのリゾートに大五郎を持ち込んで仲間たちと飲んでいた時代を懐かしく思い出しました。ペットボトルの「水」を水で割る行為まではカウントしない予定です。

ダイニングスタッフの新しいエプロン、体に合わせて少し手直し。

210129epron

奥さんが以前から飾りたかった写真をマニラのフォトショップで引き伸ばして、近所で手に入る一番大きな額に入れようとしたところ、写真のほうが大きい事件。というか、額がサイズ表記より小さかったのが原因でした。ので、泣く泣く写真を少し切ることに。

210129gaku

Underwaterphotographyさんの撮影した、ナンヨウショウビンのペア。コロナ禍以前に撮影されたものですが、このときからソーシャルディスタンスは自然界では常識だった模様。

210129pict

朝の時間に海に向かって左側の海岸によく出現していたナンヨウショウビン。そういえば、隣の隣の敷地で工事が始まって、藪も全てなくなってしまって棲家を追われてしまったかと心配になりましたが、ちゃんとご存命でした。

草葉の陰からダプル。

210129daple

いい週末になりますように。

210129sunset


気を緩めずいつもどおりに

アニラオ活動日。週末に向けての準備はミーティングから。

210122meeting

フィリピンの日毎のコロナ新規陽性者数は、2,000人程度。1月半ば頃から増加に転じています。街なかを見ても、人々の意識が緩んでいるのがありありと見て取れるので、ミーティングでの第一トピックは、コロナ予防の徹底でした。

210122covid

データで見れば、明らかに増加傾向。予防措置を緩める科学的根拠はないので、世間のなんとなく緩い雰囲気に流されることなく、自分と自分の家族を守るために、予防措置は続けてほしいことを確認しました。来週まで覚えていてくれるかなぁ。

おじいちゃんドライバー、70歳の誕生日を先日迎えたので、スタッフからもお祝いの言葉でした。50歳を超えると途端に弱る田舎のフィリピン人のなかでは、70歳でこのカクシャクぶりは褒められるべきものですが、物忘れは平均程度に進行中。孫たちのためにも、働ける限り頑張ってね。

白と黒のサギ。仲良いですが、色違いでツガイってことはありですかね。

210122sagi

駐車場に降りる車道にはみ出してきたブーゲンビリアを剪定。腕が傷だらけになるのはいつものこと。

210122sentei

ブーゲンビリアの裏にガードマンが育てていた、シンカマス(ヒカマ)。育ち過ぎで柔らかくなってしまってダメでした。なかなか収穫時期が難しいです。シンカマスも乗っている、拙著『フィリピンの野菜』、Kindleで絶賛発売中です。寄付だと思ってご購入いただけますと幸いです。

210122sinkamas

「おかえりなさい」ロゴをダイニングの壁に設置しました。沢山の皆さんに帰ってきていただけるリゾートであるよう、頑張りたいです。

210122welcomeback

本日のアニラオ図鑑リニューアル写真は、クセニアウミウシの仲間。写真提供、Underwaterphotographyさん。ありがとうございます。

クセニアウミウシの仲間:わからないことが多い子ですが、一つ確実なのは、二人は仲良し。

クセニアウミウシの仲間:わからないことが多い子ですが、一つ確実なのは、二人は仲良し。

お気に入りの水中写真で作るアニラオ図鑑:初めて見て感動した、思いの外綺麗に撮れた、思い出のあの人と潜ったときに見たなぁ、我がライティングを見よ!、きっと誰にも見向きもされないだろうから私が図鑑に載せてやる、など、皆さんの思いの宿った水中写真でホームページのアニラオ図鑑をリニューアルします。

図鑑のようにヒレ全開横向きではっきり写っているものでももちろん良いのですが、優先は皆さん一人ひとりの思い入れです。

·写真(縦でも横でも。長辺640ピクセル)
·生き物の名前(わからなければこちらで調べます)
·思い(書かなくても可。写真から感じ取ります)
·ニックネーム(写真にコピーライトで入れます) をメールでお送りください

奮ってのご参加、お待ちしております。皆さんの思いに触れさせて、元気にさせてください。


エアコン掃除王に、おれはなる!

マニラ活動日。奥さんは週末のアニラオの買い出しへ市場へ。私はマービンと一緒に(マニラの道に不慣れなので、隣でナビしないと道に迷ったり、マニラの複雑な罰金網にひっかかったり)、修理に出していた洗濯機と扇風機(2機)を引き取りに。

210124panasonic

ついでに、4年程度で複数箇所壊れたSamsungのにかわって買い替えたPanasonicのエアコンも引き取りに。リゾート内エアコンのSamsung→Panasonicの移行、更に進んでいます。エアコンについては、Samsung製は本当にダメ(冷蔵庫と洗濯機は家でつかってますが)。

210114airconpanasonic

お父さんの家のエアコン掃除人が来たので、ウィンドウタイプのエアコンは自分で清掃ができるように見取り稽古。

引き抜く際には、ネジがあるかをよく確認。フレームを曲げて固定してあることもあるので、注意。

210114airconremove

引き抜いたユニットの上辺のカバーを取り外しす。古いとネジが固着しているので注意。

210114aircontopremove

上辺カバーに送風羽が付着しているモデルは、注意してカバーを取り外し。下の動力との接続方法を確認して記憶。

210114airconblade

コンセントとコントロールパネルの接続コードが濡れないように。

210114waterproof

フロントカバー洗浄。

210114coverwash

電源スイッチの付いていない(オフにするにはコンセントを抜く)シンプルなジェット噴射機。

210114jetwash

前面の洗浄。

210114rearfirstwash

タービン羽の部分も。

210114fanwash

後ろ側の洗浄。

210114otherside

一度流した後は、洗剤でも。

210114sabon

羽の汚れも洗剤可。

210114saboninside

羽を回して、異音がしないこと大切。

210114sabonfan

で、洗い流し。噴出口が縦に広がるタイプのノズルが便利。

210114rincenoszletype

電源部分が濡れないように、少しは気遣っていますが、水かかってます。少しくらいは大丈夫ってこと。

210114dengenue

コンプレッサーなども、しつこくない程度に水をかけて洗浄。洗剤は使わず。

210114katamuke

しっかり水切りするさまは、インスタント焼きそばのように。

210114haisui

上部カバーを戻すときは、風切羽の接続に注意。

210114putcover

結局濡れたコントロールパネルのコードは、息フーフーで水切り処理。ファミコンの接続不良カートリッジに息吹きかけるのよりは強めに。

210114putitback

ネジ止めする前に、試運転をして回転部の異音がしないかを確認するがよし。

210114nejidome

アニラオに業者を呼んで同様の掃除をしてもらうと、1ユニット1,200ペソ。ウィンドウタイプのエアコンが12機あるので、経費削減のために、ジェット洗浄機を買って自分で洗浄することにします。

10機あるセパレートタイプのも、YouTubeでやり方解説していそうなので、これもできるようになりたいです。

夕日に誓う、エアコン掃除王に、おれはなる! どんな悪魔の実がよろしいですかね。

210114sunset