自主的通夜振る舞い

昨晩亡くなったインストラクターのロミーを深夜に病院に見送りに行ったので、ゆっくり目に起床の土曜日。

思いの外奥さんの動揺は大きかったようで、気がつくと涙を流したりしています。沢山の人に悲しみを残したロミー、罪なやつです。「流した涙の分だけ供養になる」という慰めの言葉をかけてくれる友人がいたり、国を超えて香典の申し出があったり、彼の死を中心に思いやりの輪が広がっています。

ソーシャルディスタンスで手をつなぐことも少なくなった奥さんとも、今日は腕組みして気晴らしのために外出。

200912udegumi

お通夜といえば寿司だろう、ということで、久しぶりに寿司つむらへ。かっぱまきをチョイスせずに、ちらし寿司。

200912chirashi

美味しいものを食べて気分も少しは紛れたかも。

マカティのサルセドエリア。撤退するオフィスから出てきたのか、大量の椅子の運び出し。確かに、営業していなかったらこの地区の家賃を支払い続けるのは大変です。

200912chair

北の大地より、手作りジャム等、奥さん評価額100万円相当の中身のはいった玉手箱が届いていました。ナメダンゴさん、ありがとうございます。

200912box

本日担当の一品は、残っていた空芯菜を使って何かということだったので、ガーリック炒め。

200912kankon

フィリピン産の厚揚げは使う前に湯引きすべきだたったことを指摘されました。やっておかないと、日本のと違って酸味が残るのだそう。φ(..)メモメモ

8月からスタートの、アニラオ生物図鑑リニューアル企画。

本日は、珍しい黄色のヘアリーフロッグフィッシュ。写真提供toto8_07さん。ありがとうございます。

黄色のヘアリーフロッグフィッシュ:幼魚にしては少し大きい?!ので若魚かと?!フサフサにはまだまだ?成魚の色になるのもまだまだ先のこと?ごちゃごちゃしたところに身を寄せて・・・。

黄色のヘアリーフロッグフィッシュ:幼魚にしては少し大きい?!ので若魚かと?! フサフサにはまだまだ? 成魚の色になるのもまだまだ先のこと? ごちゃごちゃしたところに身を寄せて・・・。

お気に入りの水中写真で作るアニラオ図鑑:初めて見て感動した、思いの外綺麗に撮れた、思い出のあの人と潜ったときに見たなぁ、我がライティングを見よ!、きっと誰にも見向きもされないだろうから私が図鑑に載せてやる、など、皆さんの思いの宿った水中写真でホームページのアニラオ図鑑をリニューアルします。

図鑑のようにヒレ全開横向きではっきり写っているものでももちろん良いのですが、優先は皆さん一人ひとりの思い入れです。

·写真(縦でも横でも。長辺640ピクセル)
·生き物の名前(わからなければこちらで調べます)
·思い(書かなくても可。写真から感じ取ります)
·ニックネーム(写真にコピーライトで入れます) をメールでお送りください

奮ってのご参加、お待ちしております。皆さんの思いに触れさせて、元気にさせてください。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">