アニラオ がんばれ! レスキューダイバートレーニング

 本日も晴天。昨日の夜からフロントは少し波がありますが、ひざ下程度。ちょっと波があったほうがレスキュートレーニングには適してますね。

 今日からレスキュートレーニングに挑戦のゲストがいらっしゃいます。ファンダイブだけでしたら、アドバンスまで持っていればたいていどの海にも潜れるのですが、自分と回りの安全のためにちょっとハードなコースにチャレンジです。

 100本のファンダイブの経験があっても、レスキュートレーニングで行う事柄はどれも初めてのことばかり。はじめはうまくいかなくても、何度か練習するたびにより効率的に体が動くようになってきます。そう。レスキューは知識もとても重要ですが、何より緊急時に体が動くことが大事。来週以降も練習は続きますが、私も自分自身がレスキュートレーニングを受けていたときの新鮮な体験を思い出しつつ、トレーニングにお付き合いしたいと思いました。

isigaki
 トレーニングの写真はないので、昨日アップし忘れた、イシガキフグさんの綺麗な瞳の
アップをのっけておきます。


アニラオ 不明なカエルウオ

minamihako
 アニラオは今日も晴れ。ここ数週間天気は良好です。水温は相変わらず低めの24度~25度。自前の3ミリウェットのダイバーは、フードをかぶって対応しています。

 ビスタマール、バスラ、キルビス、ダリラウト、カテドラル、コアラなどなど、さまざまな場所にボートを出しましたが、島側より、半島側の透視度の方が今日は良かった模様。コアラで15メートルぐらい。

 ビスタマールの沈んだボートの手前の崖の下がどうなっているのか気になるダイバーは、そちらを覗いてきました。下は推定57メートル。前回目撃されたイーグルレイはいませんでした。

ginpo
 キルビスの上の方では、こんなギンポが。フタイロギンポでもないし、『日本の海水魚』にも載っていません。ガイドに聞くと、アニラオでは比較的沢山いるようですが。今のところ名前不明です。

kanihaze
 ダリラウト定番のカニハゼですが、結構毎週住処を移動しています。捜せばわりとすぐに発見できるのですが、今日はカニハゼの胸鰭が結構美しいことがわかり、それでアップしてみました。

kurage
 水温が下がっているので、クラゲも出てきてます。アニラオでは今のシーズンぐらいしかいないので、被写体としては実は貴重です。あまり近寄りたくないですが、写真に取るとこんな感じ。写真を提供してくださったMさん、ありがとうございました。


アニラオ 幸運を呼ぶ? ゴールデンモレイ

 ウミウシ旋風を巻き起こしてくださったご一行が本日日本へ発たれました。とっても陽気なご一行で、フィリピンスタッフともすっかり打ち解けて。

 そのご一行がウミウシ旋風とともに残してくれたのが、「幸運を呼ぶ? ゴールデンモレイ」です。ボラカイ島では、このうつぼに会うと幸せになれるそうです。何かのウツボの幼魚だと思いますが、皆さんも捜してみては?

goledn