脱「普通」の暮らし

昨日日赤病院に出してもらった紹介状を持って、相模原協同病院へ。非常に混むと聞いていたので、受付が開くのと同じタイミングで来院しましたが、駐車場すでに半分程度埋まっていました。

221019kyoudou

ここでの検査は、腎臓内科で血液、尿、超音波検査。病院のお父さんには奥さんに付き添ってもらって、私の方は転入届けと、後期高齢者医療保険証の入手手続きのために昨日午後訪ねた日赤近くの津久井まちづくりセンターへ。

221019number

昨日とは違う若い男性職員が対応してくれましたが、少し先輩らしい昨日受け付けてくれた女性職員もその後ろから見守ってくれていて、転入手続き無事終了。隣の建物に入っている保健課にも電話で連絡をつけてくれて、引き継ぎをスムーズにしてくれました。

保険事務所で経緯を説明したところ、住所を証明する何かが必要なのだけれど、転入届け提出時には受け取り証なども発行されないので困ったということに。年長の職員さんと一緒にまちづくりセンターに戻って事情を説明して何やら端末から情報を書き写して手続き続行できることに。

今日見つけた日本の良いところ、役場の職員さんが親身にユーザーの便宜優先で動いてくれること。

「少しお待ちいただきます」というので、フィリピンの感覚で「何時間くらいかかりますか」と聞くと、「40分くらいです」とのこと。予想以上に早いではないですか。

無事、後期高齢者医療被保険者受領証をゲット。とりあえずの保険証に代わるものです。紙ペラ一枚で、大事なものなのでコピーをとることにしたのですが、コピー1枚10円って、20年前と同じですよね。。。。

221019copy

その足で昨日かかった日赤の精算。後期高齢者1割負担って、ものすごいお年寄り優遇の日本のシステムですね。レントゲンとCTと血液検査と問診2回で、負担額たったの3,610円。フィリピンで同じことをしたら、3万円相当のペソはとられそうです。しかも低解像度のレントゲンとCTで。今日見つけた日本の良いところ、高齢者が安心して低価格で高度な医療にあずかれる。

超音波検査の待ち時間が1時間ほどあったので、レンタカーを乗り換えることに。すでに昨日電話で24時間延長しているので、再延長は窓口に出向かないとだめだというシステム。

レンタカーを返す前のガソリン満タン。セルフスタンドでした。そういえばフィリピンって、ガソリンセルフって見たことないですね。いじられて盗まれるの防止のためでしょうかね。

221019gas

今のレートでレギュラー159円=63.6ペソと、ディーゼル54.4ペソ。フィリピンでの価格が68ペソと78ペソ(プーチン戦争以来、ディーゼルのほうがガソリン価格よりも高くなっているフィリピン)ですので、燃料価格も日本のほうがフィリピンより安いです。

221019gasprice

車がハイブリッドのアクアから、低燃費車のヴィッツに変更。レンタル料金も安いですが作りも少し安っちいです。カーナビが今年のデータではなくて、去年移転したらしい相模原協同病院に行きつけずにしばらく迷子になるハプニングでした。

221019carchange

カーナビ迷子中に見つけた南京亭で一人ランチ。担々麺と、ジャンボ餃子3個。ちゃんと店内料理したものを24時間提供するエネルギーってすごいです。しかし、にんにく効き過ぎで、後で奥さんににんにく臭いと言われました。

221019tantanmen

昼の段階では、2〜3日入院ということでしたが、その後の検査結果で、やはり人工透析が必要で、今回の入院も7日間ということに。人工透析については『ブラックジャックによろしく』でなんとなくの知識しかありませんでしたが、障害者手帳がもらえるほどの大変なことなんですね。資料で示されていた首元から生える透析用の管も痛々しいです。首まで湯船につかって「あ゛〜」って言えなくなるってことです。普通のことができなくなるし、一旦透析を始めたら、フィリピンに戻るのは死ぬ覚悟をしたときということになる、これまたお父さんにとっては大きな転機となる一日でした。

7日間の入院で様子をみるといっていましたが、退院できたとして、日本国内で住む場所なども決めなばなりませんし、いろいろと手続きが必要になりそうです。

入院の手引に従って必要なものを買い物。お年寄りの衣類といえば、ファッションセンターしまむら。好都合なことに、近所にありました。

221019shimamura

明日から透析で老廃物を除去できるからか、先生に何を食べても良いですよと言われたので、好きなステーキや、アジの開きで親族団らんの夕食。

221019lastdinner

いよいよ明日、入院と人生初かつその後長く続くかもしれない人工透析の開始です。

221019tobecontinued

という、毎日ビッグイベント満載の日本滞在中で、アニラオヴィラマグダレナはお休みを頂いております。不確定要素が出てきてしまいましたが、次回営業は11月5日の土曜日を予定しています。


脱「普通」の暮らし」への2件のフィードバック

  1. お久しぶりです。4年前まで、うちの娘が相模原協同病院で助産師をしておりました。
    うちの高知の姑も、92歳にして、透析患者のためのシャント手術をしています。透析始まるギリギリのとこで、夏を終えたという感じ。
    がんばりましょう。
    本人が楽になれたら一番ですよね。

    • お久しぶりです。なんと奇遇なご縁ですね。

      何しろコロナで面会もままならない状況なのですが、それでも安心させようとしてくれる、医療スタッフに感謝です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">