アニラオ 精一杯泳ぎました

アニラオはダイビングが盛んで、毎日毎日遠泳でオジサマをいじめる場所ではありません。念のため。

ほとんどベタ凪の日が連続して、8月最終日を迎えたアニラオです。

アニラオの朝のバンカーボート

ダイビングボートが出たあとは、昨日のダイちゃんパパさんに続き、L↔Fさんの、ダイブマスタートレーニングスタミナ評価。まずは400メートル水泳。

400メートルスイム開始

20年前、社会人になってから根性でライフセーバー資格をとった、L↔Fさん、クロールが様になっています。

400メートルスイム

2ポイントゲット。気分が悪くなるまで全力で頑張りました。800mスノーケルスイムは次回に。お疲れ様でした。

水泳終了

最近出没する巨大シンデレラウミウシの近くに、カグヤヒメウミウシ(この仮称はまだ使われているのか疑問ですが)。

カグヤヒメウミウシ

ゴンズイの群れと、おこぼれを狙うアジたち。

ゴンズイと仲間たち

仲間からはぐれたツガルチゴミノウミウシさん。

トトメレンズ写真ツガルチゴミノウミウシ

日本の図鑑によると、40mから100mに棲息するというハナツノハギ。この子は子どもですが、水深12メートル。

ハタツノハギ

ドマゲッティからきたガイドにあまり過度の期待をかけずにアニラオのマクロ修行してもらっています。フトモイハナダイのオス、指せるようになりました。写真の腕は、とりあえず映っている魚がなにか分かる程度なら合格点。

フトモイハナダイ

今日もサンセットダイブへゴー。

アニラオの夕日

ニシキテグリとサークルドドラゴネットの勘違いペア。

サークルドドラゴネットとニシキテグリ

明日から月曜日。1週間がんばろー。

にほんブログ村 写真ブログ 水中写真へ
にほんブログ村
ブログランキング参加中。
よろしかったらクリックお願いします。


アニラオ およげ! お父さん。

アニラオの今日はダイブマスター講習生のスタミナ評価でした

良い天気の週末を迎えたアニラオです。

アニラオの朝の海

リゾート前では、ダイちゃんパパさんのダイブマスター講習。継続教育ダイバーの補佐ダイブ。

ビーチエントリー

アニラオでは珍しい、フタイロハナゴイがいました。カシワハナダイも見かけたような。岩の中に隠れてしまったのを、講習中だったので出てくるの待ってられませんでしたけど、アニラオ的にはレアなもの、フロントにいてちょっと嬉しいです。

フタイロハナゴイ

ダイブマスタートレーニング、スタミナ評価の水泳のためのブイの設置・除去も手伝います。

ブイ設置

まずは800メートルスノーケルスイム。1ポイント獲得後の休憩。かなり疲れた模様。

アニラオの芝の上で休憩

で、続いての400メートル水泳。100メートル泳いで体力の限界が。。。 次回挑戦することにしました。パパさん、頑張ってください。

400メートルスイム

明日葉の園のみけちゃん。

明日葉と三毛猫

明日葉伸び放題になったので、剪定しました。食べられる葉っぱはおひたしに。

アニラオの明日葉

サンセットダイブ出しました。帰ってくる頃には真っ暗。サークルドドラゴネット、卵塊ごと撮れたようです。

夜のバンカーボート

今日の工事はこんな感じでした。


にほんブログ村 写真ブログ 水中写真へ
にほんブログ村
ブログランキング参加中。
よろしかったらクリックお願いします。


アニラオ ハナ金

休みの金曜日はアニラオでダイビング講習

朝雨でしたが、のち晴れたアニラオです。

アニラオの朝の海

本来今日は仕事日ですが、会社によってはお休みのところも。というわけで、オープンウォーターダイバートレーニングでした。

プレダイブセーフティチェック

一度体験ダイビングをされているので、講習はスムーズに進行。今日は日帰りで1日目を、残りは後日行います。ヴィラマグダレナで体験ダイビングをされた方がトレーニングに移行する場合には割引があります。

オープンウォータートレーニング

スタンダード棟の工事は2階の外壁回りを主にやっています。注文した屋根は何度もプッシュした結果、水曜日くらいには届くみたいです。まだ油断はできませんが。

スタンダード棟
にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村
ブログランキング参加中。
よろしかったらクリックお願いします。


アニラオフォトコン2014

フィリピン観光省のアニラオフォトコン、今年も実施

2013年に初めてアニラオで開催された、フィリピン観光省主催のフォトコンペティション、今年も開催されることが決まりました。

アニラオ水中フォトコン2014

政府の用意するホームページは案の定まだできていないので、実行委員の一人であるジェローム・キムさんが、Facebook上に告知ページを作りました。

https://www.facebook.com/Anilaouwphotocompetitionbydot

募集要項が英語、中国語、韓国語しかなかったので、こちらで日本語訳してメールしたら、すぐに載っけてくれました。

2014年11月27日〜30日の開催です。写真を提出しなくても、オープニング(11月27日)、クロージング(11月30日)パーティのダンスやら出し物やらは見ていて楽しいですよ。去年は日本人受賞者が1人だった(エントリは5人だけ)ので、今年はもっと日本人ダイバーに頑張ってもらいたいです。

ヴィラマグダレナも空き室はあと数室ありますので、よろしかったらご宿泊の上、コンペティションにご参加ください。

A コンペティションのクラス
オープンクラス:どんな種類のカメラでも参加可。プロのカメラマンはオープンクラスでエントリーすること。
コンデジクラス:レンズの着脱可能でないタイプのコンパクトカメラの使用者に限る。デジタル一眼、ミラーレス一眼、マイクロフォーサーズカメラは不可。

B カテゴリー
1. マクロ/スーパーマクロ:マクロレンズかクローズアップレンズを使ったマクロ写真。被写体は問わず。

2. 水中生物生態:水中生物の生態を写した写真。

3. ウミウシポートレート:ウミウシのポートレート写真。ヒラムシは不可。

4. 甲殻類ポートレート:エビ、カニ、コシオリエビなど甲殻類のポートレート写真。

5. ポートフォリオ(フィリピン観光省フォトグラファーオブザイヤー):上記4部門の総合賞。

C. 受賞者
それぞれのクラスのそれぞれのカテゴリーにつき、1位〜3位の受賞者を選ぶ。
注;それぞれの参加者は、ポートフォリオカテゴリーを含まない4つのメインカテゴリーの賞どれか一つ最も高い順位の賞だけ受賞することができる。4つのカテゴリーのどれか一つと、ポートフォリオカテゴリーの2つを受賞することはできる。

D. 参加資格
フィリピン国内、海外、プロ・アマ問わず。
参加者はどのリゾートに宿泊してもよく、アイヤナールリゾートに設置される本部に写真を提出する。
参加者は、オープンクラスかコンデジグラスのどちらかのクラス一つにしかエントリーできない。
参加者は、各カテゴリーにつき1枚だけ写真を提出できる。
2014年の11月27日〜29日に撮影された写真のみ提出することができる。
アニラオ(マビニおよびティンロイ)地域で撮影された写真に限る。
自然の環境で撮影された写真に限る。水槽などの中で撮影したものは不可。
運営サイドの人間、フィリピン観光省職員、審査員、イベントボランティアはコンペティションに参加できない。
審査員の審査に異を唱えないこと。

E. 水中生物への敬意
本コンペティションは、水中生物への最大の敬意を払うことを前提にしている。下記のようなものが映っている水中写真は自動的に受賞資格を失う。
水中環境に被害を与えるような接触をおこなっているダイバー。
水中生物が明らかにストレスを受けている。
不自然な環境に生物が置かれている。
餌付けしている。
ダイバーが生物に触っている。

F. レタッチ
撮影後のレタッチについては、以下に述べる範囲で行うことができる。
シャープ、色調補正、ゴミ除去はおこなっても良い。
トリミングは10%まで。
コピーアンドペースト、ゴミ以外の除去は不可。
レタッチ前のRAWもしくはJPEGファイルも提出すること。

G. 提出ファイルの形式
参加者は、オリジナルデータと提出のためのデータファイルの両方を提出すること。
オリジナルデータ(RAWまたはJPG)は、オリジナルのファイル名で提出すること。
提出のためのデータファイルの名前は以下の様式に従う。
<CATEGORY>_<CLASS>_<YOURNAME>.jpg
例: MACRO_OPEN_JUANDELACRUZ.jpg
MARINEBEHAVIOR_COMPACT_JUANDELACRUZ.jpg
NUDIBRANCH_OPEN_JUANDELACRUZ.jpg
CRUSTACEAN_OPEN_JUANDELACRUZ.jpg

H. コピーライト
提出された画像については、提出から2年間の使用をフィリピン観光省に認めるものとし、コンペティションの宣伝用印刷物、ウェブ、ビデオ、教育用の非営利教材等に使用される。使用にあたっては、撮影者のコピーライトを表記する。
写真内に人物がいる場合の肖像権の許可については、撮影者が責任を負う。

I. 登録
撮影を開始する前に、アイヤナールビーチアンドダイブリゾート(Aiyanar Beach and Dive Resort)で登録を行うこと。
登録時間は、2014年11月27日〜29日の午前8時〜午後6時。
登録を行う際、撮影に使うカメラを持参すること。
登録料は20米ドルもしくは1,000ペソ。
参加費者には、3日間のダイブパス(600ペソの相当)を兼ねたIDが手渡される。

J. 提出
作品の提出は、2014年11月27日〜29日の午前8時〜午後6時の間に、11月30日については午前8時〜午前10時の間にアイヤナールビーチアンドダイブリゾートで受け付ける。
提出の最終締め切りは、2014年11月30日午前10時とする。

K. 表彰
表彰式および閉会式は、アイヤナールビーチアンドダイブリゾートで2014年11月30日午後7時より行う。

今日の工事はこんな感じでした。


アニラオ シンデレラの集会

アニラオのシンデレラウミウシ

昨日雨を降らせた低気圧はなくなってしまったようで、天気回復、曇のち晴のアニラオです。

アニラオの午前の海

スタンダード棟の工事は、もっぱら外壁、内壁の仕上げ。注文した屋根が早く届いて欲しいです。

スタンダード棟

その他大勢扱いされがちなシンデレラウミウシ。本当に大勢で、4個体固まっていました。

トトメレンズ写真シンデレラウミウウシ

にほんブログ村 写真ブログ 水中写真へ
にほんブログ村
ブログランキング参加中。
よろしかったらクリックお願いします。