アニラオ 普段行かないポイント

毎度のアニラオです。

八丈島のダイブショップさんの最終ダイブ。一緒に潜ってきました。

アニラオピア、ダイブアンドトレック、マイニット左です。どこも普段行かないポイントです。

アニラオピアでは、前回寄り切れなかったブルーバードリボンゴビーに接近。
bluebared

でも、遠めに見て、尻尾に向けて赤黒くなっている個体と違うので、同じ種類かどうかはちょっとわからないです。尻尾に向けて赤黒い個体よりちょっと下にいたやつです。

アニラオピアにいっぱいのニュウドウダテハゼ。
nyudo

結構ヒレがきれいなんですよ。

スパングルドシュリンプゴビー。
spangled

海からみてピアに向かって左側が、こいつらの住処です。マジェスティックシュリンプゴビーもこのあたりに前回いたはず。

最近エントリーがピアに向かって右目なので、あがってくるときは左のほうに意識するように動くといいみたいです。

でも、安全停止中に船の碇がボコボコ見えるのは、ぶつかりはしないかとちょっと不安。

ダイブアンドトレックでは、マリア像の写真と、その下にいた踊りハゼ、オトヒメエビとか各種エビを撮ってきました。そのエビはさておいたとして、安全停止中のベラがきれいだったので。パチリ。
kazari

カザリキュウセンさんかな。

マイニット左では、キヘリヤッコがきれいだったのでパチリ。
kirei

なぜかマイニットでよく出会うカグヤヒメウミウシ。
kaguyahime

シンデレラはよくいますが、この縁がくっきり白いカグヤヒメは、マイニットでしか見たことないです。

普通にヒレナガネジリンボウ。
nejiri

マイニット左、かなりハゼ多いです。

フタホシタカノハハゼさんとか。
futahoshi

の黄色いさんとか。
kiiro

アニラオのほかのポイントではレアなレッドマージンシュリンプゴビーさん。耳なめさんが教えてくれてからも、今まで健在です。
redmargin

オニハゼさん。
onihaze

私はバブルスでしか見たことのない、ヒレをピンと立てておよぐ、こんなカレイさん。
hirame

何気に、バスラより楽しいかもです。

でも、バスラのベラパラダイスの興奮には負けますけどね。バスラのベラ度は、いずれ報告します。


アニラオ アニラオピアディープ探索

日本からのマクロフォトのゲストを迎え、今日はアニラオピアの通常行く26メートル付近より深い場所へ行ってきました。

36メートルまで。とはいっても、だらだらと下がるアニラオピア。ずいぶんな距離を泳ぐことになりました。

シルトエリアなので、多分いるだろうと思われていた、タンザクハゼ系、いました。

ブルーバードリボンゴビー。
ribon

他にもハゼいましたが、後で掲載します。

あがってきたところでは、珍しい、ウナギギンポさん。
unagi

今回はマジェスティックシュリンプゴビーには会いませんでした。アニラオピア、奥が深いです。


アニラオ バフラカメとソンブレロハナダイ

今日も海況天気良好のアニラオです。

ボートは、バフラ、ソンブレロ、マイニット、ツインロックス、カテドラル等へ。

バフラはアケボノハゼ狙いだったのですが、直前にこのカメ。
kame

アケボノハゼは2匹とも健在でした。ゲストがビデオで撮影。

ソンブレロは相変わらずのハナダイ。
hanadai

水温は26度ですが、ショーティで潜るにはちょっと早かったです。二本目寒かったです。


アニラオ 先割れハタタテハゼ

ホーリーウィークの大型連休を迎えたアニラオです。日本の春分の日の飛び石連休とも重なり、ゲスト多数で大忙しです。

ボートはあちらこちらへ。

そんな中で、こんなショット。

hatatate
背びれが先割れのハタタテハゼさん。

ソンブレロでは、相変わらずハナダイの乱舞。
hanadai

こんなウミウシさんも。
umiushi

いよいよ暑くなってきました。ウェットを背中ジッパーだけあけていると、細長く局所焼けします。お気をつけて。

写真提供ぐわぽさん、根無権さん、ありがとうございました。