モジャハギでなくてコクテンハギ

日曜日のアニラオです。昨日の午後はトラックでシークレットベイに移動してのボート乗船でしたが、今日朝までには、リゾート前で乗り降りできるくらいには回復。水温30度。

220703diverw

ひょっこりはんな、クモウツボ。

220703hyokkori

中級者前にして、こいつに目が行くとは、お目が高い、コクテンハギ。色味は地味ですが、皮弁が気になる子。写真提供スケさん。ありがとうございます。

220703kokuten

気になる生き物にはどんどん目を向けていきましょう。映像記録があると、あとで何者だったのか判別するのに役立ちます。

オープンウォーター講習組は、念のためシークレットベイに移動してから練習しました。マスクをしていて匂いが気になりませんでしたが、移動中ゲストさんに言われた、「パイナップルの臭い」。要は生ゴミの臭いです。先の統一選挙で、アニラオのあるマビニ町の現職町長は落選したのですが、6月下旬の新町長との交代前に、ゴミ収集業務を放棄するようになってしまい、アニラオの街道沿いのごみ集積所にはゴミがあふれることに。先々週から、リゾートもゴミを集積所に出さないように、村から通達が来ていたのを、ブログで紹介するのを忘れていました。

「立つ鳥跡を濁さず」に該当するタガログ語の表現ってないんですかね。今度スタッフにきいてみます。少なくとも、この無責任町長のノエル・ルイストロ氏が二度と町長に返り咲かない程度の良識を、有権者たるマビニ町民に期待します。

220703owtraining

進度違いがいらしたので私も参戦。無事追いついて。

220703owt

皆さん水深18メートルに到達。

しかし、マグダレナ前の海がシークレットベイに比べて初心者にとっては段違いに楽しい場所であることがわかる、今日の緑の18メートル。ガンガゼに刺されなかっただけ、良しとしましょうか。

土日営業無事終了。今年初のトラック出動の海況でしたが、皆さんに楽しんでいただけてよかったです。次回営業日は、7月9日10日の土日です。宿泊若干まだ空きございます。みなさんのご予約、お待ちしております。


持っててよかったトラック

土曜日営業日のアニラオです。前職で所属していたパシフィコアズールは少し北のリガヤ村にあり、波が高くなりやすい場所だったので、ジープニーをチャーターしてゲストの皆さんに頭割りで負担いただいてシークレットベイへ移動したようですが、少し南のマグダレナ前の朝イチの海は、まだボートがつけられる程度の海況。

アニラオの午前の海

というわけで、ゲストの皆さんにご足労願うこともなく、リゾート前からボート出発。水温30度。

ヤドカリに目覚めつつあるのか、水中写真初心者のスケさん。

220703yadokari

ブルースポテッドスティングレイと、ハタタテサンカクハゼ、ミナミフトスジイチモチの3人ショット。エイはよく見るやつですが、ほか2種への着眼点は渋いですねぇ。写真提供、スケさん。ありがとうございました。

220702eitohaze

体験ダイビングもリゾート前で。うねっていますが、見るべきものの少ないシークレットベイよりは、できる限りはマグダレナ前で潜っていただきたかったのです。おかげで、ウミガメと遭遇したり。オープンウォーターダイバートレーニングを受けたい!と2名様に決心していただいたりと、ガイドとゲストさんとマンツーマンだからできる業でしたね。

220702intro

ただ、午前ボートが戻ってくる昼頃には、満潮時と重なってのこの波。シークレットベイまで社用のトラックを出して、ボートダイバーの皆さんをピックアップしました。トラック所有すべしとの、奥さんの読みは、こういうことろでも生きてきます。20人程度までのゲストさんだったら、トラック一台のピストン輸送で事足りて、一往復1,500ペソのジープニー料金を頭割りでご負担いただかなくて済みます。

220702wave

体験ダイバーに付き添っていたアドバンスダイバーの打ち上がり案件に対応すべく、先日作ったメガネを流されてしまい。ジェットフィン片足とともに、後日真剣にサーチします。ロンゲさん、なかなかない経験を共有してくださり、ありがとうございました。ダイバーとして経験値かなりアップでしたね。

DCIM100GOPROGOPR1090.JPG

DCIM100GOPROGOPR1090.JPG

アドバンスドオープンウォータートレーニングと午後からのオープンウォーターダイバー組は、サージの強いハウスリーフを避けて、シークレットベイ側へ。午前中は良かったのですが、午後からは東風で波々ニゴニゴ。西のうねりと、東の風で挟み込まれたアニラオ半島でした。両サイド海況が悪くなるのは、台風直撃以外では珍しいことですね。

ランチは和風カレー。副菜のザーサイ豆腐、初出でしたが、美味しかったです。今週もワンオペキッチン担当の奥さん。ありがとうございます。明日は30食オーバーなので、もっと大変です。

220702wafucurry

夕刻には波は大分収まってきましたが、引き潮の時間帯でこの波だと、プロなら入れるけれど、初めてのナイトダイバーにはまだ危険。

220702sunset

ということで、アドバンスドオープンウォーターダイバーのナイトダイブは、リサーチした結果まともだった、ダキエダで。スマホが普及して、動画で即時海況が確認できるのは、大きなアドバンテージです。

220702night

夜はウニマグロ丼♡。泊まるものには福来たる、を実現したい奥さんのアイディアです。明日も一日、楽しみましょう。

220702unimagurodon


喜びひとしお

よく晴れた日曜営業日のアニラオです。水温30度。

220626sea

ボートが出たあとのハウスリーフでは、体験ダイビング。BCDのバルブまわりの裂け、今までは修理不能(アクアシールでも限度あり)とされていて廃棄されていたのですが、修理できる業者と出会って、この前4つ直しました。今日の体験ダイビングでも使用しましたが、今の所大丈夫です。なんでも直すフィリピン、こういうところはよいところですね。

220626intro

ウミガメにも出会える体験ダイビングで、良い思い出になりました。来月オープンウォーターダイバートレーニングに挑戦されるかもです。グッジョブな体験を演出したウミガメにご褒美あげなきゃかも。後で背中の藻掻き取ってあげるべきか。

220626introundersea

ほぼ20年ぶりのリフレッシュダイブの方と、6月上旬からトレーニングを開始されて、苦手なマスククアを自宅プールで猛練習してきた方の今日で卒業したオープンウォーターダイバートレーニング。

無事修了されました。途中挫けそうになった悔し涙も、今では良い思い出です。人より苦労されたからこそ、これからとても楽しいダイビングライフを、まわりのダイバー仲間と一緒に歩んでいってもらいたいです。

220626owfinish

修了したご本人も、トレーニングを担当した私達にとってもハッピーな昼時の日曜日のアニラオでした。次回営業日は、7月2日3日の土日です。ご予約、お待ちしております。

サボりすぎて口元の感覚を失念しすぎ、高音があまりに出せなくなっている現実に打ちのめされつつも、せめてふけるようになった曲は取り戻したいと復活の兆しを見せつつある、中年オヤジの下手の横好きトランペット。

ダイニングのSpotifyで曲名が判明した、25年以上前にフィリピンに来ていた学生時代から耳にしていた、この曲が次のターゲットです。


いつもの土曜日

営業週末の土曜日です。朝イチで、リゾート前水深80センチのあたりをウミガメがウロウロ。トレーニングでビーチダイブが予定されている皆さん、水中で会えるかも。

水温30度。宿泊は少なかったですが、日帰りでたくさんの方に来ていただき、感謝です。

アニラオの午前の海

奥さんとキッチンアシスタントに朝食作ってもらえて、幸せです。料理そのものも大変なのですが、メニューを決めるのが悩んでいる時間がある分、もやもやが続いてよりストレス。AIが決めてくれると助かる未来に期待です。

220625bf

料理を担当しなくて済む分、ダイビングの方を頑張らせていただきます。

ボートが出たあとのハウスリーフでは、体験ダイビングと、ご家族5人のオープンウォーターとジュニアオープンウォーターダイバートレーニング。

220625intro

最年少の10歳の次男くんが心配でしたが、物怖じしなくて、結果スキルは家族一番の出来。お父さんが難航しそうですが、次回続きをまた頑張りましょう。

こうやって地面に鼻面を突っ込んで一心不乱に何かを探す犬を見ると、小学生の頃に買っていた雑種のロッキーが捕まえもできないモグラの巣を掘り進んでいたのを思い出します。

220625dogs

少し薄曇りのほうが、夕日は趣があってよいですね。

220625sunset

アドバンスドオープンウォーターダイバートレーニングのナイトダイブも行いました。

220625nightdive

明日日曜日も、張り切っていきましょう。


8ポンドから4ポンド

日曜日のアニラオです。ラジオ体操で、気持ちよく一日がスタート。

220619taisou

ダイビング日和です。水温30度。

アニラオの午前の海

現状最年少のゲストさんは、御髪にプルメリア。背後に立たれるのを真剣に警戒するあたり、ゴルゴ13の素質ありです。

220619haan

ボートが出たあとのハウスリーフでは、オープンウォーターダイバートレーニング。皆さん笑顔が素敵です。

220619owt

無事18メートルまで到達。

220619owt18m

昨日に引き続き、ウミガメさん登場。もはやマグダレナのスタッフかと思えるような、連日のゲストさんへのサービス精神旺盛さよ。

220619kame

講習持ち越しダイバーさん、ウェイトも減って大分上手になってきました。あとは鬼門のマスク脱着。来週こそは、卒業目指して頑張りましょう。

エンリッチドエアダイバートレーニング。座学が基本で、1ダイブはおまけみたいなものなので、後半はスキルアップの練習に当てました。まだ20本程度の経験のゲストさんで、8ポンドのウェイト構成だったのを、このトレーニング中に4ポンドまで減らしました。

来週には、マイBCDとレギュが届くそうなので、その器材で4か6ポンドに確定できそうです。

ランチは、アジフライでした。

220619ajifry

奥さんが一手間かけた、ブルーベリーアイスが美味し。

220619blueberryice

今日の夕日は、いつもより南側が焼ける、珍しさでした。

220619sunset

次回営業日は、6月25日26日の土日です。日帰りのご予約多数で嬉しいのですが、ご宿泊用の客室まだ空きございます。ご予約お待ちしております。

土日奥さんのワンオペキッチン、充実のメニューでしたが、明日から数日の平日、私がキッチン担当。がんばります。


マスククリア頑張る

土曜日のアニラオです。マニラから日帰りのダイバーさんを受け入れて、昨日までのひっそりとは打って変わっての賑やかさです。お越しいただき、ありがたいことです。水温29〜30度。

アニラオの午前の海

ボートが出たあとのハウスリーフでは、アドバンスドオープンウォーターダイバーと先週から持ち越しのオープンウォーターダイバートレーニングと体験ダイビング。

220618trainign

できたりできなかったりの苦手なマスククリア。家でも自習できるように、シャワーで水をいれて、口を閉じないように(口を閉じていれば鼻から息出せるのです)スノーケルを咥えてからクリアする練習。

220618maskclearing

水の量が少ないと問題なくできるのですが、全部水が入っていると抜けないのは、新調したマスクがハイボリュームで水の量が多いからかもと、心配するダイブショップスタッフの意見でした。

今週スタートのオープンウォーターダイバー組は、運良くウミガメに遭遇。しかし浅くて、水深2mくらい。

220618kame

浮上時にはBCDのインフレートボタンを押してはだめです。泳いで上がります。自分の吐いた小さい泡を追い抜かさない程度の浮上速度が、ゆっくりで安全おすすめです。

アドバンスドオープンウォーターダイバートレーニングのナイトダイブ。

220618nightdive

薄暗いうちからエントリーして、暗くなってからエキジットしてきた様が、夕焼けのタイムラプスに記録されていましたね。

今期最後といってからまだ数回入荷しているフィリピン近海産本マグロ。この本マグロ丼でホンマに最後となりますかね? いやしかし、美味かったです。

220618dinnermenue

明日も楽しんでいきましょう。


アンギュラーだ撃て撃て

平日ですが、営業日。嬉しいことに、日本からのゲストさんをお迎えしています。初めてお会いした頃は1,800本くらいだったのが、今は経験本数2,500本前後。ベテランさんです。朝のラジオ体操、ピッタリ時間通りに始まらないので、あわや自分の音源をかけて始められるところでした。

220616taisou

良い天気ですが、雨季のためか、すこししっとりしています。大潮なのもあって、透視度良好。水温29〜30度。

220616sea

激流でしたが、ホウセキカサゴ登場。写真提供、おG3さん。ありがとうございました。

220615houseki

午後のダイビングは、先日セブのアクエリアスダイバーズの衣さんが見たアンギュラーフェアリーラスが見たいというリクエストを受けて、最寄りのベラポイントへ。

図鑑で予習して、水の中での観察・撮影方法などをブリーフィングしてから出発。

肉眼にしっかり焼き付けましたが、近距離婚姻色のベストタイミングでもコンデジでの撮影はなかなか難しいのがベラ。GBMで音声消えていますが、「そこだー、うてー、押せー、あ゛ー」などと叫んで必要以上に興奮かつエア消費が多いダイビングでした。

混泳しているクジャクベラの方は撮れました。写真提供、きょーこさん。ありがとうございました。

220615kujaku

アカメハゼ。更に老眼が進んでいるようで、ピントが甘かったです。老眼克服には、それになれることと、これまでより10%程長く粘って撮る必要があると確認。

220615akame

つい先程アニラオのガイドがSNSにアンギュラーの写真がアップしているのを見ました。「こんなに美しいのがいるのを知らなかったでしょう」と彼のゲストに伝えたかったのでしょうが、日本のベラブームはずっと昔に盛り上がりはピークだったという、ダイビングの世界でもガラパゴスだった事実を、彼らは知らない。

土地登記所の役人さんがきました。脳梗塞の後遺症らしく、片足を引きずってマグダレナの急坂を上り下りされていました。医療へのアクセスの悪いフィリピンで、命落とさず後遺症があるももの仕事を続けている幸運を羨ましく思います。

220615yakunin

あくまで土地の確認で、上モノのリゾートの評価に来たのではないのですが、「とても良いリゾートですね。今度家族を連れてきたいです」との言葉。少し嬉しいです。

220615misoshirujunbi

普段の奥さんのスタッフ教育のおかげで、夕食のメニューを書いておいたら、使う野菜の皮が剥いておいてあってびっくり。この数日だけ、私が料理担当です。

220615tunastake

本マグロのトロステーキ、美味しくできました。難を言えば、味が濃いめだったので、ご飯が進みすぎること。中年や老年には、レシピより醤油の割合を減らすべきでしたφ(..)メモメモ。


明るい月

日曜営業日。朝のラジオ体操で体を目覚めさせます。

220612taisou

朝のチャウダー、アサリの風味がしっかり効いていて、かなり美味しかったです。

220612chauder

ボート出発時はなかなかの天気でした。天気予報でいっている雷雨は、来るのか来ないのか。水温29〜30度。

220612sea

ディープ組は、アケボノハゼ。写真提供居酒屋川崎さん、ありがとうございました。

220612akebono

それほど深くない組はピグミーシーホース。

220612pigmi

こういうイメージ的な画も好きです。多分まぐれで撮れた流し撮りだと思いますけど。写真提供、アドボンさん、ありがとうございました。

220612nagashi

ボートが出たあとのハウスリーフでは、体験ダイビング。3人中2名様が泳ぎ達者で、すぐにでもオープンウォーターダイバーコースを終えられそうな水中での安定感でした。近いうちの受講、お待ちしております。

220612taiken

オープンウォーターダイバートレーニング組も、無事18メートル到達。しかし、18メートルからの直接浮上はサインだけにしておきましょう。

220612owt

アボカドに大根おろしは、結構合うことがわかったランチ。先日潰した花椒、ここで麻婆豆腐に投入でした。

220612mabo

午後になってのスコール。ちょうど午後ボート組の潜っている間に降って、水面休息のころにはあがっていました。小一時間でも、雷雨は雷雨。天気予報の全くのハズレとはいいません。

次の任地の国が決まって、アニラオでのダイビングはしばらくお預けになるのだそう。新任地での安全をカテドラルの十字架の前で祈願ですかね?

220612cathdral

満月が近づいてきて、明るい月。週末は今季3度めのサンゴの産卵があるのか、調査ナイトダイブを行います。1シーズンに3回もチャンスがあるとしたら、来年以降有望ですね。どうなるでしょう。楽しみです。

220612moon


出国前検査証明書簡素化

良い天気の週末営業日のアニラオです。水温29〜30度。大分ぬるくなってきました。

アニラオの午前の海

イングリッシュマフィンが出てくると、とりあえずおかずを全部挟み込んでしまいたくなります。

220611bf

折れ曲がり過ぎなうつぼさん。

220611utsubo

アニラオではよく見るほうの、シンデレラウミウシさん。写真提供アドボンさん。ありがとうございました。

220611umiushi

ボートが出たあとのハウスリーフでは、オープンウォーターダイバートレーニングと、体験ダイビング。

220611owt

ほんの短い時間でも上達する、人間の学習能力ってすごいです。

ランチの茶そば。グルタミン酸とイノシン酸とグアニル酸を発見した人、すごい。

220611chasoba

夕日のタイムラプスを手持ちで始めてしまったDJNaさん。椅子とサンミゲルライト差し入れました。暗くなるまで撮ろうと思うと、結構な長時間です。

220611sunset

賢い人は、置いて撮りましょう。

夜のウニ丼。ウニがマニラでもずっと品薄だったのが、ここにきて入荷されました。昔に比べれば2.5倍に価格インフレしていますが、それでもまだリーズナブル。

220611unidon

この前の本マグロ丼といい、今回のウニ丼といい、フィリピン人コックのキッチンでは出せなかったものが、奥さんワンオペキッチンだと出るようになったのは、不幸中の幸いといいましょうか。

昨日の6月10日からの変更で、フィリピン出国前72時間以内のPCR検査結果の書式(出国前検査証明書)が簡素化されました。厚生労働省が定める、必要な項目は、以下の7項目。

(1)氏名
(2)生年月日
(3)検査法
(4)採取検体
(5)検体採取日時
(6)検査結果
(7)医療機関名
(8)交付年月日

220610pcrsample

アニラオ近郊のラボから送られてくる検査結果が以下(1〜7の該当箇所をハイライトしました)のようなものなので、これまでのように別途別料金で指定の書式に記入してもらわなくても、日本国政府としては文句を言わないということになりました。心配な方は、これまで通り、指定の書式も追加で発行してもらえるようにアレンジ可能です。

次の目標は、ラボまで行かずに、係員にリゾートに来てもらって検体採取してもらうサービスが可能かどうかです。ただこれも、来ると行ってこないリスクがあるので、本当は窓口が確実に空いている時間にこちらから出向くほうが事故が少ない気がするのですけどね。

なにはともあれ、完全緩和までもう一歩。明るい未来を期待しつつ、明日も一日頑張っていきましょう。


かっぱえびせんはやっぱりカルビー

日曜営業日。ラジオ体操から始まる朝。一生懸命やると、じっとり汗かくくらいの運動量はあります。脂肪燃焼より、目覚めの効果に期待。

220605taisou

本物のベーコンエッグマフィン? 流石にマフィンは自家で焼いていませんが、ベーコンと目玉焼きを挟んでかぶりつけば、バターのコクも合わせて朝から幸せ。

220605eggmaffine

シェラは旦那のミンドロ島に帰っていていないし、パートで来るはずの出戻りジョジリンも子どもが熱で来ないので、ダイニングはジェラルディンのワンオペに。で、ピンチヒッターがダイブショップ掛け持ちのバビー。

220605bobby

エプロンと雰囲気のチグハグ感が可愛らしいです。途中マービンもダイニング参戦で、マグダレナ、全員野球で週末営業中です。

今日もダイビング日和。バラクーダなどのロングフィン組は、やっとフィンに慣れてきたので、中級コースのラヤググバフラへ。激流ではなかったですが、そこそこ流れに負けないロングフィン。楽しみが増えますね。

220605sea

ボートが出たあとのハウスリーフでは、オープンウォーターダイバートレーニング。レギュに加えて、マスクも押さえられたら満点でしたね。昨日怖かったのからすると、大きな前進が見られました。次回で仕上げていきましょう。

220605owt

ランチの茶そば。長芋は日本産を使いました。通常出汁に加えて、キノコのグアニル酸も加わったスープ。飲み干し必須でした。

220605chasoba

日曜日、ゲストさんが帰られたあとのスタッフミーティング。かねてから奥さんと画策していた、日・韓・比のかっぱえびせん食べ比べ。サイズがちょっとずつ違います。

220605ebisen

フィリピン代表OishiのPrawn Crackers、韓国代表農心のセウカン(読みが正しいか不明)、そして日本代表にして元祖のカルビーかっぱえびせん。この順番でスタッフに試食してもらいました。

味付けが一番濃いのが、Oishi。ただ3つ食べ比べてもう一度Oishiに戻ると、塩気の奥にいる変な甘ったるさが気になります。スタッフ曰く、うま味調味料味(現地ではベッチンといいます)。確かに。

Oishiのあとに食べた韓国代表セウカン。味がない。タガログ語では味が薄いのを、Mataban(マタバン)といいます。スタッフの口からも相次いで、「マタバン。。。」。いいとこなしではないですか。

で、本家かっぱえびせん。塩味はセウカンより上で、Oishiより下。単品で食べれば丁度よいのですが、食べ比べをしていると、強い味のOishiに引けをとる感が一瞬あるのですが、フィリピン人の舌にも明らかにわかる、エビの風味が一番強いのが、このかっぱえびせんでした。

細いのや太いの、硬いのや柔らかいのが混じっているOishiやセウカンにくらべて、一本一本の整形が均一なのに加えて、ちゃんとエビを使ってエビの味を出している、かっぱえびせんは、元祖にして始祖、今後も安心のクオリティで、味のわかる人間に対して絶対王者として君臨してもらいたいものです。

結局エビ好きのマービンが抱えて食べることに。ちなみに、甲殻類アレルギーのガイドのロナルド、気を使って「食べ比べしなくても良いよ」といったのですが、「これくらいは大丈夫」ということで、参加でした。

各国えびせんの違いのわかるようになった、マグダレナのスタッフが皆さんをお迎えするのは、来週末の6月11日12日と、すでに日本からの来客の決まっている、6月15日〜23日の平日を含んだ週末です。皆様のご予約、お待ちしております。