フンガトンガ・フンガハアパイ

日曜営業日のアニラオ。朝起きてのSNS第一報が、トンガで起きた海底火山による津波の懸念。日本のダイビングや釣り関係者は、津波警報が解除されるまで営業できないとどこも足並みを揃えていました。

噴火した、フンガトンガ・フンガハアパイ火山って、怪物くんのフランケンみたいでガンスね。長くて何となく覚える外国の地名、スリジャヤワルダナプラコッテに次いで、脳内に残りそうです。

フィリピン火山地震研究所(PHIVOLCS: Philippines Institute of Volcanology and Seismology)のサイトで確認すると、11日のアリューシャン列島震源の地震による津波については記述がありましたが、今回のトンガのものについてはなし。

220116tsunami

日本の太平洋側で潮位の上昇が観測されたくらいなので、距離がもっと近いフィリピンの太平洋側でも何かが起こっていてもおかしくはないのですが、誰も警告を発していないのどかさでした。アニラオはとくに西側を向いているので、更に何もなし。もちろん被害もありませんでした。ご心配してくださった皆さん、ありがとうございます。

朝ひと悶着あった津波情報収集後の朝食は、和食寄りのメニューでした。雑魚に大葉のおにぎりって、大葉が入手困難なフィリピンではかなり貴重です。

220116bf

穏やかな海へ出港するボート。

220116sea

ボートが出た後のハウスリーフでは、珍しくフィリピン人のカップルさんが体験ダイビング。到着も出発も日本人スケジュールの2時間あとというのんびりさが、いかにもです。

220116intro

どうして日系の弊社を選んだのかと聞くと、以前マグダレナがロケで使われたローカル局のダイビング番組のThe Diveを観たからだというお答え。

いつの間にか、日本語字幕版ができていたので、貼っておきますね。設定アイコンから字幕>日本語を選ぶと表示されます。英語の部分はまぁ良いですが、タガログ部分の翻訳は怪しいものですが。

お昼は牛丼に味噌汁と、口にあうか心配でしたが、ちゃんと堪能されていました。

220116lunch

昨日ナイトロックスをつめているときに不調になった第一コンプレッサー。すぐにテクニシャンに連絡がついて本日来てもらえて、第三ピストンのパーツ交換でなおったのはよかったですが、支払いが憂鬱です。。。。ちゃんと払いますよ。ちゃんと。

220116compressor

風邪状の症状を呈する病気(多分コロナオミクロン)が流行りすぎていて、町の薬局で風邪薬が買えないとスタッフがいっていたので、備蓄していた風邪薬をミーティングで配布しました。週が開けてマニラに戻ったらまた買っておかないと。

次回営業予定日は1月22日23日の土日です。ご利用、お待ちしております。


カダンカダンカダン♪

オミクロン株爆発中で、出控えの空気の色濃い週末のアニラオ。逆境を乗り越えてお越しいただいた皆さん、ありがとうございます。

アニラオの午前の海

水温26度。透視度良好。少し風は強めです。

ボートが出た後のハウスリーフでは、アドバンスドオープンウォーターダイバートレーニング。まずは陸上でコンパスとにらめっこ。

220115aowt

グマメラルームの前のハイビスカスの葉にうどんこ病発見。カビの一種なので、涼しい時期にあらわれる病気といわれて納得の、連日の涼しさです。

220115udonkobyo

うどんこ病という植物の病気があるのを知ったのは、子どもの頃流れていたフマキラーの「カダン」のCMによってでした。今更ながらカダンって、商品名だったんですね。お花を大切に〜♫

今もバージョンアップして売られているのだそうです。アニラオでは手にはいりませんので、酢を20倍に希釈して散布してみました。短い時間の経過観察に過ぎませんが、効いているように思います。

220115susanpu

ランチはカレーライス。

220115lunch

夕日を見ながらの足マッサージは気持ちがいいですね。

220115massage

日中は風が強くても、朝夕は凪。この日没シーンの後、アドバンスドオープンウォーターダイバーのナイトダイブへ。

220115sunset

日中は縮まっている、夜行性のイソギンチャク。透き通って美しいですが、触れるとかなり痛いので、要注意です。

220115isogin

頭隠して尻隠さずの申し子といえば、アカモンガラ。しっぽに落書きしてしまいたいです。

220115akamongara

夜のタイマイ。ストロボ光らすより、ライトで撮影したほうがナイトダイブっぽくなって好きです。

220115kame

次回営業日は1月22日23日の土日です。ソーシャルディスタンスは十分とれるアクティビティがダイビングですので、会社で外出が禁止されていなくて、自然の癒やしをお求めの皆さんのご利用を、スタッフ一同お待ちしております。


カエルアンコウ艦隊

1月2日日曜日のアニラオです。コロナ前だったら、成人の日ぐらいまでぶっ通しで日本からのゲストさんで賑わっていたのですが、今日日曜日で、とりあえず週末を絡めた年末年始の営業最終日です。フィリピンでは、日系企業でも割とフィリピンカレンダー通りで、明日3日(月)から始業がもっぱら多いです。

アニラオの午前の海

昨日はお休みしていた、自身のファンダイブへのアテンド。ファンダイブ潜り初めです。行き先は、アニラオを代表する島のソンブレロポイント。しかも、そこから、ベアトリス1まで流します。じっくりマクロ写真ではしないルートですが、エア・水深・泳力管理では、良きポイント。私もなにげに久しぶりのルートです。

ソンブレロの南寄りエントリーポイントから、ベアトリス1のエキジットまで、400メートル弱。結構泳ぎます。

エキジットのベアトリスについてからの、オオモンカエルアンコウ3匹飛行。泳いでいる様も珍しいですが、3匹揃っては、なかなかお目にかかれないシーンです。発見者としては、ブーブー鳴らして、ガン呼びでした。

多分、色違いの子が女の子で、フェロモンに呼ばれてか、灰色の男子2匹が追っかけの様相。粘りきればもしや産卵シーンも有りかと思いますが、長距離泳いだ後半、エアも心もとないグループの安全重視で、リーフトップへ。

流れるベアトリスの予想を裏切らない、リーフトップは程よいそよ潮。

カレントフック持っているのに使っていないDukeさんに、初めて使用してもらいました。

ちゃんとした死んだサンゴの穴にしっかり突っ込んでから、BCに少し空気を入れて、ピンと張るのが作法です。

緩んでいたら、体育会系ダイバーに外されてしまって、「あれあれー」と飛んでいってしまったのは、古き良き時代の記憶。

初めてのカレントフック利用でも、タンクバルブで他のダイバーに休まれてしまう可能性は、常にあり。

普段あまり行かないポイントシリーズということで、ミニログにも。ショートウォールの下にはカニハゼさん。

220102kanihaze

ベニハゼ、イソハゼ系の宝庫です。

220102shirohaze

巨大なイッポンテグリも登場。

220102ipponteguri

エントリーとエキジットポイントの違った1本目とは違い、停泊したボートにもどって来れるポイントだったので、持っていったダイヤモンドリーフを、安全停止をとるあたりに設置。

220102diamond

安全停止中に中性浮力と、バックワーズキックの練習ができるようにです。後ろ向きに泳ぐのは、結構な本数を潜られているダイバーさんでも、意識して練習しないとできるようにならないので、是非挑戦してみてください。被写体と詰めすぎたときに回れ右しなくても後ろに戻れるのは、水中写真やビデオ撮影時にとても便利です。

昨日から設置の書き初めコーナー。みなさん続々参加されています。単身赴任でマニラで頑張るお父さんたち、春先の家族との合流が待ち遠しいのです。

220102kaitemasu

1月いっぱいは書き初め可能ですので、次回いらっしゃったときにご参加いただけますと、幸いです。1月の営業予定日は、8日9日、15日16日、22日23日、29日30日です。皆様のご利用、お待ちしております。

220102kakizome


本年もどうぞよろしくお願いいたします

2022年の朝を迎えたアニラオです。本年もどうぞよろしくお願いいたします。日本のみなさんとも、今年こそはお会いしたいです。

昨晩0時過ぎまで頑張ったスタッフ、いつもどおりの5時始業。褒めすぎると図に乗るので、控えめの感謝で。

220101radio

奥さんが昆布と鰹節の出汁で用意してくれた、朝食のお雑煮。盛り付けも、サンプル通りに女の子スタッフが器用さを発揮。

220101ozouni

年末年始は曇りがちか小雨が降ることが多々ありますが、元日ダイブは晴天の下出発。水温26〜27度。

220101sea

新年初日なので、アニラオの生き物を代表して、ウミウシの出初式。はっ。今年一年、海の中でみなさんの来訪をお待ちしております。

220101umiushidezome

ボートが出た後のハウスリーフでは、2022年の認定ダイバー1号。オープンウォーターダイバーおめでとうございます。

220101owt

1月上旬限定の書き初めコーナー設置しました。初(ぞ)めもなにも、筆を持つのは1年に一度だけかもしれませんが、季節感のメリハリの少ないフィリイピンでの日本人DNAを呼び覚ます新年の抱負を考える時間確保のために、どうぞ、ご利用ください。

220101kakizome

字が汚いことで有名な私にしては、自分の手が書いたとは思えない出来の本年の抱負「きじんへんじん」。喜びを感じ、喜びを与え、平等に人と接し、平安を生む人でありたいものです。小学生の頃に母に蹴り飛ばされながら筆を構えた記憶が懐かしく蘇ります。大人になってから愛読した河合克敏先生の書道漫画『とめはねっ! 鈴里高校書道部』での書道イロハも思い出しながら。

きっかけがないとログインしないFortnite(アカウントはanilaomagdalena)の元旦のビクロイ。多分ログインは3週間ぶりか。

220101victory

正々堂々でなくても、漁夫の利でも、生き残れる一年を過ごしていきたいですね。


ありがとう2021年

2021年最後の日。今日も元気に潜るアニラオです。水温26〜27度。

アニラオの午前の海

今年後半は、マニラダイバーさんのフォト熱が高くなってきたシーズンでした。岩陰にフォトジェニックなベニハゼ系もぜひ狙っていただきたいです。

211231haze

大人の階段のーぼるー、藍染ふうのハナヒゲウツボさん。写真提供15年ものの一眼愛機使いのKazuさん。ありがとうございました。

211231hanahige

ボートが出た後のハウスリーフでは、オープンウォーターダイバートレーニング。

211231owt

太陽熱風呂から出られないの図。そろそろ薄いので良いのでフードが欲しい季節です。

211231furo

大晦日のランチは、エリンギハヤシライスでした。

211231lunch

良さげな夕焼けでのいち日の締め。来年も色々あるでしょうが、凹まず楽しく過ごしていけたらと思います。コロナで行動不自由な中、アニラオヴィラマグダレナをご利用くださった皆さん、ありがとうございました。

211231sunset

夜10時から年越しそば。

211231soba

と、年越しバーベキュー。本当にフィリピン式だと、日付が変わった深夜から食すのですが、明日も潜りますので、そばの後のタイミングでいただきました。

211231bbq

スタッフも合流。コロナだったり、フィリピン行政のいじめだったり、暗くなりがちな毎日ですが、こういう屈託の無さは、このスタッフと一緒に働いていてありがたいことです。至らないところも多々ありますが、来年もよろしくお願いいたします。

211231staff

年越しの爆竹。コロナで収入減なので、例年の3分の1程度の規模ですが、花火で厄払い。去年が完全クローズだったことを考えると、復活に向かって一歩前進です。


感謝です

ちょい曇りの朝のアニラオ。海の透視度は、昨日に引き続き良好です。水温28度。

アニラオの午前の海

最近覗く人のいなかった、ホヤの中。世の中コロナでも、きちんといますよ、タルマワシ(ダンゴムシタイプ)。写真提供まるすさん、ありがとうございます。

211226dangomushi

ボートが出た後のハウスリーフでは、オープンウォーターダイバートレーニング。

211226owt

最後のトレーニングダイブ、流れが早かったです。でも、無事修了できてよかったです。

211226diver
211226bcd

冷えた体に染み入るのは、ランチのカレーうどん。昆布の出汁がいい仕事してくれたみたいです。

211226lunch

クリスマス休暇で、マニラからお越し頂いた皆さん、ありがとうございました。喜んでいただいて、スタッフ一同やりがいを感じる連休でした。

笑顔をうめる活動に従事できて幸せでした。この連休の売上の一部、今も電気飲料水に困っているビサヤ地方の台風22号の被災者の方々への寄付に回させていただきたいと思います。

次回営業日は、12月30日〜1月2日の4日間。準備のためにマニラに戻るのですが、クリスマス連休最終日を甘くみていましたの大渋滞。マニラ着に要した時間、4時間30分と2時間増しでした。

211226road


透視度良好

メリークリスマスのアニラオ。水温12月の暮れにしては、例年より高めのまだ28度です。

アニラオの午前の海

教会にいけないかわりといってはなんですが、カテドラルの十字架詣でのダイバーさんたち。写真提供DMハマーさん。ありがとうございます。

211225cathedral

40メートルより浅いところにはいなくなって久しいアケボノハゼ。今のところ、テックダイバーだけが挨拶に行けています。

211225akebono

シンクロナイズド、カニハゼさん。写真提供、まるすさん。ありがとうございます。

211225kanihaze

ボートが出た後のハウスリーフでは、オープンウォーターダイバートレーニング。

マニラオープンウォーターダイバートレーニング

海側も島側も透視度良好です。オープンウォーターダイバー中性浮力練習中。

211225diver

明日は連休最終日。明日もよいダイビングができますように。


アニラオ一周25キロ

クリスマスイブのアニラオです。水温28度。天気良好。ダイニングのBGMはクリスマスソング。

アニラオの午前の海

スヌート撮影のヘリゴイシウツボ。

アニラオヘリゴイシウツボ

コンデジ写真中級者で、スヌート撮影に興味のある方、いけない薬みたいな名前ですが、LSD(Light Shaping Device)レンタルできますのでお声がけください。両手を使いますので中性浮力と、呼吸による上下の位置微調整、ファインダー越しのスヌート位置確認など、ダイビング力もアップすること間違いなしです。

211224lsd

ボートが出た後のハウスリーフでは、体験ダイビング。

211224intro

マニラ在住の自転車も趣味の方が、ダイビング後の午後をつかってアニラオ半島一周の旅に。25キロを走られた感想は、「道、最高でした」。海を褒められることはこれまであったのですが、道を褒められたのは初めてです。アニラオ、どうやら海だけでなく道もおすすめな事がわかりました。

211224bike

曰く、
・9割型がアスファルト舗装で、滑らないのが良い。(フィリピンではスリップしやすいコンクリート舗装の道が田舎に行くほど多いのです。)
・適度にチャレンジングなアップダウン。
・車の交通が少ないのも○。
とのこと。

レンタルをするなら、ロードバイクよりは、登攀に適したマウテンバイクのほうが良いかもとも。将来的には、有りなのかしら。

今日も良い夕日でした。漢3人、仲良く撮影。

211224sunset

メリークリスマス。みなさんに幸あれかし🙏


ヤモリの卵

12月に入って朝夕涼しいアニラオです。朝のラジオ体操は冷たい空気の中で体が温まって気持ちが良いですね。

211212taisou

小雨の降る朝でしたが、正午に向かって天気は回復。水温28度。

211212sea

ロナルドが2021年アニラオフォトコンに提出した写真の被写体に選んだ、ハウスリーフのアカメハゼ。少し遠いですが行けない距離ではないので挨拶してきました。途中立派なテーブルサンゴもあるので、道中暇ではないです。

アニラオアカメハゼ

TG6+デジタルテレコン。小さいものもある程度とれるので、画質はともかく、水中マクロ撮影には満足な構成です。

アニラオカンザシヤドカリ

2日間ダイビングを満喫されたご家族の置き土産は、10歳のジュニアダイバー画伯の描いた、今回出会った思い出深い魚のスケッチでした。かなりうまいですね。次回は来年1月のご来店になりそうですが、そのときもたくさんの発見と驚きのあるダイビングになるといいなぁ。

211212uminoe

珍しく日曜日スタートのオープンウォーターダイバートレーニング。続きは来週行いますが、とてもお上手なので、このまま問題なく認定できそうです。

211212owt

ランチは牛丼。思いの外汁だくだったのが嬉しい驚きでした。

アニラオ牛丼

新作のコーヒー白玉のアフォガート。本来はバニラアイスにコーヒーなどの液体をかけたデザートのことらしいですが、とにかく人生新出ワードでした。新しい美味しい料理を準備してくれるキッチン監督の奥さんに感謝です。ん、ということは、居酒屋川崎さんでメニュー化された、バニラアイスの泡盛がけもアフォガートの一種ということになりますね。

211212dessert

キッチンが忙しくてしばらく潜っていない奥さんのレギュレーターをマービンがオーバーホール。使っていなくても経年劣化によるサビなど、メンテしなければならないです。

211212regulator

そして、まさかのセカンドステージ内部にヤモリの卵。自然豊かなアニラオでは、都会のマニラとは違うびっくりが潜んでいます。

211212botekiegg

12月営業日は、18日19日、23日~26日、30日~1月2日です。まだご宿泊枠日帰り枠ともに空きございます。マニラ近郊でクリスマスと年末をお過ごしの方、アニラオでのプチバケーションも一つの選択肢に加えていただけますと幸いです。


アニラオフォトコン受賞を目指す第一歩

マニラ活動日。今日は、昨日の夕方に発表された、2018年以来3年ぶり開催のアニラオフォトコン受賞作品についての雑感と、受賞作品とマニラの弊社ご利用のフォトダイバーの作品との差を埋めるのに何が必要かを考えてみたいと思います。

フォトコン受賞作品はこちら。

審査員が選ぶものなので、「なんでこれが?」という疑問が湧くのは、どのフォトコンでもあることですが、その中で、難しいシーンを撮ったなと思ったのが、以下の3点でした。

オープンクラス、フィッシュポートレート部門1位のデニス(去年亡くなったロミーの弟で、インストラクタージュンジュンのオジ)の写真。

211206denishatatate

アニラオフォトコン常連で何度も優勝しているので、本来は審査員枠で参加すべきところが、なぜかそういう政治力は発揮できていない(なにか問題があるのですかね)のか、今回も参加者としての関わり。以前アケボノハゼの似たような構図の作品で受賞していますが、今回はもう少し浅めのハタタテハゼのアクビシーンで受賞。

大きくトリミングできないルールで、近づくと巣穴に隠れてしまう浮遊系のハゼを画角いっぱいに撮影するのには、度胸のある個体を探す技術と、寄る技術と、引っ込めない技術が必要。それにくわえて、アクビを出すまでの兆候を見逃さない観察力と、その瞬間を逃さないトリガー力が必要です。アクビシーンを撮るには、1)カメラを構える前にアクビのタイミングを観察すること 2)ストロボなどの撮影時にかかるストレスがアクションの引き金になる場合は、それに早く気づいて、それを駆使しながらアクビを促す ことが必要になります。

コンデジクラスの水中生態部門3位のエビのハッチアウトシーン。これはシーンそのものに遭遇するのがレア。2位のクソみたいなゴンズイ集合写真よりずっと素晴らしいと思うのですが、審査員には逆らえません。

2112063rdmbe

コンデジクラスのフィッシュポートレート部門1位のテーラーズガーデンイール。穴に引っ込まないように、支持棒などを差し込んで(亡くなったベスが得意でした)巣穴の奥を潰してから撮影しているはずですが、審査員はそのあたりの生物虐待には目をつぶっているので、被写体をとりやすくする必要な措置はすべき(でもそのシーンを人に見られては絶対ダメ)という教訓を残してくれる作品です。

2112061stfsh

この3点に加えて、もう一つ特筆すべきだったのが、オープンクラスのウミウシポートレートの2位と3位の作品。黒抜き以外の背景(特に3位のは開放気味でのボケを使った撮影)で選ばれている点。1位がスヌート黒抜きなので、黒抜き優位はあるにしても、絶対黒抜きでなければいけないという程でもないことを示唆しています。

211206nudi

以上の特筆すべき作品を見た上で、その他の作品について総評すると、本当に審査員の好みの問題で、ある程度画角いっぱいに被写体が写っていて、かつピントがあって撮影できていれば誰にでも入賞のチャンスがあったものばかりでした。

以上を踏まえて、今回マニラから参加されたゲストさんの課題は、
1)自分のカメラでできる画角いっぱいに、ピントを合わせて撮れる
2)自分の狙ったアングルで撮れる

の2点だと思います。

特に、コンデジをお使いの方は、ワイドもマクロも撮れるカメラセットで臨まれたので、ワイド撮影時には有効でも、マクロ時にはアクセサリーが邪魔をしてカメラの取り回しが悪くてベストの構図と距離にカメラを置けなかった様子が見て取れました。

私を含むコンデジでTG利用者にとっては、どの被写体にマクロモード(実際には、水中マクロモードではなくて、Pモードで各値を設定したてズーム寄りに調整した状態)を使い、どの被写体に顕微鏡モード(こちらも、水中モードの顕微鏡ではなくて、顕微鏡モードでISOなどを固定した条件でCボタンに登録した状態)を使うかの線引も大切なスキルになると思いました。

1デジ・ミーラレスユーザーは、自前のレンズで最短距離で何が画角いっぱいに撮れるのかの把握からスタートする(これ、1デジマクロの最初の撮影基本スキル)のが良いと思います。それ以前に、カメラの設定を最適化するのも大切です。撮影に必要な最低限の装備構成と、本体設定。日本などでフォトレッスンを真面目に受講したときの、最初に使われる、陸での長い時間がこれに割り当てられていたのを、思い出しました。

ゴミ取りなどのポストエディングは必須で、水中写真撮影のガイディングに生活の糧を得ているデニスはさすがで、完全にゴミを除去して提出しています。ほかの人の受賞作は必ずしもゴミ取りはしていませんが、受賞作品はフィリピン観光省のプロモーションにも将来使われる可能性があって、その際には不要なゴミは完全に除去されるはずであることを考えると、受賞にゴミ取りは必要であると考えられます。

というわけで、マニラフォトダイバーの課題その3)は、ポストエディティングです。仕事で使うのでAdobeのサブスクリプションサービスを私は使っているのですが、一般ユーザーには無料アプリでのレタッチ(かつRawファイルも扱えるものが)好ましいです。以下のリンク(https://pic-sta.net/raw-freesoftware/)のなかから、良いアプリがあったら、紹介してみたいですね。

水中生物を写真に収めたいという好奇心ある通常の撮影は、それはそれで楽しいものです。その一方で、人が見たときに「お!」となる写真を撮るには、すぐに被写体をカメラに向けないで、
・どのシーンを撮りたいのか。
・どの角度で撮りたいのか。
・持っているカメラは狙いたい画角が撮影できるものなのか。
・どんなライティングでとりたいのか。
・アニラオフォトコンに関しては、絞りは絞り気味が好まれるので、開けた作風にするときの絞りはどうするのかについては、考えなくてもよいかも。もう数年は(いっそのこと、日本人の好む、ふわっとした作風は本来ガラパゴス的嗜好で、アニラオで審査員をする人間の多数に好まれるその日はついぞこないかも)。
 などを考慮しながら撮影していくと良いと思います。一朝一夕で身につくものでは、もちろんないですが、そういうマインドセットにすることは、今からでもできそうです。関心のある方、お声がけくださいませ。

そんなフォトコンの終わった昨日12月5日は、日本の映画史上最高の売上を叩き出した、『鬼滅の刃 無限列車編』のその後のストーリーをつなぐ『鬼滅の刃 遊郭編』がTVシリーズで放送開始されたとのこと。主題歌の担当がLisaからAimerに変わりましたが、これはこれでなかなか格好がいいです。見るチャンスがあったら、運動のともに観ようと思います。

211206kimetsu

目指せ天界といっとき頑張っていたものの、最近は最低限の挨拶程度にしかログインしていない、スマホに唯一入っている稼働ゲームの、クラッシュロワイヤル。昨日世界大会が終わったと今日になって知り、第5回目の大会にして、日本人が優勝したとのこと。17歳のMugi選手、優勝賞金2,200万円(20万ドル)って、すごいです。

2019年世界大会で優勝賞金が3,000万ドル(これも優勝者は16歳。3億円ゲット)だったFortniteといい、賞金に目がくらんだわけではないけれど、メジャーなゲームにはMagdalenaを含むプレイヤー名で参加をして、あわよくばメジャーになってアニラオに来てくれるダイバーが増えればいいなぁなどと思っていたりもしましたが、対して強くもならないので、そういうわけにもいかないのは、よくある話でした。