レッツベイルアーウト

流れの強いアニラオです。さすが夏至に近い大潮。水温29度。

アニラオの午前の海

ボートの出たあとのリゾートではダイブマスタートレーニング大詰め。レギュレーターの内部構造の理解と掃除のしかた。

190518kizaimaintain

コンプレッサーの使い方も。

190518compressor

PADIのメニューにはないですが、NAUIやCMASにはある、ベイルアウト。やってもらいました。

ベイルアウト

フィンをマスクストラップで束ね、バルブのしまったタンクのついたBCDでレギュレータのセカンドステージごと包んで、その外からウェイトベルトを締めた器材一式を持って、ボートから水中に飛び込んで、器材を装着します。ウェイトは重めがオススメ。

しばらくやってないと、認定ダイブマスターでも結構必死になります。

おまけで、昔のフィリピンのCMASのオープンウォーターダイバーの卒業スキルだった、ディッチアンドドンも。器材を水中で脱いで、息を吐きブレーキをかけながら浮上、一息吸って素潜りで戻ってきて器材を装着するスキル。水深が浅ければ、たいていできるはずです。

サンセットダイブへGO。満月で明るいので、ニシキテグリの産卵回数は少なかった模様です。

海と夕日


ナイトダイブのために

今日もいい天気のアニラオです。水温29度。

アニラオの午前の海

サンセットやナイトダイビングから帰ってきて、器材洗い場周辺の光量が少ないというので、ライトを追加で設置。

190517light

このライト、アームが付属していなくて、自分で注文して作らないといけない不親切設計でした。フィリピン、日本人には考えつかないいろいろなものが売っています。

ナイトダイビングへGO。上がってきたら早速ライトが使えます。

マニラナイトダイビング

夜、妻に渡された私のTシャツ。曰く「クモを捕まえたから捨ててきて。」はい。私のシャツ、お役に立って良かったです。

190517kumocatch


頼れるダイブマスター

昨日の風とはうってかわり、凪のアニラオです。水温29度。

アニラオの午前の海

朝のラジオ体操(毎朝6時20分くらいから実施)で一日のスタート。

190512radioexcise

ボートが出たあとはオープンウォーターダイバートレーニング。

マニラオープンウォーターダイバートレーニング

私が大人の学科講習をしている間、ジュニアの学科を手伝っていただきました。ダイブマスターのトレーニングを終えると、長かったトレーニングの反動でファンダイブオンリーになってしまう方が多いのですが、いつもトレーニング優先で手伝ってくださいます。

190512study

ジュニアオープンウォーターダイバー無事修了できてよかったです。笑顔がご褒美。

マニラ子どもダイビング講習


ジュニアと潜ろう

西風の強いアニラオです。水温29度。

アニラオの午前の海

10歳の二人のお嬢さんをむかえて、(ジュニア)オープンウォーターダイバートレーニング。子どもにもわかりやすいように喋っているつもりですが、先生!わき見されていますよっ。

190511jowt

午後になると波が高くなってきたので、講習組だけジープニーでシークレットベイに移動。ジープ代金値上げしてくれとジープニーのオーナーが言ってきましたが、今回は見送り。インフレ気分は嫌ですねぇ。

190511jeep

まるすさんと、そのお弟子さんがたこ焼き焼いてくれました。ありがとうございます。お泊りだった、ジュニアのお嬢さんお二人にもおすそ分けですが、「知らないおじさんにものを貰ってはいけないよ」の教育を受けていますので、少し躊躇気味なのが可愛かったです。

190511takoyaki

後日関西の潜りたおしさんに聞いたのですが、どろソースという、濃いーソースが存在しているとか。いつか試しに食してみたいものです。


ダイブマスターあと一息

ゴールデンウィーク最終盤のアニラオです。今日帰国の方も多いですね。水温28〜29度。

アニラオの午前の海

小さな小さな生き物がよく撮影されていますが、そこそこサイズのあるものだって、きれいな生き物はたくさんいます。こちらはソウシハギさん。食べても美味しい説があります。写真提供、アンダーウォーターフォトグラフィーさん。ありがとうございました。

アニラオのソウシハギ

ダイブマスタートレーニング中のマリーナさん。ダイブマスター背負もう一歩。

190505dmseoi

スタミナ評価最後の一種目、100メートルダイバー曳行。5種目中一番きつかったそうです。スタミナ評価、無事合格点です。

190505dmt

ダイブマスタートレーニング終了までもう一息、がんばりましょう。