トイレからキッチンへ

臨時休業中の週末のアニラオ。フィリピン東北の海上にできた台風6号になるかどうかの熱低にひっぱられてか、曇りがちで少し波あり。定員割れのスタッフ数で営業断行していたら、トレーニングやら料理やら、やはりちゃんとできなかった海況だと思いました。

アニラオの午後の海

ようやく体調も戻ってきて本当は運動したいところを我慢して、夫婦で家で静かにしています。静かさの代表といえば読書で、あれこれつまみ読みするのですが、記憶に残ったのが、佐藤大介著『13億人のトイレ 下から見た経済大国インド』

220730toilet

フィリピンに深く関わるようになった最初(かれこれ27年も前だ!)も、フィリピンでのトイレづくりのワークキャンプだったのですが、流石に2022年現在、フィリピンでトイレがなくて困っているという話はほとんど聞かなくなりました。一方、フィリピンよりずっとずっと大国のインドで、未だにトイレがなくて健康や安全が脅かされている現実があることに、世の中のうまくいかなさを実感したり。

乾式トイレに溜まった汚物を素手で掻き出して捨てに行ったり、詰まった貧弱な下水づまりを防具なしでなおし、時にはマンホールに落下して汚物の中で命を落とす仕事をするダリット(不可触賤民)の人々の世襲・固定化が、ヒンドゥーの文化的価値観に深く根ざしていて、なかなか改善しないという、「文化」が「悪い」方向へ働く際のケースを再認識したり。

大成工業(このTSS無放流処理装置なんて、下水処理施設につながっていないアニラオの全リゾートと住民にとってぴったりなのではと思ったり)やLIXILのSATO(SAfe TOilet)プロジェクトなど、日本の企業の、貧困層にリーチする努力のケースを見て、素晴らしい取り組みだと感心したり。良書でした。

やはり、困った人へのアプローチは心にしみるものがあります。自分の普段のあり方を反省します。

「2週末もリゾートを閉めたら、流石に給料がなくて厳しいので、会社はなにかしてくれるんですか」という、デリカシーも状況もわきまえないバカのような質問をしてくるスタッフでも困っている人の一人でしょうし、お待ちいただいているダイバーの皆さんに早く奉仕したいという気持ちも強いので、8月6日7日に営業できるように準備したいものです。

で、短期的にも中期的にも一番の問題が、キッチン。奥さんへの負担が強すぎるので、私を含む不完全な非シェフクラス数人でも分担しながら食事の準備ができないかと思い、とりあえずメニューを見直すことに。

考えるのと実行するのとでは大きな違いですが、奥さんの負担ゼロを目指して、とりあえず手を動かします。


ドライバーにトラベラー

マニラ行動日。週末の大人数の食事準備で疲労気味のワンオペキッチの続く奥さんなので、平日のマニラは外食だったり、かんたんな食事だったりの最近だったのですが、昼食にパスタが出てきました。

220720pasta

こういう料理を、奥さんの気分を害せずにさらっと作れるようになるべき自分なんですよね。精進します。

こんな風にいっときでも優しくなれる本を最近読んだのでした。喜多川泰著『運転者 未来を変える過去からの使者』。機嫌が悪いと、運が逃げる。日々上機嫌で行きたいものです。というか、深く考えなければ、割とそういう自分は人間で、そのマイウェイさに「気が付かない」といって腹を立てる人間もいるもので、困るものです。

220720untensya

少し前に読んだ、同じ作者の『ライフトラベラー 人生の旅人』も良かったです。

220720lifetraveller

若い頃に読んでいた精神系の本と内容がかぶるような気もしますが、すぐに読めるし、読後感が清らかで、心優しくなるので、筆者の本はKindle Unlimitedで端末にダウンロードしておいて、たまの精神栄養剤に使おうと思います。


ガミン様

マニラ行動日。月曜日の埼玉県人会でハッスルしすぎ、昨日一日は家でおとなしくしていました。結果、原田マハ『暗幕のゲルニカ』読了。先日読んだ『楽園のカンヴァス』と同じ世界線で、個人的には『カンヴァス』のほうが読了感は明るかったですかね。

220629gerunika

『暗幕のゲルニカ』を読まれるのでしたら、山田五郎大人の教養講座のゲルニカの回を見てからにすると、主役の一人であるドラ・マールの気持ちが理解しやすくなります。

溜まっていたブログもようやくほぼ追いつき、午後は、奥さんとマカティ市役所へ。一週間に一度、車ごとに走ってはいけない日が決められていて、コーディングと呼ばれているのですが、それの例外規定を聞きにです。

220629makatinew

マニラ首都圏全土のコーディングを決めているMMDA(Metropolitan Manila Development Authority:マニラ首都圏開発庁)の窓口がマカティの市役所内にあるのだということで。遠くからでも目立つマカティ市役所。問い合わせると、どうやら、旧庁舎の2階にいけと。

旧庁舎の存在は今まで知りませんでしたが、指を刺された方向にありました。かなりばっちい。

220629makatiold

結果、ドライバーがシニア(60歳以上)で本人を含んで3人が乗車していれば、コーディング免除。4200キロ以下の重量の食料品などを運ぶかもしれないトラックも免除。ということで、メインの社用車もトラックも、買い出しに最も予定されている木曜日がコーディングだったのが、解決できそうです。

ちなみに、手紙を作って申請しても免除は勝ち取れるのですが、一ヶ月1,700ペソかかります。書類を出してから許可が出るまで中3日程度かかるそうです。

軽くなった心で、パシグ市のC5にある、韓国系の調理器具専門店のMKキッチン本店へ。支店はカルティマール市場内にもありますよね。

220629mkbuilding

かなりの在庫はあっても、お気に入りのサイズはないので、欲しい場合は、サイズを申請して作ってもらうのが吉。

220629mktana

絶対版権払っていなそうな、ミッ●ーと、キ●ィーのモールド。パンの型らしいですけど、そういうパン、欲しくないです。

220629mkmold

ソムリエナイフだとうまくワインのコルクが抜けなかったりするダイニングスタッフのために、お手軽コルク抜きを買うことに。その名も、「かびんきざい」。その名に恥じない仕事をしっかりしてもらおうと思います。

220629corknuki

マニラ在住ダイバーさんで、フミーネーさん、大ちゃんさん、デミさんが使っている、Garminのダイブコンピュータ。ゴルフにもダイビングにも、ジョギングにも、バイクにも使える万能スポーツウォッチです。万能かつ、お高いことで有名。

いつかはガミン仲間になりたいなぁと思いつつ、本日、願いが叶いました。ただ、彼らが使っている、カラー液晶モデルではなく、モノクロ液晶。

220629garmin

だが、ソーラー充電可能モデルの、Garmin Decent G1 Solar。もうナメック星人のようにお日様さえ当てていれば、ずっと使える(取説読むとそうでもないようだけど、フィリピンの強い日差しなら、きっと!)。

普段遣いの時計として使いつつ、これを機会に、運動も復活させる所存です。体を鍛えて、いつか本当のガミン様になるかも。

220629gaminsama

↑餓眠様。注:Garminはガミンではなくて、ガーミンです。


不安と向き合え認知症

マニラ行動日。奥さんがフリッターにするといってずっと冷蔵庫で眠っていた日本産の舞茸を成仏させるべく、朝から脂っこいですがフリッターに。ミョウガも限度なので調理できるタイミングを逃さずに、鰹節と和えて、和風な朝食担当。

220524bf

が、キッチンの使い方が汚いとかで、お勝手出入り禁止に。汚くたって、家事のお役に立ちたいので、きっと不法侵入は今後も続きそうです。いや、続ける。

先週買ってきておいた、手すりをお父さんの家に設置。

220524tesuri

お父さんにがいう良い場所につけたのですが、あとになって奥さんから、付ける部屋が違うの指摘が。11ミリドリルの歯もわざわざ買ってきて大穴を開けてつけたものなので、もう一箇所必要ならば、もう一本買ったほうがいいよねということに。

220524tesuri2

奥さんからも呆けていると言われる私、家族にも高齢者がいて、かつ、父方の祖父も祖母も呆けたり、昔切り盛りしていたNGOの代表理事が特別養護老人ホームにも関わっていたのも思い出して、最近の認知症に対する取り組みがいかがなものかと思って、KindleUnlimitedで入手できる本を物色。川畑智著『マンガでわかる!認知症の人が見ている世界』。以下備忘録です。その後ブログ続きます。

220524ninchisho

海馬の縮小などによって生じる、短期記憶の低下については、何度もいったり聞いてしまったりするのは、短期記憶の障害が本当の原因ではない。「ちゃんと覚えていたい」「周囲には迷惑をかけたくない」という、人としての当然の気持ちの表われ。

時間と場所の検討障害については、「男性の場合、働き盛りだった30〜40代に戻るケースが多いようですが、これは、認知症による不安を解消するために、自分がはっきりわかる時代や、元気で充実していた古きよき時代に戻るのではないかと推測されています」。

人の見当障害については、「顔の認識が苦手になると、声や服装など全体の雰囲気で判別するようになる」、「過去の世界に戻っている場合もあり、女性なら、自分が子育てをしていた20〜40代に戻っていることが多い」。

認知症の初期に多く見られる、「物盗られ妄想」については、「大切に保管していたはずの物がなくなってしまったため、不安と焦りを感じている」。「認知症の人は、覚えることが苦手でも感情は残っています。ケンカをしたり怒られたりしたことは忘れても、”この人は嫌だ”“この人は泥棒だ”という不快感が残るため、周囲の家族への“不信”につながってしまう」。

失語については、「思うように意思が伝えられず、もどかしい気持ちを抱き、自信を失う」「“思うように言葉が出てこない”“身近な家族と意思疎通ができない”という状況は、もどかしく、孤独なものです。徐々に自信を失ったり、疎外感を感じたりしてしまう」。

言葉の理解力の低下については、「私達の会話が早送り(2倍速以上)で聞こえているといわれています」。You Tubeで1.5倍速くらいはやりますが、ストレスなく聞いて内容がわかるのは、1.25倍速まで。2倍速は拷問です。今回読んだ中で、この人の会話2倍速強問題が、最も実感としてわかった恐怖でした。これが該当するのなら、テレビを観ても意味不明状況に終日身を晒されることになります。

運動機能の低下については、「ままならない体をどうにかして動かそうと必死で頑張っています」。努力で改善できる部分と、諦めて機能保全かこれ以上の低下を引き起こさない程度の付添運動が必要なのかも。「認知症の人は“あたりまえにできること”ができなくなるからこそ苦しいのです」。見極めですな。

いずれも「不安」がおかしな行動を呼んでいることを知ることが重要。「違う」などと論理性で潰していくのではなく、不安を取り除く方向へのアプローチが重要。

認知症には、1)中核症状と2)行動・心理症状がある。
 1)中核症状には本書でも取り上げたような、記憶障害、見当識障害、実行機能障害、判断力の低下、失行、失認、失語、失計算。
 2)行動·心理症状は、中核症状のために精神状態や行動に悪影響が及ぶために起こる二次的な症状。徘徊、暴言・暴力、妄想、介護への抵抗、弄便・失禁、睡眠障害、抑うつ、異色。それぞれに、家族を含む介護人に驚愕とストレスを与えるものだが、本人の「不安」がその行動の原動力。

「不安」が「不満」を生み、家族や介護人への「不信」を産んで、後に抵抗などの「不穏」行動に至る。

逆をたどると、「安堵」「安心」「安着」「安穏」のアプローチ。

例)食事をしたことを忘れているような、認知症へは、完全否定型、やんわり否定形、放置型、説明型、鵜呑み型より、寄り添い共感型。「本人は“自分は食事をとっただろうか”という不安な気持ちや、食事の楽しい記憶がなく寂しい気持ちを抱えているのかもしれません。認知症ケアでは、そうした気持ちに応えることが大切。そのため、実は、耳をよく傾け、共感して話を聞くだけでも訴えが収まることもある」。

「認知症が進んでも、最後まで残る記憶がある。それは、“感情記憶”」。多分、自分も含め、終わりよければ全て良しなのでしょう。何をよいと思うのか、それは家族や知り合いに囲まれたよい感情。

誰もが老いて、認知症にかかる可能性のある時代。少しは自分の今後の行動の足しになればと思いました。人間は不安が一番嫌で、理性のブレーキが効かなくなる痴呆でそれが顕在化するのは、ある意味、「自然」なことなのかもしれないですね。

珍しく外で肉が食べたいと意見が二人であったので、マクチャン(ホルモン)がウリの、コリアンタウンにある、Bern and Mimiへ。7時台は並ぶ店なので、6時前に突撃。しかもGrabも捕まりにくいご時世、早い時間に動くのは吉です。そして、早く帰って寝る。これ、最高。

220524makchan

んがしかし、看板商品のマクチャン未入荷。オーナーだったら激おこプンプン案件ですが、今の時間はオーナーの韓国おばさんいずでした。

前回隣席のベトナム人グループがガンガン開けていた、韓国の梅酒、頼んでみました、500ペソ。結果、一口飲んで持ち帰ることに。度数は14%程なのですが、日本の梅酒でいうと苦味のある、悪い酒で作った古い梅酒の味。日本で流行るほどに日本人の舌が壊れないことを祈ります。

220524umeshu

安定のマッコリ300ペソ。上記梅酒にしろ、これにしろ、コリアングロッサリーで売っている3倍の値段(怒ってはいけないのは、仕入れ値の3倍販売は、レストランの常)なのと、B級グルメっぽい店作りの、ものすごく汚い店内の割には、料金の高めのこの焼肉屋、奥さん的にはNGで、今後利用頻度は下がりそうです。自分たちだけではなく、他のゲストも、店員がざっと掃除したあとのテーブルをアルコール吹きかけながら自分で拭いていました。

220524makori

でも、時間になると、並ぶんだよなぁ。あまり甘やかすのもいけないと思うのですが、こういうことを考えるのはお人好しな日本人だけで、汚い店内(つまり、それを許すオーナーの気質が疑問)上等の他の人々は意に介せずなのかも。

220524gyu

使われているスタッフは、連日の午後1時〜午前3時の14時間労働でヘロヘロになりながらも頑張ってやっていて、気は利かないですがエゴマの葉(セサミリーフ)がおかわりで欲しいとかいうと、嫌な顔をせず持ってきてくれます。自戒を込めて、よくやるスタッフとダメなオーナーにならないように、少し気にしてみた夜でした。


ひな祭りは酢飯

マニラ活動日。朝食にキャロットラペを作るあたりが、アニラオの食事にしっかり触発されています。幼少の頃酢の物が嫌いだった私としては、ナマスよりラペの方が断然食べやすいのですが、ラペの存在を知ったのは46歳になってから。オムレツはもっととろっと仕上げたいです。

220303bf

ダイブショップの保守部品を買いにノーチラスへ。繁盛しているのは、コロナ禍の出口が見えた証でしょうか。

220303nautilus

マニラでスクーバダイビングを賢く始めたい方、ぜひ拙著『マニラで始めるスクーバダイビング』をお手にとっていただけますと、印税が少し入って嬉しいです。Kindle Unlimited会員の方は無料でダウンロード可能です。

午後のうちに、週末使う乾物類を買っておこうとランドマークへ。似たパッケージの中から五香粉を探すのに、時間浪費。近視に老眼で、物探しはさらに苦手になってきた気がします。スマートメガネで、探しものが光る仕様にしてほしいです。

220303gokoufun

今週末は少人数ゲストなので、一人でお使いでできるもんモード。車で来てないので、持って帰れる範囲ですが、ハム10個と、バター4個は一般家庭用の買い物ラインナップじゃないですね。

220303landmark

桃の花の咲かない国の桃の節句。家族唯一の女性の奥さんに、ひな祭りにはちらし寿司を作ればよいのかなと質問すると、酢飯が食べたいということなので、寿司つむらさんから握り寿司のテイクアウトの家族ディナーでした。

220303sushi

記念日に頓着しない男子としては、5月5日の端午の節句に、何か特別なものを食べたいと思うことはないでしょうが、家族で食卓を囲むのは良いかもですね。


電子書籍リブートか

本日のフィリピン国内コロナ新規陽性者、26,458人。新記録到達ですが、もっと伸びると思っていたところからすると、予想より少ないです。新規毎日10万人にはいかずに、5万人程度まででピークを迎える方向ですかね。マカティ街中の人の出の減少っぷりの寂しさをみる限り、予防措置が功を奏してくれていないと困ります。

220108covid

新規陽性者数以外に特筆すべきなのは、PCR検査の陽性率。2日前の1月6日実施の集計が出ていて、43.7%。2021年9月のデルタ山のピーク時で26%と、20%後半で推移していたのと比べると、明らかに高いです。

ちなみに、日本は直近一週間移動平均の感染者数と検査数から算出した数値で、PCR陽性率5.96%。日本が無症状者や濃厚接触者にも積極的に検査を実施している一方、フィリピンでは定期的に検査をしている外資系企業の職員などを除いては、一般人はかなり具合が悪くなってから検査・通院していることがこの数値の大きな隔たりになって出てきているのかも知れませんが、去年の秋との国内比較だけでも、まだまだ驚異であることは推してはかれます。

陽性者の数はマニラ首都圏が圧倒的に多く、その周辺州が次に多いということになっていますが、田舎に行くほど検査機関も少ないですし、医療機関にいかない住民の比率も増えるので、首都圏だけで収まっているとも言い切れないのですが、現在電気も水も食料も十分に行き渡っていない台風22号の被災地のビサヤ地方での蔓延はなんとしても防いでもらいたいものです。

次回アニラオヴィラマグダレナの営業予定日は1月15日16日の土日です。規制がこのままでしたら営業可能ですが、厳格化されるとまたしばらくお休みを余儀なくされることになります。フィリピン政府の発表待ち。

ロックダウンだった去年何をしていたかというと、電子書籍の執筆をしていました。ロックダウン等で営業自粛となった場合は、途中で止まっていた本の企画を進めることになるかも知れません。とりあえず、出ている本で改定できる内容があった、『フィリピンの野菜:市場で迷わない80種の野菜ナビとレシピ40種』を第六版にする作業で編集作業のリハビリ。

Print

大きな野菜で切り売りが難しいため自分たちが買わない理由で落ちていた、Kundol(トウガン)を掲載しました。

姉妹書のフィリピン生活応援シリーズの『フィリピンの魚介』『マニラで始めるスクーバダイビング』ともども、よろしくお願いいたします(他の拙著もブログ下部に並べてありますので、よろしかったら御覧ください)。

夜は、奥さん作の『大根もちもちミルフィーユ鍋』をお父さんと3人でつつきました。日本でだったらどこででも手に入る食材ですが、マニラで入手難易度の高いのは、もやしと豆苗。

220108nabe

もやしは、ローカルのものはどこにでもあるのですが、短くて固くて苦いもの。日本で売っているようなみずみずしくて柔らかいものには、サラダ用として特別に用意されたものがそれに該当します。ランドマークのサラダコーナーにたまに入荷されるか、S&Rで入手可。豆苗はS&R。歩いていける近所では揃わないですね。

薄切りの豚肉が一般スーパーで売られていないのは、マニラ在住者周知の事実ですが、日本食材屋か韓国食材屋で手に入るのもかなり知れ渡っています。両者選択時の問題は、薄さと柔らかさと価格。

貴重な鍋、美味しくいただきました。最高の調味料は、一家団欒ですね。


一日寝正月

年末年始営業が終わった後の、マニラ日。アニラオから帰ってきた昨晩は奥さんとお父さんに誕生日を祝っていただき、今日はブログアップデート以外の仕事はしないで、一日ゆっくりすることに。

ビール飲んで、チッチャロン食らって、だらだらしたいの欲求を満たします。

220103nomi

その、ブログ書き+ダラダラのお供が、奥さん絶賛の紅白歌合戦。EVPADの録画機能で呼び起こして視聴です。白組トップバッターは、郷ひろみの「おーくせんまーん」。2022年は、エキゾチックジャパンからのお客様のお迎えが実現できますように。

220103kouhaku

数日前からKindle Unlimitedで落として読み進めていた、小松左京著『果てしなき流れの果に』読了。Kindleの読み上げ機能も使っての、睡眠前の時間も使ってでした。ちゃんとしたSFは頭を使うものです。難しい。。。しかし、57年前にこの発想力、SF作家の天才性は、恐るべしです。

220103hateshinaki

年末年始マニラからお越しいただいた、Dukeさんの愛読書がこちら。James Clear著『Atomic Habits』。日本語版も出ています。『ジェームズ・クリアー式 複利で伸びる1つの習慣』

220103atomichabits

各人、読み直したい啓発本は持っていると思いますが、コロナ禍を通じて、2022年も再読しそうな、もしくは本で紹介されていた内容を実践したい、私にとっての現在の道しるべ本3つはこちら。

草薙龍瞬著『反応しない練習 あらゆる悩みが消えていくブッダの超・合理的な「考え方」』。たいてい人間は心で悩む。紀元前に心と向き合い、解決法を残したブッダ、たしかに悟った人でした。神格化前のシンプルなブッダの教えがまとまっていて、わかりやすいです。

201019hannnoushinai

地橋 秀雄著『ブッダの瞑想法 ヴィパッサナー瞑想の理論と実践』。なんといっても、歴史嫌いにさえ浸透しそうな『サピエンス全史』『モホデウス』の著者のユヴァル・ノア・ハラリ氏が日々実践していることでも有名。天才にはあやかりたいのです。

200418budda

岡田斗司夫 FREEex著『あなたを天才にするスマートノート・電子版プラス』。まめにこのノート法を実践していた時、物事がクリアに見渡せる瞬間がありました。最近サボり気味ですが、やって然るべきノート術だと思います。

220103smartnote

ヴィパッサナー瞑想以外は、Kindle Unlimitedで無料で読めるところもおすすめ。すっかりKindleにもてあそばれる知的活動ですが、無料はやっぱりありがたいです。三日坊主にならないように、ノートはいつも持ち歩いて、実践していきたいですね。


ダイヤモンド前日

アニラオ営業日。今日も朝からラジオ体操。空も晴れで、朝の涼しい空気、気持ちがいいです。

211107radioexcise

昨日新月で、大潮周り。その割には激流にはなっていなくて、ボートダイブもトレーニングもつつがなく進みました。水温28度。

アニラオの午前の海

朝食は、和食風でした。朝の味噌汁はホッとしますね。

211106b

組長さんが誕生日なのと、帰任されるウダッチさんが最後のアニラオ週末なので、スタッフが歌を歌うということで、練習中の横で、ここほれワンワンのダプル。

211106dapple

大判小判も、山下財宝も出てきませんでしたが、穴掘りはダックスの性ですよね。でも、その割にはリゾート中穴だらけになっていません。実際、彼が穴をほっているのを目撃したのは初めて。多分カニの穴だと思うのですけど、なにかな?

ソンブレロの肩に沈む夕日。明日はダイヤモンドソンブレロになりそうです。晴れてくれるかな。

211106sunset

毎日海に沈む夕日は、いつも違った景色を見せてくれます。その中でもアニラオの珠玉の夕日を88集めた拙著の『落日モノローグ88』、本になると売れ行きイマイチです。タイトルが悪いと奥さんが言うのですが、中身は結構美しいので、よろしかったらご覧になってくださいませ。

210407cover

秋から冬にかけては、水平線近くに雲がかかることが少なくて、夕日が綺麗です。加えて夜空も。毎週末営業しております。みなさんお誘い合わせの上、お越しいただけますと幸いです。


ダヤップ、マナオ、キーライム

ここ数週間のサルセド・レガスピウィークエンドマーケットで分かったこと、タイライム(マナオ)とタガログ語でいうダヤップが(ほぼ)同じものだということ。英語でキーライム、日本ではメキシカンライムと呼ばれることが多いようです。いわゆるライムよりは2回りくらい小ぶりです。

211010dayap

フィリピンでも里山に自生していたり、や田舎の家の庭で栽培されているようですが、栽培作物のカラマンシーに駆逐されて、一般流通ではあまりお目にかかりません。フィリピンのスイーツ、激あまプリンのレチェフランには、伝統的にはこのダヤップを使うものだとか。

得た知識は、拙著『フィリピンの野菜 市場で迷わない80種の野菜ナビとレシピ40種』に加筆して、第5版としてアップロードしました。

Print

ついでに、依頼のあった母の本『勇気がわく映画』の修正もした、日曜日でした。

Print

アニラオの方は、抜けていった17号か接近中の台風18号の影響でか、少し波が出てきました。

211010sunset


神回だったらしい

今日は母の電子書籍出版準備に時間を割くことに。彼女の本に携わるのはこれで二冊目ですが、母が「まえがき」で書いている、「子どもや孫に残したいものは、お金やモノではなくて『おばあちゃまは、こう生きた。母は、こう考えた。』」という小さな足あとだと思うようになりました。」という気持ち、実感します。

数日前の明け方に見た夢で、結局残るのは、実績よりは、人々への記憶だという強いインパクトをもったメッセージとリンクする格好です。あと何年社会的に生きているかわかりませんが、日々の行いを、記憶に残されるベースで組み替えていくのも、良いのかもしれません。どうせ残るなら、「いい人」の記憶がよいですよね。

女親と息子なので、たくさん会話をする仲でもないのですが、編集作業を通じて、母の記憶を定着させていく息子としての再教育的な時間となっています(別に母は余命宣告はうけていません)。あわよくば、来週はじめにはKindle本として世に出せそうです。

作業の合間に、ロナルド他のワクチン接種会場になっっているグロリエッタ視察。もはや医療従事者以外、誰もいません。今日も譲らないアストラゼネカ。アレルギーがあって心配だという本人はファイザーかモデルナ希望なので、他の方法を考えないとダメそうですね。

210921glorietta

営業していないにもかかわらずやってくる、10月末が期限のDOT(観光省)の認可。早めにやっておこうと連絡をとって、返事のリンクにアクセスするも、動かず。「全部オンラインになって、事務所のカンター越しにでは手続きできません」という構えのくせに、動かないシステム、どうしますかね。他のリゾートの様子を聞いてみると、「視察に来ないような仕事をしていない輩の更新なんていらん」って強気な意見も聞かれましたが、書類は揃えておかないと、後で揉めるとイヤですよね。

210921dot

室内運動中視聴の、「ヴァイオレット・エヴァーガーデン」。9話と10話にあたって、かなり良いと思っていたら、10話は泣きの神回として有名な回だった模様。母の手記編集中に、母からの手紙を題材にした回に当たるのも、何かの縁ですね。

Netflixで視聴できるそうです。

210921violet10

夜になって調べたら、この回で泣けるかどうかの関連YouTube動画も多数あったよう。


絶対泣かなければいけない、泣くために観るべし、ということはないですが、観ると手紙が書きたくなる作品です。

本日の調理の学び。

210921ssu

もう少しバターの温度上がってから投入すべきだった、水様卵白除去目玉焼き。卵黄が半熟トロリでよろしいのですが、フィリピンのスーパーで売っている卵でこの半熟具合は、胃腸がフィリピンの私たち夫婦には大丈夫でも、リゾートのお客さんに出すにはデンジャラスなんですよね。