電子書籍リブートか

本日のフィリピン国内コロナ新規陽性者、26,458人。新記録到達ですが、もっと伸びると思っていたところからすると、予想より少ないです。新規毎日10万人にはいかずに、5万人程度まででピークを迎える方向ですかね。マカティ街中の人の出の減少っぷりの寂しさをみる限り、予防措置が功を奏してくれていないと困ります。

220108covid

新規陽性者数以外に特筆すべきなのは、PCR検査の陽性率。2日前の1月6日実施の集計が出ていて、43.7%。2021年9月のデルタ山のピーク時で26%と、20%後半で推移していたのと比べると、明らかに高いです。

ちなみに、日本は直近一週間移動平均の感染者数と検査数から算出した数値で、PCR陽性率5.96%。日本が無症状者や濃厚接触者にも積極的に検査を実施している一方、フィリピンでは定期的に検査をしている外資系企業の職員などを除いては、一般人はかなり具合が悪くなってから検査・通院していることがこの数値の大きな隔たりになって出てきているのかも知れませんが、去年の秋との国内比較だけでも、まだまだ驚異であることは推してはかれます。

陽性者の数はマニラ首都圏が圧倒的に多く、その周辺州が次に多いということになっていますが、田舎に行くほど検査機関も少ないですし、医療機関にいかない住民の比率も増えるので、首都圏だけで収まっているとも言い切れないのですが、現在電気も水も食料も十分に行き渡っていない台風22号の被災地のビサヤ地方での蔓延はなんとしても防いでもらいたいものです。

次回アニラオヴィラマグダレナの営業予定日は1月15日16日の土日です。規制がこのままでしたら営業可能ですが、厳格化されるとまたしばらくお休みを余儀なくされることになります。フィリピン政府の発表待ち。

ロックダウンだった去年何をしていたかというと、電子書籍の執筆をしていました。ロックダウン等で営業自粛となった場合は、途中で止まっていた本の企画を進めることになるかも知れません。とりあえず、出ている本で改定できる内容があった、『フィリピンの野菜:市場で迷わない80種の野菜ナビとレシピ40種』を第六版にする作業で編集作業のリハビリ。

Print

大きな野菜で切り売りが難しいため自分たちが買わない理由で落ちていた、Kundol(トウガン)を掲載しました。

姉妹書のフィリピン生活応援シリーズの『フィリピンの魚介』『マニラで始めるスクーバダイビング』ともども、よろしくお願いいたします(他の拙著もブログ下部に並べてありますので、よろしかったら御覧ください)。

夜は、奥さん作の『大根もちもちミルフィーユ鍋』をお父さんと3人でつつきました。日本でだったらどこででも手に入る食材ですが、マニラで入手難易度の高いのは、もやしと豆苗。

220108nabe

もやしは、ローカルのものはどこにでもあるのですが、短くて固くて苦いもの。日本で売っているようなみずみずしくて柔らかいものには、サラダ用として特別に用意されたものがそれに該当します。ランドマークのサラダコーナーにたまに入荷されるか、S&Rで入手可。豆苗はS&R。歩いていける近所では揃わないですね。

薄切りの豚肉が一般スーパーで売られていないのは、マニラ在住者周知の事実ですが、日本食材屋か韓国食材屋で手に入るのもかなり知れ渡っています。両者選択時の問題は、薄さと柔らかさと価格。

貴重な鍋、美味しくいただきました。最高の調味料は、一家団欒ですね。


一日寝正月

年末年始営業が終わった後の、マニラ日。アニラオから帰ってきた昨晩は奥さんとお父さんに誕生日を祝っていただき、今日はブログアップデート以外の仕事はしないで、一日ゆっくりすることに。

ビール飲んで、チッチャロン食らって、だらだらしたいの欲求を満たします。

220103nomi

その、ブログ書き+ダラダラのお供が、奥さん絶賛の紅白歌合戦。EVPADの録画機能で呼び起こして視聴です。白組トップバッターは、郷ひろみの「おーくせんまーん」。2022年は、エキゾチックジャパンからのお客様のお迎えが実現できますように。

220103kouhaku

数日前からKindle Unlimitedで落として読み進めていた、小松左京著『果てしなき流れの果に』読了。Kindleの読み上げ機能も使っての、睡眠前の時間も使ってでした。ちゃんとしたSFは頭を使うものです。難しい。。。しかし、57年前にこの発想力、SF作家の天才性は、恐るべしです。

220103hateshinaki

年末年始マニラからお越しいただいた、Dukeさんの愛読書がこちら。James Clear著『Atomic Habits』。日本語版も出ています。『ジェームズ・クリアー式 複利で伸びる1つの習慣』

220103atomichabits

各人、読み直したい啓発本は持っていると思いますが、コロナ禍を通じて、2022年も再読しそうな、もしくは本で紹介されていた内容を実践したい、私にとっての現在の道しるべ本3つはこちら。

草薙龍瞬著『反応しない練習 あらゆる悩みが消えていくブッダの超・合理的な「考え方」』。たいてい人間は心で悩む。紀元前に心と向き合い、解決法を残したブッダ、たしかに悟った人でした。神格化前のシンプルなブッダの教えがまとまっていて、わかりやすいです。

201019hannnoushinai

地橋 秀雄著『ブッダの瞑想法 ヴィパッサナー瞑想の理論と実践』。なんといっても、歴史嫌いにさえ浸透しそうな『サピエンス全史』『モホデウス』の著者のユヴァル・ノア・ハラリ氏が日々実践していることでも有名。天才にはあやかりたいのです。

200418budda

岡田斗司夫 FREEex著『あなたを天才にするスマートノート・電子版プラス』。まめにこのノート法を実践していた時、物事がクリアに見渡せる瞬間がありました。最近サボり気味ですが、やって然るべきノート術だと思います。

220103smartnote

ヴィパッサナー瞑想以外は、Kindle Unlimitedで無料で読めるところもおすすめ。すっかりKindleにもてあそばれる知的活動ですが、無料はやっぱりありがたいです。三日坊主にならないように、ノートはいつも持ち歩いて、実践していきたいですね。


ダイヤモンド前日

アニラオ営業日。今日も朝からラジオ体操。空も晴れで、朝の涼しい空気、気持ちがいいです。

211107radioexcise

昨日新月で、大潮周り。その割には激流にはなっていなくて、ボートダイブもトレーニングもつつがなく進みました。水温28度。

アニラオの午前の海

朝食は、和食風でした。朝の味噌汁はホッとしますね。

211106b

組長さんが誕生日なのと、帰任されるウダッチさんが最後のアニラオ週末なので、スタッフが歌を歌うということで、練習中の横で、ここほれワンワンのダプル。

211106dapple

大判小判も、山下財宝も出てきませんでしたが、穴掘りはダックスの性ですよね。でも、その割にはリゾート中穴だらけになっていません。実際、彼が穴をほっているのを目撃したのは初めて。多分カニの穴だと思うのですけど、なにかな?

ソンブレロの肩に沈む夕日。明日はダイヤモンドソンブレロになりそうです。晴れてくれるかな。

211106sunset

毎日海に沈む夕日は、いつも違った景色を見せてくれます。その中でもアニラオの珠玉の夕日を88集めた拙著の『落日モノローグ88』、本になると売れ行きイマイチです。タイトルが悪いと奥さんが言うのですが、中身は結構美しいので、よろしかったらご覧になってくださいませ。

210407cover

秋から冬にかけては、水平線近くに雲がかかることが少なくて、夕日が綺麗です。加えて夜空も。毎週末営業しております。みなさんお誘い合わせの上、お越しいただけますと幸いです。


ダヤップ、マナオ、キーライム

ここ数週間のサルセド・レガスピウィークエンドマーケットで分かったこと、タイライム(マナオ)とタガログ語でいうダヤップが(ほぼ)同じものだということ。英語でキーライム、日本ではメキシカンライムと呼ばれることが多いようです。いわゆるライムよりは2回りくらい小ぶりです。

211010dayap

フィリピンでも里山に自生していたり、や田舎の家の庭で栽培されているようですが、栽培作物のカラマンシーに駆逐されて、一般流通ではあまりお目にかかりません。フィリピンのスイーツ、激あまプリンのレチェフランには、伝統的にはこのダヤップを使うものだとか。

得た知識は、拙著『フィリピンの野菜 市場で迷わない80種の野菜ナビとレシピ40種』に加筆して、第5版としてアップロードしました。

Print

ついでに、依頼のあった母の本『勇気がわく映画』の修正もした、日曜日でした。

Print

アニラオの方は、抜けていった17号か接近中の台風18号の影響でか、少し波が出てきました。

211010sunset


神回だったらしい

今日は母の電子書籍出版準備に時間を割くことに。彼女の本に携わるのはこれで二冊目ですが、母が「まえがき」で書いている、「子どもや孫に残したいものは、お金やモノではなくて『おばあちゃまは、こう生きた。母は、こう考えた。』」という小さな足あとだと思うようになりました。」という気持ち、実感します。

数日前の明け方に見た夢で、結局残るのは、実績よりは、人々への記憶だという強いインパクトをもったメッセージとリンクする格好です。あと何年社会的に生きているかわかりませんが、日々の行いを、記憶に残されるベースで組み替えていくのも、良いのかもしれません。どうせ残るなら、「いい人」の記憶がよいですよね。

女親と息子なので、たくさん会話をする仲でもないのですが、編集作業を通じて、母の記憶を定着させていく息子としての再教育的な時間となっています(別に母は余命宣告はうけていません)。あわよくば、来週はじめにはKindle本として世に出せそうです。

作業の合間に、ロナルド他のワクチン接種会場になっっているグロリエッタ視察。もはや医療従事者以外、誰もいません。今日も譲らないアストラゼネカ。アレルギーがあって心配だという本人はファイザーかモデルナ希望なので、他の方法を考えないとダメそうですね。

210921glorietta

営業していないにもかかわらずやってくる、10月末が期限のDOT(観光省)の認可。早めにやっておこうと連絡をとって、返事のリンクにアクセスするも、動かず。「全部オンラインになって、事務所のカンター越しにでは手続きできません」という構えのくせに、動かないシステム、どうしますかね。他のリゾートの様子を聞いてみると、「視察に来ないような仕事をしていない輩の更新なんていらん」って強気な意見も聞かれましたが、書類は揃えておかないと、後で揉めるとイヤですよね。

210921dot

室内運動中視聴の、「ヴァイオレット・エヴァーガーデン」。9話と10話にあたって、かなり良いと思っていたら、10話は泣きの神回として有名な回だった模様。母の手記編集中に、母からの手紙を題材にした回に当たるのも、何かの縁ですね。

Netflixで視聴できるそうです。

210921violet10

夜になって調べたら、この回で泣けるかどうかの関連YouTube動画も多数あったよう。


絶対泣かなければいけない、泣くために観るべし、ということはないですが、観ると手紙が書きたくなる作品です。

本日の調理の学び。

210921ssu

もう少しバターの温度上がってから投入すべきだった、水様卵白除去目玉焼き。卵黄が半熟トロリでよろしいのですが、フィリピンのスーパーで売っている卵でこの半熟具合は、胃腸がフィリピンの私たち夫婦には大丈夫でも、リゾートのお客さんに出すにはデンジャラスなんですよね。


さようなら隣のバウアー

隣のマユミリゾートの茶色ラブラドールのバウアー、お亡くなりになったそうです。享年12歳だとか。

210919baua

隣で決して良く面倒をみられていたわけではなく、食事をもらえてなさそうなときには、ドッグフードを買っていって与えていたりと、少しだけ人生をともにしたワンコでした。あの世で元気で走り回ってね。

奥さんに髪をまた切ってもらいました。コロナ規制で理容店も閉店となると一人暮らしの場合は髪も切れなくて大変ですが、身近に切ってくれる人がいるのは、幸せのもののことです。

210919haircut

Kindle Unlimitedの棚に並んでいたのでポチした、中山七里著『護られなかった者たちへ』。まったく前情報無しで日曜読書の友に選んでのですが、題材は生活保護でした。ときに夢で、コロナ禍のご時世リゾート廃業して日本に戻り、生活保護で暮らすシーンを見るのですが、こういう潜在意識が引き寄せた本ですかね。

210919book

作中、人間性を否定される方法で生活保護受給を断られる被害者をみていると、将来が暗くなりますね。最後は制度の改善に向かうようなことが匂わせられましたが、作中被害者加害者の心の葛藤をみると、生きることの業を考えさせられるものでした。

何でも映画化されて10月1日から日本では上映とのこと。どの程度重く仕上げられたのでしょうかね。


埴輪と地震の夜

昨日の発表で、マニラ首都圏まさかのコロナ防疫措置GCQへの緩和。感染防止状況が芳しくない中での緩和が何を意味するかというと、各自が感染する可能性がより高まるということです。ということで、打っておきたいワクチン。アニラオのあるマビニ町にもワクチンは量は少ないものの回ってくるようになっていますが、効き目の怪しい中国製のシノバックなので、スタッフには可能であれば別のワクチンをあててあげたいです。

住人以外にも接種しますと表明したのを受けて、8月末にスタッフの分も登録しておいた、マンダルーヨン市の接種会場に様子見に行ってみました。一番大きそうなのはメガモール会場なのですが、混雑を嫌って、おしゃれ目なシャングリラプラザ会場を希望していたので、そちらへ。

と、今日はおやすみだとのこと。

210907shangplaza

空振りは癪なので、マニラ首都圏ではかなり大きな店舗の無印良品(MUJI)へ。マカティグロリエッタ店で奥さんと顔見知りだったスタッフ、こちらに転属になっていました。

210907muji

しかし、広い店内に客2人。

210907bawl

アカシア製のボウル。フィリピン産で、日本の会社を経由して戻ってきました。海外にいって返ってきた人をバリクバヤン(バリック=帰る バヤン=町)といいますが、モノであるこれもそうですね。MUJIのラベルが貼ってあると、なんだか木肌もキレイに見えます。

最寄りの会場のメガモールまでは徒歩400メートル。すぐです。モデルナとファイザー、モール内にそれぞれ別の会場を設けて接種を行っていました。本日は1回目の接種は行わずにすべて2回目の人たち向け。スタッフたちの情報はオンラインシステムには登録されているのですが、接種日時と会場はテキストメッセージで携帯に連絡が来るので、それに従うべしとのこと。当日駆け込み接種も認めていなくて、かなりシステマチックです。まずは住民に2回接種を徹底して地域的に集団免疫を獲得させようというブレない指針が垣間見られて、マンダルーヨン市の評価アップです。マカティ市の方でモデルナやファイザーが当たらなくて、マンダルーヨンで順番が回ってきたとしたら、ここで受けられそうな期待。

210907megamall

マカティ市の方で、ガードマンに割り当てられている会場、他のスタッフの会場共に、本日もアストラゼネカでした。アストラゼネカで良ければいつでも打てる状況にはなっているのですが、もう少し他のワクチンを待ってみます。

210907cirkit

昨日の予測では10日にかけて到来だった台風、足を早めて明日の夜にはマニラやアニラオ付近を通過するようです。抜けた後速度を弱めて南シナ海に停滞気味なので、はやり今週末の海は荒れそうです。おまけに14号も登場。海っぷちの人はどうぞお気をつけて。

210907typhoon

昨日GCQにするとした発表、本日夜になってあっさり覆りました。とりあえず、9月15日までは、現行通りMECQのママにすると。こういう即効性のある情報はTwitterが便利です。

210907mecq

深夜にNHKで地震の番組の再放送があっておすすめですと、地質学に詳しいダイバーさんから情報を受けて、フィリピン時間23時20分まで漫画を読んで時間を潰すことに。

選んだのは、一部オタク界隈でポスト『進撃の巨人』という触れ込みの、『古代戦士ハニワット』。

210907haniwato7

大ヒット作進撃の巨人の後を継ぐという割には、打ち切りがほぼ決定しているということで、最近発売の7巻の売り上げが良ければ、連載続投決定となるという、応援したくなる弱みを持った作品です。

1〜3巻までは、KindleUnlimitedで無料で読めますので、お持ちの方は、読んでみては。独自の世界観に引き込まれます。確かに、打ち切られるには惜しい逸材です。

210907haniwato1

で、お待ちかねのNHKスペシャルMegaquakeの再放送。アスペリティーとスロークエイク、新しい単語を覚えました。2012年と13年に放映した2作だったようですが、2021年版が9月12日放送だそう。フィリピンにいても、日本に帰っても、地震国なので、最新科学が地震をどう分析しているのか、興味ありですね。みようっと。


珍野菜ルビルビ

日曜日のマカティ。先日廃業が判明した、ギリシャ風ヨーグルトのダラワンミルクメン。フィリピン人スタッフが引き継いで出店していないかとおもって、レガスピのサンデーマーケットに行ってみましたが、やはりなし。未練はきっぱり捨てましょう。

野菜売り場で奥さんの目に止まったのが、この野菜。ニョッグニョーガンとか、ルビルビと呼ばれるものです。ケソン州の田舎で食べたことがあるということですが、私は初めて目にしました。普通にマニラに暮らしている人にとっても、ほとんど知られていない野菜なのでは。

210905lubilubi

調べてみると、フィリピンイチジク(Ficus pseudopalma)の新芽だそう。観葉植物としての側面もあるということで、身近なところでは、グリーンベルトのチャペルの横に1本植わっています。幹から直接実がなるのが、一見不思議ですが、日本のイチジクもそのように実がなるのだそう。

210905greenbelt

一つ実をむしって割った器物破損の奥さんに、実の中に巣くっていた虫の洗礼。イチジク属だけあって、小さい種がいっぱいですね。熟せば食べれるのかな?
210905ichijiku

定番の、ココナッツミルクで煮たギナタンにしていただきました。歯ごたえがあって美味しいです。

210905ginatanlubilubi

新しい知識を得たので、拙著『フィリピンの野菜 市場で迷わない80種の野菜ナビとレシピ40種』を改定しました。これで第4版になります。

Print

寄付だと思ってお手にとっていただけますと、またフィリピン料理に興味のある方に推薦していただけますと幸いです。m(_ _)m

秋になって夕焼けに対する期待が高まる本日、かなり良い絵になりました。赤の海と水平線が、シンエヴァンゲリオン風。

海と夕やけ

夕食は2夜連続となった鍋料理で、ラプラプ鍋。ドライバーの家族にコロナ陽性者が出たことが判明して、ドライバーと接点のあった私達からお父さんに感染るといけないので、家族鍋とはならずでしたが、ラプラプ、柔らかくて、甘みがあって最高でした。おでんハウスさんで買った豆腐もジャパンクオリティーでハオ。一人一丁ずつで、炭水化物なしで満足ディナーでした。

210905lapulapunabe


Kindle電子書籍『フィリピンの魚介』

コロナロックダウンで再び休業状態のアニラオのダイビング宿。海はこんなに良いのですが、お預けです。

アニラオの午前の海

しばらく8,000人台で推移していた、フィリピン全土の新規陽性者数もぐっと伸びて12,021人。首都の主要な病院は満床。日本の東京も、すでに病院には入れない状態(逼迫とか、まだいけそうな表現は早くやめたほうがいいですね)になっているようで、心が痛みますが、飲食店ばかりいじめていないで、未だに満員電車に揺られる通勤続けさせているところなどを改めたほうが良いのでは。主要な企業の本社があるマカティ中心部は、ほとんど人は歩いていません。

免疫維持のために許可されていた、野外での運動も、本日からマニラ首都圏では禁止になりました。流石にこれはやりすぎな感もありますが、各方面に忖度しないでやってみる姿勢についてのみは評価されるかもしれません。

210811noexcise

直近二週間で陽性者の多いのが、マニラ首都圏(NCR)とアニラオのあるバタンガス州を含むカラバルソン地方(Region IV CALABARZON)。

210811covidstates1

カラバルソン地方の中でも、マニラに近いカビテ州、ラグナ州、ブラカン州で新規陽性者を稼いでいて(なので、実際それらの州ではマニラ首都圏と同じ最も厳しい防疫措置レベルになっていたりします)、バタンガス州はそれほどでもないのですが、油断はできません。

210811covidstates2

マニラ首都圏のロックダウンは8月20日の前に見直されることになっているのですが、現在の判断材料からすると、延長される目算が高いですね。少なくともこの波の山を越えないことには、緩和はないでしょう。好意的なダイバーさんにいただいた21日のご予約、できれば成就させたいですが、3%ほどの期待をもちつつ、社会の状況を見ています。

そんな中、7月末に出したかった、8冊目となるKindle電子書籍を出版しました。『フィリピンの野菜』の姉妹編、『フィリピンの魚介 市場で迷わない80種の魚介ナビと代表レシピ』です。

Print

野菜の方には各野菜を使った料理レシピを載せたのですが、調理法にそれほどバリエーションのない魚介については、代表的な調理法8種とその他を紹介することにしました。

頭を落とす、三枚にするなど、市場で下処理してもらうときに使えるタガログ語表現も学べます。

KindleUnlimited登録者は無料。そうでない方には寄付願望込みの500ペソです。Unlimitedでも印税は入るのですが、買っていただいたほうがよりたくさん入りますので、再び休職したマグダレナを助けると思ってご購入いただけますと、幸いです。


オリンピックから貰った思考課題

オリンピックが終わりました。普段スポーツはほとんど観ないし、これほど開催前に揉めたことがないほどの賛否両論の国際イベントを、世界に鬱気配の蔓延するこの時期に行う意義も考えざるをなくて、色々考えるきっかけになったのが良かった点です。主に考えたのは、以下の大雑把な三点。

210808heikaishiki
1)スポーツに勝っての感動、観ての感動は良いことだと思うし続ける意義はあると思う(特に次のフランス大会の予告映像には文化との融合がありそうで、夢があった)が、これだけ巨額の利権装置が必要だとは思わない。別の方法があってもよいのでは。

2)一つの惑星上に棲む人類を便宜上国別に別れさせてその地域の代表として競わせる一方(だからストレスで棄権したりするのでしょう)、個人としての努力、同じ競技者からの国や個人を越えた賛辞をみたときの、地球人としてのユニティ。技術的に言語の壁の撤廃までもう少し。価値観は、どうせ同じ国民でも結構違う。

3)スポーツには勝ち負けがあり、ルールのもと、ある条件を満たすと勝利するということが明確。それにうまく合致した金メダル獲得人に感動している。人生にも勝ち負けの今の世の中にあったルールが明確になっていたほうが良いのでは、特に子どもたちにとって。それは、「金を稼いだ」だけではない何か。
 近代まで宗教が担っていた、永遠の命とか、苦からの開放という人生のゴールと方法論は、それはそれで良いけれど、現代人には高尚すぎるし、日々の生活を生き延びることを肯定する理屈も必要。複雑化する社会で幸せに生きて死ぬまでの、もっとシンプルな方法を提示したほうが良いのでは。

3)については、ウィズコロナで会社の破産が増えていく社会条件も踏まえつつ、平均寿命の折返しも過ぎた自分としては、自分と周りのためにまとめておく必要がありそうなので、ぼちぼちやりましょうかね。

というようなことを考えたのは、夜になってのことで、日中は、去年の10月に分解清掃してから調子の悪くなった洗濯機をもう一度分解して組み直し。これで良くなったはず。

210808washingmachine

7月末までに終わらせたかった、Kindle電子書籍、追い込んでいます。来週中には終わらせたいぞ、と言葉にして自分を鼓舞。

座ってばかりだとお尻に悪いので、軽い運動と、腹筋と呼吸器系を鍛えると信じたい屋上付近からのトランペットも。対面のタワーマンションにお住まいのダイバーゲストさんまでかろうじて聞こえたといいますが、本当ですかね?

210808trumpet

夕方になって、アニラオのガイドのロナルドから、獲ったどー写真が送られてきました。留守番をしているガードマン他が、「買いたい!」と手を上げていましたが、売却済みだったそう。それにしても、ロナルド父さん、グッジョブです。

210808ronald

マニラ首都圏ECQでレジャー目的での越境の不許可に加えて、マビニ町長、バタンガス州知事、カラバルソン地方の観光省長官それぞれからも、ECQエリアからのゲストの受け入れ不可とすべしという3つの追加パンチがきいていて、前回より更に徹底してアニラオエリアのリゾートは休業しています(まだモグリで営業しているところはあるみたいですが)。魚を釣ったり、突いたりして、家族を各家庭のお父さんは支えています。