あやうくキュン死

日本は大阪についで東京も緊急事態宣言の要請がかかったそうですね。人との接触を3割にまで減らしてほしいなど、去年の3割おじさんと同じことがいわれているようですが、マニラ・マカティの中心部の人の出は、平時の10分の1以下。モール内部に至っては20分の1くらいでしょうかね。おかげで東南アジア一番のGDPのマイナス幅です。

それなのに、新規陽性者の数は減らず。政府は統計上は病床にまだ余裕があるといっていますが、実際には満床で、病院のすぐ外で亡くなる人も出ているとか。顧問弁護士のところの在宅スタッフもコロナにかかって、こちらはコネがあったのでなんとか病院に入れて、12日間の入院の末回復できた幸運がありましたが、とにかく、いかなる病気にもなれないご時世です。

暗い事柄続きに、更に追い打ち。政府への書類はオンラインで提出することが多くなってきているのですが、公正証書は紙の現物でとる必要があります。その後スキャンしてデータで送るので、公証手続自体をデジタル化してもらいたいものなのですが、なかなかそうもいかないようで。

210422nortary

で、いつもの家から一番近い公証事務所へ。日本と違って宅急便屋で業務を兼ねているお手軽さ。そこで、以前一通100ペソだったのが、150ペソに50%値上げされていました。「あー、値上がってる」というと、事務のお姉さん(*ノω・*)テヘ顔でした。

あまりいいことがないなぁと思って家に帰ってきたときの、ガードマンからの癒やしの一枚がこちらのダプル。ハート鷲掴まれました。

210422dapple

ペットに救われるって本当ですね。

そんな可愛いダプルの写真絵本、『うみべのけいびダックス ダプル』、Kindle電子書籍で販売中です。

210422odekake

狂犬病予防の注射を打ってきたそうです。出かける前も、バイクに乗りたくて仕方のない子。

210422sunset

そんなアニラオ、明日は地元ダイバーでゴミ拾いだとか。アースデイ絡みのイベントのようですが、本日アースデイでしたね。アースの7割は海。確かにこんなときにこそ、海に潜って癒やされたいものです。

210422event

本日一品担当は、昨日のバタ丼の材料の残りの豆もやしのナムルでした。

210422moyashi


スマートノート一週間

4月11日からつけだした、スマートノート。本日で7日分が過ぎました。全部で7つのフェーズに分かれているノートの使い方。ブログなどでものを書く習慣はあったので、第1と第2フェーズをまとめてすることにして、1週間つけてみました。

210411smartnote

ものを書く習慣がない人の準備運動としての位置づけの第1フェーズは、1行の箇条書き5行で一日の5つの行動日記をつけるというもの。第2フェーズは、その行動日記に楽しかったか、そうでなかったかの採点をつけるというもの。

採点してみてわかったのですが、そうすると、楽しくないことはしなくなります。その日の夜に書く日記のことを考えると、つまらない行動は避けるように考えている自分になっていることが発見できました。5個書かなければならないので、終日原稿だけ書いていたということも避けるようになって、楽しく有効な気晴らし(料理とか)を積極的に一日の行動に取り込もうという気にもなります。

ここ数年ずっとパソコンで文字を書くようになっていたのと、自分の手で実際に文字を書くのでも、同じ文字表現にも関わらず使う脳の部位が違うようで、これもパソコン依存で劣化した脳のリハビリにもなっているようで、良いなと思ったことです。スマートノート、まだあきなそうなので、今後も続けていきたいと思います。Kindle Unlimitedに入会している方は、無料で読めますので、よろしかったらどうぞ。『あなたを天才にするスマートノート・電子版プラス』

一瞬買い物に出たくらいで、ほぼ家にいた本日。なんだか食べ物ばかりの写真です。

朝食は、マンゴーのせトースト。

210417mango

昼食は、ベランダでとれたナスとロナルドにもらったイソマグロ、挿し木にしたマロンガイから落ちた新芽をつかった、ケソン州式シニガン。ケソン州式なので、サンパロックで酸味をつけるのではなくて、マグダレナ産のカラマンシーをたっぷり絞って酸味づけ。

210417sinigan

夕食の一品も、ロナルドにもらったイソマグロを酢とカラマンシー汁でしめてキニラウ。ビールがススム君でした。

210417kinilaw

日本に引っ越ししていったヨー君の家から頂いた乾物類。ものすごい量で、しばらくうるおいます。ありがとうございました。

210417kanbutsu

日常的すぎていちいち新規陽性者人数を見るのも億劫なコロナ状況。本日も1万人越えで、1万人程度で横ばい化するのではないかという予想のとおりになっています。このペースだと、5月も営業できないかも(T_T)。

スクリーンショット 2021-04-18 8.53.55

一週間後にはトータル感染者百万人突破ですね。


ミサやってた

最もアニラオを訪ねてくれた2歳児グランプリ(二度目のロックダウン中の先日3歳になりました)のヨーくん、本日日本へ帰国(というか、フィリピン生まれなので、引っ越し)。

ご近所なので、お見送りに行ってきました。生まれたときから知っている子で、健康に、どんどんおしゃべりになっていくのを、楽しく見守ってきました。引っ越し準備の忙しさの中でお母さんに怒られたのか、元気がありませんでしたが、新しい国で、新しい友達、経験にたくさん恵まれてほしいです。

210416byebye

子ども好き揃いのスタッフもみんな別れをSNS上で惜しんでいました。「次に会えるときには青年になっているかな」というコメントのスタッフ、それまでスタッフでいられるように頑張りましょう。

外出できずに足がむくみがちなお父さんに、火曜日にNHKの朝イチでやっていた、むくみ予防の距骨(きょこつ)ケアの特集を見てもらうことに。EVPAD、1週間分の番組がプレイバックできるので、こういうときに重宝です。

210416mukumi

4月いっぱいは営業再開できないのが確定なので、残った二週間中でもう一冊ものにしたいと、以前準備を始めたあと、別の本に浮気していたKindle電子書籍を仕上げるべく始動しました。『フィリピンの野菜:市場で迷わない80種の野菜ナビとレシピ40種』に関連したシリーズに入る予定です。文は書けるだろうけれど、写真が揃うかどうか。。。

夕方のトランペット練習は、もっぱら「花は咲く」。最後までほぼ暗譜しましたが、困ったのが、こういう斜線の入った音符。ペロッて吹くところなのですが、なんて記号? トランペットっぽい音の繋がりの出るもので、是非ものにしたい。明日以降頑張りましょう。

210416onpu

同時間に外出していた奥さんから「教会で礼拝やっているのに、豆腐屋がうるさい」とのお叱りが。コロナ防疫措置で集会禁止ではなかったかと思いましたが、ゲートを閉めてグリーンベルトのチャペルで無観客?で礼拝していたようです。信徒のみなさんは、閉じたゲートの外で静かにお祈り。

210416mass

教会から音がしている間はラッパ練習自重することにします。ゴメンナサイね。


自分の音はわからない

月曜日です。本日からマニラはECQから一段下がってMECQ(修正を加えられた強化されたコミュニティ隔離措置)。ショッピングモールの食料品以外のセクションも開きました。外出禁止が始まる時刻も夜6時から8時に2時間伸びました。

マニラのレストランも、テイクアウトに加えて、野外席での食事提供が可能になりました。店内での飲食はまだダメです。近所のあらやラーメン。自分の敷地の外に無理やり席を作って営業。たくましいです。

210413araya

ただ、仕事以外での越境は不可であることに変わりはないので、マニラからの集客が見込めないアニラオの理性的なリゾートの多くは閉店したままです。

第一弾のKindle電子書籍の『マニラで始めるスクーバダイビング』。器材の部分に加筆をして写真を入れました。文章の少ない書籍がこのところ続いたので、次は文字ベースのを書こうかな。

201023coverpage

夕方のベランダでのトランペット練習。今日もメインは『花は咲く』。ちょうど奥さんが買い物に出ていた時間で、100メートルくらい下、300メートルくらい遠くにいた奥さんから「あんた、聞こえたわよ」との報告が。結構音出るんですね。車の往来が少ないからかな。ベランダから外の開放部に向かって吹いている自分にはよくわからないもの。そのうち苦情がくるかな?

ガードマンの撮ったアニラオの夕日。本来は、こういう夕日に向かって吹きたいものなのです。

210412sunset


渋み苦み甘み

ホントウだったらダイビング三昧三連休の中日。マニラから遊びで越境できないので、マグダレナは今日もおやすみです。

12日の月曜日からどうなるのか、前回は土曜日には発表があったのですが、今のところまだ政府からの連絡はなし。新規陽性者は7〜9,000人前後でまだ推移しているので、常識的に考えて、ECQ(強化されたコミュニティ隔離措置)延長が妥当でしょう。一段下がってMECQにしたとしても、去年と同じ隔離内容であれば、遊びのための越境はダメなはずなので、営業再開はまだだと思っていたほうがよいです。

で、そんな我慢のステイホーム。家にいるとテレビはつけっぱなしになっていることが多くて、パソコンを叩いていても耳には入るようになっています。耳に入ってきたCMの綾鷹茶。「旨み渋み甘みが分るー」といっていて、そういえば、英語では渋みと苦みは余り分けていないのではと思い立ちました。

奥さんに、タガログ語ではどう?と聞くと、別れているよと。

渋い:Mapakla
苦い:Mapait

苦いは、ヤギの内臓の煮物のPinapaitan、Papaitanに使われているので知っていましたが、渋いタガログ語は初めて知りました。確かに、バナナの若いのは渋いので、日常に身近な食材で「あり」の感覚でしたね。φ(..)メモメモ

ちなみに、甘いはMatamis。砂糖てんこ盛りのコーヒーなど、フィリピンで最もポピュラーな味かもしれませんね。

最近立て続けに読んだ2冊。

『うしおととら』の藤田和日郎先生の本と。

210410fujita

『ジョジョの奇妙な冒険』の荒木飛呂彦先生の本。

210410araki

どちらもマンガ論の本ですが、別に漫画家になろうとしているわけではないです。ただ、物語の作り方として参考にしたかったのと、どちらも好きな作家だったからという理由で。いつか写真絵本に生かされるかも? ちなみに、一作目のKindle写真絵本、『うみべのけいびダックス ダプル』絶賛発売中です。

藤田先生の本は、マンガ論でもあるけれど、スタッフ養成論でもあったので、マグダレナのスタッフへの接し方への一つのアイディアとしていただきました。ほとんど応用きかないですけどね。

ボサボサになってきた頭を奥さんに切ってもらう土曜日。

210410haircut

「いつになったらグラタン作るの?」と、奥さんの中でなんだか私がグラタン作ることになっているようなので、明日作ろうかな。

210410sunset