少年とカメ

土曜日を迎えたアニラオ。水温はすでに底を打ったようで上昇中の26度。日中良い天気で、かなり暑いです。フィリピンの夏の到来の3月まであと2日。

アニラオの午前の海

小学生のコーヘー君と一緒に潜るために、ボート出発時の写真は海側からのものに。

ウミガメとゆっくりランデブーできて、ラッキーでした。ソンブレロの海況もよろし。これで18本の経験本数なのですが、誰も教えていないのにフロッグキックができています。子どもの身体に聴く力というのは、なかなか侮れないものです。

アニラオのウミガメと小学生

一緒に潜れるのは、あと1回あるかどうか。この写真はアニラオの記念にプレゼントしたいなぁ。

ボートが出た後のハウスリーフでは、会社の顧問弁護士のご家族友人御一行の体験ダイビング。日本人とはペースが異なりますが、かなり楽しんでおられたよう。

210227intro

午後のいっときは、有名ボードゲームを揃えてはみたものの、使用機会のほぼないものを有効利用してくださる、マニラ在住ボードゲーム愛好ダイバーによる、日本製ボードゲームの「枯山水」。徳を積みながら、立派な禅寺の庭を作り上げるゲームです。パッケージも渋い。

210227karesansui

本日も良い夕日で、みなさん思い思いのシャッターチャンスを狙って桟橋に集合。

海と夕日

アドバンスドオープンウォータートレーニングのナイトダイビング。日中はそれほどでもなく高をくくっていた、大潮の本日。この時間帯にハウスリーフ激流でした。それでも大きなウミウシが見れたり、楽しかった模様。

マニラナイトダイビング

今日のナイトダイブは二段構え。遅めのグループは浮遊系のナイトダイビングでした。ほぼほぼ最終形態の、ガザミさん。

210227kani

この子も着底間際、両目が揃って、色もついています。今晩あたり、浮遊生活脱出ですかね。

アニラオの浮遊系

この子はまだしばらく浮遊していたい、眼が向こう側にまだあるヒラメ。

アニラオの浮遊系

スイスイ泳ぐ、オトヒメエビ。

アニラオの浮遊系

ミミイカさん。写真提供、Takuさん。ありがとうございます。

210227mimiika

夜になって、弁護士先生にスタッフに向けてレクチャーをしてもらいました。貧しい家の出で、掃除婦からキャリアをスタートして、様々な職に付きながら苦学して弁護士になった経緯から、努力は報われること、自分の足で立つことなど、スタッフにも是非実践してほしい話の内容でした。

210227seminor

モンテンルパ刑務所の受刑者にも仲間たちと一緒に話しをしにいったり、裕福にはなったけれど決して偉ぶらない、シンプルでかつ思いやりのある、こういうフィリピンの人と知り合えて、一緒に仕事ができてよかったです。


蛇口はジャパン

のんびりダイビングデーのアニラオです。水温30度。

中層のグルクマ。もっと寄りたいけれど、なかなかそうさせてくれません。

アニラオのグルクマ

ダイニングの植木の鉢、床に直置きだとアリが巣を作ったりするので、持ち上げる必要が。4つ作ってもらったのだけれど、2個サイズが合わない、フィリピンあるある。

190621base

井戸の水の塩気が強い気がして、塩に敏感な植木に水をまくように、山の泉の水源のタンクから伸びているタンクに水撒きの蛇口設置。カクダイの日本製です。一応。

190621forset

イタリア製とか、東南アジア製とか、いろいろ使ってきましたが、蛇口に関しては日本製がいまのところ一番もちが良いです。汚れも付着しにくいし。おすすめです、っていっても、日本に住んでいる人は蛇口で苦労はしてないだろうなぁ。

紫っぽい夕焼けでした。

190621sunset


ダリラウトでワイド

ベタ凪のアニラオです。雨季はどこへ行ってしまった?水温30度。

アニラオの午前の海

桟橋横のツバメウオの幼魚。ゼブラバットの幼魚だっていてもおかしくないと思うのですが、いつも出るのは秋で、初夏では未発見。ダブルタンクで一度探しに行っておきたいです。

190618batfish

昨日のキルビスに続き、ワイドレンズでダリラウト。

190617darilaut4

アニラオ唯一の内部に入れるレックなので、構造物とダイバーをからめたい。

190617darilaut3

ツバメウオの群れいなくなってしまいました。残念。傷ついた魚がホンソメワケベラに体を掃除してもらいに来ることがよくあるので、そこを狙うのがよろしいかと。

190617darilaut9

ツースポットスナッパーとカラマツ。

190617darilaut5

フーネーとキンセンフエダイ。お願いしたわけではないのだけれど、目線とライトと、ポーズも決めてくれたのは、さすが関西人? ありがたいです。

190617darilaut7

ダイバーを絡めたいので、事前にお願いしておくのがワイドでは吉ですね。


キルビスでワイド

週初めのアニラオです。水温30度。透視度良好、波も穏やかです。

アニラオの午前の海

アニラオワイドクラブ活動日、ワイドレンズもってキルビスロックへ行ってきました。

ボトムが深いところでのエントリーが成り立つポイントなので、海底を移さない構図でのダイバーとボートが撮影できます。

キルビスワイド

キルビスといえば、この黄色のナマコ絨毯。世界のあちこちで潜られているゲストさんいわく、これだけたくさんいるのは珍しいのだそうです。

キルビスナマコ

ピグミーシーホースのウミウチワ。今日は不在でした。

190617kirbys6

キンセンフエダイが大抵群れているので、ウォールと魚とダイバーの構図もキルビスならでは。

キルビスワイド

立ち上る泡。

190617kirbys8

高低差が大きいポイントなので、泡上から撮影できます。

190617kirbys9

浅いところはハナダイがグー。

190617kirbys`0

マクロの方は、ヨコシマエビとか、カエルアンコウとかいろいろでした。

キアポ裏の食器街とデビソリアにお使いに出したスタッフ。キアポ教会の名物、ブラックナザレのキリスト像にご対面。

190617staff

かなり有名な像なのだけれど、むき出しで置いてあるんですね。

190617blacknasare

キアポといえば、教会の前の占い師も有名。将来出稼ぎに出るかも、ってフィリピン人はたいていそうだから、占いとは言えないような気もしますが、まぁ経験ということで。

190617uranai

雲が切れて久しぶりの夕日でした。

海と夕日


撮影二日目

今朝からマービンは、タガイタイへでかけていって、Polution Control Officerのセミナーへ。昨年ボラカイ島が環境問題で閉鎖になったのの影響で、アニラオでも、環境に関する配慮は高まっていて、政府も締め付けを強めているので、その対策です。

190528poc

勉強に苦手意識のあるマービンは青色吐息。でも、頑張ってください。

190528marvin

そんなマービンの苦労を尻目に、撮影2日目。セルフィーほとんどしないので、どんな顔して写っていいのかわからないの図。

190528divers

ボートの上から空撮ですが、結構風邪が強い中を果敢に飛ばしていました。キャッチするときは、キャッチャーが落ちないように、タイタニックフォーメーション。

190528drone

今日の撮影テーマは海のゴミ。15ミリのワイドレンズつけて参戦。これを機にアニラワイドクラブの活動再開したいですね。

190528trashdiver

拾ってきたゴミにコメントする番組ホストのシンディーさん。

190528trash

水中写真撮影しているところを撮影したいというのだけれど、ライト煌々とたいた2台のカメラに囲まれて、魚の逃げること。

190528cameraman

昼は食事の撮影。電動のターンテーブルなんかも用意されていました。

190528food

お願いして、スタッフと一緒に記念撮影。

190528staff

オンエアは9月か10月頃になるそうですが、詳細が決まったらまたご報告します。


考え事をしているときに上を向いてしまうのは何故

嵐の前の静けさのアニラオです。水温28度。

アニラオの午前の海

ハロウィーンが近いので、スタッフかぶりもの。

181027boystaff

ボートが出たあとのハウスリーフではアドバンスドオープンウォーターダイバートレーニング。

181027ue

コンパスナビゲーションについて、計算得意な方なので、やりにくい145度スタートで四角形を描いて戻ってきてみることに。右回りなので、90度足して曲がる角度を決めるのですが、考えるときに上を見てしまうのは、チコちゃんに教わった人は知っていますよね。

食事中のカメは下向き。それにしてもギャラリーの多いこと。

アニラオのウミガメ

オープンウォーターダイバートレーニングも。

181027owt

講習合間の「カタンの開拓者たち」。せっかく揃えたボードゲーム。使ってもらえると幸せです。

カタンの開拓者

日が落ちたらナイトダイブ。

海と夕日
にほんブログ村 写真ブログ 水中写真へ
にほんブログ村
ブログランキング参加中。
よろしかったらクリックお願いいたします。


ワイドもりもりダイブアンドトレック

よく晴れたアニラオです。水温26〜27度。

アニラオの午前の海

今日は久しぶりにダイブアンドトレックに行ってきました。というか、マグダレナはじめてからははじめて。

アニラオの隣の町のポイントで、遠いと思っていましたが、ボートが速いやつだたのと、追い風とで、40分かからずに到着。

アニラオではないので、ダイブパスも別料金です。150ペソ。

で、狙いは、ギンガメアジ。ツインロックスのギンガメアジがいなくなって久しいですが、ツインロックスがブレイクする前は、ダイブアンドトレックがギンガメポイントでした。ちなみに、ツインロックスが流行っていた間、ダイブアンドトレックにはギンガメアジなし。

アニラオからギンガメアジ

かなりの数がいますが、ツインロックスよりは深めです。16〜25メートルくらい。うかうかしているとデコが付きます。けど、人馴れしているのであまり逃げません。

アニラオからギンガメアジ

ワイドレンズで挑みましょう。

他には、入ってすぐのオヤビッチャとか。

180315oyabiccha

やたらついてきたがるブダイの群れとか。

180315budai

十字架もね。次回はギンガメアジともっと絡めて写したい。

180315cross

シャコガイとダイバーもワイドの被写体。

180315shakogai

シャコガイ育てていまして、どこからかもらってきたのを大きくしています。

180315shakogai2

陸の方は、メインの水源の新井戸、終わりまして、今のところ水は潤沢です。この前復活させた古井戸と、山の水源とで2バックアップ体制になりました。

180315tank

今日の夕日良かったです。

海と夕日

沈んだあとの夕焼けもアメージング。

海と夕焼け
にほんブログ村 写真ブログ 水中写真へ
にほんブログ村
ブログランキング参加中。
よろしかったらクリックお願いいたします。


2018年2度めのベルデ島トリップ

1月につづいて、2度めのベルデ島遠征日です。当初のメンバーとは入れ替わりがありましたが、11人で2ボートに別れていってきました。

ベルデ島遠征ボート

1時間30分ほどかかりますので、5時集合の5時30分出発は変わらず。

ベルデ島遠征に出発

スタッフいつもより早起きで対応してくれました。

前回ほどの大波ではなかったですが、風は強めのアガピト。エントリーとエキジットには緊張します。

入ってしまえば紺碧の海。

ベルデ島ダイビング

ギンガメの群れもでたのですが、水深深めでしかもダウンカレント。深追いは厳禁でした。

ハナダイソンブレロの3倍増し。しかしピンぼけ。朝一だったから寝ぼけていたとしか思えません。悔しい。

ベルデ島ハナダイ

ハナダイで埋め尽くされた感を写真で表現するのは難しいです。

180311hanadai3

アカモンガラもたくさん。

ベルデ島アカモンガラ

流れのないウォッシングマシーンでは、ポイントの端から端まで堪能。ナポレオンもいたのですが、よりきれず。

180311sasamuro

島でのバーベキューの目玉は、サンマ。美味しゅうございいました。

フィリピンの島でサンマ

肉とビールもね。3本目のマラヒボンマノックは前回よりも大回りをしましたが、サンゴはほぼ全滅した模様ですので、次回は別の場所で潜るべく、一度調査が必要ですね。

フィリピン島でバーベキュー

理想的には、アガピト2本、ウォッシングマシーン1本でベルデ島でBBQして帰ってくるコースです。

動画だとこんな感じ。

アニラオのマクロ組は、ヘアリーフロッグフィッシュに。

アニラオヘアリーフロッグフィッシュ

星の王子さま風(界王さま風ともいえる)のツガルチゴミノウミウシさん。写真提供、アンダーウォーターフォトグラフィーさん。ありがとうございました。

180311hoshinoouji

夜は歌のサービス付き。今日も何処かでデビルマン〜♬

180311singer
にほんブログ村 写真ブログ 水中写真へ
にほんブログ村
ブログランキング参加中。
よろしかったらクリックお願いいたします。


井戸掘れワンワン

のんびりでいい天気のアニラオ。水温26〜27度。

アニラオの午前の海

アニラオワイドクラブは、ソンブレロのキンギョハナダイ。オスが近くに来てくれました。

アニラオのキンギョハナダイ

15ミリ、なかなか寄り切れません。

アニラオのキンギョハナダイ

ボートの出たあとのハウスリーフではオープンウォーターダイバートレーニング。

マニラオープンウォーターダイバートレーニング

水が出なくなったメインの井戸。敷地内で掘りなおし開始。

180307deepwell

第三水源の古井戸、復活してテスト中。将来的には、ダイニング横につくる小さなプールの水源にするつもり。

180307pump

暑い午後のあとの夕日。

海と夕日

にほんブログ村 写真ブログ 水中写真へ
にほんブログ村
ブログランキング参加中。
よろしかったらクリックお願いいたします。


ヨロイウオ

明け方の空、月が綺麗でした。月光浴にいいです。

アニラオの月の入り

明けてダイビングへ。水温26〜27度。

アニラオの午前の海

久しぶりにココナッツポイント。アニラオワイドクラブとしては、ここにいる、ヨロイウオの群れを撮りたかったのですが、寄せてもらえず。ムズい。ヘコアユとヨロイウオ、似ていますが、ちょっとだけ違います。

アニラオのヨロイウオ

ラクダハコフグ、ココナッツにもいました。

アニラオのラクダハコフグ

日中暑くて、蜂も給水に。

180303bee
にほんブログ村 写真ブログ 水中写真へ
にほんブログ村
ブログランキング参加中。
よろしかったらクリックお願いいたします。