公園のネコ

GCQ(一般的なコミュニティ隔離措置)から検疫レベルの下がらないマニラ。21歳未満と61歳以上の年齢の人は外出してはいけないというのが規則です。しかし、黙って7ヶ月も家こもっているフィリピン人ではありません。子どもも老人も、ルールはなかったことにして町をウロウロしていますが、マンションによってはお上に言われた通りの厳しい運用で、子どもの外出が許可されないところもありました。

そんなご近所に住むダイバー仲間のお子さんの外出が7ヶ月ぶりに解禁になったというので、一緒にプチお散歩してきました。解禁からすでに何日か経っているので、公園の猫ちゃんとも、散歩でつられれてくる犬くんたちともすっかり顔見知りな模様。

201013cat

普段公園のネコに注意を向けていなかったのですが、誰かが去勢して、印のために左耳の先を切り取って区別しています。

いやー、それにしても付添いのお母さん、私たちが引き上げた後も少年の有り余る体力に付き合って公園をぐるぐる。午前中だけで1万歩越えていたんじゃないでしょうか。ご主人仕事で、一人で家と子どもを守るのって大変です。

大理石の器を見に、SMメガモールへ。マカティのモールよりは少し人手が多い感じですが、閉めているテナントも散見されます。ちょうど昼時で、何を食べようと探していたときに目に止まった、「ビール祭り」。参加してきました。わっしょい。

201013beer

豚の串カツがイマイチでしたかね。

アニラオの夕日は、すこしアンニュイな感じ。

201013sunset

8月からスタートの、アニラオ生物図鑑リニューアル企画。

本日は、アカホシカニダマシ。写真提供TAKUさん。ありがとうございます。

アカホシカニダマシ:草間彌生先生、ですか?

アカホシカニダマシ:草間彌生先生、ですか?

お気に入りの水中写真で作るアニラオ図鑑:初めて見て感動した、思いの外綺麗に撮れた、思い出のあの人と潜ったときに見たなぁ、我がライティングを見よ!、きっと誰にも見向きもされないだろうから私が図鑑に載せてやる、など、皆さんの思いの宿った水中写真でホームページのアニラオ図鑑をリニューアルします。

図鑑のようにヒレ全開横向きではっきり写っているものでももちろん良いのですが、優先は皆さん一人ひとりの思い入れです。

·写真(縦でも横でも。長辺640ピクセル)
·生き物の名前(わからなければこちらで調べます)
·思い(書かなくても可。写真から感じ取ります)
·ニックネーム(写真にコピーライトで入れます) をメールでお送りください

奮ってのご参加、お待ちしております。皆さんの思いに触れさせて、元気にさせてください。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">