浮遊のイトヒキアジ

いい天気のアニラオです。水温26〜27度。透視度は相変わらずイマイチ。

アニラオの午前の海

海沿いの外壁の色、紆余曲折がありましたが、こういうパターンにすることに落ち着きました。

190327wall

海沿いのロゴの周りにつけるタイルを探しにウィルコンへ。いやー。迷うこと。ちょうどいいのがないのです。

190327tiles

サンパスカルからの抜け道を通るたびに気になっていた、メキシコ料理のEl Trroに、ウィルコンからの帰り道ランチで寄ってみることに。

190327eltrro

こんな田舎にメキシカンと思っていたら、案の定、フィリピン人女性と結婚した白人さんがオーナーでした。

190327babyback

思いの外、ちゃんとしたメキシカン。あまりフィリピンに妥協していない感じの味です。

190327chiliconcarne

久しぶりに夕方曇りました。

190327sunset

それからの、浮遊系ナイト。

紫のメガロパ。

190327lighttrap

赤点のイカ。

アニラオの浮遊系

泳ぎスタイルのオトヒメエビ。

アニラオの浮遊系

停止時には見慣れたポーズになります。

アニラオの浮遊系

クラゲに擬態しているとしか思えない。

アニラオの浮遊系

タコ。花形です。

アニラオの浮遊系

ヒラムシさん。

アニラオの浮遊系

すました表情のツツイカさん。

アニラオの浮遊系

別のイカ。

アニラオの浮遊系

たまに見る丸いタコ。

アニラオの浮遊系

エソ。

アニラオの浮遊系

出物!めったに出ないイトヒキアジ。

アニラオの浮遊系

夜だったら普通のヒメイカ。

アニラオの浮遊系

写真提供、jun291.comさん。ありがとうございました。


3月下旬の浮遊系

いい天気のアニラオです。水温26〜27度。水は相変わらず濁り気味。

海辺の大理石ロゴ、埋め込んでみました。70キロで重いのですが、落ちれくることはなさそうで一安心。

料理教室には出したものの、切り方の種類とか、調理器具の呼び名は教えてくれなかったので、レストラン勤務経験のあるジェイアールにレクチャーしてもらいました。

ファインジュリアンが千切りに相当します。いちょう切りに該当するのはリストになかったです。

お客さんのいない隣のマユミリゾート。小型のバンカーボートを片付ける村人。

昨日の夜の浮遊系。日中濁っていたので、覚悟していましたが、夜もやはり濁り。場所もいつものポイントより北にずらしてより砂地っぽいところにしてタコを狙いましたが、近くに漁網はあるし、流れもあるしで、イマイチの場所。でも、普通くらいには出ました。

赤点の入ったエソ?

パタパタの黄点貝。何個体か出ていました。

屈伸宙返りのシャコ。

カニダマシかな。

着底間近のエソ。

クシクラゲ。

ツノツノ。

レッドなエビ。

前へ倣えのテッポウエビ。

はじめて会いました。緑の点の入ったレプト。泳ぐの早くて、丸まるのは嫌のよう。

ホタルイカモドキ?

バッテンのクラゲ。

ツツイカ。写真提供、jun291.comさん。ありがとうございました。


トロンボーン

良い海況のアニラオです。水温26〜27度。

アニラオの午前の海

ボートが出たあとのハウスリーフでは、アドバンスドオープンウォーターダイバートレーニング。コンパスを使ったナビゲーションと。

リフトバッグを使ったサーチアンドリカバリーなど。

◯□さんに運んでいただいたトロンボーン、持つべき人の手に渡りました。新人コックのジェイアール(相撲の新弟子っぽいですが違います)氏は昔フィリピン大学の音楽科の10年奨学生。家庭の事情で学業は断念しましたが、かなりの本格はらしいです。

日本から運んでいただいた◯□さんのお嬢さんお二人もずっと吹奏楽をやられていたそうなので、何曲か披露させてもらいました。

とある事情で若い頃お母さんに買ってもらったトロンボーンを失って7年。7年ぶりなのにちゃんと音が出ていることに驚かれていました。

トロンボーン1本ではつまらないので、トランペットも1本購入。来週あたりから練習します。ギターとか、ピアノとか、ディジュリドゥーとか、これまでものになった楽器がリコーダー以外一つもないので、どうなるかわかりませんが、午後おならのような音が聞こえたら、それは私です。