スタッフ提案コルケージ導入のお願い

アニラオ活動日。末っ子の乳離のできないアイサ以外のスタッフが久しぶりに揃いました。

210129meeting

日本も寒いようですが、連動してフィリピンも涼しく、窓開けっ放しが多いスタッフの家では明け方冷えて、本人か家族の誰かが風邪を引くのは、コロナ禍じゃなくてもこの時期の風物詩。先々週にアニラオで出た陽性家族クラスターも、最初の一人はマニラ近郊の医療機関で感染してきたようなので、ちょっと病気だからと医者になおさらかかれないこのご時世、家族と自分が健康でいられることの幸運(手指消毒などの努力は怠らないにしても)は噛み締めていたいものです。

全体ミーティングのあとのダイニングスタッフミーティング。そこで出てきた提案が、「酒類持込料頂いてはどうでしょう」。

210129diningmeeting

レストランへの酒類持ち込み料金コーケージ(綴は英語のCorkageなので、コルケージのほうが日本語英語ぽく聞こえます)はフィリピンのレストランで広く採用されているものですが、マグダレナではこれまで不採用でした。

全スタッフ中終業時間が最も遅くなるダイニングスタッフの、時間外労働賃金分の工面を彼女たちなりに考えてくれた結果のようです。

隣のマユミリゾートを含む、有名どころのアニラオダイビングリゾートの持ち込み料金、スタッフの調査によると以下のとおりです。

210208corkage

コロナ禍後にも残すか未決ですが、現状で試験的にコルケージ導入させていただきたいと思います。ご持参の酒類ダイニングエリアでの飲用1本につき、300ペソの酒類持ち込み料の導入に、ご理解とご協力よろしくお願いいたします(2021年3月より適用)。

もともとCorkageは、ワインの店内持ち込みについてコルク開栓料として発生したもののようなので、このワインはカリカリだからとか、樹脂の栓でコルクじゃないとか、焼酎はワインじゃないとか、あまり難しい理屈を考えないようにお願いいたします(*^_^*)。

ペットボトルに移して飲んでいたらわかるまいと、セブのマラパスクアのリゾートに大五郎を持ち込んで仲間たちと飲んでいた時代を懐かしく思い出しました。ペットボトルの「水」を水で割る行為まではカウントしない予定です。

ダイニングスタッフの新しいエプロン、体に合わせて少し手直し。

210129epron

奥さんが以前から飾りたかった写真をマニラのフォトショップで引き伸ばして、近所で手に入る一番大きな額に入れようとしたところ、写真のほうが大きい事件。というか、額がサイズ表記より小さかったのが原因でした。ので、泣く泣く写真を少し切ることに。

210129gaku

Underwaterphotographyさんの撮影した、ナンヨウショウビンのペア。コロナ禍以前に撮影されたものですが、このときからソーシャルディスタンスは自然界では常識だった模様。

210129pict

朝の時間に海に向かって左側の海岸によく出現していたナンヨウショウビン。そういえば、隣の隣の敷地で工事が始まって、藪も全てなくなってしまって棲家を追われてしまったかと心配になりましたが、ちゃんとご存命でした。

草葉の陰からダプル。

210129daple

いい週末になりますように。

210129sunset


洗濯機分解

マニラもアニラオも五月雨の一日。今日は一日外出することもないかなぁと思っていたら、用事ができました。

プラスドライバー(大)とソケットレンチセットを買うためにDIYショップへ行くこと2回。

Eagleのソケットレンチセットは、フィリピンでは定番です。ちょっと安普請ですが、お買い得。なぜか30%引きで、384ペソ(約855円)でした。

201008driver

なぜ追加で工具が必要になったかというと、突然始めた奥さんの洗濯機分解掃除のためでした。洗濯機の汚れ除去なぞ、自分の中で必要事項のリストに入っていなかったのですが、洗濯槽の外側などに付着した汚れが剥がれて洗濯物が汚れるのだと。

かれこれ10年以上使っている洗濯機、コロナロックダウンが始まった頃に、ネットで調べた洗浄方法でお湯やら重曹やらで汚れとりの努力をしていましたが、うまく汚れが取り切れないようで、分解することに。

201008sentakuki

トリセツには分解方法までは書いていないので、手探りでやりつつ、錆びついて回らないネジにはお酢をかけたりしながら、足りない工具を駆使して、ようやく分解。下の方は以前の重曹湯で汚れが剥がれたっぽいですが、上の方の汚れは全残り。

フィリピンの粉石けんには、チョークも入っているようで、それがこびりつきの原因の一つでもあるようです。最近は液状の洗剤を使うようにしているのですが、それはそれで一理あったよう。アニラオの水は石灰質なので、洗濯機への汚れの付着はもっと強固なんだろうなぁ。早めに分解掃除したおいたほうが良いのか。でも一日仕事だしどうしたものか。

私はネジの開け締めをしたくらいで、結局奥さんのほぼ一日仕事の分解掃除でした。高圧洗浄機があったら、時間短縮できるのかも。日本で業者に頼むと2〜3万円かかるらしいねというと、「じゃ、何か買ってくれ」と奥さん。

お父さん家の雀の餌の安い米他を買いにランドマークへ。奥さんリクエストの明治のクラッカーを探して菓子売り場を検索中、商品棚にべったり寄りかかって仕事もしないで女性スタッフに一方的に話し続ける男スタッフに、「クビになれ」の呪いの言葉を心のなかで唱えてみた。

201008landmark

目当てのクラッカー発見。ちょっとした差ですが、ローカルのスカイフレークスより仕上がりがなめらかな感じ。1箱56.65ペソ(125円)。青い箱の方だと脳内確認して買ったのですが、奥さんがほしかったのは緑の方だったそう。無意識レベルですれ違い。

201008cracker

アニラオの方は、ダイニングエリアに海のカワセミ、ナンヨウショウビンが迷い込んで、しばし手乗り状態に。しばらくして回復後、自然に帰りました。

201008kingfisher

昨日からグラタンが食べたいと思い立ち、夕食はグラタンを作るとの朝からの予告通り、ホワイトソースから作るのは多分はじめてのエビグラタン。お父さんはグラタン好きだというので、一皿届けたら、喜んでくれてよかったです。それにしても、具が多かったのか、ホワイトソースが不足気味。足りないときに追加できる牛乳を余分に残しておくべきでした。φ(..)メモメモ

201008guratan

8月からスタートの、アニラオ生物図鑑リニューアル企画。

本日は、深場のヤマブキハゼこと、ボルケーノシュリンプゴビー。写真提供toto8_007さん。ありがとうございます。

ボルケーノシュリンプゴビー:居ました居ました♪深場の令嬢☆。引っ込むと待てるチャンスがないので、最近はご無沙汰です。

ボルケーノシュリンプゴビー:居ました居ました♪深場の令嬢☆。引っ込むと待てるチャンスがないので、最近はご無沙汰です。

お気に入りの水中写真で作るアニラオ図鑑:初めて見て感動した、思いの外綺麗に撮れた、思い出のあの人と潜ったときに見たなぁ、我がライティングを見よ!、きっと誰にも見向きもされないだろうから私が図鑑に載せてやる、など、皆さんの思いの宿った水中写真でホームページのアニラオ図鑑をリニューアルします。

図鑑のようにヒレ全開横向きではっきり写っているものでももちろん良いのですが、優先は皆さん一人ひとりの思い入れです。

·写真(縦でも横でも。長辺640ピクセル)
·生き物の名前(わからなければこちらで調べます)
·思い(書かなくても可。写真から感じ取ります)
·ニックネーム(写真にコピーライトで入れます) をメールでお送りください

奮ってのご参加、お待ちしております。皆さんの思いに触れさせて、元気にさせてください。


庵点

アニラオのヴィラマグダレナから海に向かって左側にはカワセミの仲間、ナンヨウショウビンの生息地があって、常連さんの中には朝活発に動いている様を撮影するのが日課になっている方もいらっしゃいます。

アニラオのナンヨウショウビン

コロナロックダウンで人気の少ないリゾートにも頻繁にやってくるのですが、本日うかつにも締め切りのダイニングの窓ガラスにぶつかってしばらくダウンしていました。


ダイニング~
ガラス激突
脳震盪~
写真家羨む
手乗りショウビン~

普段短歌は詠まないのですが、なんだか降ってきました。仕事しなくて貴族体質になってしまったでおじゃるか。

ところで、「〽」この和歌の前につける記号、名前があったそうで、庵点(いおりてん)だそう。へぇ。

今年はまだ台風が2個しかできていませんが、雨季には入っています。夕方になるとたいてい夕立があり。

200727sunset

近々アニラオのスタッフとミーティングをするので、その準備のひとつ。アルコール買い足し。スタッフ教育用のコロナ関連のビデオまとめたりも。

200727alcohol

奥さんに散髪してもらい、お父さんの髪をやっている間に担当した、残り物でパスタランチ。前回の白アスパラの瓶詰めののこりと、食べそびれていた生ホタテ。ホタテの入った分、今回のソースのほうが味わい深いような。

200727pasta

夕食は、昨日作った無水じゃなくなった牛肉カレーと。

200727ccurry

豆腐が食べたかったので、これ。

200727tofu

奥さん曰く。豆腐とカレーは絶対にあわない、だそうですが、そんなことないですよね?


ツバメ渡航自粛か

ロックダウン続行中のマニラ。観光省に書類を出したり、銀行に行ったりで、特に事件はなし。

アニラオの方は、まだいるツバメ。もしや、海外への渡航自粛じゃないですよね。ソーシャルディスタンスも守ってます。

200604swallow

なにかのロゴになりそうな夕景でした。

200604sunset


ごとおき

家の戸棚の取っ手25個を交換するために、モール内のハードウェアを目指す日曜日。

マニラは明日の6月1日から、MECQ(修正を加えた強化されたコミュニテイ隔離措置)からGCQ(一般的なコミュニティ隔離措置)に規制が緩和されます。混み合いの具合はいつもの土日とそれほど変わらず。ランドマークなどスーパーは入店まで1時間程度の待ち。モールの他のお店はそれほどでもないです。

エスカレーター、自主的にソーシャルディスタンスしています。

200531distance

モールによっては、エスカレーターで乗る位置が足跡で指定されているものも。

200531step

3段空けて次の足跡があらわれます。というのを、日本語で表現すると、4段ごと、3段おきであっていますか? 最近日本語が怪しいです。

2005313danoki

足跡のついていないエスカレーターの指示はこう。3段空けがマカティのスタンダードらしいです。

200531english

ランドマークの上で無事取っ手購入。明日取り付けます。

200531nob

グロリエッタのJipan,開いていましたが、料理のテイクアウトのみ。パン(ここの食パンが昭和っぽくて好き)は在庫を置いていなくて、注文して配達して貰う必要がまだあります。

200531jipan

開店当初は長蛇の列だった、タピオカミルクティーのTiger Sugar。本日初めて、自分のためだけにタピオカミルクティーを買ってみました。甘いものは普段あまり口にしないのですが、普通に美味しいです。

200531tiger

アニラオの方は珍客が。巣立ったばかりでうまく飛べないきれいな鳥を、ガードマンの犬ダプルが発見。吠えて知らせてくれました。

200531yairocho

ズグロヤイロチョウ(Pitta sordida)だそうです。似た鳥にフィリピン固有種のソライロヤイロチョウ(Pitta steerii)というのもいるようですが、これはズグロ。頭全体が黒いです。ソライロは顎のあたりが白。

200531tori

無事飛び立ってほしいです。


アーリーバード。。。

早起きものの多いアニラオです。すると、ベタ凪のハウスリーフ沖をイルカの群れが。早起きは三文の得(The early bird catches the worm.)。

アニラオのイルカ

どちからというと、朝飛んでいる鳥が捕まえているのは、ミミズなどのWormよりは、羽虫のFlyのような気もします。越冬で北から渡ってきているツバメたちも朝はたくさん飛んでいますよ。

そんなアーリーバードの一匹が、ダイニングのガラスに激突。鳩を小さくした、いわゆるムクドリサイズ。山鳩みたいな色合いです。

アニラオの野鳥

通常は脳震盪がおさまるまで15分ほどじっとしていると治ってまた元気に飛んでいくのですが、
180304hatodeath

この子は打ちどころが悪かったようで、お亡くなりになってしまいました。合掌。しばらく蘇生を試みましたが、だめでして、速攻マービンの胃袋へ(←ほんと行動早かった)。いつも5時30分から掃き掃除の早起きマービン、一羽の得。

アニラオワイドクラブは、ネッタイミノカサゴと。

アニラオワイド写真

ハナミノカサゴ。

アニラオワイド写真

夕日は今はルバング島の右に沈みます。

海と夕日
にほんブログ村 写真ブログ 水中写真へ
にほんブログ村
ブログランキング参加中。
よろしかったらクリックお願いいたします。


ナンヨウショウビン

朝食前の海辺に待ち伏せる、少年の心を持った二人。海に向かって左側に縄張りを持つカワセミの仲間の撮影を競っています。

180107birtd

最近のように朝潮が引いている潮回りのときよく現れる青い鳥。朝でなくても、潮が引いて露出した海底にしばしば出没します。朝の時間帯のほうが順光なので、写真は撮りやすいです。

アニラオのナンヨウショウビン

詳しい人に聞くと、カワセミの親戚のナンヨウショウビンだそうです。名前が判明してありがとうございます。写真提供、アンダーウォーターフォトグラフィーさん。ありがとうございます。張り合っていた虫のオジサンこと、ワレカラさんは飛んでいる姿をゲットしたと勝ち名乗りをあげていました。

トリ用の陸撮カメラをしまって、水中カメラに切り替えてダイビングへGO。

アニラオの午前の海

尖っているモノつながりの、トガリモエビさん。

アニラオのトガリモエビ
アニラオの夕日

2018年始まったばかりですが、今年度の夕日大賞(別に毎年選んでないですけど)をとりそうなこの作品。むぅー。


キングフィッシャー

シルバーウィーク中日。今日帰る方と、今日来られる方の多い日で、日中は少人数でのんびりでした。水温30度。

アニラオの午前の海

なんかコガネムシ。

160921bugs

ハウスリーフではフィリピン在住6年のおじさまの体験ダイビング。

マニラ体験ダイビング

日除け工事3日目。

16921const

ダイニングで仕事をしていると、ゴツンという音が。カワセミの仲間がガラスにぶつかって脳震盪を起こしていました。英語だとキングフィッシャーです。

わけわからない状態なので、野生なのに手乗り。

160921kingfisher

30分ほどで復活して飛び立っていきましたとさ。

隣のマユミリゾートの犬。

160921inutank
にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村
ブログランキング参加中。
よろしかったらクリックお願いいたします。


それでもやりたい、ダイブマスタートレーニング

ボート出発時には小雨のアニラオ。のち1時間ほどしたら晴れました。水温29〜30度。

アニラオの午前の海

ナカソネカニダマシさん。カニダマシ類はハサミの上辺が動いて、カニ類はハサミの下辺が動くんだそうで。

ナカソネカニダマシ

ボートが出た後のハウスリーフ。ダイブマスタートレーニングのスタミナ評価、800メートルスノーケルスイムです。

160716800mswim

必死に泳いで2点ゲットの代償。生き返るのに1時間かかりました。

160716taoreru

ダイニングエリアにカワセミの仲間が迷い込み。

カワセミの仲間

なかなか赤い夕日でした。

フィリピンの夕日

日本からおみやげで頂いた、流行っているという塚田農場のミソ。日本てなんでもあって便利ですね。ごちそうさまでした。

フィリピン塚田農場

にほんブログ村 写真ブログ 水中写真へ
にほんブログ村
ブログランキング参加中。
よろしかったらクリックお願いいたします。

ゲストさんの個人企画でアポリーフクルーズがあります。2016年12月23日マニラヨットクラブ出発、12月28日夕刻終了。詳細はこちらまでお問い合わせください。dive.bahura.vm@gmail.com


ミナミハナイカの威嚇

威嚇時はノシイカになります

午前晴れたアニラオです。日本からのゲストさんの多くが今日最終日。水温25度。

アニラオの午前の海

最近各地で出没中のミナミハナイカさん。

ミナミハナイカ

色がネオンのように変わる、キレイ子ちゃんですが、他のハナイカを威嚇するときは、体をぐっと潰して平たくなります。普通動物は威嚇時には口を大きく空ける、毛を逆立てるなど、相手より大きくみせるのが普通ですが、ミナミハナイカの場合は体をとがらせるみたい。

ミナミハナイカ威嚇

前方に触腕を左右に振りながら、「刺すぞこら〜」みたいな感じで相手のハナイカに突進してました。画像提供、マクロ大好きさん。ありがとうございました。

ゲストさんたちがダイビングへ出発後、夜の結婚パーティの飾り付け。

という横のハウスリーフでは、オープンウォーターダイバーのトレーニングも。

オープンウォータートレーニング

ヴィラマグダレナのガードマンは、木登りなどいろいろな特技があるのですが、野鳥の手づかみも特技の一つ。前回のサギに続き、パーティの準備中に迷いこんできたこの子も捕獲。

ガードマン野鳥を捕獲

というか、弱っていたみたい。久々にフィリピンの鳥図鑑を参照してみると、Common Emerald-Dove (Chalcophaps indica)のオスだそうです。ハトの仲間ですね。

common emerald dove

夕方になってバンドの機材搬入。早速マイクを奪い合うスタッフ。

バンドが来た

シェフはお玉とフライ返しでドラマーに変身。

シェフはドラマー

今回の豚の丸焼き(レチョン・バボイ)、セブで注文してマニラの空港引取の空飛ぶレチョンでした。

バンド、なかなかパワフルでした。またきてほしいクオリティ。

バンド サンタモニカ

フィリピンのパーティ定番、ディスコタイムでは、新郎新婦も踊る〜。

新郎新婦ダンス

最後はネコの旦那さんがバンドのギターを奪い、新郎のお友だちと「トゥルーラブ」をプレゼント。

ギターを引くコバピッ

ブーケトス2回やったのですが、2回ともゲット。

末永くお幸せに!

アニラオの新郎新婦
にほんブログ村 写真ブログ 水中写真へ
にほんブログ村
ブログランキング参加中。
よろしかったらクリックお願いします。