133ペソのお買い得

フィリピンでのコロナロックダウンが2020年の3月に始まった後に習慣化したことの一つが、鼻うがい。

アニラオからマニラに帰ってくると空気が悪いせいか、鼻水やくしゃみが出るようになっていたのを、見かねた奥さんが、一旦物が消えた後に在庫が復活してきた6月頃に100均一(66ペソ均一)で見つけてきたケチャップ入れを使っていました。ちなみに、奥さんに鼻うがいの週間はありません。

鼻うがいのおかげなのか、マスク着用で鼻腔が潤っているせいなのか、手指消毒のおかげなのか、不要不急の外出を控えているからかはわかりませんが、この11ヶ月、風邪を引きませんでした(ダイビングサボっていたのも大きな要因かも)。鼻もスッキリして気持ちいいので、鼻うがいの習慣は今後とも続けていくつもりなのですが、困ったことが。

年始から再開した、アニラオとマニラの二重生活。前々回アニラオに鼻うがいケチャップ容器を持っていって忘れて帰ってきた悲惨です。代わりの容器を探してデパートのプラスチック容器売場や、最寄りの3箇所の100均アイテム売場に足を運ぶも、ちょうどよいものに出会えず。

で、結局通販でNasalwashで検索しました。2つ送料込みで266ペソ。ひとつあたり133ペソです。

210201hana

鼻の穴にピッタリあたって隙間ができないので、水だけがちゃんと鼻の奥まではいってきます。注ぎ口の小さい前のやつだと、空気と水の両方がはいってきて、2つの速度が違うので気を抜くと中耳に違和感を覚えることがあったのが解消されて、幸せ感アップ。

付属の注ぎ口は、一穴のものと、小さめの穴三つのものがありましたが、私の好みは一穴。しっかり水が鼻に入る感じが○ですね。

210201nosle

鼻うがいで気をつけたいのが、鼻から侵入して死に至らしめる、脳食いアメーバのフォーラーネグリア。「脳溶けとるんちゃうん」といわれるのが本当にならないように、蛇口の水は使わずに、一応ペットボトルの飲料水を使うようにしています。

本日2月のダイヤモンドソンブレロでした。本当に真ん中に落ちるのは明日になりそうです。スッキリ晴れない、こういう暗雲タイプの絵も、なかなか趣があってよいですね。

210201sunset


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">