電子書籍第3弾出版

コロナ収入減の副業として始めたKindle電子書籍出版。『マニラで始めるスクーバダイビング:プロがアドバイスする、損せず得するマニラでの潜水趣味事始め』『フィリピンの野菜:市場で迷わない80種の野菜ナビとレシピ40種』に続く、第3弾ができました。

210408cover2

『中年ニートフィリピンダイアリー:コロナ世界最長ロックダウンの国での無収入9ヶ月間の日常』。今回はモータクモー名義でなくて、オオサワヨシオ名義です。コロナが始まって1年が経つのを契機に、最も先行きの見えなかった、ロックダウン開始直前の3月10日から、営業再開をした12月26日までのブログを基に修正加筆した内容です。

通しで読み返してみると、なんとかしようとしていた自分、変わらなければならないと焦る自分が垣間見られて、今なんとなく仕事が再開していて忘れてしまいそうになっている大切な動機が書き残されていて、自分にとっては大切な作業でした。

今回も、寄付折込価格の500円。どうぞお手にとってもらって、アニラオに次回お越しになったとき、「あんな良い人ぽいっこと言ってたのと、あんた今違う」のツッコミのネタにしていただければと思います。

しかし、アマゾン、「本の内容の一部がネットで公開されていますが、内容に関して権利者でいらっしゃいますか?」と連絡をよこしてきた。世界中にある膨大なデータの中から、同一データを自動的に見つけ出してくる技術、すごいですね。一応手続きはしましたが、猶予期間の5日後に削除されていたらすみません。

アップロードの終わった後は、本日からECQ(強化されたコミュニティ隔離措置)に逆戻りのマカティ市内へ。

210329landmark

全く人通りがないほどではないですが、いつもより更に減。しかし、タクシー、こんなに出てきていて、お客さんはつかないだろうに。

ランドマークは、食料品と薬局だけ開店なので、明るい地価と真っ暗な地上のコントラスト。

210329supermarket

外に出るには、検疫パス(Quarantine pass)が必要だということでしたが、コンドミを出るときも、スーパーに入るときも提示は求められなかったです。

昨日コンドミ下の美容院に行ってきた奥さん、美容師さんに「もしかしてオオサワさん、ベランダからラッパ吹いてました? 聞こえましたよ。ラッパのマークの正露丸」と言われたそう。

210329trumpet

随分昔に試したときは耳を澄まさないと聞こえない程度の音しか出なかったのですが、より響くようになったってことですかね。ご近所迷惑にならない程度にしておかないと。

210329covid

本日フィリピンの新規陽性者、新記録の4桁1万人に突入。締め付けを強化して1周間が経つので、来週半ば以降には下降に転じてもらいたぞ。

先日3月24日にマビニの観光課から聞かれた、コロナワクチン接種用の従業員リスト、今度は、そのひとつ上の観光省リージョン4aの事務所から名簿を出すように連絡があった。前者は自由なレイアウトで良かったが、後者は書式指定。同じ系列なはずなのにお互い繋がりがないんだろうなと思いつつ、こちらも提出。しかし、Bccを使わずにCcでエリア中の事業者にメールを送るのはやめてくれ。

しかも、「受け取りました」の連絡をReply to allでする事業者が必ず数件いるのも、あいかわらずで、やめてほしいっす。それから、メール受領の連絡を強要する割には、自分が受け取ったときに連絡をよこさない不徹底さも、いい加減なおしてもらいたいですな。


3 thoughts on “電子書籍第3弾出版

  1. 遅くなりましたが、購入させていただきました。このロックダウン中に読まさせていただきます。

    • ありがとうございます。ヽ(=´▽`=)ノ
      毎日いい天気で、海が恋しくなりますね。

      • はい。こんなに良い天気なのに!
        「ホンビノス貝とオデンハウスのスモークサーモンでワイン」羨ましいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">