防犯カメラにマンタ

週末のアニラオのリゾートの買い出しのために、カルティマール市場へ買い出しへ。

211020purple

先週くらいから出ているようですが、紫色のベルペッパー、売られているのを初めて見ました。黄色のよりずいぶん安い価格、というか、黄色が異常に高いんですね。隣の箱の赤(緑斑でも、熟せば赤)はキロ220ペソでした。

お尻にハエがたかっていたら、注目してしまいますよね。

211020shiri

八百屋の猫ちゃん、首輪もつけてもらって、愛されています。アイマスクもつけてもらえたら、もっと安眠できるかも。

211020cat

新しい単語覚えました。「ホレカ(HORECA)」。ホテル、レストラン、カフェ用ということで、日本語だと業務用ですか。語感的には強くてドイツ人みたいなギョウムより、ふわっとしたポリネシアっぽいホレカの方に惚れてしまいそうです。

211020horeca

昨日中断された、運転免許の学科講習。2コマ目の本日は無事実施。スキップした1コマ目は来週うけることに。

211020drivingschool

運転に許される血中アルコール濃度は0.05%だそう。日本が0.03%なので、少しゆるいですね。ビール中瓶1本、日本酒1合、ウイスキーダブル1杯くらいなら大丈夫ということですね。

ちなみに、バイクとタクシーなどの乗客を乗せるドライバーに許される血中アルコール濃度は0%なので、こちらは完全にノンアルである必要があります。酔っていてもいなくても事故の多い国なので、運転するときには気をつけなければ。そういえば、推奨事項に「お祈り」するというのもあったので、安全運転に神頼みも必要だという認識があるのかも。バックミラーにロザリををつけているドライバーは多くて、運転前にはロザリオに触れてから胸の前で十字を切る人多いです。

5時間の学科が3コマ。15時間の学科が必須となっている現行の運転免許証の取得手順。結構な内容をタガログ語混じりの早口の英語でレクチャーするので、外国人にはなかなか大変だと思いますが、もっと大変だと思うのが、教科書がないこと。すでに日本で運転していた私は、日本との違いをアジャストしていくだけで済みますが、全く初めての他のフィリピン人生徒さんには、理解するには大変な量の内容だと思います。必要な部分は、モニタからノートに書き写すように講師が指示しますが、カメラで撮影したほうが早いです。

211020monitor

少人数で、日本の講習(私の受けた20数年前)より、講師と生徒の質問のやり取りがあったり双方向的なところと、質問を振られて物怖じしないで全員答えるフィリピン人の明るさは○でした。

アニラオの方は、ガードマンから、リゾート前の海から何かが水を叩いた大きな音がしたというので、防犯カメラを見てみたらとすすめたところ、映っていました。

マンタですよね。๛ก(ー̀ωー́ก)

211020manta

そう見えますよね。

211020mantaup

ちなみにこの日、ソンブレロの近くでサワラを突いていた素潜り漁のロナルドも、2〜3メートル幅の大きなマンタと遭遇したとか。水深は20メートルほど。すでに息止めて潜っていますが、水中で大きなマンタと突然遭遇したら、止まった息をさらに飲み込みますね。ダイビング中に遭遇してゆっくり拝みたいものです。

天気もよいですし、週末の海に期待です。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">