皿の前後

マニラ行動日。「どうせKuranosuke行くんでしょう」という奥さんの期待を裏切って、Ramenくろだで、ブログ書きの昼食時。

くろだに昼時に来ることはなかったのですが、結構な混雑ぶりで、料理が出てくるのがこの上なく遅し。特に、初めて注文することになった、チキン南蛮は、となりに座った、日本語を理解しそうな見た目フィリピン人の女性?のラーメンセットにも組み込まれていたようで、注文時刻がことなるものの、2品同時に作りたかったのか、同じタイミングで提供されてきました。あ、ぴちゃぴちゃ音を立てて食べられたり、右に座ったフィリピン人男性が、スープばかり先に飲んで、のびのびになった麺とセットのご飯を残して立ち去った、ラーメンセットを食す文化を知らない輩への残念心は、いちいち感じていたら海外ではきりがないので、途中からシャットアウト。

220704chickennanban

で、安定の、前後逆。いつもお世話になっている、寿司つむらの社長さんも嘆いていましたが、フィリピンには、皿の前後、盛り付けられた料理の前後を意識する習慣が、庶民には皆無で、教えてもなかなか覚えてくれないとのこと。

同じことが、フィリピンラーメン二極化の中、格安路線で販路を広げている方の勇、Ramen くろださんでも露見されました。スタッフの教育、永遠の課題ですね。教えても、すぐやめちゃうし。

ちなみに、マニラでも流行っている日本のラーメン。高い価格他の店舗は1杯400ペソ前後。安い価格帯の店は180ペソ〜220ペソくらいです。物価が「安い」と思われているフィリピンですが、日本国内のラーメンと値段はほとんど変わりません。味はもちろん、日本のほうが2〜3段ぐらい上。

ラーメンについては、器に目印があるので、間違いなし。バリ辛ラーメン230ペソ。油断するとむせますが、辛さはそれほどでも。一緒についてきたラー油を入れると、むしろ辛さは押さえられるように感じました。しかし、油取りすぎの懸念が。

220703kurodaramen

グロリエッタ5店のくろだだったので、向かいのUNIQLOフラッグシップ店までは徒歩30秒。週末、アニラオに数年ぶりかつ史上2度めのUNIQLOジョリビーコラボTシャツを着てこられた方がいたので、現物を確認しに行きました。

220704tshirt

しかも、初代コラボティーを着て。

220704jolibeeshirt

確かにありましたが、それより気になったのは、隣りにあったSpyxFamilyのコラボティー。あと、MOMAとのコラボティーも気になりましたけど、版権切れのゴッホは自分で勝手に刷れるとしても、ダリの記憶の固執柄のは、文句を言われずに買うのは、ここでしかないですかね。

220703spyfamily

セブのアクエリアスダイバーズの衣さんが、同じようなジョリビー・SpyxFamilyシャツとの出会いをセブのUNIQLOでしていて、なんだか可笑しかったです。アニメで触りを観て、面白いと思ったSpyxFamily、既刊の9巻までダウンロードして、空き時間に読もうです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">