烏骨鶏龍あらためRamen Ron

マニラ活動日。お父さんを買い物に連れ出すついでに、リゾートの乾物類の買い出し。

先日コリアンダーリーフを探し回って見つからなかった記事を書きましたが、欲しいときにはなくて、そうでもないときには十分にあるというジンクスですよね。

ちなみに、英名コリアンダー、タイ語由来でパクチー、中国語由来でシャンツァイ、フィリピンだとワンソイで、和名はコエンドロ。もう一つ通り名があって、それが、Ciantro(シアントロ)。ランドマークのサラダコーナーには、このあまり使われない名称で並ぶことがあります。

220608cilantro

買い物途中の昼食をどうしようということで、パサイロードにあったときには、醤油ラーメン好きの奥さんの欲求を満たすためによく通わせてもらった、烏骨鶏ラーメン龍改めRamen Ronへ。パサイロード店はコロナ禍で閉店。こちらのロックェルの店舗は、心機一転で2021年にオープンしたものです。

220608ramenron

立地柄、おしゃれな造りになっています。

220608rontennai

店内も落ち着いた上品な雰囲気。パサイロード店を彩っていた、変なおじいさんはいなくなりました。

在りし日の、多分仙人。

在りし日の、多分仙人。

お玉や割り箸も、きちんと受け皿に乗って登場したり。

220608ukezara

スタンダードなラーメンはなくなり、チャーシュー麺がその位置に。したがって、価格も1.5倍くらいの設定になりましたが、物価高に加えて高家賃店舗なので、高級路線への転身はこれはこれでよいのかも。

220608ukokkeimiso

個人的には、烏骨鶏焦がしにんにく味噌ラーメンが懐かしいです。なにはともあれ、15年ほど前最初にできた頃は、やれスープが少ないだの、ぬるいだのと酷評されていたのが、改善を続けながら、コロナ禍も生き延びてこれから再起を図ろうと頑張っているのをみると、勇気づけられます。

220608bans

チャーシューバンなどの新商品もあり。毎週食べたいほどのラーメンではないですが、たまに戻ってきても良いかもな、ラーメンロンでした。家から歩いていけない場所なのが玉にキズですが。

マニラでダントツうまいという、オカダマニラにできた家系ラーメンには、近いうちに必ず挑戦しにいってみたいです。

パサイ市のマカパガル通り沿いにあったブランチは潰れてしまった、ホームデポ。BGC店は営業続行中ですが、周りを取り囲んでいた少店舗の多くは閉店か移転。リゾートのダイニングの照明を買っていた電気屋さんもどこかへ行ってしまいました。今度ウェブでもつかって探さないと。

220608homedepot

白人さんに買われて何に使われるのか気になる赤いカラーコーン。

220608corn

もう、百式のスパーバズーカにしか見えないこれは、フォギングマシーン。

220608smoke

霧製造機です。昭和の歌番組ぐらいでしか使いみちがないような器材も売っているホームデポ、ウィルコンよりウィンドウショッピングには楽しい店です。溶接につかうらしい、アルゴン用のレギュレーターなんかも売っていました。

今日は家のトイレとシャワールーム掃除をするはずだったのに、そのまま奥さんに付き合って6月6日にオープンしたばかりの無印良品 Central Square店へ。初めて入るビルです。

220608muji

地上階から数えて3階。このビルは珍しくイギリス式でF2にありました。

220608mujiten

フィリピンのMujiで初の、コーヒースタンド併設。なんと並んでいます。奥さんと一緒じゃなかったら絶対並ばないところを試すことができるのは、二人揃って初めてできることなので、これはこれでよし。普通のコーヒーです。奥さん曰く「スタバよりおいしい」。

220608coffee

交通量はコロナ前程度に回復してるようですっかり渋滞にはまってしまったBGC監獄。めったにないオンライン会議に遅刻して、フィリピン社会がコロナ前に戻りつつある様を日本の友人に示す結果となりました。

寿司ツムラさんに教えていただいた、ゴキブリ撃退ジェル。バイエル社はクスリのイメージでしたが、こういう虫系のもあるんですね。しかし、パッケージのGがリアルなので、ここではモザイクかけさせていただきました。アニラオの方は最近ほとんどゴキブリが出ないので、登場機会は少なそうですが、今後困ったときには、迷わず選択しようと思います。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">