下町の名店The Original Pares Mami House

ゲストさん到着日で、日中のダイビングはなしのアニラオ。健康診断で再検査のスタッフはマニラの病院へ。

200124dance

頭にペットボトルの水をのせて踊る病院スタッフ。フィリピンのこういうところ好きです。

かねてから注文していた、ピナツボ火山の火山灰を使った家具を引き取りに、生産者オーナー家へ。Southeast Metro Arts Inc.しっかりした作りでしかもおしゃれ。日本やドイツの家具見本市にも出しているようです。お宅におひとついかがですか?
200124pinatubo

その帰りに、奥さんがかねてから行ってみたいといっていたThe Original Pares Mami Houseへ。住所は、N.S. Amoranto Sr. St, La Loma, Quezon City, Metro Manila。普通の日本人駐在員さんは行かないエリアです。

200124pares

午後3時だというのに、人だかり。並んでます。カウンター席がメインで30席ほど。他に道路にはみ出して4人がけテーブルが3つ。この人早く終わりそうという人の後ろに並んでまちます。

200124tennai

看板メニューのPares。中華テイストの牛すじ煮込みのようなもの。一般的にフィリピンでは牛は食べないのですが(固くて匂いがあるから)、ここのは調理方法がよいのか、全く気になりません。115ペソ。

200124menue

ご飯がカチカチの塊で出てくることが多いフィリピンのレストランにあって、ここのはフワパラです。ガーリックチップつきなのも食欲をそそります。ついてくるビーフのスープもまた美味しいです。

200124originalpares

地元民が並ぶのがわかる、納得の味。野菜炒め(チョプソイ)など他の料理も軒並み美味しいです。マカティにもあればいいのに。しかしそれを拒否して頑なに地元で頑張る名店の趣です。

200124surimi

エビ好きのマービンにStuffed Shrimp。エビのすり身で作ったミンチを固めて衣をつけて揚げたもの。つまみにしたいですが、お酒を飲める店ではないのが残念。持ち帰ればいいのか。久しぶりに、フィリピン料理で感激する味でした。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">