ホワイトチップのマカティ新店舗

マニラ活動日。

先週注文していた、リゾート外の街灯の傘が届いたので、受け取りに。あと電線一巻き100メートルとLED電球を揃えねば。

210217light

アニラオで仕入れるつもりだった英語のオープンウォーターマニュアル、予約から引き取りまでの空いていた1週間で他に売られてしまい、マカティの支店まで取りに行くことに。

コロナのロックダウン中に、以前のマカティハッチン(日本食材店)の斜向かいのわかり易い場所から奥へ移動してしまったのを、地図の上では分かっていましたが、実際に行ってみることに。
Aquaventure Whitetip dive supply
9304 Kamagong Cor., Dungon St., San Antonio Village, Makati City
(02) 8-519-8375
Mobile: (+639)39 913 3605

210217map

ハッチンから、徒歩ならKamagon(カマゴン)通りを900メートルほど北上して左側なのですが、車では一通なので、ハッチン前の道をSovel Roxas通りまでいって折り返す格好です。

210217whotetip

立派目なビルの1階。以前の店舗より面積は大きくなりました。

210217whitetipinside

ナイトロックスブレンディングシステムのディスプレイもわかりやすい格好に。

210217compressor

現在、Kamagon通り片側工事中なので、ちと渋滞します。徒歩で工事のでこぼこ道を歩くのはホコリで結構足が汚れます。

210217road

コロナ禍になってからの外歩きは、足にウィルスを付着させて家に持ち込んではいけないというので、靴と靴下を履かされていたのですが、本日の家〜ホワイトチップ〜家の5キロ程度の道のりは、以前のようにギョサンで決行。結果、足の側が柔らかくなりすぎていて、豆ができることに。これは鍛え直さないといけないですな。家に入る前、ちゃんと消毒して入りましたよ念のため。

Kamagon通りには、バリの民芸品屋さんがありました。このご時世なので、フェイスシールドとマスクも売っています。

210217ethnic

EthnicHomeの名前だけ見たら、下町の立地から外国人向けの安ホテルかと一瞬思いましたが、そうではなかったよう。

210217ethnichome

日本にいた頃はエスニック雑貨は好きな方で、色々家に買って置いてありましたが、今は食指が動きませんね。仏像など、部屋にあっても掃除が面倒です。

コロナ前は随分お世話になった、チャイナラーメン。飲食店の多くが閉店に追い込まれている中で、営業を続けていました。中国との人の往来もないですし、まぁ安全でしょうというのと、生き残り者同士、応援もしたいので、1年以上ぶりに入店。

210217china

シールドの向こうにお惣菜も健在。

210217chinaramen

パンチのきいた、Chilibeeffliednoodleを注文。辛さと油っこさは以前のままでしたが、具材のビーフがポークになっていました。懐かしい味だからまぁいいか。潰れないようにお互い頑張りましょうとモノローグの孤独のグルメの午後。

210217chiliramen

明日は朝から買い出しのあと、アニラオ入りです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">