フィリピン運輸省の接触追跡アプリTRAZE

先日DOT(観光省)の接触追跡システムSafe Passについての記事を書きましたが、DOTr(運輸省)の方では、接触追跡アプリを導入するのだそう。ところで、DOTとDOTr、ものすごく取り違えそうです。TourismとTransportation。

国内の空港を利用する人は、11月28日より全員アプリTRAZE(www.traze.ph)をインストールして、登録しなければいけないことになりました。海外から入ってくる人にも当てはまるってことですね、多分(少なくともフィリピン出国時には必要でしょう)。

201113traza

空港利用にDOTrのアプリが必須になるのなら、DOTのシステムと連動させてほしいです。二度手間にならないように。

試しに、iPhoneにインストールしてみようとしましたが、今日現在、日本のAppleIDではエリア外でダウンロードできません。

スマホを持っていない人や、スマホのOSのバージョンが古くてアプリが使えない人は、空港内にあるMalasakit HelpデスクでQRコードを発行してもらうか、対応している端末を持っている家族に手続きしてもらいましょうだそう(https://www.facebook.com/130406490431829/posts/1857680871037707/?d=n)。

観光客が自由に往来できる未来のその時まで使い続けられているかは疑問の残るところですが、一応、制度上は頑張って整備を続けているフィリピン政府でした。

試しにアンドロイド端末でダウンロードしてみました。6.3メガ。軽いアプリです。

アンドロイド版は無事ダウンロードできました。

アンドロイド版は無事ダウンロードできました。


一般人は、individualのアイコンを押して登録開始。

一般人は、individualのアイコンを押して登録開始。


デフォルトの国はPhilippinesになっていますが、日本やアフガニスタンなど他の国も選べます。ただし、市町村はフィリピンの国内のものしかリストが出てきません。外国人の場合は、滞在先の市町村を選ぶことになるのでしょうか。メアドと携帯電話の番号の入力は必要ですが、性別、年齢、詳細な住所の入力は必要ありません。個人情報にうるさい日本人もこれで安心です?

デフォルトの国はPhilippinesになっていますが、日本やアフガニスタンなど他の国も選べます。ただし、市町村はフィリピンの国内のものしかリストが出てきません。外国人の場合は、滞在先の市町村を選ぶことになるのでしょうか。メアドと携帯電話の番号の入力は必要ですが、性別、年齢、詳細な住所の入力は必要ありません。個人情報にうるさい日本人もこれで安心です?


独自コードとQRコードが発行されます。アプリが落とせない人は、人の端末で登録してもらってそれのスクショでもよいかも。ただ、やってもらった人の電話番号がシステムには登録されるので、何かあったときに電話がかかってくるのは登録時に使った端末になるでしょう。登録に使った端末のとは違う番号で手続きしようとしたところ、途中で必要なPINコードが上手く発行されませんでした。

独自コードとQRコードが発行されます。アプリが落とせない人は、人に登録してもらってそれのスクショでもよいかも。ただ、やってもらった人の電話番号がシステムには登録されるので、何かあったときに電話がかかってくるのは登録時に使った端末になるでしょう。

台風一過のアニラオ。波はほぼなしです。

アニラオの午前の海

夕方は天気悪し。アニラオの対岸のプエルトガレラでは、台風が抜けているにも関わらず大雨で、家屋やホテルの浸水被害が出ているそうです。どうか人々の心が折れませんように。

海と夕日

2日前まで覚えていたのに、今朝は忘れていた結婚記念日は、素数が並んだ11月13日。NHKの朝イチで紹介されていた鶏のシンプル水餃子を担当しました。シュンギクが手に入らなかったのでカラシナで代用。塩加減はレシピの半分か4分の3で丁度よい感じです。塩加減以外はまぁ合格の味でした。

記事を書いていて気づきましたが、参照していたレシピだけが鶏肉200グラムで塩の比率が多いものでした。(*ノω・*)テヘ。こういう番組後すぐにアップするレシピは、以前にも分量に疑問な部分があったこと、忘れていました。レシピにもクロスチェックが必要な時代が来るとは。

201113suigyoza

本日のアニラオ図鑑リニューアル写真は、ハギの仲間の稚魚。写真提供、ドロンジョおゆきさん。ありがとうございます。

ハギの仲間の稚魚:顔の部分がものすごく反射するので、露出に注意。

ハギの仲間の稚魚:顔の部分がものすごく反射するので、露出に注意。

お気に入りの水中写真で作るアニラオ図鑑:初めて見て感動した、思いの外綺麗に撮れた、思い出のあの人と潜ったときに見たなぁ、我がライティングを見よ!、きっと誰にも見向きもされないだろうから私が図鑑に載せてやる、など、皆さんの思いの宿った水中写真でホームページのアニラオ図鑑をリニューアルします。

図鑑のようにヒレ全開横向きではっきり写っているものでももちろん良いのですが、優先は皆さん一人ひとりの思い入れです。

·写真(縦でも横でも。長辺640ピクセル)
·生き物の名前(わからなければこちらで調べます)
·思い(書かなくても可。写真から感じ取ります)
·ニックネーム(写真にコピーライトで入れます) をメールでお送りください

奮ってのご参加、お待ちしております。皆さんの思いに触れさせて、元気にさせてください。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">