ダイバーにオススメたべっ子水族館

アニラオ準備日。良い天気に良い海況です。水温30度。このまま週末を迎えたいですね。

アニラオに向かう車中で、『進撃の巨人』読了。最後に心臓を捧げたみなさんが出てきたときにはウルっときました。たくさんの登場人物がいた中で、一番心持ちが同調したのは、ハンジ・ゾエでした。みなさんはいかが? もう一ラウンドまた読むかは思案中。

先日取材を受けたYouTubeのマニラブちゃんねるさんの、動画追加素材を撮影しに、ビーチエントリー。シュノーケリングでも見られる生き物ということで、1.5〜3メートル程度で、真っ黒ではないある程度「映える」生き物を撮影。

210617fishphotos

短時間の撮影で大体20種類撮れました。ちゃんと一種類ずつ追っていったら、シュノーケリング水深でも100種類くらいの生き物は見られるのではないでしょうか。スクーバでも、水泳でも、こういう生き物が豊富な海では、一つ一つ気になる生き物と向き合っていくのは、一つの正しい海との付き合い方のように思います。

昨日の話ですが、4月1日に許可が降りて、2週間以内に支給されるという連絡のあった、労働省からのスタッフへの助成金、2ヶ月以上遅れましたが、支払われた模様。こういう不確かな国ななので、ヤルヤル詐欺でがっかりするといけないので、4月の通知はスタッフには伏せておいたのが、支払いがあってよかったです。雇用主側には未だに一度もなにもないですけどね。。。

210617kane

なかなか良い夕日でした。あとのやけ具合もグー。

210617sunset

夕食のデザートというか、つまみに、先日マカティのSeikyoでみつけた、子どもの頃お世話になった「たべっ子どうぶつ」、の姉妹品「たべっ子水族館」を開封。

210617tabekkosuizokukan

かなりデフォルメされてはいるものの、割とわかるカメとか。

210617kame

納得しにくいうなぎ?とか。

210617unagi

はては、不明なものまで。

210617nazo

実際の水中生物も、写真や記憶と図鑑とを照会して種類を知るので、その訓練になるのと、英語の呼び名も覚えられますので、ダイバー同士でワイワイいいながら食べるのに適した、良いおやつです。オススメです。

わからない種に出会ったときに、モヤッとするところまで一緒ですが。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">