オデンハウスのあんまん

マニラ活動日。アニラオのリゾートで使う皿を買いにモール・オブ・アジアへ。目当ての店はマカティにも支店があるのですが、一店舗で揃わないのはしばしばで、かつ在庫のある支店から取り寄せてくれるというサービスもないので、あちこち出向くしかないのです。

と、その前にカルティマールでリゾート用の買い出しと、先日チャイナタウンで仕入れた火鍋の素を使うための鍋の食材購入。

オデンハウスさんに立ち寄ると、新作があるとのこと。それは、あんまん。オデンハウスのオジサンは甘いものが苦手なそうですが、それでも、美味しくできていました。裏メニューですので、ほしい方は、オジサンまで問い合わせてください。

211220anman

肉まんや胡椒餅と同じ、1個70ペソです。肉まんの皮には自家製ラードが使われていますが、あんまんの皮にも一手間加わっています。外見上肉まんとの違いがないのに、間違えないところは驚きです。

211220cutanman

かなり熱々の状態でいただきまして、日本の冬の寒い時期に口から温めてくれた子供の時食べたあんまんの記憶を思いっきり呼び覚ましてくれました。日本酒にもあいそうです。瞬間幸せ度アップ間違いなし。

夜は予告通り、1袋40ペソの火鍋の素を使った、二人火鍋。

211220hotpotmoto

日本の鍋物にはあまり入らない、空芯菜も用意しました。茎の空洞に汁が染み入って、かなり美味しです。

211220hotpot

チャイナ製品があまり好きでない奥さんの反応は最上のものではないようでしたが、準備して食べてもらうという家庭内おもてなしの機会をもらって、自分の心は少し軽くなった夜でした。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">