エンチャンテッドキングダム、絶叫マシーンランキング

アニラオヴィラマグダレナ初の社員旅行

クリスマスパーティシーズンがやってきました。創業1年目の去年のシーズンは普通にスタッフ用のクリスマスパーティを敷地内で行ったのですが、今年は遊園地に行きたいというので、パーティのかわりに社員旅行(カンパニーアウティング)で、エンチャンテッドキングダムへ行くことに。

クリスマスパーティとカンパニーアウティングは、どちらもフィリピンの会社の年中行事として予算も組まれているものですが、ヴィラマグダレナでカンパニーアウティングを行うのははじめてのこと。

朝ゲストを送り出した後、ラグナ州サンタロサにあるエンチャンテッドキングタムへ。中華料理店で昼食をとったあと、入場。この時期の平日の営業時間は、12:00から19:00。ルソン島に唯一の、きちんとした遊園地です。くわえて、ディズニーランドのようにテーマのある、テーマパークでもあります。

メインのキャラは魔法使いの、Eldar the Wizerd。他にお姫様もいるらしい。

入口前のエルダーの立像を囲んで、ヴィラマグダレナ様ご一行(大人26人、子ども9人、幼児1名)記念写真。

151209staffs

平日入場料は大人500ペソ、子ども250ペソ(身長3フィート〜4フィート)。3フィート以下の子どもは無料。25人以上の団体の場合は、5%引き。来園日の前後7日に誕生日がある人は無料(今回は12月10日誕生日の珍念さんが該当者)。

すでに泣きそう。

すでに泣きそう。

筆者も遊園地に行くのは10年以上ぶり。絶叫マシーンにどれくらいの耐性が残っているのか不安を残しつつも、大人の絶叫マシーン巡りをすることに。

エンチャンテッドキングダム、絶叫マシーン第6位は、Anchors Away。日本でいうバイキング。中央付近より、端に乗ったほうが高低差を楽しめるのは一緒。

151209pilates

第5位は、スプラッシュマウンテン風のJungle Log Jum。多少濡れます。安全ベルトがないので、足を突っ張るか、手で手すりを持っていないとインパクトの瞬間に前にずれます。

151209logsprush

第4位は、Rio Grande Rapids。怖さで絶叫するというより、ずぶ濡れで絶叫。特に、スタート時に進行方向の席2席がずぶ濡れシート。ズボンのポケットに携帯を入れていたら水没故障すること必至。アトラクションの出口付近には、体を乾かすドライヤー部屋が150ペソで使えるようにスタンバイ。

151209basa

第3位は、Air Race。奥さん曰く、「思いの外怖かった」。

151209airrace

第2位は、見た目一番怖そうな、Space Shuttle。2回宙返りの、2回ひねりのジェットコースターです。最初は子守に専念していたガイドのダンディーも挑戦。こういう本格的な遊園地ははじめてだとか。

151209dandyzekkyou

しっかり絶叫してもらいました。いい思い出に。

第1位は、地味だけど、落っこちる感が恐ろしい、EKstreme Tower。他のスタッフに聞いても、これが地味に怖かったと。

151209feefoll

2位までのはまた乗ってもいいと思いましたし、実際Space shuttleには2回乗ったのですが、1位のこれには、二度乗る気がおきませんでした。

10年前に最後に奥さんが来た時には、平日はほとんど客がいない状況でしたが、今日は大型バスが難題も乗り付けていて、アトラクションは1時間待ちを超えているものもありました。500ペソの入場料を払える余裕のあるフィリピン人が増えているということですね。学校の遠足の学生たちも多数来ていました。

これだけ賑わっているのなら、平日も花火を打ち上げてほしいもの。ライトアップされた園を閉園間際に後にしました。

151209lightup


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">