すき家フィリピン1号店

マニラ活動日。週末のアニラオ用生鮮食品の仕入れは明日するとして、今日中に乾物類を買っておこうと、ランドマークへ。

めったに利用しない魚売り場に目をやると、サワガニのようなTalangka(タランカ)が入荷していました。和名はオオヒライソガニ。去年奥さんの思い出の料理として食卓に上りましたが、あれからもう1年4ヶ月も経つんですね。

211124talangkaosu

値札のついていたのはオスだけで、少し離れた場所にはメスだけの棚も。カニの世界も男女別学ですかね。

211124talankamesu

Tシャツを見に久しぶりにユニクロ(グロリエッタ5店)に行くと、『龍とそばかすの姫』で日本の夏を沸かせた、細田守監督コラボがやっていました。『龍とそばかす〜』は前半部観ただけで、まだ観切れていないです。このパネルの『そばかす』以外の『時をかける少女』『バケモノの子』『サマーウォーズ』の3点だと、私のイチオシは『サマーウォーズ』ですね。

211124uniqro

これに限らず、キャラ物のTシャツ売り場に来ると、欲しくなるのですが、着きれないほどTシャツは持っている(というか、着る服のほとんどがTシャツの生活でした)ので、買いません。

リゾートのメインキッチンのソースパンの取っ手が壊れたので、新しいものを物色も。そこで見つけた謎の鍋。アルミ製で、何に使うのでしょうかね。推測するに、周辺で肉を焼き、中央で鍋をするためのものだとしても、もともとどこの国の料理用なのかが気になります。

211124nazonabe

中央の鍋は取り外し可能。鍋物用としては、小さいのがさらに気になるところです。

211124nabe

明日25日開店だと思っていた、すき家フィリピン第一号店(グロリエッタ店)がオープンしていたので、試してみることに。こういうところ、割とミーハーな夫婦です。

211124sukiya

ライバルの吉野家にはない、カレーや焼きそばを試したい気持ちもありますが、まずは看板商品とうことで、牛丼(並:136ペソ)を。30ペソプラスして、ベジタブルコンボと称するセットにしてみました。空芯菜のニンニク炒めに甘いお茶と味噌汁の2択から一つ選択できます。

211124gyudon

吉野家の時に、甘いお茶と牛丼の合わなさに懲りているので、ここは、味噌汁を選択。

以下、気づいたところです。
・米は(フィリイピンの)吉野家よりしっとりしていてよい。
・牛の味付けは吉野家よりさっぱり目。日本人にはいいけれど、フィリピン人には物足りないかも。
・紅生姜がないのはさびしい。
・空芯菜はにんにく効きすぎ、甘めの醤油が強すぎで、牛丼の味を隠してしまうので、私は次回以降とらない。
・牛丼食べたあとに水一杯がほしくなりますが、それは日本のときの記憶からの条件反射かも。

初日にして剥がれた「醤油」を示す札。カラマンシー入り醤油もおいてあるのが斬新です。

211124syoyu

焼きそばが99ペソだったので、おやつのタイミングでいつかトライしてみたいです。ココ壱風のシャビシャビカレーも一度は挑戦してみたい。少なくとも、あと2回は来ます。

211124sukiyabag

いつまで実施しているかわかりませんが、1会計につき1個すき家ミニバッグがもらえます。午後3時台とピーク時間ではなかったですが、店内満席、割と盛況でしたよ。新しいビジネスのスタート、頑張ってもらいたいです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">