【お知らせ】アニラオご利用に必要な書類

コロナデルタ株の広がりを受けて、2021年7月28日に署名されたマビニ町の条例(EO2021-13)が施行されました。その結果、現在アニラオのダイビングリゾートのご利用にあたって必要な条件は、以下のようになっています。

ご来店にあたって必要なもの
1)48時間以内の咽頭検体採取の抗原検査陰性結果証(12歳以下の子どもは免除可)
2)リゾートの予約証明(デジタル可。チェックポイントでほぼ提示は求められません)

抗原検査については、移動を開始する前のマニラ圏内でする必要があるかとマビニ観光課に確認したところ、バワンやアニラオなどのラボで道中に受けたものでもよいという事でした。

アニラオまでの道中で、現在抗原検査を実施している場所はオススメ順に、以下のとおりです。

1)Chedrick Laboratory and Diagnostic Center(開業時間6:30〜17:00 日曜日休み)1,200ペソ
2)St. Anastacia Clinical Laboratory 1,000ペソ
3)MCH(Mabini Community Hospital)担当のツーリストチェックポイント抗原検査ブース 1,500ペソ

1)Chedrick Laboratory and Diagnostic Center
アニラオの手前、バワン(Bauan)の市役所のあるT字路のMetro Bank横のChedrick Laboratory and Diagnostic Center。唾液検体摂取タイプで1,200ペソ。17時以降の検査については、お問い合わせくださいとのこと。電話:09989558647 Facebookbページ
210106labomap

2)St. Anastacia Clinical Laboratory
日曜日休業のChedrickの代わりに、点々と出張所を移転しながら検査をしてきた、St. Anastacia。現在は、バワンのパブリックマーケット裏で営業しています。電話:09298032561 Facebookページ
210515anastaciamap

3)MCH(Mabini Community Hospital)担当のツーリストチェックポイント抗原検査ブース
アニラオの三叉路の手前、坂道を上がる右側にある旅行者チェックポイントでの抗原検査ブースでも受けられます。実施事業者は、三叉路を越えた後、細い道を奥に行ったMCH(Mabini Community Hospital)のラボ。価格は、Chedrickより高めの1,500ペソ。
210509map


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">