アニラオ どうしてこんな体に

アニラオの不思議な造形のウミウシの話です

今日もいい天気です。世界的にはエルニーニョ現象だそうで、フィリピンでも水不足が報じられています。ヴィラマグダレナは井戸水を水源にしてて、今のところ水は枯れていませんが、水不足で苦しむ人がいるのは心苦しいです。

アニラオのバンカーボート

ボートは、ココナッツ、アポルズ、シークレットガーデン、サンビューと、今日もマクロなポイントへ。水温29度。

ウミアザミに擬態しているこのウミウシ。見事です。流石にポリプの一つ一つの開閉までは無理ですが、このかたち、進化論だけで説明がつくの? 

ウミアザミウミウシ

この子もソフトコーラルに擬態のかたち。

ソフトコーラルウミウシ

えのき茸密集みたいな子も。

えのき茸ウミウシ

くりくりパーマ。

くりくりパーマミノウミウシ

パイナップルウミウシかな?

パイナップルウミウシ?

クチナシイロウミウシさんたちは交接中。

クチナシイロウミウシ

崖またぐのに伸びちゃった。

ブチウミウシ

縦列駐車のオオモンカエルアンコウさんたち。

オオモンカエルアンコウ

おっさん顔。

カエルアンコウモドキ

名無しのカニダマシ。一匹見つけると、周りに沢山います。

カニダマシ

白いホッカムリエビ。

ハモポントニア

こういう位置にいると、現在建設中の駐車場から車を下ろすための坂道を思い浮かべてしまいます。ちゃんと曲がりきれるかなとか。

ウミウシカクレエビ

砂地でよくいる、ウナギギンポさん。

ウナギギンポ

よくみると立派なアゴ男、スレンダーパイプフィッシュさん。

スレンダーパイプフィッシュ

チョウチョウコショウダイのチビ、あちこちにいます。

チョウチョウコショウダイ

どこかで見たことあるモチーフだぞ。

ブンブクん

写真提供、Salaさん。ありがとうございました。

日が高くなる前に植木に水やり。日中あげると、濡れた葉っぱが強い日差しで焼けてしまうので。

水やり

ハウスリーフではレスキューダイバートレーニングでした。マニラからの日帰りなので、続きはまた今度。

レスキュートレーニング

工事に便乗して作ったサーチアンドリカバリーようのおもり。リフトバックで浮かせる練習用です。

おもり

今日の工事はこんな感じでした。

明日もいい一日でありますように。

にほんブログ村 写真ブログ 水中写真へ
にほんブログ村
ブログランキング参加中。
よろしかったらクリックお願いします。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">