私はエマージェンシーレスポンダーです

日本からのゲストさんを迎えての、平日営業日。朝はラジオ体操から始まるのは、いつものとおりなのですが、ダイニング横で「ゴン」という音がして、ガラスにぶつかって脳震盪を起こしたナンヨウショウビン。

220616nanyoushoubin

早速イマージェンシーレスポンダーとなって、「大丈夫ですか?アーユーオーケー?」と声がけをすると、60秒ほどで起き上がって、よろよろ飛んでいきました。もしものときの、救急救命法(EFR)レスキューダイバーコースともに開催していますので、よろしかったらご利用ください。

食べられないけれど、花が添えられていると、美味しそう度アップ。

220616mango

ボート出発時は曇りでしたが。

220616boat

後にカンカン照りに。水温29〜30度。たいてい嵐を連れてくるとおっしゃっていた日本からのゲストさんですが、今のところその能力は発揮されていないです。

220616hare

ハナイカさんと。

220616hanaika

ナデシコカクレエビさん。

220616nadeshiko

男キッチンが提供したランチはかき揚げ茶そば。

220616chasoba

芽が出たようなアイス。女子スタッフが担当したデコレーションが可愛らしいです。

220616ice

午後は一本ゲストさんとご一緒しました。マクロ用のカメラを持って入るのと、ワイド用のビデオカメラを持って入るのだと、同じポイントでも目のやり場とルートが変わりますね。ダイビングの懐の深さを感じます。

隣のマユミリゾートにゲストがいなそうなので、持っていかれる可能性は低いと信じて、桟橋先端でタイムラプス。

220616sunset

暗くなった頃、潮の引いた海で貝拾いをする現地人がうろついていたという、想定外でしたが、GoPro拾われることなく、最後まで撮れました。世の中悪い人ばかりではないのです。もやいボート係留棒の上から撮っても、桟橋の先端が映り込むことが発覚。

桟橋の角に置くべしですかね。いつか試してみます。犬に加えて持っていかれてしまうリスクありですけど。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">