日本人審査員吉野雄輔さん

世界で一番美しい海の生きもの図鑑他多数の本の著者です

昨日までとはうってかわって、曇り気味のアニラオです。ちょい肌寒い。水温28度。

アニラオの午前の海

アニラオフォトコンフェスティバル、撮影日2日目です。参加のダイバーさんたち、今日も頑張りましょ〜。

アニラオのスクーバダイバー

リュウグウベラギンポのコロニーがありました。イチデジだったら、作品になるかな。コンデジだと証拠写真止まり。

リュウグウベラギンポ

イマキュレートゴビー(Immaculate goby)かな? アニラオでは珍しいです。

Immaculate goby

ボツ写真、ナマコの肛門に陣取るウミウシカクレエビさん。

ウミウシカクレエビ

いちごみるく味っぽいミノウミウシさん。

ウミウシ

曇ってても、夕日は見られました。

フィリピンの夕日

夜は、フォトコン審査員として来比している、吉野雄輔さんのプレゼンテーションにゲスト有志で行ってきました。ちょっとだけ通訳のお手伝いをして、ダイニングにおいてある、彼の最新著作『世界で一番美しい海の生き物図鑑』にもサインしていただきました。

151127presentation

プレゼンテーションが終わると、中国人ダイバーに囲まれて、どこで『世界で一番美しい海の生き物図鑑』が買えるのかの質問攻めに。いい写真本は言語が違っても伝わるものですね。会場に持ってきていれば絶対たくさん売れたのに、流石に一冊1.5キロの本は持ってこれずで残念でした。

吉野さん、プレゼンテーションお疲れ様でした。29日の審査頑張ってください。


2 thoughts on “日本人審査員吉野雄輔さん

  1. 吉野が、いろいろお世話になっております!
    どうも~ありがとう~ございました。
    次回は、私も行きたい~です!
    よろしくお願いします。

    • いろいろと勉強させていただいています。
      次回は奥様も是非お越しください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">