マクロな鬼退治

マニラ行動日。週明けの月曜は毎週のごとく、会計処理やら、溜まっていたブログ更新やらで始まる朝。

オデンハウスさんの胡椒餅についていたオリジナル焼印にインスパイヤされて注文した、マグダレナのロゴの焼印届きました。奥さんに烙印押されないように、良い子にせねば。

220314yakiin

アニラオの方は、先週から予定されていた、ガイドの集団のアニラオマクロスポッターの面々による、オニヒトデ除去。セポック、ソンブレロを中心に、遠くはデビルズポイント(前の職場で2回行ったきりの遠方)まで40〜50人のボランティアダイバーで鬼退治。ブリーフィング場所は、ジェス・ラピッド氏のシーホリックダイブチームの敷地内でした。

220314divers

大体2,000匹位を引き上げたそうです。参加人数も、獲得数もはっきりしないのが、フィリピン風でいいですよね。1匹単位であっていなくても、どのポイントでどのくらいとれて、あとどれくらい残っているのかくらいは情報共有されないと、今後の方針もたたないというものですが、誰もそのあたりには気を配っていない風なのが、微笑ましいです。参加する祭り感に意味があるという感じ。

220314cot

いずれにしても、参加してくれたダイバーの皆さん、お疲れさまでした。まだ大分残っているようなので、また来週やるかもと、ジェス・ラピッド氏は言っていましたが、一週間で広がる食害はかなりのものなので、今週中にもう一度、先週木曜日に続いてマグダレナチームでも駆除部隊を出す予定です。

土日リゾートのキッチンに立ちっぱなしで、食事もゆっくり取れずかつ、鍋の振り過ぎで両腕痛い奥さんが、肉を食べたいということで、お父さんの歯医者付添いで時間も遅かったこともあって、外で買って家で食べるプランに。

220314lechonbaka

以前から気になっていた、チキン丸焼きで有名なAndok’s(アンドックス)の新商品、Litson Baka=牛焼きを試してみることに。鳥の丸焼きや豚のばら肉の炭火焼きはビニール袋に入れて渡されるのに、牛さんは箱入りです。お値段390ペソ。

220314lechonbakanakami

売られているときは牛肉の塊の炭火焼きだったのですが、スライサーでスライスされた状態で出荷されます。丸のままほしいといったら、「スライスする決まりなので」とリクエストは却下されました。塊のままだと硬いのかも。

スライス肉は、味が薄めで、ついてきたソースか、トヨマンシー(日本でいうとレモンじょうゆ)などにつけてちょうどよい感じ。同店の鶏や豚バラのようなガッツリ味のB級っぽさと背徳感が少し弱いです。大沢家で再注文することはなさそうですが、話のネタにみなさんいかがでしょうか。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">