マクロなシーズン

土曜日営業日のアニラオです。先日の連休疲れか、今週はお暇目です。朝食の片手サンド、ちょいと具が多すぎて折れ曲げにくくてすみませんでした。

220305bf

珍しくトレーニングもないので、ボートに乗ってファンダイブへ。コロナ規制の緩和が進みつつ有り、日本にお住まいのダイバーの方々もそろそろアニラオ行きを視野にいれても良いかなという雰囲気に答えるべく、マニラダイバーの余りいかれない、砂地のポイントに行ってきました。

アニラオの午前の海

冬〜春のアニラオといえば、ヘアリーフロッグフィッシュ。噂になっていたポイントにいくと、水深は違っていましたが、会えました。

写真でも。

220305hairy

8メートルほど離れたところにもう一匹。別に仲良くする気はないようなお二人でしたね。

220305hairy2

スカシモエビさんやら。

220305sukashimoebi

生き物と絡めて撮ったらステキな舞台になりそうな、ケヤリステージとか。

220305butai

オレンジミルクキャンディーみたいな、カエルアンコウちゃんとか。

220305kaeruanko

日本からはやくワレカラおじさんに来ていただきたいなーと思いながら撮影したワレカラ軍団とか。

220305warekara

今回はポートレート風でしたが、身を寄せているイソギンチャクと一緒に撮影しても良さげだった、ミナミハコフグさんとか。

220305minamihakofugu

もう少し広角レンズで狙いたかった、浅場のテンジクダイの群れだったり。

220305isoginmuremono

先週リクエストのあった、シープちゃん。

220305moumiushi

2本目のポイントにもいましたよ。

220305sheep

ウニの子どもちゃん。

220305uni

ストロボのバッテリーがつきて、TG6だけでは誰がとっても同じようにしか写らないサガミツノメエビさんとか。

220305sagamitsuno

もう少し粘って撮ればよかった、お花畑のナデシコカクレエビさん。

220305ebi

もち肌のツノザヤウミウシさん。

220305tsunozaya

家の外に卵を産み付けて、なから様子を見ている、ミジンベニハゼさん。

220305mijinbeni

家政婦は見た。

220305me

どうしても頭を出してくれれなかった、食欲とシャイさのヤコブセンミノウミウシさん。

220305yakobusenminoumiushi

砂地のマクロ、楽しい季節になってきていますよ。あとは、行く気になるかどうか。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">