ホウセキにどうライト当てる

遥か彼方の台風7号の影響で、台風今日もうねりの残るリゾート前。ボート出発時がほぼ満潮なので、タイミングをみはからってうまく乗ります。水温30度。

220810sea

本日もストロボを使わないライト撮影練習中のどろんじょさん。本番では、ウミウシの体についたゴミもとりたいので、ブロワーなど必要なことがわかったり。ついでに検索してみましたが、水中にもっていくときにBCDに吊るすのに使うマルカンのつけられるブロワーってあまりたくさん種類が売られていないですね。

220810umiushi

スヌートの大きさが調節できないので、苦労されている模様。

220810kuronukiumiushi

ブッシュドノエルウミウシ、2匹でいるのは、とても珍しいです。

220810buchdnoel

結構好きな色合いのイソコンペイトウガニさん。

220810isokonpeito

ホウセキカサゴ、普通のライト。

220810housekizentai

ホウセキカサゴ、部分ライト。こういう作例でアニラオフォトコンで受賞作ありましたが、もっと黒と光のあたった部分のコントラストが強かったですね。あと、ゴミ取り必須。

220810houseki

写真提供、どろんじょさん。ありがとうございます。

ランチは、一昨日の夜YouTubeでみた、リュウジさんの無限ガーリックそうめんにしてみました。結構美味しい。

220810mugengarlicsomen

昨日の夜も彼のチャンネルを見ていて、売れているという『至高のレシピ』をポチしてしまいました。奥さんの作る料理はもちろん美味しいのですが、自分が担当するものは、奥さんのマネでなくて自分なりの路線のものを目指すのが良いのかなぁなんと思ったり。

少ない人数で、いろいろ担当しながらなんとかやりくりしています。

コロナで3週間近く触っていなかっったトランペット。上達正反対のスキル下降を少しでも食い止めるべく、ちょっと練習。トイレの前で吹いていたら、どろんじょさんに、海に向かって吹くべきと言われての図。

220810trumpet

毎日アンブシュアの感覚が違うあたり、基本のキがまだまだです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">