ハナイカデートにお邪魔

今日も良い天気です。スタッフに見送られて、ボート出発。水温27度。潜った場所の影響だと思うのですが、昨日より、0.5度くらい低かったです。

220401departure

中央ラインの黄色がまだ出ていませんが、キイッポンウミウシさん。

220401kiipponumiushi

久しぶりに潜ったサンビュー。ソフトコーラルが多いので、生き物と絡めてぜひ撮りたいところ。

220401ebi

ずっとジョオウミノウミウシだと思っていた、サンビュー名物のこの子。学名は確定していませんが、和名はミズタマカヤウミウシさんとのこと。新しい図鑑やウェブは知識のアップデートに本当に役立ちます。個人的には、名前がわかったことより、黄色い子と薄ピンクの子が仲睦まじいところにぐっと来ました。

ミズタマカヤウミウシ

オレンジと紫のソフトコーラルの静かなせめぎあい。

220401semegiai

スポンジ類も多いので、魚の添え物にどうぞ。

220401kirinmino

緑色のはいったイソギンチャクと、イソギンチャクモエビさんたち。

220401isoginchakumoebi

長ーいムカデミノウミウシさんの、つぶらな瞳ゲット。

220401mukademino

サンビューを代表するウミウシといえば、前述のミズタマカヤウミウシとこのセスジミノウミウシさん。

220401sesujimino

普段はウミアザミに埋もれている、クセニアウミウシの仲間。今日は浅いところを散歩中でした。

220401kuseniaumiushi

珍しく、スリバチカイメンの内側にいた、サクラコシオリエビさん。個人的には、内側のほうが背景が白っぽくて、写真映えして好きですが、めったにそういうシーンには出会わないものです。

220401sakurakoshioriebi

二匹でデート中のミナミハナイカさん。子孫を残す営みに移行しないかと、かなりの時間をさきましたが、そうもいかず。

220401hanaikapair

エアと窒素が許せば、二人の行末をずっと見守っていたかったです。

220401kasagoeye

極小のミドリガイの仲間さん。

220401midorigai

ヨセナミウミウシのチビさん。

220401yosenamiumiushi

幽霊のようにすっと佇んでいた、ウミタケハゼさん。

220401umitakehaze

クリーニング中のトゲダルマガレイさん。目の付近にクリーナーシュリンプがいるときに撮りたかったのですが、タイミングを逸しました。

220401togedarumacleaning

白旗を揚げるウミエラ。ゴミはちゃんと回収してきました。

220401shirohata

モンハナシャコの下半身。上半身はどこに持ち去られたのでしょう。ミジンベニハゼのいるエリアなので、この殻に住み着いてくれたらよかったのですけど、死臭のする家には魚も住みたくないみたいでした。

220401monnahashigai

しなやかコロダイ。

220401korodai

今日も一日、海の様々なシーンに出会いました。明日土曜日は、マニラゲストも合流の、週末通常営業日です。明日も良い一日でありますように。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">