スキルと海の不思議

ちょい朝曇り気味でしたが、ボート出発後夏日の様相を呈したアニラオ。水温28度。昨晩サンゴの産卵があったので、濁っているかと思いきや、どのポイントも透視度良好でした。

アニラオの午前の海

何度か出ている、キノコとホウレンソウの挟まったサンド。これまでで一番美味だったのは、スタッフに関与させずに奥さんが徹頭徹尾作ったからだと思うのですが、長い目で見たら、スタッフが同じクオリティで作れるようにならないとなんですよね。こう書いていて思ったのは、私が指導できないとダメだってことでした。がんばろう。

220522bf

ゲストさんに美味しいと喜んでいただけるのはとても嬉しいのですが、良い質をより長く提供できるようにシフトしていく視点も忘れてはいけないです。

珍しく日曜日に講習が入っていなかったので、ダイビングを初めたばかりのお二人が乗っているボートで一緒に出ることに。

220522divers

昨日の午後話をしているときに、8ポンドのオモリで軽いかもとおっしゃっていて、そんなはずはなくて、多分BCDから空気がうまく抜けていないか、そもそもBCDに空気を入れている段階でウェイトが重すぎるということで、6ポンドでエントリー。

案の定ウェイト過多で、足を止めると沈んでしまいます。BCDに空気を適切に入れて、漕いで浮いていた人にとっては「宙に釣られた不安感」さえ感じそうな中性浮力の感覚になれていただいて、安全停止中にまだ余分な空気がBCDに入っていることを確認して、水面休息時にウェイトをさらにけずりました。

220522fun

結果、4ポンドで、ちょうどよし。この浮遊感、これこそがスクーバダイビングです。ご本人にも「楽しかった」と喜んでいただけてよかったです。

今日がトレーニング後しばらく間が空いてからの最初のファンダイブだったもう一方も、今回で少し水中に慣れてこられたので、次回、リラックスした状態での適正ウエイトを目指して調整していきたいと思います。

220522peacesign

50本目前で、そろそろ脱初心者を目指したい、HHさん。カエルキックはだんだん様になってきました。エアの消費が早めなので、来週一緒にエンリッチド・エア・ダイバートレーニングで潜るときに矯正できればと思っています。

なんだかインストラクターみたいなコメントが続きましたが、これでも謙虚なインストラクターなんですよ。ただのオタクオヤジではないのです。時間が許す限り、直接介入して皆さんのスキルアップに貢献していきたいですね。

ダイビングをはじめたばかりの方が多いマニラダイバーの方々と接していて思うこと。スキルもそうだけれど、地球の7割を占める海の世界をもっと好きになってもらいたいということです。と考えたときのアプローチは、覚えている生き物の名前の数を増やすことよりは、生き物の生態の不思議や、生態系の複雑さが凝縮されている、サンゴ礁のいろいろを紹介していくのがよいかなと思ったりしています。

本日は、ホンソメワケベラってお掃除魚がいるよ、ということが伝えられました。伝えそびれていたけれど、目の端に映ったのは、卵が孵化したあとも子どもたちが大きくなるまで面倒を見るスズメダイもいるよ、ということで、アニラオにはたくさんいる、スパイニークロミス。

220522spiny

母親も父親もそろって黒で、子どもたちは青色に黄色い線。親の体表に滲み出る何かを子どもたちが食べているのですが、粘液だそうな。今回も子どもたちは一匹ずつ親を追って体表からブツをすくい取っていましたが、なぜかカメラの向こう側ばかりを狙うので、決定的写真と動画はとれずでした。少し詰めて調べたら、NHKさん、取材に来るかな?

ランチは牛丼とパイタンスープ。珍しくフィリピン人のゲストさん2名様がいらっしゃるので、フィリピンでも市民権を得つつある牛丼を選択しました。結果喜んでいただけましたが、おしなべて生野菜が苦手な方々には、キャロットラペはうまく作られていましたが、不人気。まぁ仕方なし。

220522gyudon

次回営業日は5月28日29日の土日ですが、23セットのレンタル器材がすべて使用確定となっていまして、レンタル器材の必要な方の受け入れはストップさせていただいております。たくさんのご予約ありがとうございます。

次次週末の6月4日5日は、日帰り、ご宿泊ともに空きございます。皆様のご予約、お待ちしれおります。

マニラに帰る途中の夕食は、サンタロサの七五三でした。コロナで自粛されていた、客席の鉄板での調理再開。砂肝バター焼き、ゴーヤチャンプル、イカバター焼きを同時進行の手際、シングルタスクが多いマグダレナのスタッフに見せてあげたいです。

220522shichigosan

気がそぞろになるでもなく、必要ないろいろなことを考えながら動けるスタッフ、ほしいですね。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">