ゴマモンガラですよ

土曜営業日。よく晴れて、よい海況です。水温29度。もうぬるいです。ウェットスーツいらないと言いたいですけど、怪我したり変な日焼けをしても体力奪われますので、長袖ウェットスーツが、私は好きです。

220604sea

ボートが出たあとのハウスリーフでは、体験ダイビングと。

220604intro

オープンウォーターダイバートレーニング。

220604owt

ランチは、花椒もつかったマーボードーフと、エビチリの中華風でした。うまし。

220604mabo

実は、スープはコールラビのものを予定していたのですが、私の下処理がまずかったみたいで苦味が出てしまい土壇場で却下に。マニラの家で作ったときには、そんなことはなかったのですが、とにかく教訓は、「コールラビの皮は厚く剥く」です。あと、下部先端部の質感が異なる部位も苦味のもとだったのかもしれないと思うと、その部位を試食して検証すべきでした。どこに行っちゃったんだろ、あの廃棄スープ。

ランチ時、オープンウォーターダイバーになって間もないゲストさんが熱心に図鑑を見ていらっしゃるので、興味は伸ばしてあげたいと近寄ってみると、どうやらバディになっていた沖縄でたくさん潜られた経験のある方が、何者かに襲われたので、それを探しているという。

「も、し、や」

6月にもなっていると産卵期を迎えたあいつか、ということで、犯人はゴマモンガラでした。

ガイドはゴマモンガラに気づいていて、ルートを外したようなのですが、経験本数の多いバディさんは、本体から少し離れたルート取りでゴマモンガラの巣の防衛線を超えてしまったよう。

220604deko

曰く「コンクリに頭ぶつけたくらいの衝撃はありました」。まさにそのとおりだと思います。スズメダイに小突かれても結構痛いのに、ゴマモンの一撃は、ブライトさんの平手打ちよりきっと衝撃大だと思います。そういえば、ファーストガンダムからのスピンオフ映画、「ククルス・ドアンの島」日本で上映中みたいですね。フィリピンの映画館にくることは、まずなさそうですが。

こいつが犯人の、ゴマモンガラです。アニラオ在住のフィリピン人インストラクター氏は、わざわざ町の観光課に許可をとって自分のいるリゾートビーチ付近のゴマモンガラ殺駆除を決意したそうですが、一応海内は人間の所有地ではないですからね。アフリカのサファリで、野生動物の領域に入って観察する際、ライオンが子育て中に気が立っていて、人に噛み付いてくるかもしれないから殺しておく、と同じ論理は、相手が哺乳類でない魚類であっても、適用するのは違う感じがします。

220604gomamon

皮は硬そうですが、身は美味しいのかも。ゴマモンガラ。

雲の出がちな雨季にしては、よい夕日でしたよ。

アニラオの夕日

昨日遊んでみた、タケチャンさんのGoPro。タイムラプス機能で夕日を撮影してみました。ググった夕日のタイムラプス撮影方法でいわれていたとおり、真っ暗になるまでは撮影を続けたほうがよいというアドバイスは、本当でした。

しかし、1時間ほど撮影するだけでバッテリー半分に。日中しっかり水中撮影に使ったのであれば、夕焼けのタイムラプス撮影時には電源が持たない可能性もありますね。

週末お泊りのメンバーを見てから決めている奥さんのメニュー。今週末はお子さんいらっしゃらないので、大人の酒呑みが好みそうな夕食でした。イワシつみれも、自家製メンマも、ジューシーなしいたけフライも美味しかったですが、個人的には春菊リガトーニの苦味が特に記憶に残りました。

220604dinner

と、メインの牛タンシチュー。デミグラスと思いきや、味噌ベース。今週末もワンオペキッチン担当の奥さん。美味しい料理をありがとうでした。

220604gyutan

デザートも、初出のオレンジとチーズ。デザートなのか、ツマミなのか、境界線をねらった新メニューがまた秀逸。

220604orange

後半食レポブログっぽいですけど、ここはダイビング宿。明日も一日、よいダイビング日でありますように。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">