オニ1700匹

木曜日といえば、週末用の買い出しの日。カルティマール市場の魚売り場で、アジの仲間ゲット。どんな料理になりますかね。

220317sakana

カルティマールのオデンハウスさん。先週タコワサを作りたいとおっしゃっていたのが、すでに試作第二弾まで作っていることが発覚。やることが早いです。

220317takowasabawl

今朝仕入れた、活きている3キロの大きなタコから作られた、限りなく無添加に近いタコワサ。ライム入りと無しどちらが良いかと意見を求められ、より味に深みのあるライム入りが採用されました。

220317takowasa

220ペソで販売。活きたタコが入荷したときのみ作られるそうです。酒飲みはおつまみ用にマストバイですね。

220317curry

マニラで日本のものは軒並み高額という印象ですが、業務用カレールーに関しては、日本での販売価格より少しだけ高いといった印象です。ジャワカレー1キロルー、428ペソ。

先日の「あさイチ」の夢の三シェフ競演で孫成順さんの麻婆豆腐が紹介されて以来、早く麻婆を腹に入れたい欲求に捕らえられてしまっています。奥さんもそうなのか、週末のリゾートのメニューに考えているようです。

220317touchi

孫成順さんレシピにラインナップされていた、豆鼓(とうち)。フィリピンだと、Salted Black Beansという名前で安く売られています。にんにくなどと混ざっている豆鼓醤(トウチジャン)ではなくて、シンプルな豆鼓。週末の食事が楽しみです。

アニラオの方は、昨日ボートアレンジが難航しましたが、計画通りマグダレナ発としては二度目のオニヒトデ除去に。ロナルド、ジェリー、ジュンジュンほか総勢8人のボランティアダイバーが参加しました。

220317divers

前回激流だったので、今回は潮見表をちゃんと見て、潮止まりを狙いました。どうせ潜るなら、潮流に邪魔されずになるべくたくさんのオニヒトデを取り除きたいところ。

今回は流れも風もなかったのと、ダイバーがいちいちボート位戻れないほど広いエリアに拡散してオニ拾いをしていたので、フロートに捕獲したオニヒトデのサックをくくりつけて、打ち上げてボートに回収してもらう方法に。これはこれで、アリですが、フロートをちゃんと打ち上げられるスキルが必要になります。プロ向け。

220317onisango

ソンブレロから約1,200匹。

220317onihitodesango

フィリップスガーデンから約500匹捕獲してきました。フィリップスガーデンのオニヒトデは、これでひとまずほぼ取り切れたとのこと。一晩明けたら、またサンゴの裏から出てくるかもしれませんが。

220317onionboat

今回もおやつ提供で、ボートの上で食べられるように持っていったのですが、写真を撮る前に腹ペコダイバーズとマービンに食べつくされてしまいました。

ソンブレロの方は、1,000匹オーバー捕獲にも関わらず、まだたくさんいるということなので、来週月曜日にもう一度ボートを出す方向で調整中です。

月曜日のマクロスポッターによるオニヒトデ除去のブリーフィング会場になっていた、シーホリックダイブチームのジェス・ラピッド氏。暇だったらしく、夕方珍しく遊びに来てくれました。

220317jess

PADIに鞍替えする前はCMASのインストラクターを私はしていまして、その時の先生です。強面の、往年のアクション俳優さん。コンプレッサーマンのピッコロさんをもともと紹介してくれたのも彼でした。スキンヘッドが2つならんで、眩しいですね。

220317jessrideon

最近のジェスのおもちゃは、このオフロード四輪。排気量250ccで、そのうち小さなオフロードコースを山側につくって、レンタルして稼ぐのだと、少年のような目の輝きで語っていました。来週還暦を迎える、一見ヤクザな見た目のおじさんですが、こういうお茶目なところは、昔から変わらずか、むしろ歳をとってさらに顕著になってきたようです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">